kanri のすべての投稿

「おとな釣り倶楽部」百合野 崇が指南、夏チヌ攻略

9月11日テレビ神奈川・9月14日サンテレビ放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、瀬戸内海の阿多田島で磯釣りを楽しみました。狙ったのは、夏磯の人気ターゲット、クロダイ(チヌ)。登場したのは、シマノフィールドテスターの百合野 崇さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
午前6:00に広島県大竹市の玖波漁港を出船し、阿多田島のタケヤブに上りました。まずは、百合野さんに今回のタックルについて教えてもらいます。この日は潮の流れが速いことから、百合野さんは仕掛けを早めに馴染ませるため、軽いガン玉1個(5号)を増やすようアドバイス。練りエサにも手を加えラインメンディングも丁寧に行います。すると、田中さんがアタリをとらえ、1匹目のクロダイを釣り上げました。続いても強いヒキを感じてクロダイをヒット!順調にアタリが続いた田中さんは、次にマダイを釣り上げました。その後、マダイの活性が高まり、連続でマダイが上がってきました。ここから、百合野さんも竿を出します。エサ取りのボラが多い状況ですが、百合野さんはしっかりアタリをとらえ、クロダイを釣り上げました。一方、田中さんはマダイが続きます。先にサシエサを奪うのが、マダイかクロダイかという状況。田中さんは再び同じポイントに仕掛けを投入し、本命のクロダイを釣り上げました。そして、クロダイのヒキを存分に堪能したところで、この日の釣りを終了しました。
釣りの後、田中さんは廿日市市にある「サクラオ ブルワリー アンド ディスティラリー」を訪れ、スパークリング日本酒やクラフトジンを特別に試飲させてもらい、その芳醇な味わいを楽しみました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 練りエサを工夫しながら魚の反応を探ります。「色を変えたり、ミックスしてアタリエサを見つけていく」と百合野さん。

  • マキエサと仕掛けを同調させ、さらに明確な竿先へのアタリを出すためにラインを潮上側へ置き直してアタリを待ちます。

  • マキエサは、オキアミを細かく砕いて集魚剤をまぜ、水を入れてダマにならないように馴染ませます。そして、粘り気を出すためにスコップで押さえます。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

サクラオ ブルワリー アンド ディスティラリー

今回利用した船

大知渡船

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」大知昭の渚釣り、夏のクロダイ引き堪能!

9月4日テレビ神奈川・9月7日サンテレビ放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、瀬戸内海の阿多田島で渚釣りを楽しみました。狙ったのはクロダイ。登場したのは、シマノアドバイザーの大知 昭さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
釣りの前に田中さんは、広島県宮島にある「あなごめし うえの」を訪れ、ご当地グルメを楽しみました。
翌朝午前6:00に大竹市玖波漁港を出船し、20分ほどで阿多田島に到着。まずはマキエサを準備します。「濁りが出る配合エサを加えて膜を張り、魚の警戒心を薄れさせる」と大知さん。その後、タックルについて大知さんに教えてもらいます。釣り方は、まずマキエサをしてポイントを作り、後方の安全確認をしてから仕掛けを投入。すると、「よし乗った!」と田中さん。なんと、52cmのクロダイ(チヌ)を見事釣り上げました。続いて、田中さんはマダイを釣り上げました。「遠くない距離で大きなクロダイを釣れるのが楽しい」と大知さん。ここから大知さんも竿を出しますが、釣り上げたのはマダイ。この時間のエサ取りはマダイのようです。そして田中さんもマダイを釣り上げました。その後も姿を現すのはマダイばかり…。ですが、大知さんにアタリが!クロダイのヒキを存分に堪能しながら、「コマセを撒いて、一生懸命やったら釣れた。小さいけれど貴重な一匹」と大知さん。ここで、今回の渚釣りを終了しました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • マキエサはオキアミ3㎏と配合エサ3袋を用意。オキアミを細かく砕いて配合エサを混ぜ、海水を加えて硬さを調整。「ダマが残らないように均一に混ぜる」と大知さん。

  • 仕掛けを投入する前にマキエサをしてポイントを作ります。ポイントをめがけて仕掛けを投入し、ウキまたは竿先でアタリをとります。

  • 練りエサのカラーチョイスでエサ取りをかわすことができます。「エサ取りが多い場合は、黄色とかレッドを混ぜながら、色の濃いエサを使用する」と大知さん。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

あなごめし うえの

今回利用した船

大知渡船

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」山本啓人の見島沖ジギングゲーム、極意必見!

7月31日テレビ神奈川・8月31日サンテレビ放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、山口県の見島沖のジギングゲームのダイジェスト版をお届けします。登場したのは、シマノインストラクターの山本啓人さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
2人は午前4:30に山口県萩市の江崎港を出船。見島沖のポイントに到着すると、水深120mにいる底物を狙っていきます。早速、山本さんがカガミダイ、田中さんはウッカリカサゴを釣り上げました。フォール中にアタリが来ているので、フォールをながく見せるアクションでアプローチしていきます。次のポイントで田中さんがボトム付近を探っていると、「これは重い…」と言いながらなんと56cmのウッカリカサゴを釣り上げました。その後、2人は鳥山を発見!山本さんはヒラマサを、田中さんはチカメキントキを釣り上げ、ヒット連発となりました。
翌日は朝5:30に出船し、再び見島沖のポイントへ。水深およそ57mのボトム付近に魚影が確認できます。青物を狙うため、ジグが着底したらすぐにシャクリ始め、ワンピッチ、ワンジャークで誘っていきます。「ゆっくり巻くとブリ系、速く巻くとヒラマサ系がヒットすることが多い」と山本さん。ここで田中さんが強いヒキを捉え、格闘の末、念願のブリを釣り上げることができました。その後、青物のアタリがないので根魚を狙うことに。すると、山本さんがすぐにアオハタを釣り上げ、田中さんもウッカリカサゴを釣り上げました。根魚の活性は高いようです。続いても、2人でカサゴを釣り上げ、さらに、田中さんは大きなアオハタも。そして、山本さんはカサゴのサイズアップ、田中さんはキジハタ(アコウ)と2人で良型の根魚をダブルヒットし、大満足で釣りを終了しました。 ※この番組は7月31日にテレビ神奈川で放映されたものです。番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • フッキングをする前に、軽く竿を上げたり、道糸を張ったりして魚が掛かっているかどうかを確かめます。「魚ならコツコツといった反応がある」と山本さん。

  • ロッドグリップを脇に挟むと、ジグを快適かつラクにシャクることができます。「とくに青物を狙う時は、脇に挟んだ方がいい」と山本さんがアドバイス。

  • 使用するリールは、フォールスピードを制御できる新設計レバー付き。親指1本で瞬時の操作ができ、スピードやジグの水中姿勢を自在にコントロールできます。

今回利用した船

遊漁船 芳美丸

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」山本啓人の玄界灘ジギングPart2大型高級魚連発!

8月24日サンテレビ・8月28日テレビ神奈川放送分

「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、玄界灘でジギングゲームを楽しみました。登場したのは、シマノインストラクターの山本啓人さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
前回のポイント壱岐沖から少し移動し、水深およそ95mのところで2人は海底を探っていきます。早速、山本さんがレンコダイを釣り上げました。田中さんは、ジグをぺブルスティックの120gに変更。誘い方について、山本さんは「平たいジグよりもシャクリのピッチを少し早めに」とアドバイス。続いても山本さんがヒットし、マダイを釣り上げました。ここで潮止まりとなりますが、次に潮が動き始める時はチャンスです。山本さんは65cmのビッグサイズのマハタを釣り上げました。田中さんもジグを変えてその形状に合ったシャクリで挑むと、自己記録を更新する66cmのマダイを釣り上げることができました。続いて、山本さんは、大本命のアマダイ(グジ)を釣り上げましたが、雨がひどくなってきたので、港の近くに移動しました。
港まであと5分ほどのところ、水深およそ43mのポイントで、2人はライトジギングからスーパーライトジギングに切り替えて竿を出します。「今人気のある釣りで、初心者にもおすすめ」と山本さんが海中を探っていくと、マゴチを釣り上げました。最後に、山本さんがマダイ、田中さんがスズキを釣り上げダブルヒット!ここで、玄界灘の釣りを終了しました。
この後、田中さんは旅の思い出に、「マリンワールド海の中道」を訪れ、九州の近海をテーマにした水槽や、イワシの群れの迫力ある遊泳などを見て楽しみました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 今回用意したジグは、ウイングフォール、サーディンウェバー、ぺブルスティックの3種類。ジグの形状に合ったシャクリで魚をおびき寄せていきます。

  • 潮が動かない時は、魚にジグをアピールすることが大事です。「ロッドを大きくシャクって、大きく動かす」と山本さん。

  • 「スーパーライトジギング」は、軽くて小さなジグ(30~60g)を使用します。青物や根魚など様々なターゲットが狙えます。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

マリンワールド海の中道

今回利用した船

遊漁船 雅

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」山本啓人の玄界灘ジギングPart1マダイ70cm!

8月17日サンテレビ・8月21日テレビ神奈川 放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、玄界灘でジギングゲームを楽しみました。そのPart1です。登場したのはシマノインストラクターの山本啓人さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
釣りの前、田中さんは「福岡タワー」を訪れ、展望室から博多の街を一望する大パノラマの景色を楽しみました。
翌日、山本さんと合流し、福岡県福岡市の奈多漁港から出船し、アングラー憧れの玄界灘を目指します。最初に、山本さんからタックルについて教えてもらいます。今回は3種類のジグを用意して使い分けます。壱岐沖のポイントに到着すると、今回のターゲット、アマダイの生息地や生態に合わせた釣り方を教えてもらいます。山本さんがキャストすると、すぐにアオハタをヒット!続いて、田中さんもアオハタを釣り上げました。けれどもその後アタリが遠のいてしまいました。すると、山本さんが田中さんに根魚釣りの基本をアドバイス。田中さんがチカメキントキを釣り上げると、続けて山本さんも強いヒキをとらえて、見事70センチほどの良型のマダイを釣り上げました。さらに、レンコダイの群れにあたったのか、2人はレンコダイのヒットが続きます。その後、田中さんがこれまでになく強いヒキに、「重たい…」と言いながら格闘しましたが、痛恨のバラシ。魚影の濃い玄界灘のジギングゲーム。次回はこの続き、Part2をお届けします。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 今回狙うのはアマダイ。生息する砂泥底をトントンとジグで叩き、砂煙を立ててアピールします。「まず、底をやってみて、上の方も油断せず」と山本さん。

  • 「もう少しメリハリを」と山本さんが田中さんにアドバイス。ロッドの反発力を活かしてジグをスライドさせ、フォールでジグをしっかりと魚に見せるようにします。

  • 「アタリがない時は、ワンピッチで巻いて、落とし直してみる」と山本さん。こうすると、ジグの形状的に今と違うポイントに行こうとするので、アタリの可能性が広がります。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

福岡タワー

今回利用した船

遊漁船 雅

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」内房、難しい夏のコマセマダイを攻略!

8月10日サンテレビ・8月14日テレビ神奈川・放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、千葉県内房の富浦沖で夏のコマセマダイを楽しみました。登場したのは、シマノフィールドテスターの松本圭一さん、ナビゲーターの三輪晴香さんです。
最初に松本さんからタックルについて教えてもらい、午前4:00に富浦港を出船。富浦沖のポイントを目指します。今回は、付けエサもコマセもオキアミを使用。松本さんに釣り方を教えてもらってから、三輪さんが挑戦します。仕掛けを指示ダナよりも少し深めに落としてコマセを撒き、少しずつ仕掛けの位置を高くし、魚の反応が上がってきたら仕掛けを落とし込みます。すると、探見丸に巨大な魚群の反応が…。すると三輪さんは最初の1匹、マアジを釣り上げました。ここから松本さんも竿を出します。コマセマダイで大事なのはタナを合わせること。松本さんはコマセを撒いた後、ハリスの長さを計算しながら、仕掛けを指示ダナに合わせていくと…早速ヒット!キレイなマダイを釣り上げ、続いてもヒット!一方、まだマダイに出合えていない三輪さんに、「自分の針がどの辺りにあるかをイメージすること」と松本さんがアドバイス。三輪さんもようやくアタリをとらえましたが、残念ながら痛恨のバラシ。絶好調の松本さんは、マダイのサイズアップに成功しました。「探見丸は、指示ダナが見えるので自分の仕掛けの位置をイメージしながら誘うのに効果的」と松本さん。探見丸を活用しながら攻めると、楽しさも倍増しそうです。その後、ポイントを移動すると、2人はマアジをヒット。さらに三輪さんが期待をもって誘い続けると、今度は手応えのあるアタリ!ようやく待望のマダイに出合うことができました。
釣りを終えた2人が訪れたのは「民宿 魚赤」。釣ったマダイを特別に調理してもらい、お造りや湯引き、塩焼き、煮付けでその味を堪能しました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • ドラグは少し緩めにセットしておきます。「大切なのはドラグ。締まっていると大物が来た時に簡単に糸が切れてしまう」と松本さん。

  • アタリがあったら、しっかりアワセます。「ドラグを調節しているから、強く煽っても大丈夫。いい所に掛かるケースもある」と松本さん。

  • 魚が上がってくる少し上でコマセを撒き、重めの仕掛けを素早く落とし込みます。探見丸を見ながら、海中をイメージして攻めていきます。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

民宿 魚赤

今回利用した船

共栄丸

  • 住所
    千葉県南房総市富浦町多田良880
    電話
    090-7244-0460(釣り船専用予約番号)

    http://kyouei-maru.com

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」走水沖のタチウオ、テンヤと天秤で良型連発!

8月3日サンテレビ・8月7日テレビ神奈川・放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、東京湾走水沖でタチウオ釣りを楽しみました。登場したのは、シマノフィールドテスターの松本圭一さん、ナビゲーターの三輪晴香さんです。
今回はテンビンとテンヤの両方の仕掛けを使いました。最初に、タックルについて松本さんから教えてもらい、午前7:00に走水港を出船。ポイントに到着後、まずはテンヤから始めます。付けエサのイワシをテンヤに巻き付けて準備し、釣りをスタート。リールを巻くピッチを変えながら、誘い方を探っていくと、いきなり三輪さんがヒット!早々に指5本分以上の大物タチウオをキャッチしました。幸先のいい三輪さんでしたが、その後アタリがありません。三輪さんの誘い方を見た松本さんが「もうちょっと大きく」とアドバイス。水深が深い場合、ロッドを大きく振らないとテンヤまで動きが伝わりづらいそうです。すると、三輪さんは、すかさず2匹目を釣り上げました。ここで松本さんが「コンディションによって、誘い方を見極めるのが重要」とテンヤタチウオの誘い方のポイントをあらためて教えてくれます。そして、止めの時間を作らない誘いを試してみた三輪さんは、見事タチウオを釣り上げました。
後半はテンビンタチウオです。仕掛けを落とす度にアタリや反応はあるものの、食い込むまでには至りません。そこで、松本さんが、いつもよりしつこくアワセのタイミングを図ってみると、見事作戦成功!タチウオを釣り上げました。松本さんは「テンヤはダイレクトな感覚が得られる釣り、テンビンは駆け引きを楽しめる釣り」とそれぞれの魅力を語ります。そして、三輪さんも緩急をつけた誘いを繰り返し、「やっと来ました!」とタチウオを釣り上げたところで、釣りを終了しました。
釣りの後、2人は「磯料理・旅館やまに」を訪れ、釣ったタチウオを特別に調理してもらい、お造り、炙り、ムニエルでその味を楽しみました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • テンヤタチウオは、まず指示ダナまで仕掛けをおろします。誘い方はいろいろですが、様子を見ながら指示ダナの2ⅿくらい上まで誘い続けます。

  • 東京湾では、細かい誘いや誘いっぱなしのアクションも効果的です。「要は、タチウオの目の前でいかにじらすか。それが効果的」と松本さん。

  • テンビンタチウオは、アタリをとらえても、しっかり食い込むのを待ってからアワセます。「間の取り方はいろいろある」と松本さん。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

磯料理・旅館やまに

今回利用した船

関義丸

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」玄界灘の鯛ラバゲーム、我慢の先に笑顔満開!

7月24日テレビ神奈川・7月27日サンテレビ 放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は福岡県宗像市を訪れ、玄界灘で鯛ラバゲームに挑戦しました。狙うのはマダイです。登場したのはシマノインストラクターの赤澤康弘さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
釣りの前、田中さんは宗像市にある1717年創業の老舗酒造「伊豆本店」を訪れ、昔ながらの槽搾りで醸された純米大吟醸酒などを試飲し、その繊細な味を味わいました。
赤澤さんと田中さんは、翌朝、5:30に神湊港を出船し、玄界灘のポイントを目指します。まずはタックルについて、赤澤さんに教えてもらいます。ポイントに到着後、鯛ラバゲームをスタート。早速、田中さんがヒットしましたが、残念ながらマエソ。赤澤さんも1匹目はマエソでした。その後もエソが続いたのでポイントを移動しますが、底潮が遅く動かない状況が続きます。ネクタイの変更はもちろん、赤澤さんは変則的な巻きスピードで魚の活性を高めようと誘い続けます。その後もトレーラーを加えたり、ヘッドのカラーを変えたりしながら探り続けましたが、変化がありません。
出船しておよそ12時間、この日最後の一流しをすると、何と赤澤さんがマダイのアタリを捉えました。続いて、田中さんもヒット!2人ともマダイに出合えたことに大喜び!さらに大きく育つことを願ってリリースし、この日の釣りを終えました。皆さんもエキサイティングな鯛ラバゲームを始めてみませんか? ※番組詳細はYou
Tube動画をご覧ください。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • ネクタイなどが絡んでいないかを確認してから、仕掛けを降ろします。そして、鯛ラバを確実に海底まで落とし、すぐに巻き上げます。

  • 鯛ラバは瞬時にネクタイを付け替えができる「ラクチェン バクバク」を使用。どのカラーに反応したかなど情報を共有しあって釣果を上げていきます。

  • 状況に変化がない時は、トレーラーを加えたり、ネクタイやヘッドのカラーを積極的に変更し、活性の低いマダイを誘います。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

酒楽食彩 京四季

今回利用した船

Second Stage 久丸

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」日立沖の一つテンヤマダイ、引きと美味堪能!

7月17日テレビ神奈川・7月20日サンテレビ・放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、茨城県の日立沖で一つテンヤマダイを楽しみました。登場したのは、シマノインストラクターの折本隆由さん、ナビゲーターの三輪晴香さんです。
最初に、タックルについて折本さんから教えてもらい、翌朝5:00に久慈漁港を出船。ポイントに到着後、折本さんからエサの付け方と釣り方を教えてもらいました。「テンションを保ったまま仕掛けを落とし、着底したらゆっくり持ち上げて、再び底を取ってマダイを誘う」と折本さん。一つテンヤマダイに初挑戦の三輪さんは、なんと3投目のフォール中にヒット!独特のヒキに手応えを感じながら、本命の良型マダイを釣り上げることができました。ここから、折本さんも釣りを開始。期待をもって誘い続けますが、その後2人ともアタリがありません。潮の流れも速いことから、折本さんは広範囲に探りやすいスピニングタックルに変更し、誘い続けます。すると、カナガシラをヒット!続いてトラフグも釣り上げました!一方、三輪さんは「マダイのヒキとは違うかも?」と釣り上げてみると、ホウボウでした。厳しい状況のなか、折本さんがカサゴを釣り上げたところで、この日の釣りを終了しました。
釣りを終えた2人は、船長のお母様が営む『酒楽食彩 京四季』を訪れ、今回釣ったマダイを特別に調理してもらい、お造りや塩焼きなどでマダイの鮮度と美味を堪能しました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 一つテンヤを選ぶポイントは重さで、一般的には軽い方がアタリは多いものです。三輪さんは、底取りがしやすい10号からスタートします。

  • 付けエサは冷凍エビを使います。エビの尾羽を切り、エビが真っ直ぐになるように親針を付け、孫針は頭と胴体が開かないように付けます。

  • 今回のように、潮の流れが速く仕掛けが流されやすい時は、適正な角度になるように、仕掛けをこまめに入れ替えます。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

酒楽食彩 京四季

今回利用した船

日立チャーターガイドBeans

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」折本隆由ルアーゲーム、鹿島一つテンヤマゴチ

7月10日テレビ神奈川・7月13日サンテレビ放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、茨城県の鹿島沖で一つテンヤマゴチを楽しみました。登場したのは、シマノインストラクターの折本隆由さん、ナビゲーターの三輪晴香さんです。
まずは、今回のタックルについて折本さんから教えてもらい、午前5:00に港を出船。ポイントの鹿島沖に到着すると、穏やかで絶好のマゴチ日和です。折本さんからお手本を見せてもらった後、三輪さんは一つテンヤマゴチに初挑戦。その様子を見た折本さんが、キャスティングの課題を発見し、「力を入れず、ロッドの反発力を使って遠くへ飛ばす」とアドバイスします。三輪さんが感覚をつかんだところで、2人は釣りをスタート。すると、折本さんがいきなりヒット!そして連続で良型のマゴチを釣り上げました。アタリのない三輪さんの様子を見た折本さんが、「着底後の動きが早い。マゴチによくルアーを見せてから、ゆっくりロッドを持ち上げる」と声をかけます。その言葉どおりに三輪さんがやってみると、アタリが来ましたが、あと一歩のところでバラシ。悔しがる三輪さんに、「無理に巻かず、魚のヒキに合わせて丁寧に」と折本さん。再びアタリをとらえた三輪さんが、今回は落ち着いてやり取りすると、良型のマゴチに出合うことができました。その後、折本さんが誘い方のバリエーションを教えてくれました。多彩な誘い方を試みた折本さんは、良型のヒラメをヒット!絶好調です。そして、三輪さんが2匹目のマゴチを釣り上げたところで、この日の釣りを終了しました。
釣りの後、2人は「呑処 弦」を訪れ、釣りたてのマゴチを調理してもらい、お造りやしゃぶしゃぶ、唐揚げなどで味わいました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 今回使用する仕掛けは、ジグヘッド(30g)+ワームです。砂地の海底に落として、スーッと引き、リフト&フォールを繰り返してマゴチを誘います。

  • キャスト後、サミングすることで着底がわかりやすくなります。「こうやって手を添えておくと着底がいち早くわかる」と折本さん。

  • ロッドを下したタイミングで、必ずテンヤを着底させます。「ここが大事。1回1回、仕掛けがトンッと底に着く感覚を確認しましょう」と折本さん。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

呑処 弦

  • 住所
    茨城県鹿嶋市鉢形台2-18-5
    電話
    0299-82-9617

今回利用した船

植田丸

  • 停泊港
    茨城県鹿嶋市新浜 鹿嶋旧港
    電話
    080-6866-3521(事務所番号)

    https://uedamaru.net

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」辺見哲也の渓流ルアー、初心者からベテランまで必見!

7月3日テレビ神奈川・7月6日サンテレビ放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、和歌山県の古座川で渓流ルアーフィッシングを楽しみました。登場したのは、シマノインストラクターの辺見哲也さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
釣りの前に、田中さんは「明神の潜水橋」や切り立った岩を流れ落ちる「神水瀑」、国の天然記念物に指定されている幅500mの「一枚岩」など、古座川周辺の観光スポットを散策しました。
その後、辺見さんと田中さんは古座川の支流、平井川を訪れ、まずは七川漁協で遊漁券を購入します。渓流釣りでは、15センチ以下の魚は必ずリリースする、先行者優先などのルールとマナーを守ることが大切です。そして、今回のタックルを辺見さんに教えてもらった後、釣りをスタート。まずは、辺見さんから魚のいるポケットや、キャストについて教えてもらいます。「上流に向かって川を横切るアップクロスが基本ですが、ダウンクロスで攻める場合もあります」と辺見さん。渓流ルアーフィッシングは初めての田中さんですが、カワムツ、ウグイを釣り上げることができました。ここからは辺見さんも釣りを楽しむことに。すると早速、朱点が美しいアマゴをヒット!ここで、辺見さんがラインシステムの結び方をアドバイス。
2人が渓魚を求めて上流へ移動すると、辺見さんが15センチを超えるアマゴを釣り上げました。田中さんもようやくアマゴをヒット!その愛おしい姿に感動しながら優しくリリースしました。一方、辺見さんはパーンマークの入ったミノーでアマゴをヒット!2人は大自然を満喫しながら釣りを楽しむことができました。
そして、釣りの後、2人は「鮎のたなみや」を訪れ、アマゴの塩焼き、めはり寿司などを味わいました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • ルアーは、天候や水流などを考慮して選びます。「背中だけでなくボディの色も見る。田中さんはまず、コントロールしやすい派手なカラーで」と辺見さん。

  • 渓流などで、流れに対して真横にキャストすることを「クロスストリームキャスト」と言います。基本は、自分のいる位置よりも上流に向かってキャストします。

  • 辺見さんにラインシステムを教えてもらいます。「これなら、スピーディかつ小さく結びを作れる。ラインの余りは少し多めに残して、ルアーの目印にします」。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

田上おとり店

  • 住所
    和歌山県東牟婁郡古座川町洞尾224
    電話
    090-5242-9152

今回利用した船

鮎のたなみや

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」大阪湾テンヤタチウオ、名手の技必見!

6月29日サンテレビ・5月29日テレビ神奈川放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、兵庫県・洲本沖でテンヤタチウオを楽しみました。登場したのは、シマノフィールドテスターの辻󠄀 康雄さん、吉田昇平さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
辻󠄀さんと田中さんは、午前5:30に泉佐野市の北中通漁港を出船。ポイントの兵庫県洲本沖に到着し、辻󠄀さんからタックルとエサの付け方を教わり、テンヤタチウオ釣りを始めます。「活性が低い時は、エサのボリュームを抑え、誘いは優しく。竿先がグッと入った瞬間にパシッとアワセる」と辻󠄀さん。すると早速、田中さんがタチウオを釣り上げます。ここで辻󠄀さんは、「アタッたら巻くだけ」のサーベルマスター船テンヤβ(ベータ)を取り出します。田中さんは、「巻くだけでいいなんて簡単ですね!」と言いながら、見事タチウオを釣り上げます。辻󠄀さんも竿を出し、船テンヤβを使って、ヒット!続いて、田中さんもヒットし、さらに、辻󠄀さんはサイズアップ!そして、田中さんは105cmのタチウオを釣り上げ、自己記録を更新しました。
後半も洲本沖でテンヤタチウオ釣りを楽しみます。吉田さんと田中さんは、明石港から出船し、ポイントに到着。吉田さんは、1投目からタチウオを釣り上げ、「アタリをとらえたら、まずは手で巻き、タチウオが落ち着いたら電動リールを入れる」とアドバイス。そして、2人でタチウオをダブルヒット!「こういう掛かりが浅い時に、奥の手が…」と取り出したのがサーベルマスター船テンヤβです。2人はここから怒涛のタチウオラッシュに。田中さんがアタリをとらえて、タチウオを難なく釣り上げ、続いて吉田さんも。さらに、2人でダブルヒット!その後も、田中さん、吉田さんはタチウオを釣り上げて、その豪快なヒキを楽しみました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 「エサのサンマの切身は、テンヤの軸が見えないように付ける」と辻󠄀さん。ワイヤーは、身の方を外側にして、最初はしっかりと巻き、徐々にズラしてワイヤーで巻きます。

  • サーベルマスター船テンヤβは、ノーマルテンヤに比べて、針先までの距離が短く、大きくシャクらなくても掛かりやすいのが特長です。

  • 「このテンヤのメリットは3つ。アワセのタイミングを計らなくていいこと、テンヤの移動距離が短いこと。そして、誘いは自由にできること」と吉田さん。

今回利用した船

遊漁船 夢丸

釣り船 海蓮丸

出演者紹介

今回のタックル 1

今回のタックル

今回のタックル 2

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」外房御宿イサキ、多点掛けの極意と美味堪能!

6月22日サンテレビ・6月26日テレビ神奈川放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、千葉県御宿沖でイサキ釣りを楽しみました。登場したのは、シマノフィールドテスターの鈴木新太郎さん、ナビゲーターの三輪晴香さんです。
まずは、今回のタックルについて鈴木さんから教えてもらいます。そして、朝5:30に岩和田漁港を出船し、御宿沖のポイントへ。仕掛けは3本針、ハリスは1.5号、先針にイカタンを付けます。「仕掛けがタナに着いたら、馴染むまで少し待つ。コマセを撒く時は、シャープに、そして強めに」と鈴木さん。釣り方を教わったところで釣りを開始します。先月、オキアミコマセのイサキ釣りを経験したばかりの三輪さんが、コマセを振って誘っていると、鈴木さんが「オキアミのコマセと、今回のアミコマセではコマセワーク(竿の振り方)が違う」とアドバイス。教わった通りにコマセワークを続けると、ようやくイサキを釣り上げることができました。鈴木さんも竿を出すと、すぐにイサキをヒット!続いて、激しく強いアタリが…。慎重に巻き上げると、その正体は良型のマダイでした。鈴木さんは、イサキ用の細いハリスで見事マダイを釣り上げたのです。
後半は、イサキの多点掛けを狙います。「1匹目を食わせたら、イサキのヒキや重みを感じながら追い食いを狙う」と鈴木さん。早速、イサキをダブルで釣り上げます。三輪さんも、ダブルヒットに成功し、続いてトリプルにも成功!大満足で港に戻りました。
釣りの後、2人は御宿にある食事処「白鳥丸」を訪れ、釣ったイサキを特別に調理してもらい、お造りで堪能。さらに、金目鯛の姿煮などの地魚料理も味わいました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 今回使うロッドはエキサイトゲームCI4+。「三輪さんが使うのは73H。少し硬めのロッドの方がコマセを撒きやすい」と鈴木さんが教えてくれます。

  • コマセやコマセカゴの種類によってコマセワークを変えます。「アミコマセの場合は小さくシャープに。竿を下げて水平になったところで止める」と鈴木さん。

  • 多点掛けを狙う場合は、1匹目のイサキが針掛かりしたらラインのテンションを緩めず、ハリスの長さ分、ゆっくり巻き上げて追い食いを狙います。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

白鳥丸

今回利用した船

義丸

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」大原沖の一つテンヤマダイ、引きと美味満喫!

6月15日サンテレビ・6月19日テレビ神奈川放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、千葉県大原沖で一つテンヤマダイを楽しみました。登場したのは、シマノフィールドテスターの鈴木新太郎さん、ナビゲーターの金澤美穂さんです。
鈴木さんと金澤さんは、午前4:30に大原港を出船。まずは鈴木さんから、タックル、そして、テンヤの選び方やエサの付け方を教えてもらいました。ポイントの岩船沖に到着すると、2人で竿を出し、朝一番のチャンスタイムを狙います。鈴木さんは1投目でアタリをとらえますが、残念ながら針掛りしませんでした。一方、金澤さんは水深が深めということもあり、底取りに苦戦している様子です。「底はもちろん、幅広くアタリを探すのも、一つテンヤの大事なこと」と鈴木さんがアドバイス。しばらくすると、見事2人で本命のマダイをダブルヒット!しかも金澤さんは良型でした。その後、しばらくアタリがなく、鈴木さんがテンヤ10号に変えて底付近を探ってみることに。「鋭く小刻みなリアクションで、エビが暴れているように…」と、鈴木さんは高度な誘いのテクニックで、見事マハタを釣り上げました。金澤さんもようやくアタリをとらえ、同時に鈴木さんも良型のアタリ!2人で再びマダイのダブルヒットとなったところで、この日の釣りを終了しました。
そして、港に戻った後、2人は新鮮な地魚料理を提供する「とと庵」を訪れ、釣ったマダイを特別に料理してもらい、お造りや湯引き、けんちん蒸しなどで味わいました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • テンヤを選ぶ際は、水深に対して10の位の倍、もしくはその上の号数を選びます。今回は水深40mなのでまずは4の倍、8号のテンヤから始めます。

  • 付けエサは芝エビを使用します。「腹側から頭側にかけて、エビが真っ直ぐになるように針を刺す」と鈴木さん。

  • 一つテンヤでは、ラインの変化で着底を把握します。「フォール中でもアタリがある場合があるので、ラインの変化を見逃さずに」と鈴木さん。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

とと庵

今回利用した船

勝晃丸

  • 住所
    千葉県いすみ市深堀95
    電話
    0470-62-2018

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」山本啓人の見島沖ジギングPart2 底物連発!

6月8日サンテレビ・6月12日テレビ神奈川放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、山口県見島沖でジギングゲームを楽しみました。登場したのはシマノインストラクターの山本啓人さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
山本さんと田中さんは、釣りの前、萩市にある国指定天然記念物の海跡湖「明神池」を訪れ、石鯛、真鯛、黒鯛が泳ぐ、まるで天然の水族館のような場所で多彩な魚を見学し、釣行安全と大漁を祈願しました。
翌朝5:30に2人は江崎港を出船。途中、山本さんからタックルについて教えてもらいます。ポイントに到着すると、早速ジギングを開始。今回は青物を狙い、ワンピッチワンジャークで誘います。「ゆっくり巻くとブリ系、速く巻くとヒラマサ系がヒットする事が多い」と山本さん。すると、田中さんが強烈なヒキをとらえ、格闘の末、幸先よく目標のブリを釣り上げました。このブリは、産卵前なのでリリースすることに。田中さんは青物のヒキに感動した様子です。一方、山本さんは、ヒラマサをヒットしつつも、目前で痛恨のバラシ…。その後、2人に青物のヒットはなく、ポイントを変更します。すると、山本さんがアオハタを、田中さんがウッカリカサゴを釣り上げます。続いて、2人でカサゴをダブルヒット!さらに、田中さんはアオハタをヒット!そして、田中さんがキジハタ(アコウ)を、山本さんがカサゴを釣り上げ、見事ダブルヒット!根魚の連発で、この日の釣りを終了しました。
釣りの後、田中さんは萩市にある創業100年の「澄川酒造場」に立ち寄り、純米吟醸のしぼりたてなどを試飲し、その豊かな風味を堪能しました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 「シャクる時は、ロッドを脇に挟んだ方がいい」と山本さん。ロッドグリップを脇に挟むと、ジグを快適かつ楽にシャクることができます。

  • 今回、用意したジグは、大まかに4つ。「青物を狙うため、早くシャクって誘えるよう、水切りのいいジグを選んだ」と山本さん。

  • 使用するオシアジガーFカスタムには、フォールレバーが付いています。親指で瞬時に操作でき、フォールスピードに加え、ジグの水中姿勢も制御します。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

明神池

澄川酒造場

今回利用した船

遊漁船 芳美丸

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」山本啓人の見島沖ジギングPart1 食味も最高!

6月1日サンテレビ・6月5日テレビ神奈川放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は山口県の見島沖で、ジギングゲームを楽しみました。登場したのはシマノインストラクターの山本啓人さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
山口県萩市は、毛利藩の城下町。田中さんは菊屋横町など風情ある町並みを散策します。翌朝、山本さんとともに朝4:30に江崎港を出船。船上で、山本さんからタックルについて教えてもらいます。見島沖のポイントに到着すると、根掛りに注意しながら水深120mにいる底物を狙っていきます。山本さんはフォール中に集中するようにアドバイス。初ヒットは山本さんのカガミダイ。一方、田中さんはウッカリカサゴです。続いて、山本さんはレンコダイ、ウッカリカサゴ、田中さんはオキメバルを釣り上げます。ポイントを変えるとまた探見丸に魚影が…。田中さんがボトム付近を丹念に探っていると、大きなアタリをとらえ、「重たい…」と言いながら、再びウッカリカサゴを釣り上げました。なんと56cmの大物です。その後、2人でダブルヒット!そして、再びポイントを移動すると、海上に鳥山を発見!すると、山本さんは豪快なヒキのヒラマサ、田中さんはチカメキントキを釣り上げ、またもダブルヒット!その後も2人は青物、底物を順調に釣り上げ、この日の釣りを終了しました。
釣りの後、2人は「好月旅館」を訪れ、釣った魚を調理してもらい、刺身や煮付け、塩焼きや唐揚げなどで存分に味わいました。
その後、2人は網代で人気の食事処「味くらべ」を訪れ、釣ったヒラメとマゴチを特別に調理してもらい、お造りや煮付けでその味を堪能しました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • フッキングする前に、軽く竿を上げたり道糸を張ったりして、魚が掛かっているかどうかを確かめます。「底物を狙う時は、いきなりアワセない」と山本さん。

  • 「ジグの後ろの針にヒットしたことから、フォール中に掛かっているのがわかる」と山本さん。フォールをながく見せるアクションで魚にアプローチします。

  • 「ジグは形によってシャクリを変える。細長いジグは素早くビュンと。平たくワイドなジグはゆっくり。すると、いいアクションが出やすい」と山本さん。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

好月旅館

今回利用した船

遊漁船 芳美丸

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」静岡県熱海沖の泳がせ五目、高級魚に舌鼓!

5月22日テレビ神奈川・5月25日サンテレビ放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、静岡県・熱海沖で、大きな食い込みと強いヒキが魅力の、泳がせ五目を楽しみました。登場したのはシマノフィールドテスターの松本圭一さん、ナビゲーターの金澤美穂さんです。
まずは、松本さんからタックルを教えてもらい、朝5:30に網代港を出船。最初のポイント伊豆山沖を目指します。仕掛けの生きエサはイワシを2匹使用。オモリを底につけた後、船を進ませながらターゲットを狙います。金澤さんが「イワシが2匹ついているのでアタリが判りにくい…」と話すと、「軽く竿を持ち上げて、聞き合わせをするといい」と松本さんが教えてくれます。ここで松本さんがヒット!マゴチを釣り上げ、続いて良型のヒラメも!一方、金澤さんは残念ながらバラシ…。その後、探見丸に大きなイワシの群れが現れ、金澤さんがマゴチを釣り上げます。松本さんにアタリを増やすテクニックを教わりながら、船は熱海沖へ。すると、金澤さんは美しいアオハタを釣り上げました。コツを掴んだ金澤さんは続いてワニゴチも!松本さんも立派なサイズのオニカサゴを釣り上げます。五目を達成したところで、2人は釣りを終え、港に戻りました。
その後、2人は網代で人気の食事処「味くらべ」を訪れ、釣ったヒラメとマゴチを特別に調理してもらい、お造りや煮付けでその味を堪能しました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 仕掛けを落とす際は、エサのイワシがしっかり針に掛かっているか、孫針が外れていないかなどを目で見て、確認してから落とします。

  • 仕掛けが、浮き上がらないよう多めに糸を出します。「オモリがコツコツと底にあたるくらいのタナをキープ」と松本さん。

  • アタリを増やしたい時は、オモリを底ギリギリにキープしたまま船を流し、糸を必要以上に出し過ぎないで広範囲にイワシを泳がすことがポイントです。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

味くらべ

今回利用した船

第3つちそう丸

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」静岡県伊東沖イサキ解禁、良型連掛けに美味!

5月15日テレビ神奈川・5月18日サンテレビ放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、静岡県・伊東沖でイサキ釣りを楽しみました。登場したのはシマノフィールドテスターの松本圭一さん、ナビゲーターの三輪晴香さんです。
まずは、松本さんからタックルについて教えてもらい、朝5:30に出船して伊東沖の手石島を目指します。ポイントに到着後、仕掛けを準備し、船長の指示ダナより仕掛けの長さの半分まで落とし、コマセを振って指示ダナまで巻き上げていると…、三輪さんがヒット!1投目で磯釣りの人気ターゲット・メジナに出合うことができました。ここで、松本さんが「シーズン頭でイサキの活性が低い。竿を上下に動かして誘いを入れる」とアドバイス。松本さんも竿を出すと、早速、本命のイサキを釣り上げました。続いて三輪さんも35センチ近いイサキをヒット!ここから、イサキの醍醐味、多点掛けを狙うことに。「1匹かかっても、すぐに巻かずに追い食いを待つ」と話しながら、松本さんは1匹釣り上げ、続いて「はい3つ!」とイサキのトリプル!一方、三輪さんも多点掛けを狙いたいところですが、釣り上げたのは1匹。松本さんは、探見丸でイサキの群れを見ながら、狙い処を探します。すると、再び3点掛けに成功!絶好調の松本さんは、良型の2点掛けも。その後、松本さんと三輪さんが1匹ずつイサキを釣り上げ、ダブルヒット!ここで、この日の釣りを終了しました。
そして、釣りを終えた2人は、伊東港近くにある「ふじいち」を訪れ、釣ったイサキを特別に調理してもらい、「イサキのお造り」「タタキ」「煮付け」で味わいました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 付けエサのオキアミは尾羽を切って針に対してまっすぐに付けます。コマセ用のオキアミは、詰めすぎないように注意します。

  • コマセを振って1メートル巻き、もう1回振って1メートル巻く。この動作を繰り返し、指示ダナまで巻き上げます。

  • 多点掛けを狙うときは、魚の重みを感じながら少しずつ持ち上げます。「1匹目がおとなしくなって、その後にドーンとくるのが2匹目」と松本さん。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

ふじいち

今回利用した船

三好丸

  • 住所
    静岡県伊東市新井1-16-48
    電話
    0557-37-4705

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」鳴門のサビキメバル、連掛け炸裂に尺メバル!

5月8日テレビ神奈川・5月11日サンテレビ放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、徳島県鳴門海峡周辺でサビキメバルを堪能しました。登場したのはシマノフィールドテスターの吉田昇平さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
釣りの前、吉田さんと田中さんは「うずしお観潮船」に乗り、大鳴門橋付近で大迫力のうずしおを観覧しました。
翌朝は、6:30に亀浦漁港を出船。まずは、吉田さんからタックルについて教えてもらいます。使う仕掛けは、サビキ8本針。船主の西上卓志さんは「リーダーにオモリを入れておくと仕掛けが絡みにくい」と教えてくれます。ポイントに到着すると「仕掛けを投入する際はゆっくり落とし、着底後すぐに巻き上げる」と吉田さん。ポイントを移動しながら探っていくと、田中さんがヒットし、最初のメバルを釣り上げました。ここから、吉田さんも竿を出します。またも田中さんがヒットし、2匹の連掛けに成功しました。続いて、吉田さん2匹、田中さん1匹のダブルヒット。さらに、田中さん4匹、吉田さん2匹のダブルヒット!2人とも絶好調です。吉田さんは「メバルは岩礁帯にいるので、海底の様子がわかる探見丸は、釣果アップに欠かせない」と話し、良型のメバルを釣り上げます。そして、大鳴門橋の南側、水深30メートルのカケアガリを探っていると、田中さんが良型の2匹をヒット!さらに強いヒキをとらえて巻き上げてみると…、1、2、3、4、5、6、なんと6匹の連掛けに成功!「これは楽しいですね」と田中さん。吉田さんも2匹釣り上げます。再び、田中さんが竿を大きく曲げてアタリをとらえました。連掛け4匹の中に、この日一番のメバルが!計測すると30.2センチ。見事な「尺メバル」を田中さんが釣り上げたところで釣りを終了しました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 仕掛けには、絡み止めオモリ2号を付けてリーダーが絡むのを防ぎます。「メバルはタナを広く探る釣りなので、長い仕掛けを使うほうが釣果も上がる」と西上船主。

  • サビキ仕掛けでは、タダ巻きが基本の誘い。船長の指示ダナまで巻き上げます。「タナを外れるくらいまで巻いたら、もう一度落とす」と吉田さん。

  • 針に掛かったメバルが胃の内容物を吐き出し、その内容物が集魚効果となって多くのメバルを集めます。「まずは1匹。それが連掛けになることも」と吉田さん。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

うずしお観潮船

  • 住所
    徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛264-1
    電話
    088-687-0101(8:30~17:00)
    料金
    大型観潮船わんだーなると
    大人1,800円、こども(小学生)900円

    https://www.uzusio.com

今回利用した船

釣り船つるぎ

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」吉田昇平が指南、鳴門海峡の鯛サビキ

5月1日テレビ神奈川・5月4日サンテレビ放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、徳島県鳴門海峡周辺で、鯛サビキを楽しみました。登場したのはシマノフィールドテスターの吉田昇平さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
午前6:30に亀浦漁港を出船しポイントへ。まずは、タックルについて吉田さんから教えてもらいます。次に「オモリを海中に落とし、仕掛けを手で滑らせながら針を1本ずつ、3本くらいまで投入する」と船長の西上卓志さんに教えてもらいました。使用するのは鯛サビキ7本針仕掛け全長18mです。「ミミイカの赤ちゃんがいるので、疑似餌(毛糸)も使ってみます」と吉田さん。
大鳴門橋の南側へ移動してタナを探っていると、2人で良型のマダイをダブルヒットしました。さらに、吉田さんが強いヒキをとらえ、巻き上げてみるとハマチのダブル!「スピード2くらいで、ゆっくり巻き上げるといい」と吉田さん。そこで、田中さんも赤色の毛糸の疑似餌を追加します。再び、強いヒキをとらえた吉田さん、なんと70センチ、4.5キロのマダイを釣り上げました。その後、今度は田中さんが続けて2匹のマダイを釣り上げ、サイズアップに成功!吉田さんも良型のマダイを釣り上げ、続く田中さんは、なんとマダイのトリプル!見事多点掛けに成功しました。「これが鯛サビキの醍醐味!」と吉田さん。その後、2人でマダイをダブルヒットしました。
釣りの後、2人は鳴門市にある「うづ乃家」を訪れて「鯛丼」を味わいました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 仕掛けは細かくカットしたビニールを、それぞれの針にチョン掛けしたらセット完了。トラブルの原因とならないよう、針は左右真ん中に刺します。

  • 仕掛けを投入したら、リールのクラッチを切ってラインで送り出します。鯛サビキは、底まで沈めてから誘うのが基本。底取りしたら、すぐに巻き上げます。

  • 小さな前アタリでは、ビニールの尻尾部分しか咥えていないので、基本はロッドが大きく曲がるまでラインを巻き続けるのがコツ。早アワセは厳禁です。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

うづ乃家

  • 住所
    徳島県鳴門市鳴門町鳴門公園千畳敷
    電話
    088-687-0150

    http://uzunoya.com

今回利用した船

釣り船つるぎ

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)