kanri のすべての投稿

「おとな釣り倶楽部」鳴門の渦潮と美酒。鯛ラバゲームで桜ダイ!

2020年5月16日テレビ神奈川・5月19日サンテレビ放送分

「おとな釣り倶楽部」は徳島県鳴門市を訪れました。登場したのはシマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
まずは「大鳴門橋遊歩道 渦の道」でダイナミックな渦潮を眺め、続いて「本家 松浦酒造」で特別純米酒「鳴門鯛」などを味わい、旅を満喫します。翌日は鳴門の海で鯛ラバゲームを楽しみました。鯛ラバを海底まで落とし、一定速度で巻き上げ、アタリがあっても慌てずに巻き続けます。早速、田中さんがガシラ(カサゴ)を釣り上げ、その後、ネクタイを細めのワームに変更すると、2人とも良型のマダイを釣り上げました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • ロッドは「Xシート エクストリームガングリップ」を採用。「握りやすく、疲れにくいです」と佐々木さん。

  • リールの液晶画面には、巻き上げスピードが数値で表示されるので、ヒットパターンを正確に把握できます。

  • 「ネクタイを細目のワームに変更します。ネクタイはツメに引っ掛けているだけなので、簡単に交換できます」と佐々木さん。

今回訪れた先

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

大鳴門橋遊歩道 渦の道

本家 松浦酒造

今回利⽤した船

釣り船 つるぎ

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」辺見哲也と田中梨乃の羽田シーバス&メバル!

2020年5月9日テレビ神奈川・5月12日サンテレビ放送分

「おとな釣り倶楽部」は、羽田沖でボートシーバスとメバル釣りを楽しみました。登場したのはシマノインストラクターの辺見哲也さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
2人は東京都大田区からボートで東京湾の羽田空港D滑走路付近へ。まずはキャスティングでシーバスを狙い、辺見さんと田中さんが良型のシーバスを釣り上げます。夕方からはメバル釣りに挑戦。ルアーを小刻みに動かし、魚を誘います。すると、辺見さんはこのライトタックルでシーバス、さらに、クロメバルを連続で釣り上げます。釣りの後、2人は川崎駅近くの「旬菜和処根ぎし」でメバル料理の数々を味わいました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • ボートメバルで使うのはスピニングタックル。「細くて軽い投げやすい竿で、ワームを使う場合はジグヘッドにセットします」と辺見さん。

  • 繊細なアタリのメバル釣りは、ラインにテンションをかけたまま、カーブするようにルアーを落としていきます。するとアタリがわかりやすくなります。

  • 「アタリが少ない時は、少し大きめのワームを使って存在をアピールしてみましょう」と辺見さんが田中さんにアドバイス。

今回訪れたお店

旬菜和処 根ぎし

  • 住所
    神奈川県川崎市川崎区小川町18-16 真美ビル1F
    電話
    044-280-7150
    営業
    11:30~14:00、17:30~23:00(土曜17:30~23:00)
    定休
    日曜

    https://negishi.owst.jp

今回利⽤した船

THE SEA MAN

出演者紹介

今回のタックル(シーバス)

今回のタックル

今回のタックル(メバル)

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」辺見哲也と田中梨乃の東京湾ボートシーバス!

2020年5月2日テレビ神奈川・5月5日サンテレビ放送分

「おとな釣り倶楽部」は、神奈川県横浜市本牧を訪れました。登場したのはシマノインストラクターの辺見哲也さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
2人は本牧港近くにある人気店「パンチ」で昔ながらのナポリタンを味わい、翌日、シーバスゲームに挑戦。まずは、ジギングでシーバスを狙います。素早く巻いて魚を引きつけ、ルアーを落として食いつかせます。ポイントを本牧沖から木更津沖に移動すると、辺見さんが見事シーバスを釣り上げます。その後、キャスティングに変更。すると、本命ではありませんが、田中さんがクロメバル、マサバを釣り上げました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 今回のジギングに使うのは、ベイトタックル。「柔らかい竿でテンションをかけつつ魚をとらえます。ベイトリールはアタリもとらえやすいんです」と辺見さん。

  • ルアーにスイベルとスプリットリングをつけます。素早く巻いた時に、ルアーが回転して糸がヨレるのを防ぐためです。

  • ドラグは強めに調整します。「素早く巻いて魚を引きつけ、すぐにルアーを落として食いつかせるようにしましょう」と辺見さん。

今回訪れたお店

横浜ナポリタン PUNCH

  • 住所
    神奈川県横浜市中区錦町16 横浜マリンハイツ1号館
    営業
    7:00~LO14:30(土曜 11:00~LO15:00)
    定休
    日・祝

    https://k-milk.co.jp/punch.html

今回利⽤した船

長崎屋

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」卓也と和可菜、串本出雲でグレ連発!

2020年4月25日テレビ神奈川・4月28日サンテレビ放送分

「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、和歌山県串本町を訪れました。登場したのはシマノインストラクターの平和卓也さんとタレントの福島和可菜さんです。
今回は出雲崎港を出船し、磯のグレ釣りに再挑戦。平和さんは明確なアタリでクチブトグレ、尾長グレと良型のグレを連発し、その後、40センチを超えるグレも釣り上げました。福島さんも念願の初グレ、そして、タカノハダイを釣り上げ、2人とも大満足の釣果となりました。釣ったグレは、和食店「串本旬彩おおはし」で特別に調理してもらい、2人は、その味わいを堪能しました。
※番組詳細はYouTube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 今回の磯釣りで使うロッドはファイアブラッド グレ クレバーハント、リールはBB-Xテクニウムです。

  • ハリスは2ヒロ、オモリは無し。「仕掛けはハリスと針の重さだけで沈んでいきます。そして、風の影響を受けないよう、できるだけ竿を低く構える」と平和さん。

  • 「アタリをとらえたら竿をしっかり立てる。そして、魚を取り込む時はタモで追わず、竿を持っていく」と平和さんが福島さんにアドバイス。

今回訪れたお店

串本旬彩 おおはし

  • 住所
    和歌山県東牟婁郡串本町串本2304
    電話
    0735-67-7466
    営業
    11:00~14:00、17:30~21:30
    定休
    水曜、第1火曜

今回利⽤した船

谷口渡船

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」卓也と和可菜、串本の旅と樫野のグレ釣り!

2020年4月18日テレビ神奈川・4月21日サンテレビ放送分

「おとな釣り倶楽部」は今回、和歌山県串本町を訪れました。登場したのはシマノインストラクターの平和卓也さんとタレントの福島和可菜さんです。2人は串本海中公園を訪れ、水中トンネルや海中展望塔などで串本の海に生息する魚を見学。翌朝、樫野漁港から出船し、大サバという磯でグレ釣りに挑戦しました。マキエサを撒き、仕掛けを投入し、アタリを待ちます。福島さんはエサ取りのチョウチョウウオに苦戦しますが、平和さんは潮目を読み、見事メジナ(クチブトグレ)を釣り上げました。
※番組詳細はYouTube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 磯釣りで重要なマキエサづくり。「冷凍のオキアミが溶けていなければ、塊を崩しておきます」と平和さん。配合エサに加えて、ダマを残さないよう混ぜ合わせます。

  • 磯ぎわにエサ取りのチョウチョウウオを足止めさせて、竿1本分前方に仕掛けを投入します。そして、ウキの周辺にマキエサを撒きます。

  • 状況に応じて、オモリG5をセットします。「風対策ですね。小さなオモリでウキの頭を押さえ、風に押されるのを防ぎます」と平和さん。

今回訪れたお店

串本海中公園

  • 住所
    和歌山県東牟婁郡串本町有田1157
    電話
    0735-62-1122
    営業
    水族館・海中展望塔9:00~16:30
    休み
    年中無休
    料金
    水族館・海中展望塔入場料 大人1,800円、小・中学生800円、幼児200円

    http://www.kushimoto.co.jp

今回利⽤した船

池畑渡船

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」内房のコマセマダイは厳しくとも美味堪能! 番組のおさらい

2020年4月11日テレビ神奈川・4月14日サンテレビ放送分

「おとな釣り倶楽部」は千葉県の内房にある鋸南町を訪れます。登場したのはシマノインストラクターの松本圭一さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
今回はコマセマダイ釣りに挑戦。コマセを入れたステン缶と仕掛けをおろし、コマセを振って船長の指示ダナまで巻き上げ、アタリを待ちます。ポイントを勝山沖から冨浦沖 横瀬まで移動し、釣り上げたのはマダイのほか、マサバ、マアジ、アカイサキ、キントキダイと多彩な魚種でした。釣りの後、2人は勝山港近くにあるそば店「金長」を訪れ、特別にさばいてもらった「マダイの姿造り」と「せいろそば」などを味わいました。
※番組詳細はYouTube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 「使うのは6:4調子や5:5調子など胴から曲がるムーチングアクションのロッド。細いハリスで大型マダイを釣ることもあるので、衝撃を吸収するよう、長めのクッションゴムがおすすめ」と松本さん。

  • 「今回はハリスが長いので、手で持ってゆっくり仕掛けをおろします」と松本さん。そして、船長の指示ダナの5m下で一度コマセを振ってから、指示ダナまで巻き上げます。

  • 「誘いをかける時はなるべくゆっくり、そーっと動かしてください。そうでないと魚が驚いてしまいますから」と松本さんがアドバイス。

今回訪れたお店

金長

今回利⽤した船

新盛丸

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」ライト五目で黄金アジの引きを堪能! 番組のおさらい

2020年4月4日テレビ神奈川・4月7日サンテレビ放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は千葉県の内房にある鋸南町を訪れます。登場したのはシマノインストラクターの松本圭一さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
漁協が営む「漁協直営食堂ばんや」を訪ねた2人は新鮮でリーズナブルな「まかない丼」や「ぶっかけ飯」などをいただきます。そして翌日は、保田沖でライトゲーム五目に挑戦。仕掛けを入れてタナまで巻き上げ、コマセを撒いて魚を誘います。2人はライトタックルならではのダイレクトなヒキ味を堪能しながら、「黄金アジ」とも呼ばれる形のいいマアジを中心に、イサキ、カワハギなどを釣り上げました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 「魚のヒキを体感できるタックルです。リールはバルケッタのFカスタムやプレミアムで、ロッドはXシートという画期的なグリップ。包み込むように持って脇に挟むと安定感が増し、疲労感も軽減してくれます」と松本さん。

  • 「ポイントはコマセを縦の帯状に撒いて、その中に仕掛けがある状態を作ること。動作としては、一度シャクった後、魚が食いつく“間合い”をとるため、しっかり止めること」と松本さんが田中さんにアドバイス。

  • 「探見丸でタナを確認するのも効果的です」と松本さん。そして、魚のサイズが確認できるアキュフィッシュ機能で中・小型の魚を見つけながら、魚のいるタナをダイレクトに攻めていきます。

今回訪れたお店

漁協直営食堂ばんや

  • 住所
    千葉県安房郡鋸南町吉浜99-5
    電話
    0470-55-4844
    営業
    平日9:30~17:45(LO17:00)土日祝9:30~19:30(LO18:45)
    休み
    不定休

    http://www.banya-grp.jp

今回利⽤した船

村井丸

  • 住所
    千葉県安房郡鋸南町大帷子391
    電話
    0470-55-1121
    営業
    平日9:30~17:45(LO17:00)土日祝9:30~19:30(LO18:45)
    休み
    不定休

    http://www.muraimaru.co.jp

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

「おとな釣り倶楽部」ダイジェスト版

今回の「おとな釣り倶楽部」はダイジェスト版です。前半は兵庫県南あわじ市を訪れて鳴門海峡周辺にてノマセ釣りを満喫し、後半は栃木県那須町にある管理釣り場でトラウトフィッシングを楽しみます。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、アンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの田中梨乃さん、杉浦里奈さんです。
前半の舞台は兵庫県の最南端にある南あわじ市。今井さんと田中さんは「道の駅福良」の近くで香ばしい匂いに誘われ、「山武水産」で大アサリやサザエの海鮮焼をほおばります。
翌朝、2人は福良港から「明陽丸」で出船。小魚を泳がせて高級魚を狙うノマセ釣りを楽しみます。途中、湾内で活きエサのイワシをとり、ポイントの鳴門海峡周辺へ。釣り方について今井さんに教えてもらいます。「エサのイワシは頭をおさえて親針を鼻に掛け、孫針を背びれの後方あたりに刺します。イワシを付けたら仕掛けを海底まで落とし、着底したら50センチほど巻き上げます。その際、親指の先でスプールを軽く触ってバックラッシュしないようにサミングします」。早速、田中さんが魚の反応をとらえますが、魚の姿を見ることはできません。田中さんは挑戦を重ね、3度目にツバスを釣り上げます。「ようやくアワセができるようになったかな。結構、ヒキも強くて釣りごたえがあります」と田中さん。続いても田中さんがヒットし、ヒラメを釣り上げます。さらに今井さんが大きくアワセ、ヒラメを釣り上げます。このノマセ釣りは難しいアクションなどは必要なく、好釣果が期待できることから、初心者から上級者まで人気のある釣りです。さらに、田中さんはマハタを釣り上げます。魚影の濃い鳴門海峡で2人はノマセ釣りを満喫しました。
番組の後半は栃木県の北東部にある那須郡那須町を訪れます。村田さんと杉浦さんは「ステーキハウス寿楽 本店」を訪れ、サーロインステーキなどで栃木和牛の味を堪能します。
翌朝、2人はトラウトフィッシングを楽しむため、「那須高原ルアーフィールド」へ。こちらの管理釣り場は1号池が魚の持ち帰りが可能で、2号池がキャッチ&リリース専用です。「2号池のほうが難しい。しかし、魚はでかい」と村田さん。まずは比較的釣りやすい1号池から釣りを始めます。村田さんはオレンジとゴールドのスプーンを使ってキャスティング。誘い方について村田さんに教えてもらいます。「1秒間に1回転くらいのスピードで巻く。ロールスイマーを使う時はゆっくり」。ここで、杉浦さんがヒットし、「今度はバレないように…」とレインボートラウトを釣り上げます。1号池を楽しんだところで、大型トラウトのいる2号池に挑戦します。村田さんがラインの動きに神経を集中させていると、「来た!」とアタリをとらえ、なんと80センチクラスのレインボートラウトを釣り上げます。ここで杉浦さんも2号池で挑戦してみることに。「狙うポイントはありますか?」と杉浦さんの質問に、村田さんは「大きい魚は同じものが3回も来ると食べないから、同じ場所に投げないこと。もし、管理釣り場が混んでいたら、ルアーをチェンジする」とアドバイス。その後、杉浦さんもアタリをとらえ、見事ロックサーモンを釣り上げます。初めてでも手軽に始められるノマセ釣りとトラウトフィッシング。皆さんもぜひ、体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル ノマセ釣り】
<ライン>
 タナトル8 PE3号
<リーダー> 
 フロロカーボン 5号
<仕掛け>
 幹糸 7号 ハリス 6号 オモリ 40号
 親針 丸セイゴ17号
 孫針 トリプルフック8号
<ロッド>
 今井さん:ライトゲーム リミテッド タイプ82 H190
 田中さん:ライトゲームCI4+ タイプ82 H190
<リール>
 今井さん:カルカッタ 800F
 田中さん:カルカッタ コンクエスト800F

【タックル トラウトフィッシング】
<ライン>
 ナイロン 3.5lb
<ルアー> 
 カーディフ ロールスイマー
 カーディフ ロールスイマー5g
<ロッド>
 村田さん:ワールドシャウラ テクニカルエディションS66UL-2
 杉浦さん:カーディフ AX S62SUL-F
<リール>
 村田さん:ステラ C2000SHG
 杉浦さん:ツインパワー C2000S

●山武水産
住所 兵庫県南あわじ市福良港 道の駅福良
電話 080-3036-9284(事務所番号)
営業 9:00~17:00
休み 水曜

●明陽丸
住所 兵庫県南あわじ市福良港内
電話 090-8652-7553(事務所番号)
http://meiyoumaru.jp/

●ステーキハウス寿楽本店
住所 栃木県那須郡那須町湯本379
電話 0287-76-3844
営業 10:30~14:30、17:00~19:00
定休 木曜
https://www.saikoro-steak.com/

●那須高原 ルアーフィールド
住所 栃木県那須郡那須町寺子乙1206-20
電話 0287-72-5824
http://lure-f.jp

「おとな釣り倶楽部」ダイジェスト版

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」和歌山県印南町 後編

今回の「おとな釣り倶楽部」は和歌山県印南町を訪れます。印南町に老舗醤油店を訪れ、翌日は印南沖で大人気のマダイ釣りを楽しみます。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
和歌山県中部に位置する印南町。今井さんと田中さんは「かつお節発祥之地」を訪れ、印南町文化協会会長の坂下緋美さんから、江戸時代初期にこの地で角屋甚太郎がかつお節を生み出し、その後全国に広まったことを教えてもらいます。続いて2人はその角屋さんの子孫が営む、創業100年を超える老舗の「ダルマ醤油」を訪ねます。
翌朝、2人は印南港を訪れ、「せいゆう丸」で出船します。まずはタックルについて今井さんに教えてもらいます。「ロッドは海攻マダイリミテッド。ヒキの強い魚にも耐えられますし、6:4調子で船の揺れも吸収してくれるというメリットもあります。リールはビーストマスターの2000。これはパワーがあります。大型の半月天秤を使い、ウデはできるだけ長いものを。あとはステンレス製の撒き餌カゴ。オモリやハリスの太さは魚の大きさに合わせて選んでください」。印南沖のポイントに到着します。サシエサとマキエサはオキアミで、オキアミは尾を切って回転するのを防ぎます。「オキアミを2匹で抱き合わせにする際、オキアミがまっすぐになるように刺します」と今井さん。仕掛けが着底したら船長の指示ダナまで巻き上げ、竿をシャクってマキエサをします。早速、田中さんがマダイを釣り上げますが、小さなサイズなのでリリースします。「せいゆう丸」の船長は、こまめにタナを探ることが釣果につながると教えてくれます。今井さんがマダイを釣り上げ、続いて、田中さんもマダイを釣り上げますが、またも小さなサイズで悔しそう。ここで田中さんが、初めて船釣りをする場合の予約や段取りについて今井さんに尋ねます。「まず、何を釣り釣りたいかを決めて、どこでやっているかを探します」と今井さん。インターネットや新聞などで情報収集をし、予約の際は日時や人数を伝え、出船・帰港時間、エサや仕掛けなどを確認します。気になるタックルは「最近ではレンタルも常備している船宿も多いので、まずはレンタルを使ってみてから道具を揃えるといい」と今井さん。ここから再び釣りの様子をお届けします。田中さんが「来ました!先程よりヒキが強い」とマダイを釣り上げ、サイズアップに成功します。今井さんも田中さんと同じ水深に仕掛けを誘導していますが、アタリが少ないようです。そしてまたも、田中さんがマダイを釣り上げ、アタリを連発します。どうやら、今井さんから田中さんの方へ潮が流れ、田中さんのポイントに魚が集まっているようです。その後も、田中さんが2回連続でマダイを釣り上げ、ついに、今井さんもマダイを釣り上げます。この日、田中さんはウマヅラハギも仕留めています。釣りを終えた2人は釣った魚を「料理旅館 辻井」で調理してもらい、刺身、鍋、塩焼き、あら炊きなどで堪能します。楽しいマダイ釣り、皆さんも体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<道糸>
 タナトル8 PE3号
<ハリス> 
 4~5号(長さ 約3ヒロ)
<ハリ>
 マダイ9~11号
<その他>
 半月天秤
 ステンレス製 撒き餌カゴ
 オモリ:70号
<ロッド>
 今井さん:海攻 マダイ リミテッド M300
 田中さん:海攻 マダイ リミテッド MH300
<リール>
 今井さん:ビーストマスター 2000
 田中さん:ビーストマスター 2000

●ダルマ醤油
住所 和歌山県日高郡印南町印南2274-5
電話 0738-42-0031

●せいゆう丸
住所 和歌山県日高郡印南町西ノ地712
電話 090-1079-4077
https://seiyuumaru.com/

●料理旅館 辻井
住所 和歌山県日高郡印南町島田2171-2
電話 0738-43-0201
http://www.tsujii-ryokan.com/

「おとな釣り倶楽部」和歌山県印南町 後編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」和歌山県印南町 前編

今回の「おとな釣り倶楽部」は和歌山県印南町を訪れます。印南町にある「真妻山葵」発祥の地を訪れ、翌日は印南沖で寒イサキ釣りを楽しみます。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
和歌山県中部に位置する印南町は漁業の盛んな地域。また、印南町は国産わさびで最高と言われる「真妻山葵」発祥の地としても知られています。今井さんと田中さんは代々わさびを栽培している「平井わさび園」を訪ね、辛みの強い味を試してみます。
翌朝、2人は印南港を訪れ、寒イサキ釣りを楽しむため、「せいゆう丸」で出船します。まずはタックルについて今井さんに教えてもらいます。「竿はライトゲームの73調子のH200。イサキ釣りはエサを撒いたり、誘ったりと竿を頻繁に動かすので、いわゆるショートロッドのほうが扱いやすい。この竿は柔らかめなので仕掛けが跳ねにくいという利点もあります。リールはフォースマスター2000。道糸の先に半月天秤、ステンレス製撒き餌カゴを。そして、クッションゴムの先に4本針サビキ仕掛けを付けます」。仕掛けを投入した時、天秤と仕掛けは落ちるスピードが違うので、両方が同じタナに馴染むよう、「タナ返し」をやったほうがいいと今井さんが教えてくれます。マキエサのアミエビは7分目くらい詰め、仕掛けに絡まないように投入します。この時、バックラッシュしないようにスプールを親指の先で軽く触ってサミングしながら降ろしていきます。仕掛けが着底したら、船長の指示タナまで巻き上げ、竿をシャクってマキエサをします。そして、アタリがあってもすぐに巻き上げず、スロー巻きで追い食いをさせます。ここで今井さん、続いて田中さんにアタリがあり、今井さんは本命のイサキを、田中さんはハマチを釣り上げます。再び、アタリをとらえ、今度は2人ともイサキを釣り上げ、なかなかなサイズです。続いても2人はイサキを釣り上げ、さらに、田中さんが高級魚のトビハタを釣り上げ、田中さんはまるで五目釣りになりそうな勢いです。この後も2人はイサキを釣り上げますが、姿を現すのは小型で1匹ずつ。ポイントを移動すると、今井さんがダブルでイサキを釣り上げます。その後、田中さんはマハタを、今井さんはメジロを釣り上げたところで釣りを終了。船長に魚をおいしく持ち帰る方法を教えてもらいます。新鮮なイサキの刺身が登場し、2人は「平井わさび園」でいただいたわさびを添えて味わいます。次回は印南沖でマダイ釣りを楽しみます。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<道糸>
 タナトル8 PE2号
<その他> 
 4本針サビキ仕掛け
 幹糸:3.5号
 ハリス:3.5号
 ハリ:8号
<ロッド>
 今井さん:ライトゲーム リミテッド TYPE73 H200
 田中さん:ライトゲーム CI4+ TYPE73 H200
<リール>
 今井さん:ビーストマスター EJ2000
 田中さん:フォースマスター 2000

●せいゆう丸
住所 和歌山県日高郡印南町西ノ地712
電話 090-1079-4077
https://seiyuumaru.com/

「おとな釣り倶楽部」和歌山県印南町 前編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県横浜市 後編

村田さんと杉浦さんは神奈川県横浜市神奈川区にある「六角橋商店街」を訪れます。昭和の面影を残すレトロな商店街には多彩な店舗が連なっています。その1軒、「六角橋焼小籠包」に立ち寄り、村田さんは熱々の焼小籠包を「何個でもいける!」とほおばります。続いて、地元で人気のコッペパン専門店「ル・ミトロン・コッペ」へ。作り立ての味に杉浦さんも大満足です。
そして、2人は東京湾でボートシーバスを楽しみます。まずはシーバスゲームのタックルについてのおさらいから。「シーバスゲームでは一般的に、軽快に投げられるスコーピオンにヴァンキッシュというリール。ちょっと上級者になると、ワールドシャウラにアンタレスDC MDという非常に頑丈なリールを使います」と村田さん。前回は多摩川河口にてキャスティングでシーバスを狙っていると、杉浦さんが78センチの大型シーバスを、村田さんが60センチクラスのシーバスを釣り上げました。今回はどんな出会いがあるのでしょうか。
今回も多摩川河口からボートシーバスを開始します。杉浦さんはスピンテールを使用。キャストして少し待ち、ルアーを沈めてからゆっくり巻いていきます。船長によれば、かけ上がりから少し離れた深めのところにベイトフィッシュのコノシロが多いとのこと。2人はそこを重点的に狙ってみます。ここで村田さんはルアーを目立つカラーのバイブレーションに変更しますが、前日の大雨の影響か、アタリがありません。そこで、ボートを走らせて千葉県富津沖のポイントへ。杉浦さんも村田さんと同じく、目立つカラーのバイブレーションに変更してシーバスを狙います。「シーバスゲームはギア比が高いリールのほうがルアーの動きもわかりやすく、アタリもとらえやすい」と村田さん。ロングキャストで広範囲に誘う村田さんはアタリがあったものの、針掛かりしません。気を取り直して再びキャストし、ようやく60センチオーバーのシーバスを釣り上げます。その後、杉浦さんもヒットしますが、残念ながらあと一歩のところでバラシてしまいます。再びアタリをとらえた杉浦さんは「今度こそ!」と慎重に巻き上げ、見事シーバスを釣り上げました。手軽に始められてエキサイティングなシーバスゲーム。皆さんもぜひ体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 村田さん:ナイロン 16lb
 杉浦さん:PE1.5号
<リーダー> 
 杉浦さん:フロロカーボン 25lb
<オモリ>
 エクスセンス サルベージブレード XO-228R
 エクスセンス サルベージソリッド 100ES
<ロッド>
 村田さん:ワールドシャウラ1652R-2 
 杉浦さん:スコーピオン 2652R-2 
<リール>
 アンタレスDC MD
 ヴァンキッシュ C3000

●六角橋焼小籠包
住所 神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-9-1
電話 045-438-4677
営業 10:30~21:00
定休 火曜

●ル・ミトロン・コッペ
住所 神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-9-13
電話 045-642-8110
営業 10:00~パンが無くなり次第終了
定休 不定休
http://lemitronpains.com/coupe_pains/

●サニーフィッシングガイドサービス
住所 神奈川県横浜市神奈川区浦島町367
電話 080-7399-1143(事業所番号)

「おとな釣り倶楽部」神奈川県横浜市 後編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県横浜市 前編

今回の「おとな釣り倶楽部」は神奈川県横浜市を訪れます。横浜市にある珍しい水族館や、地元の味を楽しめるお店を訪れ、翌日は東京湾でボートシーバスを満喫します。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
神奈川県横浜市は幕末以降、港町として栄えてきた街。観光名所も多く、人気のエリアです。村田さんと杉浦さんは「ヨコハマおもしろ水族館」を訪れます。こちらは中国の南の島の小学校をイメージした水族館で、独特の習性のヘコアユやコバンザメ、毒性の強いハナミノカサゴなどを見学します。次に2人は「弥平 新子安店」を訪れ、三浦半島の地魚の刺身や、地野菜の天ぷら、葉山牛のトロ握りなど地元の素材を使ったおいしい品々を味わいました。
翌日、2人は東京湾でボートシーバスを楽しみます。まずはシーバスゲームのタックルについて村田さんに教えてもらいます。「ロッドはスコーピオン、リールはシーバスゲームにはハイギアがおすすめです。上級者になると、ロッドはワールドシャウラ、リールは今世紀最強と言われるアンタレスDC MDを。ルアーはメタルジグのほか、ミノー、スピンテール、バイブレーションなどがあります」。朝8:30、2人は「サニーフィッシングガイドサービス」で出船し、羽田沖のポイントに到着します。まずはジギングでシーバスを狙います。シーバスの場合、「ただ巻き」でゆっくり巻くこと。「落ちる時に軽くスプールを指で触って、糸が止まったらアワセます。ジグのウエイトは60~80グラム」と村田さん。2人はまず、違うタイプのジグを使って反応をみます。杉浦さんがキャスティングについて質問をすると、村田さんがピッチングを教えてくれます。これは手でルアーを持ってロッドを前方に払うイメージのキャスト方法で、コントロールが求められる釣りに役立ちます。ここで村田さんが「シーバスはルアーが落ちていく時に食いつく習性がある。針は大きくてコシが角ばったスズキ針がいい」と教えてくれます。すると、杉浦さんが初めてアタリをとらえますが、あと一歩のところで痛恨のバラシ。「今度こそ!」と再びアタリをとらえますが、またしてもバラシてしまいます。その後、船長から中層を狙うようアドバイスがあり、2人はルアーをスピンテールに変更。さらに、村田さんはバイブレーションに変更し、ポイントも多摩川河口に移動します。しばらくすると杉浦さんが「うわぁ!」と驚きながらアタリをとらえ、78センチの大型シーバスを釣り上げます。続いて、村田さんも60センチクラスのシーバスを釣り上げました。次回は、この続きをお届けします。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 村田さん:ナイロン 16lb
 杉浦さん:フロロカーボン 18lb(ジギング)
 PE1.5号(キャスティング)

<ルアー>
 オシア スティンガーバタフライ ペブルスティック60~80g
 オシア スティンガーバタフライ センターサーディン60~80g
 エクスセンス サルベージブレード XO-228R
 エクスセンス サルベージソリッド 100ES
<ロッド>
 村田さん:ワールドシャウラ1652R-2
 杉浦さん:スコーピオン 1652R-2 
 杉浦さん:スコーピオン 2652R-2
<リール>
 アンタレスDC MD
 スコーピオン MGL 150(ジギング)
 ヴァンキッシュ C3000(キャスティング)

●ヨコハマおもしろ水族館
住所 神奈川県横浜市中区山下町144 チャイナスクエアビル3F
電話 045-222-3211
営業 10:00~18:00(土日祝など~20:00)
休み 年中無休
料金 中学生以上1,500円、小人750円、65歳以上1,100円
http://www.omoshirosuizokukan.com/

●弥平 新子安店
住所 神奈川県横浜市神奈川区子安通り3-301
電話 045-441-2939

●サニーフィッシングガイドサービス
住所 神奈川県横浜市神奈川区浦島町
電話 080-7399-1143(事業所番号)

「おとな釣り倶楽部」神奈川県横浜市 前編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」ダイジェスト版(山梨県山中湖、神奈川県横須賀市)

今回の「おとな釣り倶楽部」はダイジェスト版をお届けします。前半の舞台は山梨県山中湖。山中湖周辺にある淡水魚の水族館を訪れ、ドーム船でワカサギ釣りを満喫します。後半の舞台は神奈川県横須賀市。横須賀市の博物館を訪れ、久里浜沖でタチウオ釣りを楽しみます。登場するのはシマノインストラクターの伊藤さとしさん、シマノフィールドテスターの遠藤いずみさん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
富士五湖で最大面積を誇る山中湖。伊藤さんと杉浦さんは「さかな公園」の敷地内にある「森の中の水族館」を訪れます。透明度の高い富士の湧水を使用した淡水魚専門の水族館で、二重回遊水槽の中で泳ぐニジマスやイトウなどを見学しました。
翌朝、2人はドーム船に乗ってワカサギ釣りを楽しみます。まずは伊藤さんにエサの付け方を教えてもらいます。「紅サシは太い方に針をかけて針先を出し、ハサミで半分くらいに切ります」。水深約10.5メートル。エサを付けたら仕掛けを落とし、着底後、軽く誘いをかけます。伊藤さんが変化をつけながら誘っていると、見事1投目でワカサギを釣り上げました。「ワカサギ釣りはゆっくりとやる感じがありますが、けっこうリアクションのある釣りなんです」と伊藤さん。常に誘いをかけている方がアタリやすく、マメなエサ替えが釣果につながるとのこと。ワカサギ釣り初挑戦の杉浦さんもワカサギを釣り上げます。その後、杉浦さんは2点掛けに成功。伊藤さんが少し上のタナを狙うと2人でダブルヒット! しばらくするとドーム船の近くにワカサギの群れがやってきます。すると伊藤さんは3点掛けに成功します。杉浦さんは「2匹より重たい…」と4点掛けで釣り上げ、その直後も再度4点掛けに成功します。
続いての舞台は神奈川県南東部、三浦半島にある横須賀市。遠藤さんと杉浦さんは「横須賀市 自然・人文博物館」の「自然館」を訪れ、世界で初めて発見されたナウマンゾウの化石やミツクリザメの標本などを見学します。
翌日、2人は朝7:30に久里浜港を出船し、走水沖に到着。遠藤さんに仕掛けを教えてもらいます。「仕掛けは片テンビンの1本針、オモリは60号。付けエサのサバの切り身は皮のほうから縫い刺しで付けます」。船長の指示ダナは水深50~60メートル。「誘い方は指示ダナまで仕掛けを落とし、1回シャクってハンドルを半回転させ、1回シャクったらロッドを止めます。アタリがなくなってきた時はエサを確認します」と遠藤さん。タチウオ釣り初挑戦の杉浦さんが教わった通りに誘っていると、なんと1投目でタチウオを釣り上げ、遠藤さんも「いいサイズが来ました」とタチウオを釣り上げます。その後も2人は好調で、遠藤さんがドラゴン級のタチウオを釣り上げると、杉浦さんもドラゴン級を釣り上げます。手軽に始められるワカサギ釣りとタチウオ釣り、皆さんもぜひ体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル ワカサギ】
<ライン>
 PE 0.2号
<仕掛け>
 全長1.2m 針1号 8本針
<オモリ>
 7g
<付けエサ>
 紅サシ アカムシ
<リール>
 伊藤さん:レイクマスター CT-T ファイアレッド
 杉浦さん:レイクマスター CT-T ブラック
<穂先>
 伊藤さん:レイクマスター エクスペック
 MO2K KAMISORI SHALLOW
 杉浦さん:レイクマスター エクスペック
 MO3K KAMISORI VERSATILE

【タックル タチウオ】
<ライン>
 PE 2号
<リーダー>
 ナイロン 30lb
<仕掛け>
 片テンビン 1本針 2/0号 ハリス6号
<オモリ>
 60号
<ロッド>
 遠藤さん:サーベルマスターテンビン L165
 杉浦さん:ベイゲームXタチウオ82 MH195
<リール>
 遠藤さん・杉浦さん:フォースマスター400

<山梨県山中湖>
●森の中の水族館。
住所 山梨県南都留郡忍野村忍草3098-1さかな公園内
電話 0555-20-5135
開館時間 9:00~18:00
入館料 大人420円、小中学生200円、幼児無料
休み 火曜日(祝日の場合は翌日・4/30、7/21~8/31は営業)
http://www.morinonakano-suizokukan.com

●旭日丘観光
住所 山梨県南都留郡山中湖村旭日丘506-296
電話 0555-62-3059
http://www.asakan.gr.jp/dome_forecast.php

<神奈川県横須賀市>
●横須賀市 自然・人文博物館
住所 神奈川県横須賀市深田台95
電話 046-824-3688
開館時間 9:00~17:00
入館料 無料
休み 月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)
https://www.museum.yokosuka.kanagawa.jp

●平作丸
住所 神奈川県横須賀市久里浜8-9-5
電話 090-4074-3228(事務所番号)
https://heisakumaru.com

「おとな釣り倶楽部」ダイジェスト版(山梨県山中湖、神奈川県横須賀市)

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」和歌山県白浜町 後編

今回の「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、和歌山県白浜町を訪れます。海中展望塔を訪れて、贅沢な握り寿司を味わった後、オキアミ五目釣りで大物のマダイを狙います。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
和歌山県南西部にある白浜町を訪れている今井さんと田中さん。まずは沖合100メートルにある「白浜海中展望塔」を訪ね、水深8メートルにある窓から海中を泳ぐ魚を見学します。次に「ホテルシーモア」にある「すし八咫(すしやた)」へ。太平洋を一望できる店内で、丁寧に握られた寿司や「鮑の踊り焼き」などを堪能した後、ホテル内の「インフィニティ足湯」で、太平洋に沈む夕陽を眺めながら足湯に癒されます。
翌日、2人はオキアミ五目釣りを楽しもうと白浜町の市江港にやってきました。朝6:00に「釣船 市江崎」に乗り込み出船します。ここで、タックルについて今井さんに教えてもらいます。「今回の竿は海春。マダイから青物まで対応できる汎用性の高い竿ですね。リールはフォースマスターの2000です」。前回は良型のマダイやイサキを仕留めることができました。今回はどんな出会いが待っているのでしょうか。このオキアミ五目釣りはサシエサと撒き餌ともにオキアミを使います。サシエサのオキアミは尾を切って、抱き合わせという刺し方で魚にアピールします。そして、バックラッシュしないように、親指で軽くサミングしながら仕掛けを降ろしていきます。着底したら船長の指示ダナまで誘導し、竿を大きくシャクって撒き餌をします。「撒き餌にサシエサが同調すれば、アタリの確立が高い」と今井さん。早速、今井さんの竿先にアタリがあり、良型のイサキを釣り上げます。ここで少しポイントを移動し、水深はおよそ70メートルのところへ。すると、田中さんがアタリをとらえ、マダイを釣り上げます。続いて今井さんがまたも良型のイサキを釣り上げます。「船長の指示ダナに合わせることが釣果アップの秘訣になりますね」と田中さん。ここで田中さんがマダイをダブルで釣り上げ、「やったー!いいサイズ」と喜びます。続いて、今井さんもマダイを釣り上げます。すると、田中さんはまたもマダイをダブルで釣り上げて絶好調。その後、今井さんも田中さんもマダイを釣り上げます。さらなる大物を求めて撒き餌をすると、田中さんが大きなアタリをとらえ、姿を現したのは67センチのメジロ(ワラサ)です。初めてのオキアミ五目釣りで田中さんは大物を見事仕留めました。
大物を狙えるオキアミ五目釣り、皆さんも体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 タナトル8 PE3号
<その他>
 ハリス:5号 全長約6m
 ハリ:マダイ10号
 オモリ:100号
<ロッド>
 今井さん:海攻マダイ リミテッドMH300
 田中さん:海春80-300
<リール>
 今井さん:ビーストマスター 2000EJ
 田中さん:フォースマスター 2000

●白浜海中展望塔
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町1821
電話 0739-43-1100
営業 9:00~16:00
休み 無休
料金 大人800円、小人(3歳~)500円
http://kaichu-tenboto.com/

●HOTEL SEAMORE SHIRAHAMA KEY TERRACE
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町 1821
電話 0739-43-1000
※すし八咫(すしやた)
電話 0739-33-9090(直通)
営業 昼11:30~14:30(LO14:00)
   夜17:30~22:00(LO21:30)
※インフィニティ足湯
営業 7:00~23:00
https://www.keyterrace.co.jp/

●釣船 市江崎
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町 市江港
電話 090-1070-4101
https://minnaga.com/itiezaki/

「おとな釣り倶楽部」和歌山県白浜町 後編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」和歌山県白浜町 前編

今回の「おとな釣り倶楽部」は和歌山県白浜町を訪れます。神秘的な「三段壁洞窟」や「フィッシャーマンズ・ワーフ白浜」で旅を楽しみ、日置沖でオキアミ五目釣りに挑戦します。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
和歌山県南西部にある白浜町は沖合に黒潮が流れ、1年を通して温暖な気候です。今井さんと田中さんは白浜町にある「三段壁洞窟」を訪れ、スタッフの栗山 椋さんの案内のもと、地下36メートルに降りて洞窟を探検します。約1600万年前に海底でできた波状の模様を見たり、洞窟内に祀られている「牟婁 大辯才天」や、熊野水軍の舟隠し場だった「熊野水軍番所小屋」などを見学します。その後、地元漁師直営の海鮮市場「フィッシャーマンズ・ワーフ白浜」へ立ち寄り、ウツボの薄造りを味わいます。
翌日、2人はオキアミ五目釣りを楽しむため、白浜町の市江港を訪れます。「釣船 市江崎」に乗船し、午前6:00に出船。水深約65メートルの日置沖で釣りを始めます。準備をする田中さんに今井さんがアドバイスします。「オキアミを詰めますが、入れすぎないように。大きいのを選んで尾を切り、1匹目はまっすぐ針を刺し、2匹目は抱き合わせるように針を刺します」。ポイントに到着後、田中さんは仕掛けを落とし、着底後、船長の指示ダナまで仕掛けを誘導し、竿を持ってシャクり、撒き餌をします。「反応がなければ、もういっぺん、竿を持ってエサを撒く」と今井さん。すると、1投目で田中さんにアタリがあり、サバを釣り上げます。続いて、田中さんは本命のマダイを釣り上げます。ここで今回のタックルについて今井さんに教えてもらいます。「竿は海春80号の3メートル。波があっても竿の胴で揺れを吸収するので、仕掛けが跳ねないので使いやすい。リールはフォースマスター2000。ウデの長い船釣用天秤を付けます。仕掛けはハリス5号で下のほうに枝針を出して2本針でやります」。ここから今井さんも竿を出します。撒き餌の効果で探見丸に魚影が映るようになります。今井さんはすぐにヒットしますが、小さなマダイなのでリリースします。一方、田中さんは先ほどよりも大きなマダイを釣り上げ、続いて田中さんと今井さんが同時にヒット! 田中さんは良形のイサキを2匹釣り上げ、今井さんはマダイを釣り上げます。さらに、田中さんがマダイを釣り上げ、サイズアップに成功! 次回もこの続きをお届けします。お楽しみに!

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 タナトル8 PE3号
<その他> 
 ハリス:5号 全長約6m
 ハリ:マダイ10号
 オモリ:100号
<ロッド>
 今井さん:海攻マダイ リミテッドMH300
 田中さん:海春80-300
<リール>
 今井さん:ビーストマスター 2000EJ
 田中さん:フォースマスター 2000

●三段壁洞窟
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町2927-52
電話 0739-42-4495
営業 8:00~17:00(最終入場16:50)
休み 年中無休(臨時休館あり)
料金 大人1,300円、小学生650円
http://sandanbeki.com/

●フィッシャーマンズ・ワーフ白浜
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町1667-22
電話 0739-43-1700
営業 市場 10:00~18:30
レストラン 11:00~15:00、17:00~22:00
休み 不定休
https://fw-sh.com/

●釣船 市江崎
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町 市江港
電話 090-1070-4101
https://minnaga.com/itiezaki/

「おとな釣り倶楽部」和歌山県白浜町 前編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」栃木県那須町 後編

「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、栃木県那須町を訪れます。人気のスイーツショップを訪れ、そして、管理釣り場でトラウトフィッシングを楽しみます。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
栃木県の北東部、福島県との県境に位置する那須郡那須町。村田さんと杉浦さんは「チーズガーデン 那須本店」を訪れます。こちらは村田さんもご贔屓にする人気店で、那須高原のふもとにある自社工場で製造する「御用邸チーズケーキ」などを販売しています。2人は店内にあるカフェコーナーで、本店でしか味わえない焼き菓子をほおばります。
そして、前回に引き続き「那須高原ルアーフィールド」でトラウトフィッシングを楽しみます。まずはタックルについてのおさらいから。「ルアーを入れるワレットは、大きめを選ぶのがおすすめ。そして、管理釣り場ではナイロンラインが一般的で、太さはマスの大きさに合わせて選びます」と村田さん。前回は1号池で釣りをしました。村田さんは1投目から順調にレインボートラウトを釣り上げ、2人ともたくさんのトラウトに出合うことができました。今回、村田さんは大型トラウトがいるという2号池に挑みます。一方、杉浦さんは引き続き、1号池での釣りを楽しみます。村田さんがわずかな変化も見逃さないよう、ラインに神経を集中させていると、「ついに来た!」とアタリをとらえます。「無理に引っ張ると、魚の歯にあたって糸が切れるから、やりとりが難しい…」と言いながら、ネットにようやく入るくらいの大物、なんと80センチクラスのレインボートラウトを釣り上げます。ここで杉浦さんも2号池で挑戦してみることに。村田さんは「2号池は小さいけれど深い。魚は今、底の方にいるから、一度ルアーを沈めてから巻くのがいい」とアドバイス。そして、大きい魚を釣る時はルアーを丸のみされてしまう恐れがあるので、しっかりアワセること。杉浦さんは村田さんのアドバイスでルアーを3.5グラムから5グラム、オレンジとゴールドのスプーンに変更します。ここで、村田さんが「よし、いただき!」とまたもヒットし、レインボートラウトを釣り上げます。ところが、杉浦さんは2号池に来てからアタリがありません。村田さんは「大きい魚は同じものが3~5回も来ると食べないから、同じ場所に投げない。もし、管理釣り場が混んでいたらルアーをチェンジする。そして、ロッドは軽く持ち、アワセる時にキュッと強く握る」と教えてくれます。アドバイスを聞いた杉浦さんはようやくアタリをとらえ、見事なロックサーモンを釣り上げます。
初めてでも手軽に始められ、エキサイティングなやり取りを楽しめるトラウトフィッシング。皆さんもぜひ、体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 ナイロン 3.5lb
<ルアー> 
 カーディフ ロールスイマー
<ロッド>
 村田さん:
 ワールドシャウラ テクニカルエディションS66UL-2
 杉浦さん:カーディフ AX S62SUL-F
<リール>
 村田さん:ステラ C2000SHG
 杉浦さん:ツインパワー C2000S

●チーズガーデン 那須本店
住所 栃木県那須郡那須町高久甲喰木原2888
電話 0287-64-4848
営業 9:00~18:00(季節により変動あり)
https://cheesegarden.jp/pages/honten

●那須高原 ルアーフィールド
住所 栃木県那須郡那須町寺子乙1206-20
電話 0287-72-5824
http://lure-f.jp

「おとな釣り倶楽部」栃木県那須町 後編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」栃木県那須町 前編

「おとな釣り倶楽部」は今回、栃木県那須町を訪れます。栃木レザーの小物作りを体験し、レストランで栃木和牛の味を堪能。管理釣り場でトラウトフィッシングを楽しみます。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
栃木県の北東部にある那須郡那須町。福島県に隣接し、東側には八溝山地が広がる自然豊かな町です。村田さんと杉浦さんは「体験工房 和楽日」を訪れ、国産革の栃木レザーを使ったダイヤキーリング作りに挑戦。柔らかくしたレザーに文字や柄をスタンピングしていきます。次に「ステーキハウス寿楽 本店」を訪れ、サーロインステーキなどで栃木和牛の味を堪能します。「那須町に来て、釣りだけで帰るなんてもったいない」と村田さん。
翌朝、2人はトラウトフィッシングを楽しむため、「那須高原ルアーフィールド」へ。まずはタックルについて村田さんに教えてもらいます。「ルアーを入れるワレットは大きめがおすすめ」と村田さん。そして、ゴム製のランディングネットを使うと魚のぬめりを取りづらく、ヒレも傷つけにくいとのこと。「管理釣り場では、糸はナイロンラインが一般的。このロッドは竿先がまっすぐで、きれいに曲がるんです」。果たして、今回はどんな出会いが待っているのでしょうか? こちらの管理釣り場は1号池が魚の持ち帰りが可能で、2号池がキャッチ&リリース専用です。「2号池のほうが難しい。しかし、魚はでかい」と村田さん。まずは比較的釣りやすい1号池から釣りを始めます。村田さんはオレンジとゴールドのスプーンを使ってキャスティング。早速ヒットし、アベレージサイズのレインボートラウトを釣り上げます。杉浦さんも同じくヒットしますが、すぐにバラシてしまいます。ここで釣り方について村田さんに教えてもらいます。「1秒間に1回転くらいのスピードで巻く。ロールスイマーを使う時はゆっくりと」。ここで、杉浦さんがヒットし、「今度はバレないように…」とようやくレインボートラウトを釣り上げます。村田さんは「たるんでいる糸がピクッと動く瞬間…、この変化でアタリを見極める」と話します。隣で杉浦さんが「ワンサイズ上がりました!」と再びレインボートラウトを釣り上げます。ここで改めて、村田さんにアタリの見極め方を教えてもらいます。「キャストします。そーっと持ち上げて、ラインがたるんで…、今、このタイミングでアワセます」。さらに、「ラインを水につけると見やすくなるけれど、寒い時はガイドが凍るので気をつけて」とアドバイス。ここで村田さんが再びレインボートラウトを釣り上げます。「魚を取り込む時はロッドを後ろに引く。この時、リールは常に下向きにするほうが安定する」と教えてくれます。その後、2人同時にダブルヒット!次回は2号池に挑戦します。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 ナイロン 3.5lb
<ルアー> 
 カーディフ ロールスイマー
 カーディフ ロールスイマー5g
<ロッド>
 村田さん:
 ワールドシャウラ テクニカルエディションS66UL-2
 杉浦さん:カーディフ AX S62SUL-F
<リール>
 村田さん:ステラ C2000SHG
 杉浦さん:ツインパワー C2000S

●体験工房 和楽日
住所 栃木県那須郡那須町大字高久丙1番地
ホテルエピナール那須 別館
電話 0287-78-6644
営業 9:30~18:00
休み 水曜(祝日、GW、春・夏・冬休み営業)
※体験は事前予約要
http://www.a-w-s.jp/

●ステーキハウス寿楽本店
住所 栃木県那須郡那須町湯本379
電話 0287-76-3844
営業 10:30~14:30、17:00~19:00
休み 木曜
https://www.saikoro-steak.com/

●那須高原 ルアーフィールド
住所 栃木県那須郡那須町寺子乙1206-20
電話 0287-72-5824
http://lure-f.jp

「おとな釣り倶楽部」栃木県那須町 前編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県南あわじ市 後編

「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、兵庫県南あわじ市を訪れます。福良港周辺のグルメを味わいながら旅を満喫し、鳴門海峡周辺にてノマセ釣りを楽しみます。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
兵庫県の最南端に位置する南あわじ市。今井さんと田中さんは「道の駅福良」周辺にあるジェラートの店「G.ELM」を訪れ、濃厚でなめらかな食感のジェラートを味わいます。続いて、眼下に福良港が広がる宿「休暇村 南淡路」へ。こちらで、旬の淡路島三年とらふぐを使った贅沢な懐石料理を味わいます。
翌朝7:00、2人は福良港から明陽丸で出船。今回は小魚を泳がせて高級魚を狙うノマセ釣りに挑戦します。途中で活きエサのイワシをとり、水深約40メートルの鳴門海峡周辺へ到着。まずはエサのつけ方や釣り方について、今井さんに教えてもらいます。「イワシの頭の方をおさえて、親針は鼻に掛け、孫針は背びれの後方あたりに刺します。仕掛けを海底まで落とし、その際、親指の先でスプールを軽く触って回転を調整し、バックラッシュしないようにサミング。仕掛けが着底したら、50センチほど巻き上げます」。早速、田中さんが魚の反応をとらえますが、魚の姿を見ることができず…。もう一度、イワシを刺して仕掛けを落としますが、反応は微妙のようです。イワシを確認してみると、咬まれた跡があり、それを見た今井さんは「この食い方はヒラメみたいやな」と推測します。ここでタックルについて教えてもらいます。「竿はライトゲームのリミテッドで、ちょっと腰の強いのをチョイス。リールはカルカッタ コンクエスト。ラインはタナトル8号、PE3号。リーダーはフロロ5号。その先にノマセ釣りの仕掛けです」と今井さん。再び、「何か来てます…」と田中さんから合図があり、3度目の正直でツバスを釣り上げます。続いても田中さんがヒットし、今度はヒラメを釣り上げます。「さっきまではアワセができなかったのですが、できるようになったかな。結構、ヒキも強くて釣りごたえがあります」と田中さん。ここで今井さんが大きくアワセ、姿を現したのはヒラメです。このノマセ釣りは大物狙いができる釣り方で、難しいアクションなどは必要なく、好釣果が期待できることから、初心者から上級者まで人気があります。再び今井さんがアワセましたが、残念ながら針掛りまでいかなかったようです。次に、田中さんがマハタを釣り上げます。その後、2人は大物を仕留めることなく、釣りを終了。「小魚を泳がせてのませて釣る。何が上がってくるのか楽しみな釣り」と今井さん。2人は旅と釣りを満喫しました。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
 ライン:タナトル8 PE3号
 リーダー:フロロ5号
<ノマセ釣り 仕掛け>
 幹糸:7号
 ハリス:6号
 親針:丸セイゴ17号
 孫針:トリプルフック8号
 オモリ:40号
<ロッド>
 今井さん:ライトゲーム リミテッド TYPE82 H190
 田中さん:ライトゲームCI4+ TYPE82 H190
<リール>
 今井さん:カルカッタ 800F
 田中さん:カルカッタ コンクエスト800F

●G.ELM
住所 兵庫県南あわじ市福良甲1530-2
電話 0799-50-2332
開館 10:00~18:00
休み 水曜(木曜不定休もあり)

●休暇村 南淡路
住所 兵庫県南あわじ市福良丙870-1
電話 0799-52-0291
https://www.qkamura.or.jp/awaji/

●明陽丸
住所 兵庫県南あわじ市福良港内
電話 090-8652-7553
http://meiyoumaru.jp/

「おとな釣り倶楽部」兵庫県南あわじ市 後編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県南あわじ市の旅 前編

「おとな釣り倶楽部」は兵庫県南あわじ市を訪れます。福良港近くで海鮮焼を味わい、酒蔵を訪ねて旅を満喫し、鳴門海峡周辺でサビキマダイ釣りを楽しみます。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、新ナビゲーターの田中梨乃さんです。
兵庫県の最南端にある南あわじ市は播磨灘、鳴門海峡、紀伊水道に面した水産業が盛んな町。今井さんと田中さんは「道の駅福良」の周辺で香ばしい匂いに誘われて「山武水産」に立ち寄り、大アサリなどの海鮮焼をほおばります。続いて、酒蔵「都美人酒造」を訪れて蔵を見学し、槽掛け天秤搾りという伝統技法で搾った「純米大吟醸 無限」などを試飲します。
翌朝7時、2人はサビキマダイ釣りを楽しむため、福良港にやってきます。まずはタックルについて、今井さんに教えてもらいます。「竿はライトゲームのCI4+。柔らかい調子で、握りやすく疲れにくいXシートを採用しています。リールはバルケッタのプレミアム。特徴は仕掛けを落とす時のスピードをコントロールできることです」。2人は「明陽丸」に乗船し、港から25分ほどの鳴門海峡周辺に到着。使用するのは8本針仕掛けです。「この釣りは単純で、仕掛けを海底まで落とし、一定の速度で巻き上げる。アタリがなければもう一度仕掛けを海底に落とす。リールにカウンターが付いているのでわかりやすく、画面にフォールスピードが表示されるので、アタった時のスピードを覚えておくといいですよ」と今井さん。そして、アタリがあっても合わせず、一定速度で巻き上げます。釣りを始めた田中さんが早速アタリをとらえ、マダイを釣り上げます。一方、今井さんはダブルでマダイを釣り上げます。ここで、少しポイントを移動。すると、田中さんがマダイを釣り上げ、続いて今井さんもアタリをとらえ、「やけに引くなぁ」と巻き上げると、ツバスにマダイ2匹の計3匹を一度に釣り上げます。「この釣りはエサを付け替える必要がなく、底取りをしっかりすれば、どなたでも楽しめる簡単な釣りです」と田中さん。さらに、田中さんはサバを、今井さんはタイを釣り上げます。「仕掛けを落として2~3回巻いたところでアタっているけどな…」と今井さんが話し、ダブルでマダイを釣り上げると、今度は田中さんもダブルでマダイ! 2人とも存分にヒキを堪能したところで釣りを終了しました。次回も南あわじ市を訪れ、鳴門海峡周辺でノマセ釣りを楽しみます。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 道糸:PE2号
 サビキマダイ釣り 8本針仕掛け
 幹糸:5号
 ハリス:3号
 針:丸海津11号
 オモリ:40号
<ロッド>
 今井さん:NEWライトゲーム CI4+ TYPE73 MH225
 田中さん:NEWライトゲーム CI4+ TYPE64 MH230
<リール>
 今井さん:バルケッタ プレミアム 150DH
 田中さん:バルケッタ プレミアム 150

●山武水産
住所 兵庫県南あわじ市福良港 道の駅福良
電話 080-3036-9284
営業 9:00~17:00
休み 水曜

●都美人酒造
住所 兵庫県南あわじ市榎列西川247
電話 0799-42-0360
https://www.miyakobijin.co.jp/

●明陽丸
住所 兵庫県南あわじ市福良港内
電話 090-8652-7553
http://meiyoumaru.jp/

「おとな釣り倶楽部」兵庫県南あわじ市の旅 前編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県三浦市 後編

「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、神奈川県三浦市の旅と釣りをお届けします。
漁港近くのマルシェを訪れ、剣崎松輪の海でカワハギ釣りを楽しみます。登場するのはシマノインストラクターの伊藤さとしさんと飯田純男さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
三浦半島の最南端にある神奈川県三浦市は、三方を海に囲まれ、相模湾、東京湾、太平洋に面しています。
伊藤さんと杉浦さんは産直センター「うらりマルシェ」を訪れます。三崎漁港で水揚げされた魚が並ぶ1階の「さかな館」で、杉浦さんは「とろまん」を味わい、地元産の野菜が並ぶ2階の「やさい館」で、2人は「三浦みかん生ジュース」などを味わいます。
翌日、2人は飯田さんとともにカワハギ釣りを楽しみます。まずはタックルについておさらいします。「竿はカワハギ専用で先調子、リールも専用のものを使います。オモリは海底を狙うものと中層を狙うもの2タイプあります」と飯田さん。前回は、剣崎沖のポイントで釣りを始めましたが、3人ともなかなか本命のカワハギに出合えません。そんな中、飯田さんが見事、良形のカワハギを釣り上げ、杉浦さんも初のカワハギを釣り上げました。今回はどうなるのでしょうか。
「糸ふけが出るとアタリが鈍るので、海中の糸を張るために中オモリとして集魚板を付けてみましょう」と飯田さんが伊藤さんに提案します。伊藤さんが集魚板を使ってエサを海底に近づけると、1投目で初のカワハギ、その直後も再びカワハギを釣り上げ、効果は抜群。そこで、飯田さんと杉浦さんも集魚板を付けてみることに。すると飯田さんは説明の最中にカワハギを釣り上げ、連続ヒット! これまでで一番大きなカワハギを釣り上げます。そして、杉浦さんもカワハギを釣り上げ、サイズアップに成功します。ここで「探見丸」を使い、海底の形状を確認。上のほうに反応が出たので、飯田さんがタナを切って少し上を狙ってみると、見事カワハギを釣り上げ、なんと3連続でカワハギを釣り上げます。杉浦さんもこの日一番のサイズのカワハギを釣り上げ、釣りを終了します。
釣りの後、飯田さんにカワハギの血抜きと神経締めを教えてもらいます。肝を傷つけないようにエラを切って血抜きをし、目の周りの小さな穴からワイヤーを入れて神経締めをします。そして港に戻り、飯田さんが調理してくれた新鮮なカワハギの刺身と肝和えを堪能しました。これぞ釣り人の特権。皆さんもぜひ、カワハギ釣りを体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 0.8~1号
<リーダー> 
 フロロカーボン16lb
<仕掛け>
 カワハギ仕掛け 楽々セット 吸わせ
<オモリ>
 ステファーノ ドロップシンカー底棚 25~30号
 ステファーノ ドロップシンカー投棚 25~30号
<集魚板>
 ステファーノ カワハギ集寄 イチコロイタ
<ロッド>
 飯田さん:ステファーノ 攻 S180
 伊藤さん:ステファーノ Cl4+ MH175-2
 杉浦さん:ステファーノ Cl4+ M180-2
<リール>
 飯田さん:ステファーノ 101XG
 伊藤さん:スティーレ SS 150PG
 杉浦さん:ステファーノ SS 100HG

●うらりマルシェ
住 神奈川県三浦市三崎5 -3-1
電 046-881-6721
営 さかな館 9:00~17:00(日曜7:00~)
  やさい館 10:00~17:00(土日休9:00~)
休 年中無休
http://www.umigyo.co.jp/marche/

●成銀丸
住 神奈川県三浦市南下浦町松輪289-1
電 046-886-1719
http://www.naruginmaru.com/

「おとな釣り倶楽部」神奈川県三浦市 後編

番組動画を見る