「おとな釣り倶楽部」フェリーの旅、玄界灘の鯛ラバ、狙いは大鯛!

12月18日テレビ神奈川・12月21日サンテレビ放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、九州の旅第2弾。世界有数の好漁場、玄界灘で鯛ラバに挑みました。登場したのは、シマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
2人は、福岡市の伊崎漁港から出船。佐々木さんから今回の鯛ラバのタックルについて教えてもらった後、玄界灘のポイントに到着しました。探見丸には、中層に魚の反応があります。鯛ラバが着底後、速やかに一定の速度で巻き上げ、マダイを引き寄せます。早速、佐々木さんが1投目からアタリを捉えましたが、痛恨のバラシ。船長によれば、「最近は喰いが浅い」とのこと。タナの周りにマダイはいるようなので、2人はマダイがどんな巻き速度を好むかを探っていきます。そしてポイントを移動。吹き始めた風と潮の流れを考慮して、佐々木さんはヘッドを120gに変更しました。さらに広範囲を手返し良く攻めるため、佐々木さんは電動リールを加えます。「電動は究極の等速巻きができる」と佐々木さん。しばらくして、佐々木さんの電動リールに反応が!すると見事マダイを釣り上げました。さらに、佐々木さんは、サイズアップにも成功しました!田中さんも電動リールに替えてみると、ついにアタリが!そしてマダイを釣り上げることができました。すると、再びアタリが!辛抱してゆっくり巻き続けてから見事にアワせ、良型のマダイを釣り上げることに成功。ここで、釣りを終了しました。
釣りを終えた2人は、北九州新門司港からフェリーに乗船し、船旅を満喫しながら帰路につきました。※番組詳細はYouTube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • ラクチュンバクバクヘッドRは、糸を切ったり細かな作業を極力せずに、簡単で速やかに交換できるシマノ独自のラクチュン機構で、「アッという間に付け替えができる」と田中さん。

  • 「さっきはスピードが9で釣れた。10はちょっと速すぎる」と佐々木さん。電動リールは、状況に応じて中間速設定を変えることができます。

  • 鯛ラバのネクタイは、「スルスルクリップ」が搭載されているため、ラインを切らずにワンタッチで交換することができます。

今回利用した船

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

マリブエクスプローラー龍勢

今回利用したフェリー

名門大洋フェリー

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)