「おとな釣り倶楽部」大阪湾テンヤタチウオ、アワセ完璧!味最高!

11月13日テレビ神奈川・11月16日サンテレビ放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は大阪湾でテンヤタチウオ釣りを楽しみました。登場したのは、シマノフィールドテスターの立野義昭さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
5:00に泉佐野市の北中通漁港を出船した後、立野さんから、この日のタックルについて教えてもらいます。ポイントのアカマツに到着し、エサのイワシをテンヤに付けて釣りを開始。「激しく誘ってしっかり止める」と立野さんがアドバイスすると、田中さんは1投目からタチウオを釣り上げました。立野さんも竿を出すと、2人ともタチウオを釣り上げました。「イワシの頭をカットすると、立体感が出てテンヤの角度もつけやすい」と立野さん。今度は2人でダルヒットです。さらに、立野さんがエサ取りに強いサンマの切り身で挑むと、早速ヒットして良型のタチウオを釣り上げました。けれどあと一歩、ドラゴンサイズにはあとわずか。その後も田中さんが少しサイズアップし、立野さんも大きなアタリをとらえました。そして田中さんは、サバとタチウオを同時にヒット!この日は、ドラゴンサイズに及びませんでしたが、いいサイズのタチウオが連発!2人はタチウオのヒキを存分に楽しんで釣りを終了しました。
釣りの後、田中さんは「旬彩 Kitchen はなび」を訪れ、釣ったタチウオを特別に調理してもらい、姿造り、天ぷらなどで味わいました。※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • テンヤを動かしてタチウオにアピールします。「今の時期は、興味を示すタチウオが多いので、激しくワンピッチジャークで」と立野さん。

  • 警戒心の強いタチウオは、まず焦らしてから喰いつかせます。「焦らすような感じで巻いて、タチウオを上へ連れていく」と立野さんがアドバイス。

  • 良型を狙う場合は、ゆっくりとあるいは素早く!緩急のある誘いでテンヤをアピールします。

今回利用した船

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

遊漁船 夢丸

今回訪れた店

旬彩 kitchen はなび

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)