「おとな釣り倶楽部」横浜・金沢八景沖のライトアジ快釣!

4月16日テレビ神奈川・4月20日サンテレビ放送分

今回、「おとな釣り倶楽部」は横浜・金沢八景沖でライトアジを楽しみました。登場したのはシマノインストラクターの飯田純男さん、ナビゲーターの三輪晴香さんです。
飯田さんからタックルについて教えてもらった後、午前8:00に神奈川県横浜市の金沢漁港を出船し、金沢八景沖へ。ポイントに到着したところで、仕掛けと釣り方を教えてもらいました。「着底したら1メートル巻き、竿を振ってコマセを撒く。さらに1メートル巻いて再びコマセを撒き、アタリを待つ」と飯田さん。三輪さんが挑戦すると、1投目で早速アタリがあり、見事、マアジに出合うことができました。ここから、飯田さんも竿を出します。「指示ダナの下と上にコマセを撒いて煙幕をつくり、その中に付けエサを入れるようにする」と説明しながら、飯田さんもマアジを釣り上げます。三輪さんも教わった通りに誘ってマアジを釣り上げていきます。この日は潮の流れもよく、入れ食い状態に。そこで作戦を変更し、3本針に変えて多点掛けを狙います。「アタリを感じたら、テンションのかかった状態でゆっくり2匹目を誘う」と飯田さん。すると、三輪さんは2匹釣り上げて大喜び。続いても小さなカサゴ交じりの3匹をヒット!最後は飯田さんとのダブルヒットで、大満足のうちに港に戻りました。
そして、釣りを終えた三輪さんは「ダイニングバー サンドフィッシュ」を訪れ、釣ったマアジを特別に調理してもらい、その味を堪能しました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 今回の付けエサはアカタンとアオイソメの2種類を用意し、コマセはイワシミンチを使います。コマセはカゴの7~8分目を目安にふわっと詰めます。

  • 「アジは口の柔らかい魚。口切れしやすいので、優しく巻き上げる」と飯田さん。アタリを感じたら優しくアワセます。

  • 仕掛けを落とす時は、親指で軽くスプールを押さえてラインの放出量を調整します。これをサミングと言います。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

ダイニングバー サンドフィッシュ

今回利用した船

仁丸

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)