「おとな釣り倶楽部」和歌山県印南町 後編

今回の「おとな釣り倶楽部」は和歌山県印南町を訪れます。印南町に老舗醤油店を訪れ、翌日は印南沖で大人気のマダイ釣りを楽しみます。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
和歌山県中部に位置する印南町。今井さんと田中さんは「かつお節発祥之地」を訪れ、印南町文化協会会長の坂下緋美さんから、江戸時代初期にこの地で角屋甚太郎がかつお節を生み出し、その後全国に広まったことを教えてもらいます。続いて2人はその角屋さんの子孫が営む、創業100年を超える老舗の「ダルマ醤油」を訪ねます。
翌朝、2人は印南港を訪れ、「せいゆう丸」で出船します。まずはタックルについて今井さんに教えてもらいます。「ロッドは海攻マダイリミテッド。ヒキの強い魚にも耐えられますし、6:4調子で船の揺れも吸収してくれるというメリットもあります。リールはビーストマスターの2000。これはパワーがあります。大型の半月天秤を使い、ウデはできるだけ長いものを。あとはステンレス製の撒き餌カゴ。オモリやハリスの太さは魚の大きさに合わせて選んでください」。印南沖のポイントに到着します。サシエサとマキエサはオキアミで、オキアミは尾を切って回転するのを防ぎます。「オキアミを2匹で抱き合わせにする際、オキアミがまっすぐになるように刺します」と今井さん。仕掛けが着底したら船長の指示ダナまで巻き上げ、竿をシャクってマキエサをします。早速、田中さんがマダイを釣り上げますが、小さなサイズなのでリリースします。「せいゆう丸」の船長は、こまめにタナを探ることが釣果につながると教えてくれます。今井さんがマダイを釣り上げ、続いて、田中さんもマダイを釣り上げますが、またも小さなサイズで悔しそう。ここで田中さんが、初めて船釣りをする場合の予約や段取りについて今井さんに尋ねます。「まず、何を釣り釣りたいかを決めて、どこでやっているかを探します」と今井さん。インターネットや新聞などで情報収集をし、予約の際は日時や人数を伝え、出船・帰港時間、エサや仕掛けなどを確認します。気になるタックルは「最近ではレンタルも常備している船宿も多いので、まずはレンタルを使ってみてから道具を揃えるといい」と今井さん。ここから再び釣りの様子をお届けします。田中さんが「来ました!先程よりヒキが強い」とマダイを釣り上げ、サイズアップに成功します。今井さんも田中さんと同じ水深に仕掛けを誘導していますが、アタリが少ないようです。そしてまたも、田中さんがマダイを釣り上げ、アタリを連発します。どうやら、今井さんから田中さんの方へ潮が流れ、田中さんのポイントに魚が集まっているようです。その後も、田中さんが2回連続でマダイを釣り上げ、ついに、今井さんもマダイを釣り上げます。この日、田中さんはウマヅラハギも仕留めています。釣りを終えた2人は釣った魚を「料理旅館 辻井」で調理してもらい、刺身、鍋、塩焼き、あら炊きなどで堪能します。楽しいマダイ釣り、皆さんも体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<道糸>
 タナトル8 PE3号
<ハリス> 
 4~5号(長さ 約3ヒロ)
<ハリ>
 マダイ9~11号
<その他>
 半月天秤
 ステンレス製 撒き餌カゴ
 オモリ:70号
<ロッド>
 今井さん:海攻 マダイ リミテッド M300
 田中さん:海攻 マダイ リミテッド MH300
<リール>
 今井さん:ビーストマスター 2000
 田中さん:ビーストマスター 2000

●ダルマ醤油
住所 和歌山県日高郡印南町印南2274-5
電話 0738-42-0031

●せいゆう丸
住所 和歌山県日高郡印南町西ノ地712
電話 090-1079-4077
https://seiyuumaru.com/

●料理旅館 辻井
住所 和歌山県日高郡印南町島田2171-2
電話 0738-43-0201
http://www.tsujii-ryokan.com/

「おとな釣り倶楽部」和歌山県印南町 後編

番組動画を見る