「おとな釣り倶楽部」和歌山県印南町 前編

今回の「おとな釣り倶楽部」は和歌山県印南町を訪れます。印南町にある「真妻山葵」発祥の地を訪れ、翌日は印南沖で寒イサキ釣りを楽しみます。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
和歌山県中部に位置する印南町は漁業の盛んな地域。また、印南町は国産わさびで最高と言われる「真妻山葵」発祥の地としても知られています。今井さんと田中さんは代々わさびを栽培している「平井わさび園」を訪ね、辛みの強い味を試してみます。
翌朝、2人は印南港を訪れ、寒イサキ釣りを楽しむため、「せいゆう丸」で出船します。まずはタックルについて今井さんに教えてもらいます。「竿はライトゲームの73調子のH200。イサキ釣りはエサを撒いたり、誘ったりと竿を頻繁に動かすので、いわゆるショートロッドのほうが扱いやすい。この竿は柔らかめなので仕掛けが跳ねにくいという利点もあります。リールはフォースマスター2000。道糸の先に半月天秤、ステンレス製撒き餌カゴを。そして、クッションゴムの先に4本針サビキ仕掛けを付けます」。仕掛けを投入した時、天秤と仕掛けは落ちるスピードが違うので、両方が同じタナに馴染むよう、「タナ返し」をやったほうがいいと今井さんが教えてくれます。マキエサのアミエビは7分目くらい詰め、仕掛けに絡まないように投入します。この時、バックラッシュしないようにスプールを親指の先で軽く触ってサミングしながら降ろしていきます。仕掛けが着底したら、船長の指示タナまで巻き上げ、竿をシャクってマキエサをします。そして、アタリがあってもすぐに巻き上げず、スロー巻きで追い食いをさせます。ここで今井さん、続いて田中さんにアタリがあり、今井さんは本命のイサキを、田中さんはハマチを釣り上げます。再び、アタリをとらえ、今度は2人ともイサキを釣り上げ、なかなかなサイズです。続いても2人はイサキを釣り上げ、さらに、田中さんが高級魚のトビハタを釣り上げ、田中さんはまるで五目釣りになりそうな勢いです。この後も2人はイサキを釣り上げますが、姿を現すのは小型で1匹ずつ。ポイントを移動すると、今井さんがダブルでイサキを釣り上げます。その後、田中さんはマハタを、今井さんはメジロを釣り上げたところで釣りを終了。船長に魚をおいしく持ち帰る方法を教えてもらいます。新鮮なイサキの刺身が登場し、2人は「平井わさび園」でいただいたわさびを添えて味わいます。次回は印南沖でマダイ釣りを楽しみます。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<道糸>
 タナトル8 PE2号
<その他> 
 4本針サビキ仕掛け
 幹糸:3.5号
 ハリス:3.5号
 ハリ:8号
<ロッド>
 今井さん:ライトゲーム リミテッド TYPE73 H200
 田中さん:ライトゲーム CI4+ TYPE73 H200
<リール>
 今井さん:ビーストマスター EJ2000
 田中さん:フォースマスター 2000

●せいゆう丸
住所 和歌山県日高郡印南町西ノ地712
電話 090-1079-4077
https://seiyuumaru.com/

「おとな釣り倶楽部」和歌山県印南町 前編

番組動画を見る