「おとな釣り倶楽部」兵庫県南あわじ市の旅 前編

「おとな釣り倶楽部」は兵庫県南あわじ市を訪れます。福良港近くで海鮮焼を味わい、酒蔵を訪ねて旅を満喫し、鳴門海峡周辺でサビキマダイ釣りを楽しみます。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、新ナビゲーターの田中梨乃さんです。
兵庫県の最南端にある南あわじ市は播磨灘、鳴門海峡、紀伊水道に面した水産業が盛んな町。今井さんと田中さんは「道の駅福良」の周辺で香ばしい匂いに誘われて「山武水産」に立ち寄り、大アサリなどの海鮮焼をほおばります。続いて、酒蔵「都美人酒造」を訪れて蔵を見学し、槽掛け天秤搾りという伝統技法で搾った「純米大吟醸 無限」などを試飲します。
翌朝7時、2人はサビキマダイ釣りを楽しむため、福良港にやってきます。まずはタックルについて、今井さんに教えてもらいます。「竿はライトゲームのCI4+。柔らかい調子で、握りやすく疲れにくいXシートを採用しています。リールはバルケッタのプレミアム。特徴は仕掛けを落とす時のスピードをコントロールできることです」。2人は「明陽丸」に乗船し、港から25分ほどの鳴門海峡周辺に到着。使用するのは8本針仕掛けです。「この釣りは単純で、仕掛けを海底まで落とし、一定の速度で巻き上げる。アタリがなければもう一度仕掛けを海底に落とす。リールにカウンターが付いているのでわかりやすく、画面にフォールスピードが表示されるので、アタった時のスピードを覚えておくといいですよ」と今井さん。そして、アタリがあっても合わせず、一定速度で巻き上げます。釣りを始めた田中さんが早速アタリをとらえ、マダイを釣り上げます。一方、今井さんはダブルでマダイを釣り上げます。ここで、少しポイントを移動。すると、田中さんがマダイを釣り上げ、続いて今井さんもアタリをとらえ、「やけに引くなぁ」と巻き上げると、ツバスにマダイ2匹の計3匹を一度に釣り上げます。「この釣りはエサを付け替える必要がなく、底取りをしっかりすれば、どなたでも楽しめる簡単な釣りです」と田中さん。さらに、田中さんはサバを、今井さんはタイを釣り上げます。「仕掛けを落として2~3回巻いたところでアタっているけどな…」と今井さんが話し、ダブルでマダイを釣り上げると、今度は田中さんもダブルでマダイ! 2人とも存分にヒキを堪能したところで釣りを終了しました。次回も南あわじ市を訪れ、鳴門海峡周辺でノマセ釣りを楽しみます。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 道糸:PE2号
 サビキマダイ釣り 8本針仕掛け
 幹糸:5号
 ハリス:3号
 針:丸海津11号
 オモリ:40号
<ロッド>
 今井さん:NEWライトゲーム CI4+ TYPE73 MH225
 田中さん:NEWライトゲーム CI4+ TYPE64 MH230
<リール>
 今井さん:バルケッタ プレミアム 150DH
 田中さん:バルケッタ プレミアム 150

●山武水産
住所 兵庫県南あわじ市福良港 道の駅福良
電話 080-3036-9284
営業 9:00~17:00
休み 水曜

●都美人酒造
住所 兵庫県南あわじ市榎列西川247
電話 0799-42-0360
https://www.miyakobijin.co.jp/

●明陽丸
住所 兵庫県南あわじ市福良港内
電話 090-8652-7553
http://meiyoumaru.jp/

「おとな釣り倶楽部」兵庫県南あわじ市の旅 前編

番組動画を見る