「おとな釣り倶楽部」三重県鳥羽市 後編

「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、三重県鳥羽市の旅と釣りをお届けします。鳥羽市にある海女漁に関する資料館や、海の幸を味わえる食事処などを訪れ、伝統釣法ウタセマダイ釣りに挑戦します。果たして良型のマダイに出会えるでしょうか。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
町全体が伊勢志摩国立公園内にある三重県鳥羽市。今井さんと弥園さんは「相差海女文化資料館」を訪れ、今も続く海女の漁と文化について見学します。続いて、弥園さんは女性の願いを一つだけ叶えてくれるという「神明神社」にある「石神さん」で大漁を祈願。その後、2人は合流し「漁師めし みなと食堂」で人気の定食や海鮮丼を味わいます。
伝統釣法ウタセマダイ釣りを楽しむため、今井さんと弥園さんは石鏡港から出船します。まずはタックルについてのおさらいです。「竿はライトゲームのCI4+。竿先が柔らかく、食い込みがいいタイプです。リールはフォースマスターの800。秋はカンパチなどの青物も出るので、仕掛けは全体的に太めです」と今井さん。さらに、「ウタセマダイ釣りのポイントはエサの付け方です。付け方が悪いとエビが回ってしまい、幹糸も絡んだりします」と教えてくれます。さあ、釣りを開始。「まずは底取りをして糸ふけをとります。ロッドをおろす時にリールをフリーにし、潮流を利用して新たなポイントに仕掛けをおろします」と今井さん。ゆっくりと誘っていくと、今井さんはマダイ3匹を釣り上げてトリプル、同じタイミングで弥園さんもダブルで釣り上げます。さらに、2人ともマダイを釣り上げますが、サイズアップには至りません。ここで、弥園さんが大きくアワセ、苦労の末、見事なシオ(カンパチの幼魚)を釣り上げます。本命のマダイではありませんが、まずまずのサイズです。今井さんもマダイを釣り上げますが、納得のいくサイズではありません。弥園さんは小さなハナダイを釣り上げます。ここで船長が「エサ取りが多い時はタナを上げるために捨て糸を長くとります」とアドバイス。今井さんも糸を調整して挑みますが、小ぶりのマダイが続きます。一方、弥園さんは「このヒキは青物?」と言いながら必死に巻き上げると、なんと59センチもある良型のマダイ! その後も2人は竿を出し続けましたが、釣りは終了となりました。皆さんもヒキ味抜群のウタセマダイ釣りを体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<リーダー> 
 フロロカーボン 6号3m
<幹糸>
 6号
<ハリス>
 5号
<ハリ>
 マダイ11号 3本針
<ロッド>
 今井さん・弥園さん:
 ライトゲーム CI4+ モデラート TYPE73 H255
<リール>
 今井さん・弥園さん フォースマスター800

●相差文化資料館
住 三重県鳥羽市相差町1238
電 0599-33-7453
開 9:00~17:00
休 年末年始
料 無料
http://www.oosatsu.net/midokoro/ama/

●神明神社(石神さん)
住 三重県鳥羽市相差町1385
電 0599-33-7453(相差海女文化資料館)

●漁師めし みなと食堂
住 三重県鳥羽市安楽島町1434-5
電 0599-25-7173
休 水曜
営 11:00~15:00(LO14:30)、17:00~22:00(LO21:30)
http://www.minatosyokudo.com/

●幸徳丸
住 三重県鳥羽市石鏡町310
電 090-7303-5080(船長携帯)
http://koutokumaru.jp/

番組動画を見る