「おとな釣り倶楽部」三重県鳥羽市 前編

今回の「おとな釣り倶楽部」は三重県鳥羽市の旅と釣りをお届けします。鳥羽市の人気スポット「鳥羽マルシェ」や「鳥羽市立 海の博物館」を訪れ、伝統釣法ウタセマダイ釣りに挑戦します。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
町全体が伊勢志摩国立公園内にある三重県鳥羽市。今井さんと弥園さんは「朝熊山頂展望台」を訪れ、風光明媚な伊勢湾の景色を眺めます。続いて2人は新鮮な海産物や農作物が並ぶ人気の産直市場「鳥羽マルシェ」へ。併設されている「地物ビュッフェレストラン」で地元食材を使った料理も味わいます。さらに、「鳥羽市立 海の博物館」を訪れ、昔の疑似餌や海女漁の仕組みなど、海に生きる人々の技術と知恵の展示品や、全国の木造船を見学します。
そして、伝統釣法ウタセマダイ釣りを楽しむため、2人は石鏡港へ。まずはタックルについて今井さんに教えてもらいます。「竿はライトゲームのCI4+。オモリを底につけて釣るのが基本ですが、誘う際は竿の長さを利用して大きく誘います」。そして、2人は今回お世話になる「幸徳丸」に乗り込みます。船長の寺本周介さんによれば、今秋はまずまずの状況とのこと。今回は夕まづめまでの釣りをします。サシエサのウタセエビのつけ方は口から針を入れ、頭を避けて背中の真ん中に1~2ミリほど針先を出すのがポイント。そして、釣り方ではまず底を取って糸ふけを取ります。そして、潮流を利用して新たなポイントに仕掛けをおろし、後はゆっくりとラインを巻きながら誘います。しばらくすると、今井さんが大きくアワセ、形は小さめですが本命のマダイを釣り上げました。弥園さんも寺本船長にアドバイスをもらいながら誘い続けます。すると、突然、弥園さんの竿先がぐっと海中へ引き込まれ、ツバス(ブリの幼魚)を釣り上げます。続いても弥園さんがアタリをとらえ「先ほどのヒキと同じ!」と言ったとたん、残念ながらバラシてしまいます。一方、今井さんにも小さなアタリがありますが、かわいいサイズのマダイだったのでリリースすることに。またしても、今井さんの竿にアタリがあり、今度はツバスを釣り上げます。さらに、マダイも釣り上げますがサイズアップには至りません。果たして、2人は良型のマダイを仕留めることができるでしょうか? この続きは次回ご紹介します。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<リーダー>
 フロロカーボン 6号3m
<幹糸> 
 6号
<ハリス>
 5号
<ハリ>
 マダイ11号 3本針
<ロッド>
 今井さん・弥園さん:
 ライトゲーム CI4+ モデラート TYPE73 H255
<リール>
 今井さん・弥園さん:フォースマスター800

●鳥羽マルシェ
住 三重県鳥羽市鳥羽一丁目2383-42
電 0599-21-1080
営 <農水産物直売所>10:00~18:00
  <地産レストラン>11:00~14:00(13:30受付終了)
料 大人1,500円、小学生1,000円、3歳以上500円
  ※制限時間60分
休 水曜、年末年始
http://tobamarche.jp/

●鳥羽市立 海の博物館
住 三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
電 0599-32-6006
開 通常(~11月30日)9:00~17:00
休 12月26日~30日
料 大人800円、大学生以下400円
http://www.umihaku.com/

●幸徳丸
住 三重県鳥羽市石鏡町310
電 090-7303-5080(船長携帯)
http://koutokumaru.jp/

番組動画を見る