「おとな釣り倶楽部」山本啓人の見島沖ジギングPart2 底物連発!

6月8日サンテレビ・6月12日テレビ神奈川放送分

今回の「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、山口県見島沖でジギングゲームを楽しみました。登場したのはシマノインストラクターの山本啓人さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
山本さんと田中さんは、釣りの前、萩市にある国指定天然記念物の海跡湖「明神池」を訪れ、石鯛、真鯛、黒鯛が泳ぐ、まるで天然の水族館のような場所で多彩な魚を見学し、釣行安全と大漁を祈願しました。
翌朝5:30に2人は江崎港を出船。途中、山本さんからタックルについて教えてもらいます。ポイントに到着すると、早速ジギングを開始。今回は青物を狙い、ワンピッチワンジャークで誘います。「ゆっくり巻くとブリ系、速く巻くとヒラマサ系がヒットする事が多い」と山本さん。すると、田中さんが強烈なヒキをとらえ、格闘の末、幸先よく目標のブリを釣り上げました。このブリは、産卵前なのでリリースすることに。田中さんは青物のヒキに感動した様子です。一方、山本さんは、ヒラマサをヒットしつつも、目前で痛恨のバラシ…。その後、2人に青物のヒットはなく、ポイントを変更します。すると、山本さんがアオハタを、田中さんがウッカリカサゴを釣り上げます。続いて、2人でカサゴをダブルヒット!さらに、田中さんはアオハタをヒット!そして、田中さんがキジハタ(アコウ)を、山本さんがカサゴを釣り上げ、見事ダブルヒット!根魚の連発で、この日の釣りを終了しました。
釣りの後、田中さんは萩市にある創業100年の「澄川酒造場」に立ち寄り、純米吟醸のしぼりたてなどを試飲し、その豊かな風味を堪能しました。
※番組詳細はYou Tube動画をご覧ください。

今回の釣りのポイント(番組から)

  • 「シャクる時は、ロッドを脇に挟んだ方がいい」と山本さん。ロッドグリップを脇に挟むと、ジグを快適かつ楽にシャクることができます。

  • 今回、用意したジグは、大まかに4つ。「青物を狙うため、早くシャクって誘えるよう、水切りのいいジグを選んだ」と山本さん。

  • 使用するオシアジガーFカスタムには、フォールレバーが付いています。親指で瞬時に操作でき、フォールスピードに加え、ジグの水中姿勢も制御します。

今回訪れたスポット

※施設・店舗にお出かけになる際には、事前にお店にお問い合わせいただくなど、ご確認をお願いいたします。

明神池

澄川酒造場

今回利用した船

遊漁船 芳美丸

出演者紹介

今回のタックル

今回のタックル

番組放送

サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、
テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)