1. ホーム >
  2. 倶楽部NEWS&TOPICS >
  3. 「サンスイ渋谷本店 × シマノおとな釣り倶楽部タチウオ釣り体験会」が開催されました。

2018.12.12 / 倶楽部NEWS&TOPICS


「サンスイ渋谷本店 × シマノおとな釣り倶楽部タチウオ釣り体験会」が開催されました。

2018年12月8日(土)開催

「サンスイ渋谷本店」と「おとな釣り倶楽部」のコラボ企画によるタチウオ釣り体験会が、神奈川県横須賀市久里浜で開催されました。
「サンスイ渋谷本店」で募集した13名の皆さんは、「50代以上でタチウオ釣りが未経験」の方ばかり。講師は、船釣りの大御所、永井裕策さんです。「おとな釣り倶楽部」ナビゲーターの神実穂さんも華を添えてくれました。
開催当日8時、久里浜港に集合した参加者の皆さんは、全員で集合写真を撮影した後、ロッド&リール、ライジャケが渡され、陸上でタックルの操作説明を受けて、全員「平作丸」に乗船し離岸しました。港内で、ロッドのシャクリ方など釣り方やエサの付け方のレクチャーを受け、いよいよポイントへ向かいます。この日のポイントは、久里浜沖、タナは140~150mくらいです。このところの釣況は今季最悪ということでしたが、前日から深場で釣れだしたそうで、期待に胸が膨らみます。
船長の合図で一斉に仕掛けを投入。船釣りが初めての方や電動リール初めての方、タチウオ釣り初めての方ばかりなので、第一投から釣れた方もいましたが、操作に慣れるまでは底取りに苦労し、あちこちでオマツリする場面も。それでも、30分ほどで、皆さんは仕掛けの投入にも慣れ、サミングができるようになると、アチコチからヒットコールがあがりだしました。しかし、取り込みが不慣れなため、水面でのバラシが多数発生、悔しい思いをした方が多くいらっしゃいました。取り込みにも慣れてくると、渋いながらもそれなりに釣れ始め、開始2時間で全員安打を達成しました!その後は喰い渋る時間もあるものの数を伸ばし、お昼には早くも「ツ抜け」する方も出始めました。予定通り、14時に沖上がりし、船は帰港の途につきました。
取り込みの要領がどうしてもつかめず、2回に1回は水面でばらしてしまった方もいらっしゃいましたが、 1人6~18匹という結果に、参加者の皆さんは満足いただいた様子でした。永井さんのマンツーマンによる指導やスタッフのお手伝いもあり、全員が楽しい釣りを経験できたようでした。
帰港後、皆さんから「次は何狙いで開催するのか?」「どこで開催するのか?」などの質問を多くいただきました。今後も、販売店さんと協力し、多くの体験会を開催したいと思っております。

 

ページトップ