1. ホーム >
  2. 倶楽部NEWS&TOPICS >
  3. 月刊「釣り画報」スロージギングが開催されました。

2018.11.22 / 倶楽部NEWS&TOPICS


月刊「釣り画報」スロージギングが
開催されました。

2018年10月25日(木)開催

「おとな釣り倶楽部」と月刊「釣り画報」のコラボ企画によるスロージギング体験会が萩・江崎港で開催されました。
「釣り画報」で募集した7名の参加者を乗せた「芳美丸」が向かったポイントは、江崎沖から高島の間。「芳美丸」船長の提案で、まずはじめにインチクで魚の感触を味わってもらい、その後、スロージギングを実践しました。
開始早々はインチクであたりはあるものの、いまいち活性が低くハリ掛かりがいまいちでしたが、二流しめからはポツポツとあたりが来て、それなりの釣果を得られました。2時間ほどで全員がカタをみたのでスロージギング開始です。
スロージギングに移行してからも、ポイントを替えるたびに複数のあたりがあり、参加者の皆さんもスロージギングのコツがつかめたようです。
「芳美丸」では「アコウはじめハタ類は40㎝以下はリリースする」自主規制を設けていますが、大型のマハタ、オウモンハタ、カサゴ系、ワラサなど多彩なゲストが賑わしてくれました。
今回は講師の佐々木さんとともに、「おとな釣り倶楽部」新ナビゲーターの神実穂さんも参加し、皆さんと楽しいひと時を過ごすことができました。

 

ページトップ