1. ホーム >
  2. 倶楽部NEWS&TOPICS >
  3. 「おとな釣り倶楽部~タイラバ体験会」が開催されました。

2018.6.11 / 倶楽部NEWS&TOPICS


「おとな釣り倶楽部~タイラバ体験会」
徳島県・鳴門市編 ~マダイ~

2018年6月6日(水)開催

「おとな釣り倶楽部~タイラバ体験会」が、徳島県・鳴門市で開催され、サンテレビで募集した8名の参加者がタイラバによるマダイ釣りに挑戦しました。ツアーには、シマノアドバイザーでタイラバの第一人者、佐々木洋三さんが同行し、参加者にタイラバのテクニックを伝授。テレビ番組『おとな釣り倶楽部』に出演しているナビゲーター・荒井沙織さんも参加しました。
午前8時に徳島県・鳴門市の亀浦漁港に集合した参加者の皆さんは、佐々木アドバイザーからタイラバについてレクチャーを受けた後、「つるぎ」に乗船。8時半に出港した船は大鳴門橋を通過し、約30分ほどで、丸山沖のポイントに到着しました。今日の天気はあいにくの雨。波は穏やかですが、時々大きなうねりが来るというコンディション。西上船長の合図で、全員が一斉に仕掛けを海に投入します。しばらくして、ご夫婦で参加し、左舷前方で釣っていた中本さんの奥様にヒット! 釣り上げたのは、28センチのマダイ。「タイラバ釣りは初めて。佐々木さんに教えてもらった通りにしてみたら釣れました。餌もないのに釣れるなんてビックリ!」と大喜びです。先にヒットした奥様を横目に、ご主人は少し悔しそうな様子。その直後、右舷前方で釣っていた前田さんにヒット! 見事、約30センチのマダイを釣り上げました。ほぼ同時に、左舷中央で釣っていた下川床さんにも25センチのマダイがヒットしました。9時半にはナビゲーターの荒井さんにも待望のヒット。「釣れた人の様子を見ていて、今日はゆっくりと巻くのがよさそう」だと思ったんだそう。その後、中本さんのご主人もマダイを釣りあげ、面目躍如といったところで満面の笑み。
その後も船長の巧みな操船により、14時15分の終了までポイントを変えるごとにヒットが続き、参加者全員がマルチヒットという釣果となりました。14時半すぎ、船は無事に帰港。数えてみたら、マダイ36匹、マゴチ18匹、イシモチ1匹という大漁。参加者の皆さんにとって、タイラバ釣りの魅力を体感していただく1日となったようです。

ページトップ