1. ホーム >
  2. 倶楽部NEWS&TOPICS >
  3. 「おとな釣り倶楽部」久里浜タチウオ釣り体験会が開催されました。

2017.11.15 / 倶楽部NEWS&TOPICS


「おとな釣り倶楽部」久里浜タチウオ釣り体験会が開催されました。

2017年11月9日(木)開催

「おとな釣り倶楽部」主催、TV番組・おとな釣り倶楽部の番組内で募集した、視聴者の方14名による久里浜タチウオ釣り体験会が開催されました。50代以上の釣り未経験、もしくは現在釣りをしていない、そして他の釣りはしているけれどタチウオ釣りはしたことがない方が参加されました。講師は関東船釣りの大家、シマノアドバイザーの永井裕策さん。そして、船釣りも得意なシマノ磯フィールドテスター遠藤いずみさん。「おとな釣り倶楽部」ナビゲーターの荒井沙織さんも参加しました。
8時30分に久里浜港に集合し、まずは船に乗り込む前に、今回のタチウオ釣りについて簡単な説明があり、フローティングベスト、キャップなど必要なものをお渡しして、遊漁船・平作丸に乗り込みます。各自、釣り座にタックル等をセットした後、再度舳に集まってもらい、仕掛けをセットしたタックルを実際に持ち、一連の操作や船上での注意事項が説明されました。
9時15分にいよいよ出船です。釣り場は当初風裏の久里浜沖を予定していましたが、早朝より出船している僚船から「芳しくない状況」との連絡があり、急遽観音崎沖方面に変更。前日から風が強く、風をまともに受け波も高めで、初心者には難しい状況でしたが、皆さんの頑張りでそれなりの釣果となりました。その後、潮替わりに期待をし、船長の判断で久里浜沖にポイントを変更することに。これが功を奏し、観音崎とは違いとても釣り易く、初心者の教室に相応しい状況となり、釣果も伸びました。船酔いで苦しんでいた方も釣りを再開し、早速タチウオを釣り上げました。当初はなかなか釣果の上がらなかった方も次第にコツをつかみ、全員安打達成となりました。初心者の方には、厳しい状況からの釣りではありましたが、思った以上の結果がでました。
出港前は不安一杯だった参加者の方々も、帰港後はスタッフや船長と記念写真を撮るなど、和気あいあいの内に終了しました。皆様、お疲れ様でした。

今回使用したタックル
ロッド:ベイゲームXタチウオ 82MH195・ベイゲームXタチウオ73M210・シーマイティR73 30-210
リール:プレイズ 400・フォースマスター 400
ライン:PE 2号
天秤仕掛け おもり100号
エサ:サバの切り身

ページトップ