1. ホーム >
  2. 倶楽部NEWS&TOPICS >
  3. 秋田マリーナ・釣り体験会が開催されました

秋田マリーナ・釣り体験会が開催されました

2016.7.22 / 倶楽部NEWS&TOPICS

LINEで送る

 2016年7月9日土曜日、『おとな釣り倶楽部』釣り体験会が、秋田県秋田市の「秋田マリーナ」で行われ、おとな釣り倶楽部の案内人でシマノアドバイザーの佐々木洋三さん指導の下、漁具ing(ギョグイング:漁具系ルアーフィッシング)・鯛ラバに初めて触れる人達が参加しました。


IMGP1974 午前8時から行われた佐々木さんによる座学に参加した21名の間では、釣りに関する素朴な疑問から専門的なことに至るまで活発な質疑応答が交わされ、その後9時過ぎ、実釣体験に参加する11名が2艘に分乗し出船。


oota_IMGP2041IMGP1997 30分ほどで水深40mラインに到着すると秋田マリーナ所有船では、実釣開始15分後の午前10時頃、最近マイボートを所有したという右舷トモの太田一弘さんがさっそくヒット。釣り上げたのは、30cm台と小型ながら嬉しい人生初のマダイです。


yamatani_IMGP2138takahashi_IMGP2122 しかしその後、佐々木さんが小型のマダイを釣り上げたのみで続かず、午前11時30分頃からもう1艘が釣りをしている水深50mラインへ。すると時合いだったのか、左舷ミヨシ寄りの高橋博清さんがマダイをキャッチしたほか、右舷ミヨシの山谷正治さんが、60cmクラスのイナダをランディング。普段は主にキスやアジ狙いのボートフィッシングを楽しんでいるという高橋さんと山谷さんは口々に、「エサも付けずにこんな大物が釣れるなんて」と、鯛ラバの威力に驚嘆。


usami_IMG_2007

宇佐美さんはこれまで大手企業の重職に就き忙しく釣りができずにいたため、久々の魚信を満喫していた。

 その後、沖合は風とウネリが弱まり釣りやすくなったもののアタリが途絶えたため、午後2時頃水深30mラインへ移動。ドテラの片舷流し(操船を風と潮流に任せ、船の片方側で釣る)にシフトすると、佐々木さんや太田さんがヒットとバラシを繰り返し、「あーっ!」と興奮と悔しさが入り混じった声をもらしながら、皆さん鯛ラバに没頭します。
 一方、もう1艘に乗り込んだのは、宇佐美均さん、岩井学さん、高橋正毅さんの3名。高橋さんは定年退職し時間に少し余裕ができたので釣りでもしようかと思ったが知識がなく、そんなとき『おとな釣り倶楽部』の募集があり、これは釣りを始める良いきっかけになると思い参加。また、宇佐美さんと岩井さんは、多少釣りの経験があるものの、鯛ラバは初めてであったため参加したそうです。
 基本的なレクチャーを受け仕掛けがセットされたロッドを手にした3名は、「こんなにシンプルな仕掛けで本当に魚が釣れるのか?」と信じられない様子でしたが、釣り始めて約25分後、宇佐美さんが「何か食った!」とやや緊張気味にリールを巻き上げます。アドバイス通り慎重に取り込むとパワーあふれるワラサが、水しぶきを上げながらタモ網に入った瞬間に「本当に釣れるんだ!」と興奮冷めやらぬ様子。


iwai_IMG_2098 すると今度は岩井さんのロッドがしなり、上がってきたのは40cmオーバーのマダイ。このヒットで要領をつかんだ岩井さんは、魚探に映し出された海底から10m前後の魚群層を狙っていると、またしてもアタリ到来。前回より明らかに引きが強く無理をせずゆっくり巻き上げると、海面に現れた58cmのマダイを手に「やったー! 自己記録更新だー」と満面の笑顔。


takahashi_IMG_2138 2人の喜びを目の当たりにしながら、なかなかアタリがこなかった高橋さんは少々焦り気味でしたが、まったくの初心者であるからこそ、釣りたい気持ちは人一倍強いはず。そこで根気よくチャレンジしていると、待望のヒット到来! しかも、ロッドが水中に引き込まれるような強い引きで、乗船者全員の注目を浴びながら取り込んだのは、丸々太ったワラサ。生まれて初めて良型の魚をぎこちなく手にし、嬉しそうにレンズへ目を向ける姿が印象的でした。


yamatani_IMGP2261IMGP2273 本命のマダイはもちろん青物釣りまで楽しめることを体感し、参加者全員が初めての鯛ラバに魅了された今回の体験会。終了間際まで熱心に釣りを楽しみ、最後に山谷さんが有終の美を飾り納竿となりました。

 

ページトップ