1. ホーム >
  2. 倶楽部NEWS&TOPICS >
  3. 「第9回 おとな釣り倶楽部 in サンスポ」が和歌山県・白浜で開催されました

「第9回 おとな釣り倶楽部 in サンスポ」が和歌山県・白浜で開催されました

2017.4.27 / 倶楽部NEWS&TOPICS


pic02

第9回 おとな釣り倶楽部 in サンスポ
和歌山白浜編 ~マダイ~

2017年4月15日開催

『おとな釣り倶楽部』主催、第9回 おとな釣り倶楽部 in サンスポが、和歌山・白浜で開催されました。サンケイスポーツ新聞で募集した9名の一般参加者に、シマノ・インストラクターの山本啓人さんが同行し、直接指導するというイベントで、『おとな釣り倶楽部』でナビゲーターを務める荒井沙織さんが進行のお手伝いをしてくれます。

 

pic01

11:00、フィッシャーマンズワーフの桟橋から出港した船は、約20分ほどで、白良浜沖のポイントへ到着しました。船長の合図で、全員が一斉に仕掛けを海に投入します。この日は快晴でしたが、あいにく波が高くアタリがとりにくい状況。間も無く第2ポイントへ移動しました。投入直後、ご夫婦で参加されていた島岡夫人から「釣れた!」の声が! 全員が見守るなか、上がってきたのは、35cmのイトヨリ。「ビクビクッとしたアタリのあと、一瞬軽くなったのでバラしたかと思った」と話す顔には満面の笑みが広がります。さらに、4度目のポイントで、またもや島岡夫人がヒット。上がってきたのは、25cmのアヤメカサゴでした。隣で釣っていたご主人も喜んでいますが、少し悔しそう。その後も船長の判断で何度もポイントを移動します。13:25、ついに山本インストラクターに大きなアタリがきました。全力でリールを巻きあげますが、なかなか、魚影は見えてきません。かなりの大物か! 全員が注視するなか、海面に大きな魚が! 湧き上がる歓声のなか、67cmのマダイを見事釣り上げました。
2:20、右舷中ほどで釣っていた櫻井さんにもアタリがきました。キャッチしたのは50cmのハマチです。直後、右舷後方で釣っていたナビゲーターの荒井さんにもアタリが! ゆっくりリールを巻きあげると、上がってきたのは30cmのアヤメカサゴ。「ブルブルッとした引きだったから、タイが釣れたのかな?」と思ったそうです。2:45、荒井さんの横で釣っていた中尾さんも25cmのマダイをキャッチ。「3回、真下に引いたのでタイだと思った。釣れてよかった!」と嬉しそうです。3:15、今度は島岡さんのご主人に待望のアタリがきました! 隣で夫人が見守るなか、慎重にリールを巻きあげます。そして、ついに55cmのハマチをキャッチしました。「釣れてホントよかった!」面目躍如といったところで、夫人も嬉しそうです。続いて、左舷後方で釣っていた林田さんに待望の初ヒット! 上がってきたのはこちらも60cmのハマチ。「タイラバは初めて。まさか、青物が釣れるとは思わなかった!」と、満足の笑みがこぼれます。と、ここで、船長から納竿の合図が。
皆さん、一様に満足した面持ちのなか、16:00、船は桟橋に戻ってきました。参加者の皆さんは、休む間もなく最後まで果敢に挑戦し、鯛ラバの難しさと同時に楽しさを堪能した1日となりました。

ページトップ