第13回 滋賀県長浜市編


~琵琶湖を一望する長浜城、風情漂う街並みを散策し、ご当地名物や地酒を味わい吹きガラスに挑戦。エリアフィッシングで釣ったニジマスの江戸前寿司に舌鼓~

 豊臣秀吉の出世城として知られる長浜城。その城下町として栄えた長浜市を訪ね、江戸時代から明治時代に建設された、黒漆喰の和風建築と洋風建築が建ち並ぶ街を散策。近江のご当地名物や長浜の地酒を味わい、吹きガラスでのグラス作りも体験。そして、琵琶湖近くの管理釣り場でトラウトフィッシングを楽しんだ後は、釣り上げたニジマスを職人技が光る江戸前寿司でいただきます。

番組を見る

20160502_9169

【ナビゲーター】

佐々木洋三
◎公益財団法人 関西・大阪21世紀協会専務理事
◎シマノインストラクター
「公益財団法人 関西・大阪21世紀協会」にて関西の文化力向上を目指し、幅広い活動を行う佐々木氏は、関西各地のさまざまな文化に精通。また、シマノのインストラクターとして、釣りを楽しみながら地域ごとに特色ある釣りと文化を探究している。

アルミカン 高橋沙織
兵庫県出身。お笑いコンビ“アルミカン”のツッコミ担当。神戸大学卒業、才色兼備の若手芸人として、テレビやラジオなどで幅広く活躍中。相方である赤阪侑子との女性をテーマにした、しゃべくり漫才にも力を入れている。

 

【今回訪れた場所】

  • 滋賀県長浜市 「長浜城」
  •  〃     「近江牛まん本舗」
  •  〃     「黒壁ガラス館・黒壁体験教室」
  •  〃     「黒壁ASUMI」
  •  〃 高島市 「釣りぼり アクア.ヘヴン」

縁起のよい出世城として有名な秀吉ゆかりの長浜城

20160502_9055 第13回『新しいおとなのオフタイム』は、滋賀県長浜市を紹介しています。琵琶湖の北東部・湖北エリアに広がる長浜へは、大阪中心部から車で名神高速道路などを利用して約2時間。電車でも大阪駅よりJR東海道本線からの直通JR北陸本線快速を利用すれば、乗換えなしで約1時間40分です。
 ここ長浜は、安土桃山時代が始まる1573年に羽柴秀吉が、初めて一国一城の主として長浜城を築城。町には「楽市楽座」が置かれ、秀吉による城下町経営の礎の地として発展を遂げます。そこで番組は、1983年に復元された長浜城からスタート。長浜市長浜城歴史博物館となっている天守閣からは、琵琶湖が一望できます。


【長浜城・長浜市長浜城歴史博物館】https://www.city.nagahama.shiga.jp/section/rekihaku/
滋賀県長浜市公園町10-10
TEL/0749-63-4611
◎営業時間/9:00~17:00(入館受付16:30まで)
◎入館料/大人400円 小・中学生200円

懐かしくも新しい、近世の日本建築・黒漆喰の街並み

20160502_9194 長浜城は大阪の陣(1615年)後に廃城となるものの、長浜は京阪神と北陸を結ぶ北国街道(ほっこくかいどう)と美濃谷汲街道の重要な宿場町として栄え、江戸時代から明治時代の建造物が、今も数多く残されています。
 なかでも黒漆喰の趣きある日本の伝統建築を活用した美術館、ギャラリー、カフェやレストランが約30軒並ぶ「黒壁スクエア」は、「城と城下町100選」・「日本の町100選」にも選ばれた、長浜を代表する観光スポットです。
 風情ある街並みの散策中、大きく「近江牛まん」と書かれた看板に誘われて、長浜限定グルメをいただくことに。ブランド牛・近江牛と野菜がぎっしりと詰まった「すき焼き風牛まん」は、ジューシーな牛肉と野菜のうま味、ふっくらとした生地との組み合わせが絶妙な、これぞ“本当の肉まん”。さすが行列ができる人気店「近江牛まん本舗」です。


【近江牛まん本舗】http://www.oumigyumanhompo.com/
滋賀県長浜市元浜町12-36
TEL/0749-62-3327
◎営業時間/10:00~17:00

明治時代建造の洋館「黒壁ガラス館」を訪ね吹きガラス体験

20160502_941520160502_9344 小腹を美味しく満たし再び街を散策していると、目に飛び込んできたお洒落な洋館。その建物は、明治33年に銀行として建てられた木造洋館を改築し、平成元年にオープンした「黒壁ガラス館」です。店内には世界各国の伝統的なガラス製品、オリジナル製品などが数多く販売されています。
 この黒壁ガラス館を筆頭に、黒壁スクエアの約3分の1の店舗がガラス関係のお店で、この地域は「日本最大級のガラス芸術の展示エリア」ともいわれています。
 また、黒壁ガラス館の奥にある「黒壁体験教室」では、ガラス工芸を体験することができるため、佐々木さんと高橋さんは吹きガラスに挑戦。佐々木さんは、白地に水色の模様が酒を引き立てるぐい呑み。高橋さんは、ピンクと紫色が鮮やかなグラスを完成させました。


【黒壁ガラス館】http://www.kurokabe.co.jp/shop/glasshouse/
滋賀県長浜市元浜町12-38
TEL/0749-65-2330
◎営業時間/10:00~18:00 

【黒壁体験教室】 http://www.kurokabe.co.jp/trial/
滋賀県長浜市元浜町11-21
TEL/0749-65-1221
◎営業時間/10:00~18:00(体験受付16:30まで)
※11~3月/10:00~17:00(体験受付16:00まで)

地域の技と文化を継承する長浜の特産品

20160502_923020160502_9247 続いて立ち寄ったのが、黒壁ガラス館の前にある「黒壁AMISU(あみす)」。滋賀県の歴史と風土、文化から生み出された特産品を取り揃えた店です。店内には、食品だけでなく伝統技術と新しい感性で生み出された工芸品も並びます。そこで地域の文化継承と活性のために長浜バイオ大学の学生たちが蔵付き酵母の研究を行い、米作りと酒造りをそれぞれの匠が手がけ、黒壁AMISUの企画プロデュースで生まれた地酒を試飲させていただくことに。
 毎年完売してしまうほど人気の数量限定「純米吟醸 長濱<しぼりたて新酒>」は、辛口ながら若々しい爽やかな味わいとキレ、上品でほのかな吟醸香と酸味の美酒。平安時代から作られている発酵食品、郷土料理の「鮒寿司」を酒の肴にいただきながら、長浜の奥深い食文化を堪能しました。


【黒壁AMISU】http://www.kurokabe.co.jp/shop/amisu/
滋賀県長浜市元浜町8-16
TEL/0749-65-233
◎営業時間/10:00~18:00(11~3月は17:00まで)

大阪や長浜からアクセスのよい管理釣り場でトラウトフィッシングを楽しむ

20160502_8778 長浜の街を散策した後は、前回に引き続き大津市にある「釣りぼり アクア.ヘヴン」でトラウトフィッシング。
 アクア.ヘヴンは、長浜から大阪への帰り道に立ち寄れる、西湖道路真野インターチェンジを降りてすぐの場所にあり、2つのポンドにはニジマス(レインボートラウト)、イワナ、アマゴ、ブラウントラウトなど、コンディションの良い魚が放流されています。
 前回は、初心者の高橋さんがルアーフィッシングに慣れるために、ビギナー向きの「バラエティーゾーン」で釣りを楽しみましたが、今回は50cm以上の大物が泳ぐ「ビッグトラウトゾーン」に挑戦です。

佐々木さんのワンポイントアドバイス

20160502_8461 池の形状、流れ込みなどを把握し、魚が居る場所を探りながらキャステシングをすることで、魚がどのような場所を好むかが見えてきます。池の魚は回遊していますが、水が流れ込んだり水車によって流れができたりするところは酸素も豊富で、小魚や落ちてきた昆虫をそこで捕食する習性がありますので、流れの中にルアーをキャストして(投げて)魚を誘います。
 また、魚が池のどこに居るかを探るために、同じ場所に続けて投げるのではなく、50cmから1mくらいの間隔で刻みながらキャストしてみましょう。このように「今度はあそこへ投げてみよう」と狙いを定めてキャストを繰り返すことで、キャスティングの腕も確実に上達します。
 今回のアクア.ヘヴンの一番深い地点は、水深2メートル。深い場所から浅くなる“駆け上がり”と呼ばれる場所も魚は好みますので、水深の変化も意識しながら「どこにキャストしたら、どのようなタイミングで、どんな魚が釣れたか」を記憶にとどめておくことや、その経験を活かして狙った場所にキャスティングができるようになれば釣果も上がり、釣りがいっそう楽しくなりますよ。

【今回使用したシステム】
【ロッド】シマノ・カーディフエリアスペシャル:62SUL(全長1.88m)
【リール】シマノ・ツインパワーC2000HGS
【ライン】ナイロン3ポンド(0.8号)
【ルアー】シマノ・カーディフロールスイマー(5g)・ロールスイマーC(3.2g)など
【針】バーブレスフック
【ラインとルアーの接続】スーパースナップ

 

20160502_850120160502_8640

 佐々木さんからレクチャーを受けながら、キャスティングも上達してきた高橋さん。しばらくアタリが遠のくと、すかさず佐々木さんはルアーをチェンジし、その直後にニジマスをゲット。
 そこで高橋さんは、佐々木さんのアタリのルアーが付いたロッドを借りて再挑戦。すると隣のアングラーが大物を釣り上げ、俄然やる気になった高橋さんにもヒットが訪れます。水面に姿を現したのは、師匠の佐々木さんを上回る大きさのニジマスです。今回一番のビックトラウトに大きくロッド(竿)を曲げられ、少々慌てながらも無事に釣り上げた高橋さん。
「自然の中で黙々と釣りのことだけに集中すると、頭がすっきりとリラックスしてくるから不思議。そしてやっぱり、大きな魚が釣れると嬉しいですね!」と、釣りの魅力と喜びを味わっていました。


【釣りぼり アクア.ヘヴン】 http://www.aqua-heaven.net/
滋賀県大津市真野大野2-18-1
TEL/077-574-2299
◎営業時間/7:00~17:00
(開始時間30分前より入場可能)

 

釣り上げたニジマスを職人技が光る江戸前寿司でいただく

20160502_609820160502_6081 旅の最後は、長浜にある創業50年余りのこだわりの寿司店「京極寿司」へ。高橋さんが釣り上げたニジマスを、今回特別に握っていただきました。ワサビの代わりに生姜とアサツキを乗せてすだちを搾り、煮きり醤油を上品に塗った江戸前のニジマス寿司。アングラーにとってニジマスといえば、殺菌殺虫のため加熱料理が一般的ですが、ご主人の眞杉国史さんの腕前でルイベ(一度冷凍にし凍ったままで刺身)にし、絶品の寿司ネタに。その味は、鮮度の良さから歯ごたえもあり、寒さがまだ残る季節ならではの脂のうま味が、しっかりと活かされていました。
 続いていただいたのが、サーモンのような色ととろける美味しさ、淡水魚の中で一番美味しいとの呼び声高い琵琶湖の固有種、天然ビワマスの寿司(写真右:ビワマス、写真左:ニジマス)。ビワマスは、琵琶湖の中でも水深の深い長浜を中心とした北湖に多く生息しています。そして最後にニジマスの箱寿司にも舌鼓。
 自ら釣ったニジマスを職人技で最高の状態に調理された寿司を堪能したことで、マスの魅力とエリアフィッシングの贅沢な楽しみ方を再発見することができました。

【京極寿司】 http://kyougokuzushi.com/
滋賀県長浜市元浜町6-11
TEL/0749-62-3265 
◎営業時間 11:00~21:00

 

番組を見る