kanri のすべての投稿

「おとな釣り倶楽部」兵庫県淡路島の旅 後編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、兵庫県淡路島の旅の後編です。淡路島周辺でタコ釣りを楽しみ、サイズアップを狙います。その後、淡路島の人気スポットを訪れ、さらに、釣ったタコを日本料理店で調理してもらい、その味を堪能します。登場するのは、達人の今井浩次さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
前回に引き続き、達人の今井さんとともに、淡路島周辺のポイントでタコ釣りをする荒井さん。「タコ釣りは面白いですね」と、魚とは違った独特のヒキを楽しんでいるようです。今井さんはその釣り方について「オモリを付けるのが基本。エギを海底から浮かせないように動かすのがポイント。スタート時は、濃い色と薄い色のエギを組み合わせて付けます」と教えてくれます。すると、「ヒット!」とまず声を上げたのは荒井さん。その隣で今井さんもアタリをとらえ、なんとダブルヒットです。今井さんはその直後にもヒットし、荒井さんも続いて真ダコを釣り上げ、幸先のいいスタートになりました。ここで、今井さんにタックルについて解説してもらいます。「竿はシマノのベイゲームXシリーズのタコエギ。長さは1メートル75センチで、エギを操作しやすい長さです。竿先はやわらかく、タコが触りに来た時の感触をとらえやすい。でも、胴はしっかりしています。これなら、キロオーバーのタコが来ても十分ですし、初心者にも扱いやすい。リールはベイゲームシリーズの150。マイクロモジュールギアが搭載されて巻き心地も気落ちいい。ラインはPE2号、リーダーの長さは約2メートル、太さはフロロ8号を使用しています」。一方、タコのアタリを見極めることができた荒井さんは、再びヒットし、「私、ちょっとのってきました!」とうれしそう。今井さんは「タコ釣りは潮時が関係する。この辺りは潮の流れが速いから、タコも流されないように底にへばりついている。けれど、潮が緩んでくると、タコもエギにものってくる」とのこと。荒井さんも今井さんもどんどんタコを釣り上げます。数は十分に釣れたので、次は大物を狙いたいところ。ポイントを変えて、サイズアップを目指します。まずは、「ちょこっとサイズアップしました」と荒井さんがヒット。その後も「重たい…。さっきまでとヒキが違う」と苦戦しつつ、荒井さんが釣り上げたのは、なんと1.5キロを超える見事な真ダコでした。
番組後半、淡路島に戻った荒井さんは、海沿いの人気スポット「クラフトサーカス」を訪れます。こちらは、グローバルマーケットとオーシャンビューのレストランがあるおしゃれなリゾート空間。荒井さんは、日本の夕陽100選に選ばれた海岸のテラスで、爽やかなドリンクを飲みつつ贅沢なひと時を過ごします。その後、日本料理「芦屋 緒乃」へ。今回特別に、ご主人の小野孝太さんに釣ったタコを調理してもらいます。「タコの湯あらい」「タコのすみ焼き」などで登場するタコ料理に、荒井さんは大満足。「タコと松茸の土鍋ご飯」も滋味あふれる味と香りです。今回も思う存分釣りと旅を楽しみました。次回もお楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

今井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X タコエギ175
Reel:ベイゲーム150

荒井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X タコエギ175
Reel:ゲンプウXT 200PG

ライン:2号(PE)
リーダー:8号(フロロ)

●クラフトサーカス
住 兵庫県淡路市野島平林2-2(平林海水浴場北)
問 0799-82-1855(クラフトサーカス事務局)
時 10:30~19:00(LO18:30)
休 木曜 ※祝日の場合営業
http://awajicraftcircus.com/

●芦屋 緒乃(おの)
住 兵庫県芦屋市茶屋之町11-5ベルアミー芦屋1F
電 090-3700-0512
休 不定休 ※完全予約制

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県淡路島の旅 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、兵庫県淡路島の旅と釣りをお届けします。まずは淡路島で「奇跡の星の植物館」、歴史ある線香の工房、地魚を堪能できる寿司店を訪れて旅を楽しみ、その後、明石港から出船し、大人気のタコ釣りに挑戦します。登場するのは、達人の今井浩次さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
まずは、淡路島の旅から。荒井さんが訪れたのは、広大な敷地をもつ「兵庫県立淡路夢舞台」の人気施設「奇跡の星の植物館」です。今回は特別に、プロデューサーの辻本智子さんに館内を案内してもらい、開催中の「バリフラワーショー2018」を巡ります。館内は、ランをはじめとする珍しい植物で彩られています。続いて「淡路梅薫堂」へ。線香の生産量日本一と言われる淡路島の歴史ある工房です。線香づくりの工程を見学し、「お香づくり体験」を楽しみます。そして、おいしい地魚を味わいたいと訪れたのは「鮓 希凜」。カウンターに座ると、目の前に世界最長の吊橋、明石海峡大橋がダイナミックに広がっています。絶景とともに、ご主人の丹野昌也さんがにぎるお寿司を堪能し、旅を締めくくります。
翌朝、荒井さんは達人の今井浩次さんと合流し、朝6:00に兵庫県明石港を出船。人気のタコ釣りとあって、平日にもかかわらず、どの乗合船も満員の様子です。ポイントに到着すると、まず今井さんにタコ釣りのポイントを教えてもらいます。「タコエギを使います。これは、もともとアオリイカを釣るために開発された和製のルアーで、アオリイカを釣っているとタコものってくることから、つくられました。だいたい、2つ付けます。タコは底にしかいませんから棚はベタ底で、着底後はエギを動かしてアピールします。オモリを底に付けたまま、エギだけを揺らしてやるんです」。その時、誘いの幅は小さく、竿先を上下させます。「タコが手を伸ばしてエギを触りに来ますが、そこで合わせても手や足が切れてしまうだけなので、しばらく待って、しっかりタコがエギにのってから合わせるんです」。「手応えは重たいですか?」と荒井さんが聞くと、「明石のタコは、潮の流れが速いところで育っているから、へばりつくのが上手い。かなりの力です」と今井さん。「面白そう!」と荒井さんは期待しながら、タコ釣りを始めます。すると、今井さんが早速、釣り上げました。釣りあがった姿に、荒井さんは「インパクトが強いですね」と驚きの様子。その横で船長も手釣りでタコを釣り上げます。「この辺は、1キロ超えのタコも釣れる」と今井さん。すると、今井さんが再びヒット。「さっきのより大きいかな…」と釣り上げると1キロはありそうな大きさです。そして、ようやく、荒井さんも竿先の微妙な変化をとらえ、釣り上げてみると、大きなタコと思いきや「タコがワカメを連れて上がってきました!」と荒井さん。楽しいタコ釣りはまだまだ続きます。次回は大物タコを釣れるのでしょうか? お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

今井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X タコエギ175
Reel:ベイゲーム150

荒井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X タコエギ175
Reel:ゲンプウXT 200PG

ライン:2号(PE)
リーダー:8号(フロロ)

●兵庫県立淡路夢舞台温室
奇跡の星の植物館
住 兵庫県淡路市夢舞台4
電 0799-74-1200
開 10:00~18:00(最終受付17:30)※8・12月開館延長日あり
休 7・11月の植替え週の木曜日、その他臨時休館あり
料 一般 通常展示:600円、特別展開催時:1500円
http://www.kisekinohoshi.jp/

●淡路梅薫堂
住 兵庫県淡路市江井2845-1
電 0799-86-0065
営 9:00~12:00、13:00~16:00
休 第2・第4土曜、日・祝、年末年始
http://www.awaji-baikundo.com/

●鮓 希凛(きりん)淡路店
住 兵庫県淡路市岩屋1871
  MOON JELLY AWAJI RESORT 2F
電 0799-72-3811
営 12:00~14:00、18:00~22:00
休 不定休
http://tuer.jp/kilin/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県横須賀市の旅 後編


前回に引き続き、「おとな釣り倶楽部」は神奈川県横須賀市の旅と釣りをお届けします。第二海堡沖でタチウオ釣りからスタート。その後、古い佇まいが残る横須賀市浦賀の街を散策し、タチウオ料理を味わいます。登場するのは、達人の永井裕策さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
まずは、タチウオ釣りから。荒井さんと達人の永井裕策さんは、久里浜港を出船し、第二海堡沖のポイントへ来ています。永井さんは「タチウオは幽霊魚と言われ、回遊しているから難しい」と話します。幽霊魚とは、移動が激しく、ポイントが安定しない魚のことです。ここで荒井さんは「平作丸」の船長・北島秀司さんに状況を聞いてみます。「ちょっと遅れたんですけれど、今はいろんなポイントでタチウオのアタリが出るようになりました。水深20メートルくらいで釣れます。浅場で釣れるいわゆる夏タチのパターンになってきましたね」とのこと。釣りを始める前に、前回のおさらいをします。まずは、永井さんにタチウオの釣り餌の付け方を教えてもらいます。「サバの切り身の端っこに皮側から針を刺し、ケンにひっかけ、最後はエサが真っすぐになるように整えます」。続いてはシャクリ方。「船長が棚を教えてくれたら、そこで止めます。浅いところでは、フワフワと泳がせるように小さくシャクリ、逆に深いところでは、テンビンがガクンと動くくらい、大きくシャクリます」。そして、いよいよ釣りを開始。周囲には釣り船が集まっています。永井さんは1投目からヒット! すると、荒井さんも「来ました!」と続きます。さらに、荒井さんは「ヒット!」と言いますが、その後、軽くなりバラしたかと思いきや、「やっぱりいました!」とアタリをとらえます。これに永井さんも続いて、またもやダブルヒット。荒井さんは大喜びです。「また、来ました!」と荒井さんが言うと、永井さんも続いて、またもやダブルヒット。タチウオの活性が高まってきた様子です。2人はその後もタチウオを釣り上げ、見事な好釣果となり、タチウオ釣りを存分に楽しみました。
番組後半は、神奈川県横須賀市浦賀の街を散策します。荒井さんが甘い香りに誘われて訪ねたのは、趣のある佇まいの菓子店「精栄軒」。4代目店主の水谷哲也さんによれば、坂本龍馬と妻のおりょうはカステラを好んだとか。そのエピソードにちなんだ商品も販売されています。次に、「西 叶神社」を訪れて参拝します。こちらは、源氏再興を祈願してその願いが叶ったことから建立された神社です。次に「浦賀の渡し」で対岸へ渡り、「東 叶神社」に参拝。荒井さんは、西の社務所で勾玉を、東の社務所で袋を手に入れ、1つのお守りにして大切に持ち帰ります。そして、釣り人の特権「美味釣魚」を。「地魚料理かわかみ」で今回釣ったタチウオを特別に調理してもらい、ご主人の川上 守さんによる「タチウオの造り」「塩焼き」「天ぷら」などを味わいます。さて、次回はどんな旅となるのでしょうか。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

永井さんが使用したタックル
Rod:リアランサー タチウオ MH195
Reel:フォースマスター400

荒井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X タチウオ82 MH195
Reel:フォースマスター400

ライン:2号(PE)
ハリス:5号
ハリ:1号
テンビン:ライト用

●精栄軒
住 神奈川県横須賀市西浦賀1-6-16
電 046-841-0123
営 10:00~16:00
休 月曜

●西 叶神社
住 神奈川県横須賀市西浦賀1−1−13
電 046−841−0179
http://kanoujinja.p1.bindsite.jp/

●東 叶神社
住 神奈川県横須賀市東浦賀2-21-25
電 046-841-5300

●魚料理かわかみ
住 神奈川県横須賀市久里浜4-8-4
電 046-835-0062
営 17:00~24:00
休 無休

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県横須賀市の旅 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、神奈川県横須賀市の旅と釣りをお届けします。久里浜海岸から始まり、「ペリー記念館」や「燈明堂」などを訪れ、イタリアンレストランでランチ。後半は、タチウオ釣りに挑戦します。登場するのは、達人の永井裕策さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
荒井さんは、神奈川県横須賀市の久里浜にやってきました。古くから海の玄関口として栄えてきた久里浜で荒井さんが最初に訪ねたのは、「ペリー公園」にある「ペリー記念館」です。記念館の高畑 功さんに館内を案内してもらい、黒船が久里浜にやってきた当時の様子を再現したジオラマなどを見ながら歴史のロマンに触れます。続いて、浦賀の海岸にある「燈明堂」を訪れ、横須賀市教育委員会の中三川 昇さんに話を聞きます。こちらは、1648年頃、江戸幕府によって造られた和式の灯台で、当時は菜種油を灯して、航海の安全に役立てたそうです。その後、海辺のレストラン「イタリア料理 ラ・ペントラ」でランチを味わいます。
後半は、タチウオ釣りに挑戦します。荒井さんは、達人の永井裕策さんと久里浜港で合流し、「平作丸」で釣りの準備をします。まずは、永井さんに仕掛けについて教えてもらいます。「タチウオの仕掛けは、本当にシンプルなんですよ。ライト用のテンビンを使い、オモリは30~80号で複数用意。ハリスは1~2メートル。針はタチウオ針で、ここにエサを押さえるケンが付いています」と永井さん。続いて、エサの付け方も教えてもらいます。「サバの切り身を使います。小魚が泳いでいるかのように、ヒラヒラと動くように付けます。端から1~2ミリのところに刺して、皮側をケンにかけて、まっすぐになるように付けるのがポイントです」。準備が整ったところで午前7:30に出船。約20分で観音崎沖のポイントに到着しました。ここで、永井さんからシャクリ方について教えてもらいます。「船長から30~50メートルという棚を教えてもらいます。まず、エサを入れて50メートルまで落とし、小さく速く半巻きでシャクリ。30メートルまで来たら、再び50メートルまで落とし、次はやや大きく速くシャクリ。その次はフワフワと泳がせるようにして、止めて、再びシャクリ。さらに、テンビンが跳ねるくらいの強さで大きく」。続けて、「ビギナーや女性などの場合は、電動リールを低速で巻きながら探る方法もあるので、なるべく疲れないようにしながらタチウオとのやり取りを楽しんで」とも話します。そしていよいよ、タチウオ釣りの開始。永井さんが早々にヒットし、タチウオを釣り上げます。「タチウオは歯が鋭いので、釣り上げたら必ず首を持つこと」と教えてくれます。その後、ポイントを変えて、今度は水深約18メートルのところへ。オモリも60グラムから30グラムに変更します。「浅いから、速く細かくシャクル」と永井さん。すると、荒井さんが「来ました!」と待望のヒット。続いて、永井さんも小ぶりのタチウオを釣り上げます。魚の活性も高まってきた様子。この続きは次回、お届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

永井さんが使用したタックル
Rod:リアランサー タチウオ MH195
Reel:フォースマスター400

荒井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X タチウオ82 MH195
Reel:フォースマスター400

ライン:2号(PE)
ハリス:5号
ハリ:1号
テンビン:ライト用

●ペリー公園
住 神奈川県横須賀市久里浜7-14
電 046-834-7531
ペリー記念館(ペリー公園内)
料 無料
開 9:00~16:30
休 月曜(休日の場合翌日休)、年末年始
http://www.kanagawaparks.com/kurihama-perry/perry/

●燈明堂
住 神奈川県横須賀市西浦賀6
問 046-822-8301
  (横須賀観光インフォメーション10:00~18:00)
https://www.cocoyoko.net/spot/toumyoudou.html

●イタリア料理 ラ・ペントラ
住 神奈川県横須賀市東浦賀2-19-9
電 046-843-0629
営 11:30~14:30(LO14:00)、18:00~21:00(LO20:30)
休 木曜、第3水曜

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」石垣島の旅 第4弾


8月の「おとな釣り倶楽部」は、沖縄県石垣島の特集をお届けしています。第4弾は、小浜島や西表島の周辺でリーフフィッシングを楽しみ、その後、泡盛の酒造所を見学し、島の郷土料理を味わいます。登場するのは、達人の村田 基さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
村田さんと荒井さんは、前回に引き続き、沖縄県石垣島を訪れています。強風が吹き、時折スコールも降るなか、村田さんと荒井さんは別々のボートにのりこみ、小浜島や西表島周辺でトロピカルフィッシュをねらうことに。村田さんは「今回の釣りでは、ミノーとバイブレーション、スピンテール、この3つを使っています…」と話しながら、早速、沖縄を代表する魚、ミーバイを釣り上げ、順調なスタートを切ります。一方、荒井さんは、「どの方向を見ても、きれいな海です!」と言いながら、リトリーブをして時おりトゥイッチをはさみ、魚を誘い、「よし、ヒット!」とフエフキダイを釣り上げました。村田さんのボートに戻ると、水深が6~7メートルある場所にポイントを移動しています。この日使っているのは、30gのメタルジグ。着水してから5秒ほど待って、ロッドを大きくシャクリ、リトリーブで魚を誘います。と、釣り上げたのは、イソフエダイ。「とにかく、すごいヒキ」と言いながら、続いてもアミダイを釣り上げ、村田さんのヒットは止まらないようです。再び、荒井さんのボートにいくと、「タックルをタイラバに変えてみました」と話しています。ガイドの鈴木さんによれば、「マダイはいませんが、ハマフエダイやイソフエフキなどが、これで釣れます」とのこと。とはいえ、荒井さんは、ついついアタリに合わせてしまい、1投目はバラシ。ですが、すぐにアカジンという赤い魚を釣り上げます。強いヒキを感じて張り切るものの、またもや痛恨のバラシ。その後は、バラハタを釣り上げます。村田さんも、独特のヒキを楽しみながら、ナミハタやアミメフエダイを釣り上げます。2人ともトロピカルフィッシュの強いヒキを存分に感じながら、リーフフィッシングを楽しみました。
釣りの後は石垣島の旅へ。2人はまず、髙嶺酒造所を訪れて工場内を見学します。「なるべく、昔ながらの製法で泡盛をつくっています」と代表取締役社長の髙嶺聡史さん。見学の後、2人は、「店舗限定2006年産 古酒おもと」を試飲し、村田さんは「旨い!」、荒井さんは「まろやか~」とその味に感心します。髙嶺さんは「年数を重ねることで、まろやかで甘い香りがしてくる。これが古酒の特徴です」と教えてくれます。続いては、村田さんおすすめの「舟蔵の里」へ。こちらは、約3,000坪もの敷地にさまざまな古民家を移築してつくった里で、郷土料理を味わうことができます。2人は、「ラフテーと地野菜の煮物」「地豆豆腐」などを味わい、三線の音に合わせた八重山舞踊のライブも鑑賞し、大人の旅を満喫しました。次回もお楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

村田さんが使用したタックル
Rod:NEWワールドシャウラ 1652R-3
Reel:アンタレスDC MD

荒井さんが使用したタックル
Rod:炎月SS B610M-S
Reel:炎月100PG

ライン:2号(PE)
リーダー:30ポンド(ナイロン)

●舟蔵の里
住 沖縄県石垣市字新川2468-1
電 0980-82-8108
営 11:00~22:00(LO21:00)
休 無休
http://www.funakuranosato.com/

●高嶺酒造所
住 沖縄県石垣市字川平930-2
電 0980-88-2201
工場見学 9:00〜18:00(所要時間20分)
休 無休
http://omoto-takamine.com/

●FISHERMAN(フィッシャーマン)
住 沖縄県石垣市新川279
問 0980-83-5318
期 ガイドサービスは4月1日~11月10日頃
http://www.gt-fisherman.co.jp/tuuhan.htm

●Little Tern(リトルターン)
問 090-2536-0968(フィッシングガイド長島裕二)
料 ライトゲーム1日40,000円(9:00~17:00)
  ショート便30,000円(約4時間)
http://littletern-style.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」石垣島の旅 第3弾


8月の「おとな釣り倶楽部」は、沖縄県石垣島の特集をお届けしております。第3弾は「玉取崎展望台」や土産店「ヤフィタ」などを訪れて、その後、竹富島や小浜島周辺でリーフフィッシングを満喫します。登場するのは、達人の村田 基さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
沖縄本島からおよそ430キロメートル南西にある、八重山諸島の玄関口、石垣島。達人の村田さんと荒井さんは、「玉取崎展望台」を訪れています。本来なら、白い砂浜と青い海の絶景を見渡せるはずですが、あいにくの強風と曇り空…。そこで、2人は村田さんおすすめの土産店「ヤフィタ」へ。店内には、夜光貝などを使って作ったランプやアクセサリーが並んでいます。続いて、石垣島でフィッシングガイドを営む「フィッシャーマン」の代表取締役・鈴木文雄さんに会いに行きます。実は鈴木さん、ソルトウォーターのアングラーでもあり、ジャイアント・トレバリー、通称GTのスペシャリストでもあるのです。鈴木さんに石垣島の状況について教えてもらいます。「ちょうど今は梅雨の末期。雨は激しいですが船は出せます」と鈴木さん。荒井さんの「私のようなビギナーでも楽しめる釣りはありますか?」という問いに、鈴木さんは「それなら、トロピカルフィッシュですね」と教えてくれます。
その後、2人はリーフフィッシングを楽しむため、浜崎マリーナへ。ここから、荒井さんは「フィッシャーマン」鈴木さんのボートで、村田さんは「リトルターン」長島さんのボートで、それぞれ出船します。竹富島と小浜島の間のポイントに着いた村田さんは、釣りを開始。早速、真っ赤なトロピカルフィッシュを釣り上げます。一方、荒井さんは、西表島の東側ポイントへ。水深およそ1メートル。「海がきれいで、これぞ石垣という景色ですね」と荒井さん。リトリーブしながら時折トゥイッチをはさんで魚を探っていると、フエダイを釣り上げます。「オレンジと金色の魚。いいヒキをありがとう」とリリースし、「水深1メートルのところで、こんないいヒキに出会えるとは…」と感心します。続いて、カラフルな尾をもつアカモンガラも釣り上げます。ここで村田さんのボートに戻り、タックルについて教えてもらいます。「今回のロッドは2652で、リールはステラ C3000 XG。この手の釣りにはハイギアか、エクストラハイギアのどちらかです。ラインは、PE 1.5から2号を使って、リーダーは25から30ポンドが標準で素材はナイロン。接続は、ダブルクリンチノットで、PEラインとナイロンラインの接続方法は基本的にキングノットです」。村田さんは話しながらも、アミメフエダイを釣り上げます。「針はすぐにのびてしまうから、ノーマルから太軸にチェンジ。最低で4番、できれば5番がいい。小さな魚がなぜ? と思うくらいヒキが強いですから」と話し、カラフルなイソフエフキやアミメフエダイを釣り上げます。「普通、海の魚はシルバー系ですが、ここでは圧倒的にゴールドが効く。赤金とかオレンジゴールドとかがナチュラルカラーです」。村田さんは1キャスト、1ヒットと言っていいくらいヒットが続き、2人ともトロピカルフィッシュのヒキを楽しみました。次回もこの続きをお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

村田さんが使用したタックル
Rod:NEWワールドシャウラ 2652R-3
Reel:ステラC3000 XG

荒井さんが使用したタックル
Rod:ディアルーナ BS S610M
Reel:アルテグラ 4000

ライン:2号(PE)
リーダー:30ポンド(ナイロン)

●玉取崎展望台
住 沖縄県石垣市伊原間キンブ

●ヤフィタ
住 沖縄県石垣市大川10-1
電 0980-83-8689
営 10:00~20:00(5~10月)
  10:00~19:00(11~4月)
http://www.yaphita.com/

●FISHERMAN(フィッシャーマン)
住 沖縄県石垣市新川279
問 0980-83-5318
期 ガイドサービスは4月1日~11月10日頃
http://www.gt-fisherman.co.jp/tuuhan.htm

●Little Tern(リトルターン)
問 090-2536-0968(フィッシングガイド長島裕二)
料 ライトゲーム1日40,000円(9:00~17:00)
  ショート便30,000円(約4時間)
http://littletern-style.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」石垣島の旅 第2弾


8月の「おとな釣り倶楽部」は、沖縄県石垣島の特集です。第2弾は、前回に引き続き、竹富島周辺でリーフフィッシングを楽しみ、その後、石垣島鍾乳洞や、島の味を楽しめる居酒屋を訪れます。登場するのは、達人の村田 基さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
達人の村田さんと荒井さんは、空模様が思わしくないなか、竹富島近くのポイントでリーフフィッシングに挑戦しています。前回、村田さんも荒井さんも良型のトロピカルフィッシュを釣り上げることができました。今回はどんな釣果となるのでしょうか。
「青い空、青い海を皆さんに見せたかったな」とつぶやく村田さん。早速、村田さんは手応えあるヒキを感じますが、魚が根に入って逃げられてしまいます。「一気にまかないといけません。それから、あまりドラグをゆるめてしまうと、根に逃げられてしまう」と村田さん。ここで、タックルについて教えてもらいます。「スピニングは2652。ボートから釣るなら6フィート半から7フィートぐらいがちょうどいいですね。リールはC3000番、PEの1.5もしくは2号、リーダーは30ポンド」。そう話しながら、村田さんはアタリをとらえますが、バラしてしまいます。荒井さんも広範囲に魚を探ろうと、村田さん同様にスピニングタックルを使用しています。ここで村田さんが、「ルアーがなぜダメになるかというと、魚の歯が鋭くてルアーに穴をあけてしまうから。バイブレーションは、どちらかと言うと金属系のほうが長持ちします」と教えてくれます。すると、村田さんがアタリをとらえ、アミメフエダイを釣り上げます。「ミノー系を使う時は、圧倒的にスピニングの方がやりやすい」と村田さん。荒井さんが「すごい! 海の中がサンゴだらけです」と感動していると、その横で村田さんは、元気いっぱいのアオチビキを釣り上げます。さらに、村田さんは強いヒキと格闘した末、なんとダブルヒット! 「見てください。この欲張りな釣り」と釣り上げたのは、アオノメハタとバラフエダイ。再び、強いヒキを感じて期待が膨らみますが… 残念ながらバラしてしまいました。けれどもその後、美しいバラハタを釣り上げました。
番組後半、2人は石垣島を散策します。最初に訪れたのは「石垣島鍾乳洞」。スタッフの下地香代子さんに案内してもらいます。「洞窟の壁や天井から垂れ下がるつらら石(氷柱石)は、鍾乳石の赤ちゃんです」と下条さん。さらに奥へと進むと、広々とした地下空間が広がっています。「鍾乳石が1ミリほど大きくなるには、3年ほどもかかります」と、神秘的な輝きを生み出す壮大なスケールを教えてもらいました。続いては、村田さんおすすめの「よろず居酒屋 錦」へ。店内には、数多くの釣り人の写真が飾られています。2人は、名物の「錦サラダ」や「刺し身の盛り合わせ」、「石垣島産車海老」などを味わいます。次回は石垣島の旅、第3弾をお届けします。お楽しみに!

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

村田さんが使用したタックル
Rod:NEWワールドシャウラ 2652R-3
Reel:ステラC3000

荒井さんが使用したタックル
Rod:ディアルーナ BS S610M
Reel:アルテグラ 4000

ライン:2号(PE)
リーダー:30ポンド(ナイロン)

●石垣島鍾乳洞
住 沖縄県石垣市石垣1666
電 0980-83-1550
時 9:00~18:30(最終受付18:00)
休 無休
料 大人1,080円、子供540円
http://www.ishigaki-cave.com/

●よろず居酒屋 錦
電 0980-82-0240
住 沖縄県石垣市美崎町12-13
営 17:00~24:00
休 火曜

●Little Tern(リトルターン)
問 090-2536-0968(フィッシングガイド長島裕二)
料 ライトゲーム1日40,000円(9:00~17:00)
  ショート便30,000円(約4時間)
http://littletern-style.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」石垣島の旅 第1弾


8月の「おとな釣り倶楽部」は、4回にわたり沖縄県石垣島の特集です。第1弾は川平湾や「石垣やいま村」を訪れ、竹富島周辺で南国ならではのリーフフィッシングを楽しみます。登場するのは、達人の村田 基さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
沖縄本島から南西およそ430キロメートルのところに位置する石垣島は、八重山諸島の玄関口として多くの観光客で賑わう島。村田さんと荒井さんは、石垣島の絶景スポット・川平湾を訪れ、白い砂浜と青い海を満喫します。その後、2人は八重山の家並みを再現した日本最南端のテーマパーク「石垣やいま村」へ。企画・広報担当の住吉隆治さんに村内を案内してもらい、アンパル塔やリスザルの森を訪ね、琉球衣裳を着つけてもらい、王様とお姫様気分の体験も。石垣島の文化に触れるひと時を過ごします。
そして、リーフフィッシングを楽しむため、浜崎マリーナから「リトルターン」に乗船し、竹富島周辺へ。荒井さんは、美しい海でどんな魚に出会えるのかとワクワクしている様子です。村田さんがリーフフィッシングについて教えてくれます。「バイブレーションをやってみましょう。まず、PEモードにして軽く投げます。ちょっと沈めてからシャクリます。その時、ルアーが動いてブルブルブルーと感じます。魚がかかったら、一気にまきます」。説明が終わらないうちに、村田さんが早速ヒット! 「このヒキ、これが石垣島です」と釣り上げたのはムネアカクチビ。「石垣島ではトロピカルフィッシュが釣れるんです」と村田さん。ここでタックルについて教えてもらいます。「今使っているのが、ロッドはワールドシャウラの1652、リールは強いアンタレスDC MD。そして、ラインはPE2号、リーダーは30ポンドのナイロンです」。続いて、ルアーについても。「ルアーは大きく分けると3つ。トップウォーター系、バイブレーション系、ミノー系。色はシルバー系が基本ですが、石垣の海は赤金を忘れずに持ってくるといいでしょう。ミノー系は遠投できるタイプで、僕が良く使うのは9センチくらい。バイブレーション系は20~30gを用意します」。ここで、荒井さんがヒットしますが、すぐに逃げられてしまいます。再び荒井さんがヒットし、「うわぁ、すごいヒキ!」と驚きながら、少しずつ寄せてきたものの、痛恨のバラシ。なんと針が伸ばされるくらい、力強いヒキだったのです。「ルアーはミノー系ですと、2人で2日間なら、30本くらい必要でしょう」と村田さん。ここで、村田さんがメギスを釣り上げます。そして、またしても荒井さんがアタリをとらえ、「今度こそ!」と格闘の末、ムネアカクチビを釣り上げます。「石垣島で1匹目。この大きさでこのヒキとは…」と驚いています。さらに、荒井さんがヒットしますが、再びバラシ。一方、村田さんは「よし、食った!」と、シロブチハタを釣り上げます。荒井さんも諦めずに海中を探って、もう1匹釣り上げます。石垣島の釣りはまだ始まったばかり。次回もリーフフィッシングをお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

村田さんが使用したタックル
Rod:NEWワールドシャウラ 1652R-3
Reel:アンタレスDC MD

荒井さんが使用したタックル
Rod:ディアルーナ BS S610M
Reel:アルテグラ 4000

ライン:2号(PE)
リーダー:30ポンド(ナイロン)

●石垣やいま村
住 沖縄県石垣市名蔵967-1
電 0980-82-8798
営 9:00~17:30(受付17:00まで)
休 無休
料 大人1000円(中学生以上)、子供500円
  琉球衣裳体験1名500円
https://www.yaimamura.com/

●Little Tern(リトルターン)
問 090-2536-0968(フィッシングガイド長島裕二)
料 ライトゲーム1日40,000円(9:00~17:00)
  ショート便30,000円(約4時間)
http://littletern-style.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県明石市の旅 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、兵庫県明石市の旅・後編をお届けします。まずは、家島諸島の西島で磯釣りに挑戦し、クロダイ(チヌ)の力強いヒキを堪能。その後、釣った魚を味わい、明石市の酒蔵を訪れて旅を楽しみます。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん、そして、磯釣りの達人・遠藤いずみさんです。
重塚さんと荒井さん、そして、達人の遠藤さんの3人は、家島諸島の西島「ムロサキ」に来ています。前回に続き、ここで磯釣りに挑み、クロダイをねらいます。遠藤さんは、「家島諸島といえば、クロダイ釣りのメッカ。大物に出会えるチャンスがあります」と話します。今回用意したサシエサはオキアミ、赤色と黄色の練りエサの3種類。まずは、練りエサをどのように針に付けるのか、遠藤さんに教えてもらいました。「基本は、丸型や涙型など針が外れにくい形にします。ほかにも、平べったくしてヒラヒラとさせてアピールする形もあります」。そして、遠藤さんは海中の様子を探ろうと、涙型に付けた練りエサを竿3本分前方に投入します。このポイントはどのように設定するのでしょうか? 遠藤さんによれば、「まずは、海中を想像してみましょう。チヌの好きなところは、例えば、カケアガリとか、斜めに下がった辺り、シモリや根の間とかです。基本的には手前から攻めていきます」。解説を終えた遠藤さんは、重塚さんの釣りを見てアドバイスをします。「今、潮の流れがあるのでコマセは流れています。自分の仕掛けがコマセと同調するようにしましょう」。すると、横で釣っていた荒井さんがアタリをとらえ、奮闘の末、本命のクロダイを釣り上げます。「このヒキはすごいですね。やり取りが面白い!」と大喜びの荒井さん。続いて、重塚さんも良型のクロダイを釣り上げます。ここで、遠藤さんにクロダイの攻め方を見せてもらいます。「まず、ポイントを定めて1ヵ所にコマセをまきます。クロダイを寄せて仕掛けを投入。仕掛けを入れた後も、ポイントにコマセをまきます」と遠藤さん。そして、竿先とラインのわずかな変化を見逃さないよう集中力を高めていると、「来ました!」と遠藤さんが大きくアワセます。竿が大きくしなるヒキの後、姿を現したのはクロダイ。続けて、重塚さんも「会心の一撃でした!」と見事なクロダイを釣り上げ、さらに、遠藤さんは52センチもの大物を釣り上げます。その後も3人は順調にクロダイを釣り上げ、午後1時に釣りを終了しました。
釣りの後、3人はたつの市にある「大阪屋」を訪れ、前回、荒井さんと重塚さんが釣ったマダイとクロダイを、ご主人の上田 享さんに特別に調理してもらいます。「刺し身」や「あらだき」などの料理がテーブルに並び、3人はその味を楽しみます。遠藤さんと分かれた後、重塚さんと荒井さんは、明石市にある創業1839年の「太陽酒造」を訪れ、蔵人の田中眞澄さんに蔵を案内してもらいます。「これが酒船と言いまして、これで三日三晩かけてゆっくり圧力をかけて搾ります」と田中さん。2人は、おすすめの「純米吟醸 赤石」などを試飲し、旅を堪能しました。皆さんも楽しい磯釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか?

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

遠藤さんが使用したタックル
Rod:鱗海 マスターチューン 1号5.3m
Reel:NEW BB-X ハイパーフォースC3000DXXG S

重塚さん・荒井さんが使用したタックル
Rod:ラフィーネ 1.5号5.3m
Reel:ストラディック C3000

道糸:2号
ハリス:2号
ハリ:チヌ2号

●太陽酒造株式会社
住 兵庫県明石市大久保町江井島789
電 078-946-1153
営 9:00~18:00
休 無休
http://taiyoshuzo.sunnyday.jp/

●大阪屋
住 兵庫県たつの市御津町黒崎1414
電 079-322-0124
休 不定休

●のりくら渡船
住 兵庫県たつの市御津町岩見600-2
電 079-322-2470
http://www.asahi-1.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県明石市の旅 前編


「おとな釣り倶楽部」は今回、兵庫県明石市の旅・前編をお届けします。明石市立天文科学館や商店街などを訪れて旅を楽しみ、そして、家島諸島の西島で磯釣りに挑戦。クロダイ(チヌ)をねらいます。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん、そして、シマノフィールドテスターで磯釣りの達人・遠藤いずみさんです。
重塚さんと荒井さんは、兵庫県明石市の旅を楽しみます。まずは、「大蔵海岸公園」から世界最長の吊橋・明石海峡大橋を眺めます。そして、東経135度の日本標準時子午線に立つ「明石市立天文科学館」へ。学芸員の石井優子さんに子午線や漏刻について話を聞き、館内を案内してもらいます。14階にある展望室でその眺望を楽しみ、16階にある天体観測室も訪れます。続いては、魚の棚商店街へ足を運びます。「近くに漁港があるこの地域では、朝だけでなく、昼に水揚げされる昼網もある」と重塚さん。2人は、商店街にある日本料理店「喜楽」で「活たこのさしみ」「たこの子煮付」などで明石たこを味わい、旅を満喫します。
番組後半は、磯釣りに挑戦します。重塚さんと荒井さんは、達人の遠藤いずみさんと合流します。「家島諸島といえば、クロダイの宝庫と言われているところです」と遠藤さん。午前4時30分、3人は「のりくら渡船」で岩見港を出船。およそ30分でポイントの西島にあるムロサキに到着します。この時期は、産卵を控えたクロダイが浅場へと移動してくるそう。釣りの前に、遠藤さんから仕掛け作りを教えてもらいます。「まずは、カバーを外してガイドの穴に道糸を通します」。重塚さんも「こうすると、糸がガイドのすべてに通る仕組みなのですね」と納得の様子。「次はウキ止め糸を道糸につけます。糸をきっちり結んだら、今度はシモリ玉をつけます。そして、ウキ、ウキクッションゴムをつけ、より戻しを結びつけます。ハリスをセットし、ハリスにチヌ針を結びます」。いよいよ、磯釣りの開始。遠藤さんはポイントを設定し、マキエサを打ちます。ここでマキエサの作り方についても教えてもらいます。「基本的には、オキアミ3kgに対して配合エサ2袋の割合で混ぜます。オキアミを細かく砕いて、そこに粒子の細かい配合エサから加え、水を少しずつ加えていきます。お団子ができる状態になれば完成です」と遠藤さん。この日は、サシエサとしてオキアミ、赤と黄色の練りエサの3種類を用意。オキアミは反応がありませんが、黄色の練りエサを投入すると、「来ましたよー」と遠藤さんが大きくアワセ、本命のクロダイを釣り上げます。荒井さんは「竿のしなりがすごいですね」と遠藤さんのダイナミックな姿に感心します。「いいクロダイ。やはり、ポイントを一つに絞ることが釣れる秘訣でしょう」と遠藤さん。続いて「ヒット!」と声を上げたのは荒井さん。釣り上げたのは、なんと赤いマダイです。さらに、重塚さんもクロダイを釣り上げて、「やったー!」と大喜び。魚の活性が高まってきた様子です。この続きは、次回ご紹介します。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

遠藤さんが使用したタックル
Rod:鱗海 マスターチューン 1号5.3m
Reel:NEW BB-X ハイパーフォースC3000DXXG S

重塚さん・荒井さんが使用したタックル
Rod:ラフィーネ 1.5号5.3m
Reel:ストラディック C3000

道糸:2号
ハリス:2号
ハリ:チヌ2号

●大蔵海岸公園
住 兵庫県明石市大蔵海岸通2-11
電 078-914-7255(管理事務所)
http://www.kobe-j.co.jp/okura/index.html

●明石市立天文科学館
住 兵庫県明石市人丸町2-6
電 078-919-5000
開 9:30~17:00(入館16:30まで)
  ※天体観測室の一般公開
  土・日曜10:45~13:00 ※行事等で変更あり
休 月曜、第2火曜、年末年始
  ※祝休日の場合開館、翌日休館
料 大人700円、高校生以下無料
http://www.am12.jp/

●魚の棚商店街
住 兵庫県明石市本町1-1-16
問 078-911-9666(事務所)
http://www.uonotana.or.jp/

●喜楽
住 兵庫県明石市本町1-3-18
電 078-911-2791
営 11:00~15:00、17:00~21:00(LO20:30)
休 火曜

●のりくら渡船
住 兵庫県たつの市御津町岩見600-2
電 079-322-2470
http://www.asahi-1.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」静岡県伊豆市修善寺の旅 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、静岡県伊豆市修善寺の釣りと旅をお届けします。山の上にある早霧湖でヘラブナ釣りを存分に楽しみ、その後、ワイナリーなどを訪れて旅も満喫します。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん、そして、釣りの達人、伊藤さとしさんです。
まずは、前回からの続き、ヘラブナ釣りから始めます。重塚さんと荒井さん、達人の伊藤さんの3人は、静岡県伊豆市にある早霧湖を訪れています。荒井さんが「そもそも、早霧湖ってどういう釣り場なのですか?」と伊藤さんに尋ねます。「ここは温暖で、1年中釣りを楽しめます。魚影が濃く、魚の数も多い。とにかくウキが動くので、初心者からベテランまで、さまざまなシチュエーションで楽しむことができます」と伊藤さん。 3人が釣りを始めると、重塚さんがアタリをとらえ、早速ヘラブナを釣り上げます。「アワセが決まった瞬間、何とも言えない満足感です」とうれしそう。伊藤さんによれば、重塚さんが使っている竿は比較的柔らかく細いので、アワセの瞬間をより体感しやすいそうです。伊藤さんが、エサを打ちかえながらヘラブナ釣りの基本を教えてくれます。「とにかく、ウキの動きをよく見ること。こうやってウキが立ち、エサが沈むにつれてウキもゆっくりと沈みます。魚がエサをつつくとウキも微妙に動き、魚がエサを吸い込んだ瞬間にアワセ…」。すると、言葉どおりのタイミングで伊藤さんがヘラブナを釣り上げます。続いても伊藤さん、重塚さんがダブルヒットし、なんと、伊藤さんは両団子、2匹同時に釣り上げます。「ヘラブナはもともと、琵琶湖由来のゲンゴロウブナで、フィッシング用に改良された魚なのです」と話をしながら、伊藤さんがまたもアタリをとらえると、今度は重塚さん、荒井さんも続き、トリプルヒット! ここで伊藤さんが提案をします。「湖面に魚が見えますから、思い切って水深45センチくらいの浅い棚を狙ってみましょう」。まずは荒井さんがヒットし、伊藤さん、重塚さんも続き、棚を変えても快調に釣り上げます。伊藤さんは「ヘラブナ釣りは、1年中楽しめますが、まずはウキが動きやすいこの時期に楽しんでもらうといいですね」と話し、釣りを終えました。
その後、重塚さんと荒井さんは、修善寺を散策します。2人が訪れたのは、北条政子が「修禅寺」に寄進したという伊豆半島最古の木造建築「指月殿」。ここには「お伺い石」という石があり、荒井さんは願い事をしながらその石を持ち上げてみます。次に訪れたのは、ブドウ畑が広がる「中伊豆ワイナリーヒルズ」。丘の上にある「中伊豆ワイナリーシャトーT.S」には2500本ものワインを収蔵するコレクションセラーがあり、フロントマネージャーの斎藤勝正さんに案内してもらいます。試飲コーナーでオリジナルワインをテイスティング。併設のレストラン「ナパ・バレー」で駿河湾産鮮魚のカルパッチョなどを味わいます。緑あふれる修善寺の旅と、魚との駆け引きを楽しむヘラブナ釣り。皆さんもいかがですか?

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

伊藤さんが使用したタックル
飛天弓 閃光P 16.5
特作 天道11

重塚さんが使用したタックル
朱紋峰 煉 11

荒井さんが使用したタックル
飛天弓 閃光XX 9

道糸:ナイロン1号
ハリス:0.5号
針:へら6号、7号
ウキ:へらウキ、パイプトップ

●中伊豆ワイナリーシャトーT.S
住 静岡県伊豆市下白岩1433-27
電 0558-83-5111
営 平日9:30~17:00、土休日9:00~17:00
休 無休
https://www.shidax.co.jp/winery/

●指月殿
住 静岡県伊豆市修善寺
問 0558-72-2501(伊豆市観光協会)
http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/form1.html?c1=5&pid=2299

●早霧湖
住 静岡県伊豆市日向
問 0558-72-0912(早霧荘)
料 舟釣り3,000円、桟橋2,600円

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」静岡県伊豆市修善寺の旅 前編


「おとな釣り倶楽部」は今回、静岡県伊豆市修善寺の旅と釣りをお届けします。修善寺温泉で足湯「独鈷の湯」を訪れて「竹林の小径」などを散策し、その後、山の上にある早霧湖でヘラブナ釣りに挑戦します。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん、そして、釣りの達人、伊藤さとしさんです。
静岡県北部にある伊豆市修善寺。重塚さんと荒井さんは、およそ1200年前に弘法大師、空海が開いたと伝わる修善寺温泉を訪れています。温泉街の中心を桂川が流れ、そこに足湯「独鈷の湯」があります。2人は足湯に浸かってのんびり。その後、修善寺という名の起こりとなった「修禅寺」へ。訪れた時は新緑のシーズンで、境内も爽やかな緑に包まれています。桂川の対岸にある「竹林の小径」と呼ばれる散歩道とともに「修禅寺」はミシュランガイドで2つ星に輝いた必見のスポットです。続いて、桂川沿いにある「竹の里 水ぐち」に立ち寄り、2人はお茶とお菓子で一服。伊豆の小京都と呼ばれる修善寺を満喫します。
そして、後半は釣りを楽しみます。重塚さんと荒井さんは、山の上にある早霧湖へ。ここで達人、伊藤さとしさんと合流し、ヘラブナ釣りを教えてもらいます。「ヘラブナ釣りのポイントは、寄せて釣る、ウキの動きを見る。この2つです」と伊藤さん。「竿は、水深や距離に合わせて選ぶ延べ竿です。これは9尺、つまり2メートル70センチで、3本継の竿」。竿を手にした荒井さんは「こんなに軽いんですね!」と驚きます。伊藤さんは「この竿は、軽くて操作性もいいので、魚がかかったらすぐにアワセることができる。そして、仕掛けは、道糸とウキをゴム管でセットし、重り、スイベル、針2本がついたもので、極めてシンプルです」と教えてくれます。続いてはウキの見かたについて。「ポイントは色。重りでウキが立つと、例えば、黄色の目盛りが出ていれば、2つの針にエサが付いている状態。エサが溶けると少しずつウキが上がってきます。エサに魚が寄ってくるとウキが動くので、そこでアワセる。針やエサを調整して、ウキの動きを見ながら釣っていきます」と伊藤さん。重塚さんは「実にアナログなんですね」と感心します。そして、水中で溶けるバラケ餌づくりも教えてもらいます。基本を教わったところで、3人は桟橋へ移動します。桟橋から岸に向かってうち、仕掛けは提灯両団子、棚はおよそ5メートル。深場をねらい、ウキの動きをじっと見つめる3人は、ヘラブナと虚々実々のかけひきです。重塚さんがアタリを感じますがアワセは難しい様子。すると、伊藤さんがアタリをとらえ、ヘラブナを釣り上げました。続いて荒井さんもアタリをとらえ、見事初ヒット。「アワセが決まると、こんなに気持ちいいなんて!」と大喜び。幸先のいいスタートです。次回もこの続きをお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

伊藤さんが使用したタックル
飛天弓 閃光P 16.5
特作 天道11

重塚さんが使用したタックル
朱紋峰 煉 11

荒井さんが使用したタックル
飛天弓 閃光XX 9

道糸:ナイロン1号
ハリス:0.5号
針:へら6号、7号
ウキ:へらウキ、パイプトップ

●独鈷の湯
住 静岡県伊豆市修善寺
電 0558-72-2501(伊豆市観光協会)

●福地山 修禅寺
住 静岡県伊豆市修善寺964
電 0558-72-0053
開 境内参拝自由(受付8:30~16:00)
http://shuzenji-temple.com/

●竹の里 水ぐち
住 静岡県伊豆市修善寺3463-17
電 0558-72-2029
営 9:00~日没
休 不定休

●早霧湖
住 静岡県伊豆市日向
問 0558-72-0912(早霧荘)
料 舟釣り3,000円、桟橋2,600円

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」春のダイジェスト編


今春から装い新たに始まった「おとな釣り倶楽部」。今回は春のダイジェスト編をお送りします。前半は神奈川県横浜市本牧、そして、後半は三重県鳥羽市周辺を訪れます。登場するのは、旅と釣りが大好きな旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん、そして、釣りの楽しさを教えてくれる達人の村田 基さん、佐々木洋三さんです。
まずは、神奈川県横浜市本牧の旅から。重塚さんと荒井さんが訪れるのは、東京湾と横浜港の境にある本牧ふ頭D突堤に立つ「横浜港シンボルタワー」です。高さ58.5メートルの展望室からその眺望を楽しみます。次に訪れたのは、1866年に日本初の本格的な競馬施設として完成した根岸競馬場跡地にある「馬の博物館」。そして、実業家の原 三渓が創園した「三渓園」を訪れ、食事処「待春軒」で伝統の汁なし麺「三渓そば」を味わいます。
翌日、2人は達人の村田さんとともに東京湾でメタルジグを使ってシーバスを狙います。新山下のマリーナを出船し、東京湾アクアライン「風の塔」の近くのポイントに到着。村田さんが1投目から可愛いシーバスを釣り上げます。村田さんによれば、「シーバスの95%くらいは、フォール中に魚が追っかけてくる。速く落とした方が食いつきはいい時もある」と教えてくれます。そして、夕まづめとなり、荒井さん、村田さん、重塚さんが次々といいサイズのシーバスを釣り上げます。村田さん、荒井さんが再びヒットし、村田さんのシーバスはなんと70センチもの大きさです。「シーバスはボートで釣るのが一番。何度もアタリがあるから何度も合わせ、何度も釣れるからファイティングが上手くなる。基本、釣りはやればやるほど上手くなるのです」と村田さん。3人は思う存分シーバスの豪快なヒキを楽しみました。
番組後半は、三重県鳥羽市周辺の旅と釣りです。旅の始まりは「伊勢神宮 内宮」から。重塚さんと荒井さんは天照大神をお祀りしている御正宮に参拝し、神聖なひと時を過ごします。続いて「海の駅 黒潮 パールロード店」を訪れ、隣接する「黒潮ダイニング」で2人は「伊勢海老姿造り 赤の究極の海鮮丼」を注文。豪華な丼を堪能します。
翌朝、2人は達人の佐々木さんと合流し、午前7:00に石鏡港を出船。30分でポイントに到着します。佐々木さんは「ジギングはジグが落ちる時にイワシのように動かして魚を誘い、食わせて釣ります。基本はワンピッチジャーク。リールを1回転巻く時にロッドを1回上下します」と教えてくれます。しばらくすると、重塚さんが小さなメバルを釣り上げ、「渋い時にはこういうのがうれしい」と微笑みます。続いて荒井さんが「来ました! 大きいかも…」と期待しますが、残念ながら痛恨の根がかり。そして、鳥羽の湾口付近で、ついに佐々木さんが「僕もメバル! 春を告げる魚ですね」と釣り上げます。その後、重塚さんはなんとヒラメを釣り上げ、この日の釣りを終了します。次回からも楽しい旅と釣りをお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【前半 神奈川県横浜市本牧の旅】
村田さんが使用したタックル
ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
リール:アンタレスDC MD

重塚さん・荒井さんが使用したタックル
ロッド:グラップラーB631
リール:グラップラーBB

ライン:PE1.5号
リーダー:16ポンド
メタルジグ:コルトスナイパー40g~80g

【後半 三重県鳥羽市周辺の旅】
佐々木さんが使用したタックル
ロッド:オシアジガー ∞ B651
リール:グラップラー300HG

重塚さん・荒井さんが使用したタックル
ロッド:グラップラーB631
リール:グラップラー300HG

ライン:1.5号(PE)
リーダー:8号(フロロ)
メタルジグ:120~160g

●横浜港シンボルタワー
住 横浜市中区本牧ふ頭1-16
問 045-212-1715(商船三井興産 横浜支店)
時 9:30~17:30(時期により閉館時間は異なる)
休 年末年始、点検日、6・11・2月の第2火曜
料 入場無料
http://www.y-stower.com/

●馬の博物館
住 神奈川県横浜市中区根岸台1-3
問 045-662-7581(馬事文化財団 総務課)
開 10:00~16:30(入館16:00まで)
休 月曜(祝日は開館)、年末年始、臨時休館あり
料 大人100円、小中高生30円
http://www.bajibunka.jrao.ne.jp/uma/

●三溪園
住 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
電 045-621-0634(三溪園保勝会)
時 9:00~17:00(入園16:30まで)
休 年末
料 高校生以上700円、小・中学生200円
http://www.sankeien.or.jp/

●東京湾シーバスガイド&チャーターボート
住 神奈川県横浜市中区新山下3-6-19 YCC(マリーナ)
問 090-1120-1100(エンドウ)
http://www.boatseabass.jp/

●伊勢神宮 内宮
住 三重県伊勢市宇治館町1
問 0596-24-1111(8:30~16:30)
http://www.isejingu.or.jp/

●海の駅黒潮 パールロード店
住 三重県鳥羽市浦村町7-1
電 0599-32-5352
営 8:00~17:00
休 無休
http://uminoeki-kuroshio.com/

●FIRE DOLPHIN(ファイヤー ドルフィン)
住 三重県鳥羽市石鏡町(石鏡港)
問 090-4116-5648
http://www.fire-dolphin.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」香川県高松市の旅 後編


前回に引き続き、「おとな釣り倶楽部」は香川県高松市の釣りと旅をご紹介します。前半は瀬戸大橋周辺のポイントで鯛ラバを使ってマダイ釣りに挑戦。後半は手打ちうどんの店や酒蔵を訪ねます。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん。そして、釣りの達人、佐々木洋三さんです。
重塚さんと荒井さん、そして、達人の佐々木さんは、前回に引き続き、鯛ラバでマダイを釣りますが、今回は前回を超えるサイズアップを目指します。「今日は瀬戸大橋の東側にある漁場で、水深60メートルから40メートルへ向かって駆け上がっているポイントです。ちょうど潮の周りが動きだすタイミングですが、水温が12度とまだ上がりきっていないので、マダイの活性は低いのですが、やってみましょう」と佐々木さん。そして、この時期のネクタイは、細身のカーリータイプが良いのだそうです。そして、針は1本のほうがネクタイの動きを阻害せず、活発に動くと教えてくれます。この日のタックルについて「リールは炎月プレミアム150PG。フォールレバー搭載で、フォールスピードを調節でき、巻スピードも表示されるので、その日のパターンを数字で把握し、情報を仲間と共有できるのがいいです。ロッドは、炎月リミテッド。エクストリームガングリップという、持ちやすく疲れにくい形状のグリップになっています。ラインはPE1号、リーダーはフロロカーボンの2.5号。リーダーを強くし過ぎると根がかりした時にPEの結束が飛ぶので、リーダーの強度を落として結び目が切れないようにします」と教えてくれます。鯛ラバ釣りは、着底後に一定のスピードで巻き上げ、その時、竿尻を脇に挟んで固定し、竿先を安定させるのがポイント。マダイが針を咥えて下に向かって走ると唇に針がかかるので、それまではアワセないようにとも。すると、一定のスピードを意識しながら巻き上げていた重塚さんが、タイ特有の手応えを感じます。佐々木さんもヒットし、2人揃って良型のマダイを釣り上げます。どうやら、この日のヒットカラーはオレンジのようです。続いて、重塚さんと荒井さんがダブルヒット。荒井さんはなかなか近づいてこない魚と格闘しながらも、2人ともロクマル(60センチ超)のマダイを釣り上げて大喜び。そして、3人は再びいいサイズのマダイをしとめ、この日は見事な釣果を得ることができました。
釣りを終えた重塚さんと荒井さんは、香川県高松市を散策します。まずは、本格さぬきうどんを味わえる「手打ちうどん 源内」へ。店主の藤田健作さんも釣りを愛する一人で、お客さんと釣り談義に花が咲くこともあるそうです。2人は、うどんのコシとのど越しを味わいます。続いて訪れたのは「綾菊酒造」。創業1790年の歴史ある酒蔵を杜氏の宮家秀一さんに案内してもらいました。そこで、2016年G7会合の乾杯酒に選ばれた「国重 大吟醸」などを試飲し、その華やかな味を堪能します。今回は思う存分マダイのヒキを楽しんだ釣りと旅となりました。皆さんも鯛ラバを使った釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

佐々木さんが使用したタックル
Rod:炎月リミテッドB610ML-S RIGHT
Reel:炎月プレミアム150PG

重塚さん・荒井さんが使用したタックル
Rod:炎月SS B610ML-S
Reel:炎月100PG

ライン:1号(PE)
リーダー:2.5号(フロロ)
鯛ラバ:炎月タイガーバクバク60g
炎月月華TG 60g,70g

●手打ちうどん 源内
住 香川県さぬき市志度1597-10
電 087-894-0180
時 10:00~20:00(LO19:30)
休 月曜(祝日の場合は火曜休)
http://www.gennai.co.jp/

●綾菊酒造
住 香川県綾歌郡綾川町山田下3393-1
電 087-878-2222
時 10:00~16:00
休 年末年始・お盆(土日祝は要確認)
※酒蔵見学は完全予約制、所要約60分、入場無料
http://ayakiku.com/

●遊漁船SevenGods(セブンゴッド)
住 香川県高松市庵治町王ノ下(庵治漁港内)
電 090-8972-5123
http://www.sevengods.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」香川県高松市の旅 前編


今回から2回にわたり、「おとな釣り倶楽部」は香川県高松市の旅をご紹介します。前編では、高松市にある屋島の展望台や「栗林公園」など見応えのあるスポットを訪れ、その後、瀬戸大橋周辺のポイントで鯛ラバによるマダイ釣りに挑戦します。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん。そして、釣りの達人、佐々木洋三さんです。
香川県高松市は四国の北東部にある瀬戸内海に面した港町。重塚さんと荒井さんは、源平合戦で知られる屋島の頂上にある「獅子の霊巌展望台」を訪れ、美しい瀬戸内海を眺めて旅を始めます。まずは「特別名勝 栗林公園」へ。江戸時代に高松藩主松平家の下屋敷として228年もの間使われてきた風雅な回遊式庭園です。園内には歴代藩主が好んだという純和風建築の「掬月亭」があり、2人はここで一服のお茶を楽しみます。次に訪れたのは、タコやヒラメなど魚がまるごと入った「おととせんべい」を販売する「象屋元蔵」。店主の玉置 正さんに煎餅の焼き方などについて話を聞き、2人はお土産を購入します。
翌日は、釣りを教えてくれる達人の佐々木さんと合流し、朝6:30に庵治漁港を出船。瀬戸大橋周辺のポイントに約20分で到着します。ここで、鯛ラバを使ってマダイを狙います。重塚さんと荒井さんは、それぞれ鯛ラバのカラーを選びます。「基本的に、潮が澄んでいればシルエットがはっきり見えればいいと言われています。とりあえず、アタリカラーを探してみましょう」と佐々木さん。釣り方については「鯛ラバを着底させたら、10~20メートルくらい巻き上げます。巻き上げるスピードは、潮がゆっくりの時は速め、潮が速い時はゆっくりと。竿はぶれないように固定します。そして、アタリがあってもすぐに合わせず、タイが底に向かってキューンと潜ったら合わせます」とアドバイス。波は穏やかですが、魚の反応はありません。ポイントを変えると、魚群探知機「探見丸」に魚の反応があります。重塚さんがアタリを感じて巻き上げますが、残念ながら途中でバラし。すると、この日のファーストヒットは荒井さん。タイならではのダイレクトなヒキを感じながら見事にマダイを釣り上げます。荒井さんは、ネクタイを赤からオレンジに変更したら、すぐにアタリが来たそうです。続いても荒井さんが「来ました!」とヒットし、いいサイズのマダイを連続で釣り上げます。佐々木さんは「タイの息づかいが分かるくらいですね。これが鯛ラバの魅力です。ただ落として巻くだけなのに、こういうマダイが釣れちゃうんです」と話します。その後、重塚さんがアタリをとらえ、マダイを釣り上げます。「ようやく釣れました。人生初の鯛ラバでのマダイ」と嬉しそう。マダイのヒキを味わった2人。次回はアタリカラーを見極めてロクマルのサクラダイが共演します。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

佐々木さんが使用したタックル
Rod:炎月リミテッドB610ML-S RIGHT
Reel:炎月プレミアム150PG

重塚さん・荒井さんが使用したタックル
Rod:炎月SS B610ML-S
Reel:炎月100PG
ライン:1号(PE)
リーダー:2.5号(フロロ)
鯛ラバ:炎月タイガーバクバク60g
炎月月華TG 60g,70g

●特別名勝 栗林公園
住 香川県高松市栗林町1-20-16
電 087-833-7411(栗林公園観光事務所)
時 日の出から日没まで(時季により異なる)
  掬月亭は9:00~16:30(受付16:00まで)
休 無休
料 大人410円、小人170円
https://www.my-kagawa.jp/ritsuringarden

●象屋元蔵
住 香川県高松市藤塚町1-9-7
電 087-861-2530
時 10:30~17:30
休 月曜
http://www.ototosenbei.com/

●遊漁船SevenGods(セブンゴッド)
住 香川県高松市庵治町王ノ下(庵治漁港内)
電 090-8972-5123
http://www.sevengods.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」長野県北安曇郡白馬村編 後編


「おとな釣り倶楽部」は今回、長野県北安曇郡白馬村の旅 後編をお送りします。前回に引き続き、トラウトフィッシングに挑戦し、その後、白馬村の温泉や宿の食事を楽しみます。旅を案内するのは、旅と釣りが大好きな旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん。そして、釣りの楽しさを教えてくれる達人の村田 基さんです。
重塚さんと荒井さん、達人の村田さんの3人は、管理釣り場「白馬八方 ニレ池フィッシングセンター」を訪れています。前回はあいにくの悪天候でしたが、今回はどんなトラウトフィッシングになるのでしょうか。村田さんは「水温が下がっていると思いますから、ルアーを一度下まで沈めてから始めてください」とアドバイス。今回はラインのたるみの変化を見極めることもポイントになりそうです。村田さんが早速ヒットし、小ぶりのニジマスを釣り上げます。「食い渋っていますから、ルアーを大きくしてみましょう」と村田さん。ここで、重塚さんがヒットし、元気いっぱいのニジマスを釣り上げます。村田さんは再びルアーを変更。大きさだけでなく色も変えてみると、すぐにヒットしました。そして、重塚さん、村田さんが続けてヒットし、いいペースで釣り上げていきます。「今日は山に残っている雪に雨が降って、溶けた水が流れ込んでいるので池の水温も低いのです」と話しながら、さりげなくニジマスを釣り上げる村田さん。一方、どうしたことか荒井さんには、まだヒットがありません。そこで3人は、対岸の桟橋へ移動します。すると、荒井さんに待望の初ヒット!「可愛い」とニジマスを眺めて喜びます。続いて、村田さんに、荒井さんもまたヒット。「水の流れをよむのも大切です。マスはかけ上がりとか、水の流れがあるところにいますから、そういうところを狙います」と村田さん。すると、荒井さんが再びヒットし「ふふふ、白がアタリですね」と釣り上げたニジマスをリリースするやいなや、すぐに次のヒット。荒井さんはもうアタリが止まりません。こうして、3人はトラウトフィッシングを十分楽しみました。
釣りの後は、白馬村を散策します。北アルプスの麓にある長野県北安曇郡白馬村は、温泉でも有名です。「白馬八方温泉 八方の湯」で、3人は足湯に浸かりながら「松田牛乳入りオリジナルソフトクリーム」を味わいます。その後、3人はこの日の宿「しろうま荘」へ。実はこちらの宿は「世界一の宿」として注目されています。近年、外国人旅行客から高く評価され、世界トップレベルの宿を選出する国際アワードなどで次々と最高賞を受賞。「世界一の宿」の称号が贈られたのです。総支配人の丸山俊郎さんは「私たちが当たり前にやってきた古きよきものを、外国からのお客様を通して再認識しました」と語ります。こちらで3人は「白馬無菌豚のしゃぶしゃぶ」や「信州サーモンの刺身」など、この地ならではの料理を堪能します。今回も釣りに食事に大満足の旅となりました。さて、次回はどんな旅となるのでしょうか?

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

村田さんが使用したタックル
Rod:CARDIFF エリアリミテッド S66SUL
Reel:ステラ C2000SHG
ライン:ナイロン 4ポンド
スプーン:3.5~5g

重塚さん・荒井さんが使用したタックル
Rod:CARDIFF エリアスペシャル S62SUL
Reel:ツインパワー C2000HGS
ライン:ナイロン 4ポンド
スプーン:3.5~5g

●白馬八方温泉 八方の湯
住 長野県北安曇郡白馬村北城大字5701-2
電 0261-72-5705(9:00~22:00)
営 9:00~22:00(受付終了21:30)
休 水曜の9:00~12:00(館内メンテナンスのため)
料 大人800円、小人400円
http://hakuba-happo-onsen.jp/happo/

●しろうま荘
住 長野県北安曇郡白馬村八方5004
電 0261-72-2121
料 1泊2食付1名11,880円~
  (1室1名利用、税・サ込、入湯税別途)
時 チェックイン15:00、チェックアウト10:00
http://www.shiroumaso.com/

●ニレ池フィッシングセンター
住 長野県北安曇郡白馬村北城9338-13
電 0261-72-3708
時 7:00~日没
料 ルアー・フライ エリア(4月~12月)
  一般:1日券3900円、女性・中学生以下:1日券3400円
http://www.nireike.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」長野県北安曇郡白馬村編 前編


「おとな釣り倶楽部」は今回、長野県北安曇郡白馬村の旅前編をお送りします。旅を案内するのは、旅と釣りが大好きな旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん。そして、釣りの楽しさを教えてくれる達人の村田 基さんです。
長野県北安曇郡白馬村は、雄大な北アルプスの山麓に位置する自然豊かな地域。重塚さんと荒井さん、村田さんの3人は、長野オリンピック会場にもなった「白馬ジャンプ競技場」を訪れます。140メートルもの高さがあるスタート地点までリフトでのぼると、ジャンプ選手たちと同じ景色を体感することができます。続いて3人は、村田さんおすすめの「クラフトショップ森の生活」へ。店内にはインディアンジュエリーのほか、翡翠を使ったジュエリーも。店主の大塚浩司さんによれば、日本人は5000年以上前の縄文時代から翡翠を守り石とし、その宝石を加工する文化は世界最古なのだとか。こちらのお店では、大塚さんが地元でとれる翡翠を研磨し、息子の岳さんが石の形に合わせてデザインしたオリジナルジュエリーも並んでいます。まさに「メイド イン 白馬」のハンドメイドジュエリーです。そして、信州といえば、蕎麦。3人は白馬産蕎麦粉を二八で手打ちする「蕎麦処りき」を訪れて、村田さんが「ざる蕎麦 八方」を、重塚さんと荒井さんは「つけ鴨 八方」を注文し、蕎麦の甘みと香りを堪能。蕎麦粉を使ったクレープ「ガレット」も味わいます。
その後、3人は管理釣り場の「白馬八方 ニレ池フィッシングセンター」を訪れ、レインボートラウトフィッシングに挑戦します。まずは村田さんからラインの結び方を教えてもらいます。「僕がいつもやっているのはダブルクリンチノット。リングに糸を2回通し、輪の上で糸を4回ねじってから、この輪に入れてひっぱる。ほら、できました!」と村田さん。続いてはルアー選びについて。「ルアーにはいろんな色や形があります。浅い棚を狙う時には、細身で流れるように動くウィローリーフタイプを。深い棚ならティアドロップタイプを選びます。まずは好きな色を付けてみましょう」。そして、3人は釣りを開始。「水温が低いので少し下に沈めて底から巻いてください。水面が反射するので竿でアタリをとって、竿は真っすぐに構えます」と村田さん。すると早速、村田さんにアタリがありますが、網にとらえる直前で逃してしまいます。「冷たい雪解け水が流れ込んでいるので、魚が食い渋っているんです」と話し、村田さんはルアーをチェンジ。すると、今度は重塚さんがヒット! 「竿は立てずに後ろに引くように…」と村田さんからアドバイスをもらい、重塚さんは見事ニジマスを釣り上げます。村田さんも再びヒットし、ニジマスを釣り上げます。すると、無常にも雨が…。果たして3人の釣果は? 次回もこの続きをお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

村田さんが使用したタックル
Rod:CARDIFF エリアリミテッド S66SUL
Reel:ステラ C2000SHG
ライン:ナイロン 4ポンド
スプーン:3.5~5g

重塚さん・荒井さんが使用したタックル
Rod:CARDIFF エリアスペシャル S62SUL
Reel:ツインパワー C2000HGS
ライン:ナイロン 4ポンド
スプーン:3.5~5g

●白馬ジャンプ競技場
住 長野県北安曇郡白馬村北城
問 0261-72-7611
営 4月15日~11月30日(8:30~16:30、上り最終16:10)
  12月下旬~3月31日(9:00~15:30)※変更の場合あり
料 (リフト料金往復)大人460円、小人280円

●クラフトショップ 森の生活
住 長野県北安曇郡白馬村北城9565
電 0261-72-7362
時 10:00~夕方
休 不定休
http://www.janis.or.jp/users/trout1/

●蕎麦処りき
住 長野県北安曇郡白馬村北城瑞穂3020-90
電 0261-85-4311
時 11:30~14:00、17:30~20:00
休 木曜

●ニレ池フィッシングセンター
住 長野県北安曇郡白馬村北城9338-13
電 0261-72-3708
時 7:00~日没
料 ルアー・フライ エリア(4月~12月)
  一般:1日券3900円、女性・中学生以下:1日券3400円
http://www.nireike.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」徳島県鳴門市の旅 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に続き、鳴門海峡のポイントでメバルを狙います。そして、鳴門市内を散策し、美術館や酒蔵を訪ねて旅を楽しみます。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん、そして、釣りの達人、今井浩次さんです。
前回は良型のメバルの好釣果となり、おおいに喜んだ重塚さんと荒井さん。今回も鳴門海峡のポイントを訪れます。達人の今井さんは「前回はサビキ仕掛けでやりましたけれど、今回はシラサエビを使ってメバルを狙います」と話します。その釣りについて「できるだけ小さいエビを選んで、ハサミで尾羽を切ります。針に刺すのはエビの関節の一節目まで。あまり深く入れるとエビの動きが悪くなります。エサを付け終わったら、海に入れて底をとり、決めた棚で待ちます。エビは水中で勝手に泳いでくれるので、誘ったりしないで魚が食うのをじっと待つ。追食いも狙います」と教えてくれます。早速、釣りを開始。重塚さんは「動かしたくなるけれど、じっと我慢…」と待ちます。最初にアタリをとらえたのは今井さんです。「いい型です!」と幸先よく良型のメバルを釣り上げます。続いて重塚さんも「当たった!」とこちらも良型のメバルを釣り上げると、荒井さんも「いいヒキです!」と続きます。荒井さんはなんと2匹。「ダブル! ヒキが強いわけですね」とうれしそう。またしても荒井さんがアタリをとらえますが、ダブルかと思いきや、釣り上げる直前で1匹逃してしまいます。続いて、重塚さんもダブルで釣り上げ、「来るときは一斉に釣れるんですね。これは面白い!」と楽しそう。残念ながら尺サイズには及びませんでしたが、メバルのヒキを存分に堪能しました。
後半は、重塚さんと荒井さんが鳴門市内を散策します。最初に訪れたのは「大塚国際美術館」。日本最大級の常設展示スペースを有する美術館で、学芸員の山側千紘さんが「当館は名画を陶板に再現し、約1000点を展示しています」と案内してくれます。なかでも、「システィーナ礼拝堂天井画および壁画」を原寸大で再現したホールは圧巻の空間。ほかにも「モナ・リザ」「最後の晩餐」「真珠の耳飾りの少女」などを間近に鑑賞することができます。続いて、創業200余年の「本家 松浦酒造場」へ。蔵人の若林文与さんが「ナルトタイ 純米 水ト米」や珍しい「鳴門鯛 純米大吟醸 生原酒 袋搾り」などを紹介してくれます。2人は試飲してほろ酔い気分に。そして、地元漁師たちも通うという「居酒屋てっぺん」へ。ご主人の井上雄二さんに今回釣ったメバルを調理してもらうと、「姿造り」「煮付け」「唐揚げ」となってテーブルに。それぞれの調理法の味を楽しみ、2人は頬を緩ませます。次回も楽しい旅と釣りをお届けします。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

今井さんが使用したタックル
Rod:リアランサー メバル M360
Reel:バルケッタ 300HGDH

重塚さん・荒井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X メバル S300
Reel:炎月CT 100PG

道糸:1号(PE) 幹糸:1.2号 ハリス:0.8号 針:5号 オモリ:30~35号

●大塚国際美術館
住 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
電 088-687-3737
開 9:30~17:00(入館16:00まで)
休 月曜(祝日の場合翌日休)
  ※1月連続休館あり、8月無休、その他特別休館あり
料 一般3240円、大学生2160円、小中高生540円
http://o-museum.or.jp/

●本家松浦酒造場
住 徳島県鳴門市大麻町池谷字柳の本19
電 088-689-4143
営 9:00~17:00 ※蔵見学は要予約
休 日曜、年末年始、お盆、GWなど
http://narutotai.jp/

●居酒屋てっぺん
住 徳島県鳴門市撫養町黒崎字松島6-15
電 088-686-5570
営 17:00~24:00(LO23:30)
休 水曜
http://tokushimateppen.web.fc2.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」徳島県鳴門市の旅 前編


「おとな釣り倶楽部」は今回、渦潮で知られる徳島県鳴門市を訪れます。旅を楽しみ、その後、サビキ仕掛けでメバル釣りを楽しみます。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん、そして、釣りの達人、今井浩次さんです。
徳島県の北東に位置する鳴門市を訪れた重塚さんと荒井さん。目の前にそびえるのは兵庫県南あわじ市と徳島県鳴門市を結ぶ大鳴門橋です。最初に、橋のすぐ側にある「徳島県立大鳴門橋架橋記念館エディ」へ。徳島県の文化や自然を紹介する「4K 360°シアターawa」や、音に反応する光の渦など最新の技術を使った体験型デジタルアトラクションを楽しみます。続いて、自家製の天日干し海産物などを販売する「豊田商店」へ。お店の豊田ハナ子さんから「ここでは、焼いて食べることもできますよ」と案内してもらい、2人は人気の「鯛飯」や干物を味わうことに。炊き立ての土鍋の蓋を開けると、中にはタイが丸ごと1匹入った潮の香りいっぱいのご飯が。2人は唸りながら味わい、鳴門市の旅を満喫します。
翌日、2人は鳴門市の亀浦漁港で、達人の今井さんと合流します。「春と言えば、この辺りはメバルなんですよ」と今井さん。3人は釣り船「つるぎ」に乗り込み、午前6時30分に出船。風もなく、波も穏やかな船釣り日和です。約10分で鳴門海峡周辺のポイントに到着しました。まずは、今井さんに釣り方を教えてもらいます。「底まで仕掛けを入れます。根掛かりしやすいので、底に着いたらすぐに巻き上げ、それから、ゆっくりとリールを巻いて魚を誘います。アタリがなければ再び落とします。アタリがあってもゆっくりと巻き上げて、追い食いも狙いましょう」。重塚さんと荒井さんも釣りを開始。すると、1投目で重塚さんがアタリをとらえます。「メバル1匹。いきなりのヒキでした」と驚く重塚さん。続いて、荒井さんが「来ました!」と釣り上げたのは27~28センチもあるメバルです。その後、達人の今井さんも良型のメバルを釣り上げます。そして、今井さん、重塚さんが同時にアタリをとらえると、そこに荒井さんも続きます。まずは今井さんが「1匹? まだ、ついているはず…」と良型のメバルをダブルで釣り上げると、重塚さんも「ほら、ダブルですよ!」と追い食いで2匹釣り上げて満足気。そして、荒井さんが「1匹だけど、いいサイズ!」と続きます。「魚が釣れると楽しくてテンションが上がりますね!」と、重塚さんと荒井さんに笑みがこぼれます。その後も快進撃は続き、重塚さんは1匹を釣り上げ、荒井さんも念願のダブルで釣り上げます。メバルの大爆釣で3人は心地よいヒキを堪能しました。次回も鳴門海峡周辺にて、シラサエビで尺メバルを狙います。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

今井さんが使用したタックル
Rod:リアランサー メバル M360
Reel:バルケッタ 300HGDH

重塚さん・荒井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X メバル S300
Reel:炎月CT 100PG

道糸:1号(PE) 幹糸:1.5号 ハリス:0.8号 針:5号 オモリ:30~35号

●徳島県立大鳴門橋架橋記念館エディ
住 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池65(鳴門公園内)
電 088-687-1330
営 9:00~17:00(入館16:30まで)
  ※GW・お盆8:00~18:00、
  夏休み9:00~18:00(入館17:30まで)
休 無休
料 大人610円、中高生410円、小学生250円
https://www.uzunomichi.jp/usage-guide-eddy/

●豊田商店
住 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦高砂203-2
電 088-687-0856
営 7:00~19:00
休 無休
http://www.toyota-web.com/

●鳴門海峡釣り船つるぎ
電 090-8971-1338
http://www.nmt.ne.jp/~turugi/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県三浦市三崎の旅 後編


「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、神奈川県三浦半島の剣崎沖でマダイ釣りに挑みます。その後、三崎のご当地ラーメンや珍しい野菜の収穫体験をして旅を楽しみます。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん、そして、釣りの達人、永井裕策さんです。
前回同様、3人は三浦半島の松輪港を出船し、剣崎沖のポイントから五目釣りでマダイを狙います。厳しい状況ですが、達人の永井さんは「嵐でも潮さえ合えば釣れます」と励ましてくれます。重塚さんは「見ての通りの強風、波、雨…」と苦戦している様子。永井さんは「マダイは上にあるエサを追っかけてくる習性があるので、エサ取りよりも上に針をもってくるように工夫するんです」とアドバイス。すると、永井さんがアタリをとらえ、食べごろのマダイを釣り上げます。一方、荒井さんは「このところアタリがまったくなくて…」と相談に来ます。「ちょっと小さいエサだったんでしょう。抱き合わせといって、1つの針に2尾のオキアミをさしてみましょう」と永井さんが見本を見せてくれます。荒井さんはこのさし方で魚にアピールしてみます。けれども、その後、3人にアタリはありません。ここで、ポイントを変えてアジを狙うことに。早速、荒井さんがアタリをとらえ「アジが釣れました!」と喜びます。永井さんも「おいしそうですね」と大きなアジを釣り上げます。さらに、重塚さんも「ようやく釣れました!」となかなかのサイズで続きます。どうやらアジの群れに入ったのか、3人は次々とヒットし、存分に五目釣りを楽しみました。
港に戻った重塚さんと荒井さんは、三崎の町を散策します。ここは、全国屈指のマグロの流通量を誇る港町。2人は「港楽亭」を訪れ、ご主人の長谷川雅徳さんから、まちおこしを目指して復刻したマグロメニューの話を聞きます。荒井さんは名物の「三崎まぐろラーメン」を、重塚さんは豪快な「まぐろテールステーキラーメン」を味わいます。続いて「青木農園」へ。こちらは、レストランシェフの依頼を受けて三浦の地場野菜や珍しい外国産野菜を栽培している農園です。同園の青木紀美江さんの案内で2人は「クリームにんじん」「ベーターリッチ」「紫人参」などの収穫を体験。その場で「赤軸ほうれん草」を食べてみます。収穫した野菜を携えて2人は、永井さんが営む居酒屋「だるまや」へ。ここで今回釣った魚を特別に調理してもらいます。「釣ってきた魚を魚屋でさばいてもらうのを見て、見様見真似で始めたのが最初ですなんですよ」と話す永井さん。でき上がったのは、「鯛の造り」「アジの刺身」「アジのたたき」「鯛のしゃぶしゃぶ」など鮮度抜群の料理の数々。「魚を知り尽くしているから、おいしく作れるのですね」と感心する荒井さん。次回の旅もお楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

永井さんが使用したタックル
ロッド:ミヨシ20-300
リール:フォースマスター800

重塚さんが使用したタックル
ロッド:ミヨシ40-300
リール:フォースマスター2000

荒井さんが使用したタックル
ロッド:海攻マダイリミテッドS270
リール:フォースマスター800

道糸:PE4号 ハリス:4号 針:マダイ9号 オモリ:80号

●港楽亭
住 神奈川県三浦市三崎5-1-10
電 046-881-6135
営 11:30~21:00(LO20:30)※月・火曜は昼営業のみ
休 水曜 ※出展などで臨時休業あり
https://kourakutei-5110.jimdo.com/

●青木農園
住 神奈川県三浦市三崎町諸磯249
電 070-5588-0789(月~金曜10:00~17:00)
http://aokinouen.com/

●だるまや
住 神奈川県鎌倉市大船1-23-19秀和第5ビル2-C
電 0467-47-1303
営 17:00~24:00
休 無休

番組動画を見る