kanri のすべての投稿

「おとな釣り倶楽部」長野県大町市・安曇野市 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、長野県大町市と安曇野市の旅と釣りをお届けします。大町市にある大型の管理釣り場「鹿島槍ガーデン」でトラウトフィッシングを楽しみ、その後、安曇野市の人気スポットを訪れます。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
村田さんと杉浦さんは、長野県大町市にある人気の管理釣り場「鹿島槍ガーデン」を訪れ、トラウトフィッシングを楽しみます。最初に、タックルについて前回のおさらいをします。「この真っ赤なロッドは、ワールドシャウラから誕生した、管理釣り場用のスペシャルなロッドです。カッコいいですね。このリールは4lbクラスのラインに適したC2000のハイギアで、管理釣り場で一般的に使われています」。釣り方について「ちょっと沈めて、ラインを見ながら一定のスピードで巻く。ラインに変化があったらアワセます」と教えてくれます。前回は60センチ級のブラウントラウトを釣り上げた村田さん、そして、苦戦しながらも大型トラウトのヒキを味わった杉浦さん。今回はどんな釣りになるのでしょうか。
かすかなラインの変化に注意しながら、ゆっくりと誘う村田さん。早速、レインボートラウトを釣り上げ、「魚をネットに入れたらすぐにリールのベールを返すこと」と教えてくれます。村田さんは、続いてきれいなブラントラウトを釣り上げます。一方、杉浦さんもレインボートラウトを釣り上げ、スプーンをピンク色に変えてアルビノを狙いますが、釣り上げたのはブラウントラウト。ここで、村田さんが70センチ超え、5キロを超える迫力あるブラウントラウトを釣り上げます。杉浦さんもブラウントラウト、続いて狙っていたアルビノを釣り上げ、最後に、村田さんが美しいブラウントラウトを釣り上げ、釣りを終了します。
釣りの後、2人は安曇野市を散策します。北アルプスのふもとにあり、4万5,000坪の面積を誇る「大王わさび農場」を訪れ、見学後、わさび入りのソフトクリームを食べます。続いて、地元で人気の「スープカレー ハンジロー」でスープカレーを味わいます。手軽に訪れることができて、大型のヒキを楽しめる管理釣り場。皆さんもぜひ体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 村田さん:ナイロン4lb
 杉浦さん:ナイロン3.5lb
<ルアー>
 カーディフ ロールスイマー5g
 カーディフ アルミロール
<ロッド>
 村田さん:
 ワールドシャウラ テクニカルエディション
 S62L-2(プロトタイプ)
 杉浦さん:カーディフAX S62SUL-F
<リール>
 村田さん:ステラC2000SHG
 杉浦さん:ツインパワーC2000S

●大王わさび農場
住 長野県安曇野市穂高3640
電 0263-82-2118
営 9:00~17:20 ※3~10月の場合。季節により異なる
休 無休
料 入場無料
https://www.daiowasabi.co.jp/

●スープカレーのハンジロー
住 長野県安曇野市穂高4857-1
電 0263-82-0688
営 11:00~LO14:30、17:30~LO20:30
※ディナーは金・土曜で要予約
休 日曜
http://hanjiro.jp/

●鹿島槍ガーデン
住 長野県大町市平鹿島8589
電 0261-22-8854
http://kashimayari-garden.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」長野県大町市・安曇野市 前編


「おとな釣り倶楽部」は今回、長野県大町市と安曇野市の旅と釣りをお届けします。「大町山岳博物館 付属園」「安曇野ワイナリー」を訪れ、その後、人気の管理釣り場「鹿島槍ガーデン」でトラウトフィッシングを楽しみます。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
長野県北西部に位置する大町市を訪れている村田さんと杉浦さん。2人は、北アルプスやその周辺でみられる動物や植物を飼育・展示している「大町山岳博物館 付属園」を訪ね、ライチョウやニホンカモシカなどを見学します。続いて、隣接する安曇野市にある「安曇野ワイナリー」へ。豊かなブドウ畑を見て、ワインショップでワインを試飲し、旅を楽しみます。
翌日、2人はトラウトフィッシングを楽しむため、人気の管理釣り場「鹿島槍ガーデン」にやってきます。釣りを始める前に、トラウトフィッシングのタックルについて、村田さんに教えてもらいます。「まずはロッドですが、この真っ赤なロッドを見てください。ワールドシャウラが管理釣り場用のスペシャルなロッドを作ったんです。カッコいいでしょう。そして、リールは4lbクラスのラインに適したC2000のハイギアが、管理釣り場では一般的です」。ルアーについては、「アルミニウム製はアピール力が高い」と村田さん。いよいよ、トラウトフィッシングを開始します。村田さんは、キャストしながら「ちょっと沈めて、ラインを見ながら一定のスピードで巻きます。ラインに変化があったらアワセます」と教えてくれます。開始早々に村田さんがヒットし、大きなレインポートラウトを釣り上げます。続いて、トラウトフィッシングが初めての杉浦さんも挑戦します。管理釣り場では、片手でキャストすることを教えてもらい、ラインの変化に集中します。ここで、村田さんが再びヒットし、今度は60センチもあるブラウントラウトを釣り上げます。そして、ようやく杉浦さんがヒットし、レインポートラウトを釣り上げます。次回はこの続きをお届けします。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 村田さん:ナイロン4lb
 杉浦さん:ナイロン3.5lb
<ルアー> 
 カーディフ ロールスイマー5g
 カーディフ アルミロール
<ロッド>
 村田さん:
 ワールドシャウラ テクニカルエディション S66SUL-2
 杉浦さん:カーディフAX S62SUL-F
<リール>
 村田さん:ステラC2000SHG
 杉浦さん:ツインパワーC2000S

●大町山岳博物館 付属園
住 長野県大町市大町8056-1
電 0261-22-0211(博物館)
開 9:00~17:00(入館は~16:30)
休 年末年始 ※天候等により休園あり
料 無料(博物館本館は大人400円)
https://www.omachi-sanpaku.com/facility/garden/

●安曇野ワイナリー
住 長野県安曇野市三郷小倉6687-5
電 0263-77-7700
営 9:00~17:00(3月1日~11月30日)
休 年末年始
http://www.ch-azumino.com/

●鹿島槍ガーデン
住 長野県大町市平鹿島8589
電 0261-22-8854
http://kashimayari-garden.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」ダイジェスト版


今回の「おとな釣り倶楽部」はダイジェスト版をお届けします。前半は東京都深川を訪ね、東京湾でキスとライトアジを狙います。後半は徳島県鳴門市で大鳴門橋の遊歩道を訪れ、鳴門沖で鯛ラバを楽しみます。前半に登場するのはシマノインストラクターの伊藤 智さん、ナビゲーターの杉浦里奈さん、後半に登場するのはアンバサダーの村田 基さん、シマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
伊藤さんと杉浦さんは東京都深川を訪れています。この町には、江戸最大の八幡宮として親しまれている「富岡八幡宮」があり、江戸三大祭でも有名なところです。
翌日、2人は東京湾でリレー船に乗り、まずは木更津沖でシロギスを狙います。実は伊藤さんも杉浦さんもこの釣りは初めて。「深川吉野屋」船長の高橋 郷さんに仕掛けについて教えてもらいます。「付けエサはアオイソメ。針先を出すようにして付けます」。水深約15メートルのポイントで真下に仕掛けを落とし、着底したら糸ふけを取って誘います。すると、まず伊藤さんがヒットし、15センチほどのシロギスを釣り上げます。一方、杉浦さんは軽くキャストして広範囲を探ってシロギスをヒット。その後も2人は連続でシロギスを釣り上げます。続いて、本牧沖でライトアジを狙います。「付けエサの赤タンは針先を少し出し、コマセはイワシミンチで7~8分目くらい入れます」と高橋船長。仕掛けを落とし、オモリが着底したら、1メートルほど巻き上げてコマセを撒き、コマセの煙幕に仕掛けを同調させます。すると伊藤さんがヒットしますが、残念ながらシロギス。今度は杉浦さんがヒットし、本命のマアジを釣り上げました。その後、伊藤さんも本命のマアジを釣り上げ、杉浦さんも続き、この日の釣りを終了しました。
番組後半は、徳島県鳴門市の旅。村田さんと弥園さんは、大鳴門橋の橋げたに造られた遊歩道「渦の道」を訪れ、海上45メートルの高さから渦潮を眺めます。
翌朝、2人は亀浦漁港で佐々木さんと合流し、鳴門沖で鯛ラバを楽しみます。「ここは海峡になっていて潮の流れが速く、タイの身が締まっておいしい」と佐々木さん。佐々木さんは70グラムの鯛ラバに赤のカーリーをセット。一方、村田さんは80グラムの鯛ラバを使います。まずは、佐々木さんが「よし、のった」とヒットし、マダイを釣り上げます。一方、村田さんと弥園さんは佐々木さんのアドバイスでトレーラーワームを付けてみることに。すると、弥園さんが奇麗なマダイを釣り上げます。その後、水深100メートルのかけ下がりのポイントで村田さんがヒットし、見事、良型のマダイを釣り上げます。
釣りの後、村田さんと弥園さんは「鯛丸 海月」を訪れ、鳴門鯛を存分に味わいました。
今回ご紹介したのは、初めてでも楽しめるキス釣り、ライトアジ釣り、鯛ラバ。皆さんもぜひ、体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル シロギス】
<ライン>
 PE1.0号
<仕掛け>
 ハリス0.8号
 幹糸0.8号
 流線金針7号
 全長90cm
<その他>
 オモリ15号
 片テンビン
<ロッド>
 伊藤さん・杉浦さん:ベイゲームX キス M180
<リール>
 伊藤さん・杉浦さん:ツインパワー C3000

【タックル LTアジ】
<ライン>
 PE1.0号
<仕掛け>
 ハリス1.5号
 幹糸1.5号
 ムツ金針10号
 全長2m
<その他>
 オモリ40号
 LTビシ
 片テンビン
<ロッド>
 伊藤さん・杉浦さん:シーマイティ R73 30-210
<リール>
 伊藤さん・杉浦さん:NEWバルケッタ BB 300HG

【タックル 鯛ラバ】
<ライン>
 PE0.8~1号
<リーダー>
 佐々木さん:フロロカーボン10lb
 村田さん・弥園さん:ナイロン16lb
<鯛ラバ>
 70~120g
<その他>
 炎月バクバクトレーラー
 マイクロコイカー
<ロッド>
 佐々木さん:エンゲツ エクスチューンB610ML-S
 村田さん:NEWワールドシャウラ 1651FF-3
 弥園さん:炎月SS B610MS
<リール>
 佐々木さん:炎月 プレミアム150PG
 村田さん:アンタレスDCMD
 弥園さん:炎月100PG

●富岡八幡宮
住 東京都江東区富岡1-20-3
電 03-3642-1315
http://www.tomiokahachimangu.or.jp/

●深川吉野屋
住 東京都江東区木場6-12-7
電 03-3644-3562
http://www.team-yoshinoya.com/diarypro/

●大鳴門橋遊歩道 渦の道
住 徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)
電 088-683-6262
営 9:00~18:00(時期により異なる)
休 3・6・9・12月第2月曜
料 大人510円、中高生410円、小学生250円
https://www.uzunomichi.jp/

●鯛丸 海月
住 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池15-33
電 050-3066-1001
https://taimaru-kaigetsu.com/

●釣り船 つるぎ
住 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛亀浦漁港
電 088-687-0598
http://www.nmt.ne.jp/~turugi/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県明石市 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、兵庫県明石市の旅と釣りをお届けします。明石海峡でタコエギを楽しみ、その後、「明石市立天文科学館」を見学し、タコ料理を味わいます。登場するのはアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
兵庫県南部に位置する明石市。近隣の海は複雑な地形と潮流によって、多くの魚がすむ漁場です。まずはタックルについておさらいします。「僕が使うのは、タコエギのBBで竿先は柔らかめ。リールはコンパクトですが、馬力はあるのでタコ釣りにいい」と今井さん。仕掛けのセッティングでは、一番上にオモリ、残り2つにエギを付けます。明石浦漁港を朝5:30に出船。前回は「鹿の瀬」ポイントで、今井さんも弥園さんもマダコに出合うことができました。釣り方について今井さんは「仕掛けを底につけた状態で小さく誘います」と教えてくれます。しばらくすると、弥園さんが「来ました。重たい…」と手応えを感じ、マダコを釣り上げます。続いて、今井さんも小ぶりのマダコを釣り上げます。潮の流れが速くなってきたこともあり、「江井ヶ島沖」へポイントを移動します。すると早速、今井さんにアタリがあり、マダコを釣り上げます。続いて、弥園さんも小さなマダコを釣り上げました。今井さんが再びマダコを釣り上げ、2人とも絶好調です。小さくても重量感が味わえるのもタコ釣りの魅力。最後に今井さんがマダコを釣り上げ、この日の釣りを終えました。
今井さんと弥園さんは明石市を散策します。訪れたのは「明石市天文科学館」。日本標準時子午線上にあることから、“時と宇宙”をテーマにした博物館です。こちらの西山愛子さんに案内してもらい、館内を見学します。続いて訪れたのは「明石みつぼし」。地元の食材にこだわった人気店で、2人は「たこづくし御膳」で天ぷら、酢の物、たこ飯などを味わいます。誰にでも簡単に始められるタコエギ。皆さんも体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン> 
 PE2号
<リーダー>
 フロロカーボン 30lb
<その他>
 オモリ50号
 タコエギ
<ロッド>
 今井さん:タコエギ BB S175
 弥園さん:ベイゲーム X タコエギ 175
<リール>
 今井さん:ゲンプウXT 200PG
 弥園さん:グラップラー 300HG

●明石市立天文科学館
住 兵庫県明石市人丸町2-6
電 078-919-5000
開 9:30~17:00(入館16:30まで)
休 月曜、第2火曜、年末年始
料 大人700円、高校生以下無料、65歳以上(明石市内在住)無料
http://www.am12.jp

●明石みつぼし
住 兵庫県明石市本町1-2-4
電 078-911-3381
営 11:30~15:00、17:00~21:00
休 日曜

●釣船 鍵庄
住 兵庫県明石市岬町5-5
電 078-913-9035
休 火曜
http://turibunekagisyou.verse.jp

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県明石市 前編


「おとな釣り倶楽部」は今回、兵庫県明石市の旅と釣りをお届けします。明石市の旅では、平清盛にゆかりのある史跡を訪ね、商店街に立ち寄って海の幸を味わいます。その後、明石海峡でタコエギを楽しみます。登場するのはアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
兵庫県の南部にある明石市。目の前には明石海峡が広がっています。明石城を中心に栄え、市内には歴史上の人物にゆかりのある史跡も数多くあります。今井さんと弥園さんが訪れたのは、「法寫山(ほうしゃざん)善楽寺 戒光院」。こちらは7世紀に創建され、明石で最も古い寺院と言われています。その後、火災で焼失するものの、平清盛によって再興されたと伝えられています。2人はここで、翌日の海上安全を祈願します。続いて、2人は「明石 魚の棚商店街」を歩き、「助六御膳」に立ち寄ります。海鮮「上ちらしずし」や「穴子丼」を注文し、明石でとれた海の幸を味わいます。
翌朝、2人は「明石浦漁港」にやってきます。明石海峡は、海底の変化に富み、潮流が速いことから、魚種も豊富で魚の身が引き締まっていることで知られています。そして、明石と言えばタコ。今回は、タコエギでマダコをねらいます。「タコエギは、手軽で初心者でも釣りやすいと人気が出ています」と今井さん。まずは、タックルについて教えてもらいます。「僕が使うのは、タコエギのBBで、竿先は柔らかめ。それに合わせてリールはゲンプウ。コンパクトですが、馬力はあるのでタコ釣りに向いています」。続いては、仕掛けのセッティングについて。「ラインの先にリーダーを付け、その先にスナップを付けます。タコエギの接続には、スイベルが3つ付いた仕掛けを使います。オモリ50号を一番上に付け、残り2つのスナップにエギを付けます」。今年のエギの色は、黄色と緑色。2つの色を付けてタコにアピールします。「釣船 鍵庄」の船長・鍵本翔太さんとともに、明石浦漁港を朝5:30に出船。「鹿の瀬」というポイントに到着し、今井さんはグリーンとピンクのエギをセットします。「仕掛けを投入したら、底をとってエギを揺らし、仕掛けを底に付けた状態で誘います。タコがのったら、引っ張られる感覚があります」と説明をしていると、「のりました!」と今井さんがヒット。マダコを釣り上げますが、可愛いサイズなのでリリース。ここで、釣り方を教わった弥園さんもタコエギに挑戦します。しばらくすると、弥園さんが「ん?何か重たい…」と言いながら巻き上げ、初のマダコを釣り上げます。海底付近に潜むタコ。タコを誘ってエギにのせるのがこの釣りの醍醐味。再び、弥園さんがヒットし、「サイズアップしたら重くなりました」とマダコを釣り上げます。ここで、今井さんが、赤色系から黄色系へエギを変更すると、今井さんがヒットし、見事なマダコを釣り上げます。次回もこの続きをお届けします。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン> 
 PE2号
<リーダー>
 フロロカーボン 30lb
<その他>
 オモリ50号
 タコエギ
<ロッド>
 今井さん:タコエギ BB S175
 弥園さん:ベイゲーム X タコエギ 175
<リール>
 今井さん:ゲンプウXT 200PG
 弥園さん:グラップラー 300HG
●法寫山 善楽寺戒光院
住 兵庫県明石市大観町11-8
電 0078-913-1943

●助六御膳
住 兵庫県明石市本町1-1-17 魚の棚中央
電 078-918-7667
営 11:00~20:00
休 木曜
http://sukerokugozen.com

●釣船 鍵庄
住 兵庫県明石市岬町5-5
電 078-913-9035
休 火曜
http://turibunekagisyou.verse.jp

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」千葉県勝浦市 後編


今回の「おとな釣り倶楽部」は千葉県勝浦市の旅と釣りをお届けします。前回に引き続き、外房の海でキャスティングゲームを楽しみ、その後、勝浦市のご当地グルメを味わい、人気のお土産店に立ち寄ります。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
千葉県勝浦市は古くから漁師町として栄え、さまざまな魚介類が水揚げされています。村田さんと杉浦さんは、勝浦川津港から出船し、キャスティングゲームに挑戦します。最初に、タックルのおさらいをします。「キャスティングで使うルアーはシンキングペンシル、フローティングペンシル、ミノーの3種類。ロッドは7~8フィートのもので、パックロッドというコンパクトになるタイプもあります。リールはスピニングを使います」と村田さん。出船しておよそ40分、大原沖に到着。ここで村田さんから基本的な釣り方として、「ルアーを引っ張るイメージで魚を誘います」と教えてもらいます。前回は、途中でナブラを発見し、そこをめがけて何度か試みましたが、ヒットしませんでした。今回、青物との出合いはあるのでしょうか。先ほどの大原沖から30分移動し、真潮根に到着。村田さんはフローティングペンシルからシンキングペンシルに変えます。実はこの日、前日から水温が5度も下がっていたのです。「新勝丸」の船長・田村将志さんも細かくポイントを変えてくれます。村田さんは再びフローティングペンシルに変えて挑戦しますが、魚の活性は上がりません。そこで村田さんにキャスティングのコツを教えてもらうことに。まずはアンダーハンド編から。「基本的に、周囲に人が多い時はアンダーハンドで。たらしが短い時はロッドの反発を使ってキャストし、たらしを長めにとれる時は1回転してキャスト。この時、脇にロッドを挟んでキャストすると片手でも飛距離が出せます」。続いてはオーバーヘッド編。「肩に力が入らないように。右手を使わず、左手の力でキャストするのがポイント」。たらしが長くても遠心力を使ってキャストすると飛距離が出るのだそう。「大きく回せば、さらに10~20メートルは飛びます」とも。さて、青物を求めてラストスパートをかける村田さんと杉浦さん。魚探「探見丸」には、終了間際にこの日一番の魚の反応が出ていますが、あいにくの雨。村田さんは魚の姿を発見しますが、魚を釣り上げることはできませんでした。
釣りを終えた2人は、勝浦市を散策します。まずは、海辺にある「Dining Bar RAGTIME」へ。こちらで杉浦さんはご当地グルメの「勝浦タンタンメン」を、村田さんは郷土料理をアレンジした「和風ねぎ焼きピッツア」を注文し、絶妙な味を堪能します。続いて「南房総勝浦 おさかな村」へ。地元でとれた海産物などが並ぶなか、冷凍されていない「できたてひもの」を試食し、2人はそのおいしさに感動します。思いのほか手軽にできるキャスティングゲーム、皆さんもぜひ体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン> 
 PE3.0~4.0号
<リーダー>
 ナイロン60~80lb
<ルアー>
 オシアペンシル160F AR-C
 オシアペンシル115HS/42g
<ロッド>
 村田さん:ワールドシャウラ ツアーエディション 2754R-5
 杉浦さん:グラップラー タイプC S77M
<リール>
 村田さん:ステラSW 6000XG
 杉浦さん:バイオマスターSW 8000HG

●南房総勝浦 おさかな村
住 千葉県勝浦市浜行川134-1 勝浦バイパス沿い
電 0120-037-615
営 8:00~17:00
http://www.osakanamura.com/

●Dining Bar RAGTIME
住 千葉県勝浦市部原1928-32
電 0470-73-8666
営 11:00〜15:00、17:00〜23:00

●新勝丸
住 千葉県勝浦市新官966-133
電 0470-73-9454
http://www.shinsyomaru.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」千葉県勝浦市 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は千葉県勝浦市の旅と釣りをお届けします。勝浦市では沖合にある海中展望塔、そして、由緒ある「遠見岬神社」を訪ねます。その後、外房の海でキャスティングゲームを楽しみます。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
村田さんと杉浦さんは、千葉県南東部に位置する勝浦市を訪れています。はじめに訪れたのは「かつうら海中公園」。ここには、沖合60メートルのところに海中展望塔があり、水深8メートルから海の様子を見ることができます。メジナやスズメダイ、タカノハダイなどを、まるでダイバーのような目線で眺めることができるのです。続いて訪れたのは「遠見岬神社」。神主の小林悠紀さんによれば、平安時代より以前からある神社とのこと。「この『富咲石段』は60段あり、ここに約1,800体のひな人形が飾られ、巨大なひな段が登場します」と小林さん。その後、村田さんと杉浦さんは明日の釣果を願い、本殿に参拝します。
翌朝、2人は勝浦川津港を訪れ、外房の海でキャスティングに挑戦します。まずはタックルについて村田さんに教えてもらいます。「キャスティングで使うルアーには、シンキングペンシル、フローティングペンシル、ミノーの3種類があります。ロッドは7~8フィートのもの。一方、コンパクトになり、持ち運び便利なパックロッドもあります。リールはスピニングが使いやすいでしょう」と教えてくれます。続いて、ルアーとリーダーの結び方について。「リーダーを軽く結んで輪を作ります。リーダーの先をルアーに通し、作った輪に通してリーダーの端線を本線に4回ほど巻き付け、先を締めれば出来上がり。これをループノットと言います」。準備が整ったところで、「新勝丸」の船長・田村将志さんに最近の状況を聞き、朝5:00に出船。大原沖に到着します。釣りを始める前に、村田さんは杉浦さんの腕前をチェックします。「そうですね。キャストした時に、指を出してラインを止めましょう。このタイミングです」と教えてくれます。さらに、ルアーをひっぱるようなイメージで誘います。杉浦さんもキャストしますが、「あっ、またやっちゃった…」とベールが倒れてしまいます。そこで、村田さんがスピニングリールの基本的な使い方をアドバイス。ポイントは、ラインローラーが上にくるように左手でリールを回して、指でラインを拾うこと。「キャストと同時に指を出すとベールは返りませんよ」と村田さん。2人がキャストを続けていると、海面にナブラが。ナブラ近くまで船で進み、その後も細かくポイントを変えますが、この日はアタリがありませんでした。次回もキャスティングゲームに挑みます。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン> 
 PE3.0~4.0号
<リーダー>
 ナイロン60~80lb
<ルアー>
 オシアペンシル160F AR-C
<ロッド>
 村田さん:ワールドシャウラ ツアーエディション 2754R-5
 杉浦さん:グラップラー タイプC S77M
<リール>
 村田さん:ステラSW 6000XG
 杉浦さん:バイオマスターSW 8000HG

●遠見岬神社
住 千葉県勝浦市浜勝浦1
電 0470-73-0034
http://www.tomisaki.or.jp/

●かつうら海中公園
住 千葉県勝浦市吉尾174
電 0470-76-2955
開 9:00~17:00(受付16:30まで)
休 年中無休(荒天の場合、閉館あり)
料 大人(高校生以上)960円、中人(小・中学生) 470円、小人(4歳以上の幼児)210円
http://www.katsuura.org/

●新勝丸
住 千葉県勝浦市新官966-133
電 0470-73-9454
http://www.shinsyomaru.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」和歌山県和歌山市 後編


前回に引き続き、「おとな釣り倶楽部」は和歌山県和歌山市を訪れ、加太の豊かな海、友ヶ島周辺でオニアジを狙います。その後、和歌山市の名所「和歌山城天守閣」で歴史にふれるひと時を過ごし、地元で愛される洋食店で人気メニューを味わいます。登場するのは、シマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
江戸時代、徳川御三家の一つ紀州藩の城下町として栄えた和歌山県和歌山市。佐々木さんと弥園さんは、加太の海で大型のマアジ、オニアジを狙います。まずは、タックルについておさらいします。「このシーマイティR73は、オールマイティに使えるロッドです。竿先のクッションがあり、しなやかに曲がります。リールは女性でも使いやすいものです」と佐々木さん。今回、仕掛けは胴付き3本針、オモリは30号を使い、一番下の針にアオイソメ、上2つの針にオキアミを付けます。エサを付けたら仕掛けを投入し、海底まで落として、時々、ゆっくりと誘い上げて下ろします。さて、友ヶ島周辺にやってきた2人、今回はどんな出合いが待っているのでしょう。先に、佐々木さんがヒットし、弥園さんもヒットします。ゆっくりと巻き上げてみると、佐々木さんの仕掛けには、なんと2匹のマアジが! ダブルヒットです。続いて、弥園さんもマアジを釣り上げ、2人で一度に3匹を釣り上げ、幸先のいいスタートです。この後は、友ヶ島周辺の海にいるほかの魚を求めてポイントを移動し、仕掛けを落とします。水深およそ40メートルの岩礁帯では、どんな魚が潜んでいるのでしょう。佐々木さんが「これはアジとは違うヒキ…」と言いながら巻き上げてみると、イソベラです。続いて弥園さんがヒットし、こちらはガシラ(カサゴ)です。根魚を釣り上げて喜ぶ弥園さん。「上あごのいいところにかかっているね」と佐々木さん。ここで、弥園さんは船長からアドバイスをもらい、下の針にアオイソメを3匹付けて、ベラが釣れにくくなる対策をします。すると、佐々木さんが「のりました。今度は重量感があります」と言いながら見事なガシラを釣り上げます。弥園さんもヒットしますが、残念ながらこちらはイソベラです。終了時間が迫るなか、再び弥園さんはアオイソメを3匹付けて挑戦します。すると、今度は小さなガシラを釣り上げます。加太の豊かな海で、2人は存分に釣りを楽しみました。
釣りの後、2人は和歌山市を散策します。まずは、和歌山市のシンボル「和歌山城」へ。天守閣には徳川家ゆかりの品が展示され、鎧や槍などを間近で見ることができ、そして、天守閣からは、紀の川が流れる和歌山市内をぐるりと見渡せる展望です。また、「和歌山城公園」には小さな動物園もあります。続いて、昭和8年創業の本格派洋食店「レストラン フライヤ」へ。3代目オーナーシェフの山井忠治さんが料理の説明をしてくれます。弥園さんは「タンシチュー」を、佐々木さんは「ヘレカツ」を注文し、特製ソースとともに味わいます。今回は、手軽ながらも抜群のヒキを楽しめるアジ釣り。皆さんもぜひ、体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE1.0号
<仕掛け> 
 ハリス3.0号
 幹糸3.0号
 針10号
<その他>
 オモリ30号
<ロッド>
 佐々木さん・弥園さん:シーマイティ R73 30-210
<リール>
 佐々木さん・弥園さん:バルケッタ BB 300HG

●和歌山城天守閣
住 和歌山県和歌山市一番丁3
電 073-422-8979
時 9:00~17:30(入場17:00まで)
料 大人410円、小・中学生200円
休 12月29日~12月31日
http://wakayamajo.jp/

●和歌城公園動物園
電 073-424-8635
営 9:00~17:00
料 無料
休 火曜(祝日の場合直後の平日)

●レストラン フライヤ
住 和歌山県和歌山市広瀬中ノ丁1-13
電 073-422-0115
営 11:00~21:00
休 年中無休
http://friya.co.jp/

●三邦丸
住 和歌山県和歌山市加太1268
電 050-3532-9619
http://www.sanpomaru.com

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」和歌山県和歌山市 前編


「おとな釣り倶楽部」は、和歌山県和歌山市を訪れます。加太の豊かな海で、大型のマアジ、オニアジを狙います。さらに、和歌山市の見どころの一つ「深山砲台跡」や、紀淡海峡を見渡せる展望台を訪れ、タイを使った名物料理も味わいます。登場するのは、シマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
和歌山県和歌山市は、江戸時代に徳川御三家の一つ、紀州藩の城下町として栄えました。佐々木さんは「この辺りは加太という一級の漁場なんですよ」と話します。佐々木さんと弥園さんは、和歌山市語り部、杉本早苗さんの案内で「深山砲台跡」を見学します。「こちらは、明治中頃、淡路島の由良地区、友ヶ島地区とともに築かれた由良要塞の一部です。外国の戦艦が大阪湾に入るのを食い止めようと、ここに砲台が作られたのです」。近くにある展望台からは、紀淡海峡が一望できます。続いて2人が訪れたのは「満幸商店Ⅱ」。名物料理のタイを使った濃厚なスープ、「鯛の薄造り」「しらす丼」と鮮度抜群の味を楽しみます。
翌朝、2人は、和歌山市加太の海にやってきます。まずは、佐々木さんにタックルについて教えてもらいます。「これはオールマイティに使えるロッドで、竿先からのクッションがちょうどいい曲がり具合です。オモリは30号。仕掛けをセットするために、まずはPEラインの先端に輪を作ります。作り方は簡単で、PEラインを2つ折りにして輪を作り、輪の中に指を入れて2回ねじって2つ折りの先端を輪に通し、強く締めます。編み込む時は上下交互に結ぶこと。最後は2回、輪を通して完成です」。タックルを教わったところで、「三邦丸」に乗り込みます。およそ20分で友ヶ島周辺のポイントに到着。サビキ仕掛けよりもエサ釣りのほうがよく釣れるという船長の曽我部 基さんのアドバイスのもと、2人は胴付き3本針の仕掛けを使うことに。「一番下の針にアオイソメ、上2つの針にオキアミを付けます」と佐々木さん。エサを付けたら仕掛けを投入し、海底まで落としてじっと待ち、時々、ゆっくりと誘い上げます。オニアジは沖合の回遊型のマアジのことで、50センチ近いものもあり、抜群のヒキを楽しめる人気のターゲットです。「アジは口が柔らかいので、アタリがあってもアワセず、一定のスピードで巻き上げること」と佐々木さん。魚探の探見丸には魚影が出ています。「来ました!」と佐々木さん。ところがあと15メートルのところでバラシてしまいます。佐々木さんはエサを付け直して、仕掛けを再度投入。船長によれば、海底付近に魚の反応があるようです。すると、佐々木さんが再びヒットし「今度もすごいファイト!」と、慎重に釣り上げると、大きなマアジです。「上から2番目の針のオキアミを食いました」と佐々木さん。さあ、弥園さんも続くことはできるでしょうか? しばらくすると、弥園さんもようやくヒット。「けっこうヒキますね。これは楽しい!」と言いながら、「ゆっくり巻くこと」と佐々木さんのアドバイスのもと、釣り上げたのは、いいサイズのマアジです。次回もここ和歌山市加太の海から、オニアジ釣りをお届けします。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE1.0号
<仕掛け> 
 ハリス3.0号
 幹糸3.0号
 針10号
<その他>
 オモリ30号
<ロッド>
 佐々木さん・弥園さん:シーマイティ R73 30-210
<リール>
 佐々木さん・弥園さん:バルケッタ BB 300HG

●深山砲台跡
住 和歌山県和歌山市深山

●満幸商店Ⅱ(2号店)
住 和歌山県和歌山市加太1323
電 073-459-0328
営 9:00~17:00
休 火曜(祝日の場合直後の平日)

●三邦丸
住 和歌山市加太1268
電 050-3532-9619
http://www.sanpomaru.com

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」東京都深川 後編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、東京都深川の旅をお届けします。まずは、東京湾でライトアジの釣りを楽しみ、その後、「江東区深川江戸資料館」で江戸時代末期の深川の町並みに触れ、新感覚のスイーツも味わいます。登場するのは、シマノインストラクターの伊藤 智さんとナビゲーターの杉浦里奈さんです。
伊藤さんと杉浦さんは前回、東京湾のリレー船で江戸前のキス釣りを楽しみ、たくさんのシロギスと出合うことができました。今回狙うのはライトアジです。まずはタックルについて、シマノモニターの椙尾和義さんに教えてもらいます。「ロッドはシーマイティ30-210。リールはバルケッタBB 300HGで、カウンターが付いています。そして、仕掛けは2メートルと長くて絡まりやすいので、テンビンに付けてから引き出します」と椙尾さん。木更津沖から船で約40分、本牧沖に到着しました。そこで、「深川 吉野屋」の船長の高橋 郷さんにアジの釣り方を教えてもらいます。「付けエサは赤タンで、針先を出します。コマセはイワシミンチで、7~8分目くらいを入れておきます。水深約20メートルまで、まずは仕掛けを落とします」。着底したら糸ふけを取って、糸をピンと張ります。「海底から1メートルほど巻き上げてコマセを撒き、一呼吸置いてから、さらに1メートル巻き上げます。コマセの煙幕の中に仕掛けを同調させるイメージです」と高橋さん。釣り方を教わったところで、いよいよ、2人もアジ釣りに挑戦します。まずは、杉浦さんがヒットしますが、釣り上げたのはイシモチ。「うれしいけれど、アジを釣りたい」と杉浦さん。今度は伊藤さんが「おっアタリ!」と釣り上げますが、こちらはシロギスです。再び杉浦さんがヒットし、ようやく本命のマアジを釣り上げます。「このサイズなのに、いいヒキです」とうれしそう。ところが、その後はアタリがなく、船長の判断でポイントを移動します。そして、船長の指示で、先ほどよりも少し上の層を狙ってみると、伊藤さんが本命のマアジを釣り上げます。続いて杉浦さんが2匹のマアジで、見事ダブルヒット! けれども、再びアタリがなくなり、船長に細かくポイントを変えてもらいます。すると、伊藤さんが久々にヒットし、マアジを釣り上げると、杉浦さんも「アタリが繊細!」とマアジを釣り上げ、伊藤さんも「なんだデカイぞ…」と25センチはある大きなマアジを釣り上げます。そろそろ終了という時、杉浦さん、そして、伊藤さんが揃ってマアジを釣り上げ、この日の釣りを終了しました。
釣りを楽しんだ後、伊藤さんと杉浦さんは、深川の町を散策します。「江東区深川江戸資料館」を訪れると、館内は江戸時代末期の深川の町並みを実物大で復元しています。米屋、船宿、水茶屋、そして、往時の生活道具などがあり、まるでタイムスリップしたような雰囲気です。続いて2人は「ブリジェラ 清澄白河店」を訪れ、温かいブリオッシュに冷たいジェラートを挟んだ新感覚のスイーツを味わいます。初めてでも手軽にそのヒキ味を楽しめるライトアジの釣り。みなさんも体験してみてはいかがでしょう。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 1.0号
<仕掛け> 
 ハリス1.5号
 幹糸1.5号
 ムツ金針10号
 全長2m
<その他>
 オモリ40号
 LTビシ
 片テンビン
<ロッド>
 伊藤さん・杉浦さん:シーマイティ30-210
<リール>
 伊藤さん・杉浦さん:バルケッタ BB 300HG

●江東区深川江戸資料館
住 東京都江東区白河1-3-28
電 03-3642-1315
開 展示室9:30~17:00(入館16:30まで)
休 第2・4月曜(祝日の場合開館)、年末年始
料 大人(高校生含)400円、小・中学生 50円
https://www.kcf.or.jp/fukagawa/

●ブリジェラ 清澄白河店
住 東京都江東区三好2-1-6 ゴッドヴィレ1階
電 03-5809-8436
営 10:30~19:30
休 不定休
http://brigela.com/

●深川吉野屋
住 東京都江東区木場6-12-7
電 03-3644-3562
http://www.team-yoshinoya.com/diarypro/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」東京都深川 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、東京都深川の旅。東京湾でキスとライトアジの釣りをリレー船で楽しみます。さらに、深川周辺では「富岡八幡宮」に参拝し、名物ご飯を味わうなどおすすめスポットも訪れます。登場するのは、シマノインストラクターの伊藤智さん、新ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
江戸初期には、漁師町だった東京都江東区深川。伊藤さんと杉浦さんが訪れたのは、江戸最大の八幡宮として親しまれている「富岡八幡宮」です。都会にありながら、荘厳な大鳥居に2人は感心し、境内にあるきらびやかな「一の宮神輿」を見て、お参りします。続いて、「深川宿 富岡八幡店」へ。お店の赤川 哲さんの案内のもと、2人はアサリたっぷりの名物ご飯を味わいます。伊藤さんはアツアツの漁師めし「深川めし」、杉浦さんはアサリの炊き込みご飯「浜松風」で、深川の味を満喫します。
翌日は東京湾でキスとライトアジを狙います。実は、伊藤さんも杉浦さんもこの釣りは初めて。まずは、シマノモニターの椙尾和義さんからシロギス釣りの基本タックルについて教えてもらいます。ラインの先にスナップを結び、テンビンを付けます。長い仕掛けが絡まりやすいので、仕掛けの先にテンビンを付けてから引き出します。この時、仕掛けにクセがついているので、それを伸ばしてから使います。朝7:00に出船し、約1時間半で東京湾の木更津沖に到着。まずはシロギスを狙い、付けエサのアオイソメを準備します。「針先を出すようにしてエサを付けます」と「深川吉野屋」船長の高橋 郷さん。水深約15メートルのポイントで真下に仕掛けを落とし、着底したら糸ふけを取って、オモリで海底を叩くようなイメージで誘います。「仕掛けにクラゲが付いたら、きれいに取って、仕掛けも代えましょう。クラゲに触れたら必ず手を洗ってください」と高橋さんがアドバイス。いよいよキス釣りのスタートです。開始早々、クラゲに苦戦しながらも2人が釣りを続けていると「あっ来た!」と伊藤さんがヒットし、15センチほどのシロギスを釣り上げます。杉浦さんも「来ました!」と続いてシロギスを釣り上げます。伊藤さんが「普段はウキの動きを見ながら釣っているので、釣り方の違いで新しい発見があるといいけれど…」と話していると、「何かでかいぞ…」とヒットし、釣り上げてみるとイシモチです。一方、アタリが少ない杉浦さんが軽くキャストして広範囲を探っていると、「さっきのより重たい…」と釣り上げたのは大きなシロギスです。その後、潮が動いていないため、船長さんに教わり、2人は細かい動きを加えて誘います。すると、伊藤さんがヒットし、「何かつかめてきました」とシロギスを釣り上げ、杉浦さんも「大きいのが釣れました!」と続きます。そして、潮が動き始めてチャンスタイム到来。今度は杉浦さんが早速ヒットしてシロギスを釣り上げ、もう一度シロギスを釣り上げます。初挑戦ながら2人とも絶好調です。次回はアジを狙います。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 1.0号
<仕掛け> 
 ハリス0.8号
 幹糸0.8号
 流線金針7号
 全長90cm
<その他>
 オモリ15号
 片テンビン
<ロッド>
 伊藤さん・杉浦さん:ベイゲームX キス M180
<リール>
 伊藤さん・杉浦さん:ツインパワー C3000

●富岡八幡宮
住 東京都江東区富岡1-20-3
電 03-3642-1315
http://www.tomiokahachimangu.or.jp/

●深川宿 富岡八幡店
住 東京都江東区富岡1-23-11 富岡八幡宮境内
電 03-5646-8678
営 平日11:00~15:00(LO14:30)、
  17:00~21:00(LO20:30)
  土日祝11:00~17:00(16:30LO)
休 月曜(祝日及び15・28日は翌火曜休)
http://www.fukagawajuku.com/

●釣り船 つるぎ
住 東京都江東区木場6-12-7
電 03-3644-3562
http://www.team-yoshinoya.com/diarypro/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」ダイジェスト版(静岡県下田市、大阪府泉佐野市)


今回の「おとな釣り倶楽部」は、これまでのダイジェスト版をお届けします。前半は、静岡県下田市の旅。「下田開国博物館」を訪れ、下田沖の神子元島で磯釣りに挑戦します。後半は、大阪府泉佐野市の旅。「泉佐野漁港 青空市場」の寿し店で贅沢な海鮮丼を味わい、その後、タイの一級ポイントと言われる加太沖で鯛ラバを楽しみます。登場するのは、シマノフィールドテスターの遠藤いずみさん、アンバサダーの村田 基さんとシマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの神 実穂さん、弥園奈津美さんです。
静岡県下田市で、遠藤さんと神さんは「下田開国博物館」を訪れ、館長の尾形征己さんに館内を案内してもらいます。アメリカ初代総領事ハリスに関する展示コーナーでは、下田奉行所がハリスをもてなした料理が再現されています。2人はそこにある「保命酒」という薬用酒を再現したものを試飲し、歴史にふれるひと時を過ごします。
いよいよ、神子元島で磯釣りを楽しみます。まずは、遠藤さんからコマセづくりを教えてもらい、翌朝、下田港沖の無人島、神子元島へ。ここは魚影も濃く、磯釣りの人気スポットです。ポイントに到着すると、「オキアミの尾を取って、背中の筋に沿うように針を入れます。足元にコマセをまいて潮の流れにのせ、コマセと仕掛けを同調させます」と遠藤さん。磯釣り初挑戦の神さんは、固定仕掛けで浅い層をねらい、1投目からベラを釣り上げます。一方、遠藤さんは誘導仕掛けで深い層をねらい、「よし、来た!」とダイナミックに竿をしならせながら人気ターゲットのメジナを釣り上げます。ここで神さんがイサキを釣り上げ、続いて遠藤さんがまたしてもメジナ、そしてブダイを釣り上げ、2人は磯釣りを満喫します。
続いての舞台は、大阪湾に面した大阪府泉佐野市です。村田さんと弥園さんは「泉佐野漁協 青空市場」を訪れます。毎日午後2時に競りが行われ、その日に水揚げされた新鮮な魚介類が店頭に並びます。漁協の隣にある「裕太朗寿し」で、2人はおすすめのネタ12種類がのったぜいたくな「大漁海鮮丼」を味わいます。
翌日、2人は泉佐野漁港で佐々木さんと合流し、大阪湾から出船してタイの一級ポイント和歌山県加太沖へ。ここで鯛ラバを楽しみます。今回使用する鯛ラバは、80グラム。「仕掛けを落とし、同じスピードで巻くだけです」と佐々木さん。この時、根掛かりしないよう、すぐに巻き上げるのがポイントです。「慌てるな、アワセるな、スプール押さえるな」と村田さんも教えてくれます。気温も水温も低く、魚の食いが渋い中、弥園さんはトレーラーワームを試してみます。そして、佐々木さんのアドバイス通りゆっくり巻いていると、「来ました!」と念願のヒット。弥園さんはきれいなマダイを釣り上げました。その後、村田さんも可愛いサイズのマダイを釣り上げ、釣りを終了しました。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル 磯釣り】
<ライン>
 ナイロン2号
<ハリス>
 遠藤さん:2号、神さん:3号
<ウキ>
 B
<針>
 グレ針5~6号
<ロッド>
 遠藤さん:BB-X スペシャル MZII 1.5-500/550
 神さん:ラフィーネ 1.5-530
<リール>
 遠藤さん:BB-X テクニウム C3000DXG
 神さん:ツインパワー C3000

【タックル 鯛ラバ】
<ライン>
 PE0.8~1号
<リーダー>
 佐々木さん:フロロカーボン12lb
 村田さん・弥園さん:ナイロン16lb
<鯛ラバ>
 80~100g
<その他>
 炎月バクバクトレーラー
 マイクロコイカー EW-202R
<ロッド>
 佐々木さん:炎月 リミテッドB610ML-S/RIGHT
 村田さん:NEWワールドシャウラ 1651FF-3
 弥園さん:炎月SS B610M-S
<リール>
 佐々木さん:炎月 プレミアム150PG
 村田さん:アンタレスDCMD
 弥園さん:炎月100PG

●下田開国博物館
住 静岡県下田市4-8-13
電 0558-23-2500
営 8:30~17:30(入館17:00まで)
料 高校生以上1200円 、小・中学生600円
http://www.shimoda-museum.jp/

●伊豆下田フィッシング
住 静岡県下田市三丁目6-6
電 0558-23-0289
https://www.izu-shimoda-fishing.co.jp/

●泉佐野漁協 青空市場
住 大阪府泉佐野市新町2-5187-101
電 072-469-2340
http://www.aozora-ichiba.com

●裕太朗寿し
泉佐野漁協 青空市場内
電 072-460-1313

●オーシャンスター
住 大阪府泉佐野市新町2丁目 泉佐野漁港
電 090-5674-2002(事務所番号)

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」徳島県鳴門市 後編


「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、徳島県鳴門市の旅。鳴門海峡で鯛ラバを楽しみます。その後、マダイ料理を味わったり、「鳴門市ドイツ館」を訪れたりしてまちを散策します。登場するのは、アンバサダーの村田 基さん、シマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
鳴門海峡を隔てて淡路島と向かい合う徳島県鳴門市。村田さんと弥園さんは、佐々木さんとともに、鳴門海峡で鯛ラバを楽しみます。まずは、基本タックルについておさらいをします。「水深50~90メートルです。鯛ラバのヘッドの重さは、潮がゆるければ70グラムくらいで底がとれるでしょう。二枚潮の時は、120グラムくらいで。ロッドは、このように穂先が柔らかく、タイがくわえた時に違和感がないものを。リールは、非常に軽やかで一定のスピードで巻きやすいものを選びます」と佐々木さん。そして、春先の鯛ラバは、ラバースカートを付けず細身のタイプがマダイも食べやすいとのこと。「どんなタイプがいいかを探していくのも、鯛ラバのゲームの楽しさです」と佐々木さん。前回、マダイを釣り上げたのは佐々木さんだけでした。今回、村田さんと弥園さんは、マダイに出合えるでしょうか? 村田さんと弥園さんは、佐々木さんのアドバイスのもと、トレーラーワームを付けてみることに。「鯛ラバは下に落としてゆっくりと巻き上げるだけ。アタリがあってもアワセず、そのまま巻き上げるだけ」と話しながら、村田さんは、「いいヒキです。最高!」と、いいサイズのマダイを釣り上げます。一方、弥園さんは、アタリと思いきや、残念ながらバラシ。佐々木さんは「潮が速い時は、魚も追うのが大変なのでゆっくり巻いたほうがいい」とアドバイス。すると、再び弥園さんにヒットし、今度はきれいなマダイを釣り上げることができました。けれども、この後、潮が止まってしまい、3人ともアタリがないまま2時間が経過。その後、ようやく潮が動き始めましたが、まもなく釣りの終了時刻。最後に、水深100メートルのかけ下がりのポイントで攻めると、ここで村田さんがヒットし、2枚目のマダイを釣り上げたところで、釣りを終了しました。
釣りの後、村田さんと弥園さんは、鳴門市にあるレストラン「鯛丸 海月」へ向かいました。村田さんは「鳴門鯛あら炊き定食」、弥園さんは「鳴門鯛どんぶり」を注文し、鳴門鯛の味を満喫します。続いて向かったのは「鳴門市ドイツ館」。学芸員の長谷川純子さんに館内を案内してもらいます。「今から100年前、鳴門市に板東俘虜収容所があり、約1000人のドイツ兵を収容していました」。当時の様子を再現したジオラマには、商店街やボーリング場もあったことがわかります。当時の松江豊寿署長は、ドイツ兵の人権を尊重していたため、活動の幅が広がったと言われています。アジアで初めてベートーヴェンの交響曲第九番を全楽章演奏したことでも知られています。手軽に始められ、マダイのヒキをダイレクトに感じられる鯛ラバ。皆さんも体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE0.8~1号
<リーダー>
 佐々木さん:フロロカーボン10lb
 村田さん・弥園さん:ナイロン16lb
<鯛ラバ>
 70~120g
<その他>
 炎月バクバクトレーラー
 マイクロコイカー
<ロッド>
 佐々木さん:エンゲツ エクスチューンB610ML-S
 村田さん:NEWワールドシャウラ 1651FF-3
 弥園さん:炎月SS B610M-S
<リール>
 佐々木さん:炎月 プレミアム150PG
 村田さん:アンタレスDCMD
 弥園さん:炎月100PG
●鯛丸 海月
住 徳島県鳴門町土佐泊浦福池15-33
電 050-3066-1001
https://taimaru-kaigetsu.com

●鳴門市ドイツ館
住 徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2
電 088-689-0099
開 9:30~17:00(入館16:30まで)
休 第4月曜(祝日の場合翌日)、年末
http://doitsukan.com

●釣り船 つるぎ
住 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛亀浦漁港
電 088-687-0598
時 5:30~6:00頃出船、13:00頃沖上がり(季節により異なる)
http://www.nmt.ne.jp/~turugi/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」徳島県鳴門市 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は徳島県鳴門市の旅。鳴門海峡にある大鳴門橋の遊歩道などで渦潮を体感し、四国八十八ヶ所霊場巡りの一番札所も訪ねます。その後、鳴門海峡で鯛ラバを楽しみます。登場するのは、アンバサダーの村田 基さん、シマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
四国北東部に位置し、鳴門海峡を隔てて淡路島と向かい合う徳島県鳴門市。村田さんと弥園さんが訪れたのは、大鳴門橋の橋げたに造られた遊歩道「渦の道」。海上45メートルの高さから海を臨めるスポットです。近くにある「大鳴門橋架橋記念館エディ」は、渦と橋をテーマにしたミュージアムで、2人は渦潮を間近で見た気分を味わえるVR体験をします。続いて訪れたのは、四国八十八ヶ所霊場巡りの一番札所「竺和山 一乗院 霊山寺」。縁結び観音に2人は「釣れますように」と魚とのご縁をお願いし、本堂にお参りします。
翌朝、2人は亀浦漁港で佐々木さんと合流します。まずは、タックルについて佐々木さんに教えてもらいます。「水深は50~90メートルくらい。潮がゆるければ、鯛ラバのヘッドは70グラムくらい、二枚潮の時は120グラムくらいを使います。ロッドの穂先は柔らかく、タイがくわえた時に違和感なくしなります。そして、リールは非常に軽やかで一定のスピードで巻くことができます」。鯛ラバは、ラバースカートを付けず、マダイが食べやすい細身のタイプを選びます。「カラーやスカートなど、どれがいいか、釣りをしながら探していくのが鯛ラバの面白さです」と佐々木さん。さらに、リーダーの結び方も教えてもらい、セッティングを完了します。午前6時に出船し、およそ10分で鳴門沖に到着。佐々木さんは「今日は鯛ラバ日和ですね。タイは岩礁帯にいるので、根がかりしないよう着底したらすぐに巻くこと」とアドバイス。佐々木さんは、70グラムの鯛ラバを使います。一方、村田さんは80グラムの鯛ラバを使い、「鯛ラバは、アタリがあってもアワセず、そのまま巻き続けることが基本」とアドバイス。弥園さんが「なぜ、鳴門はタイが有名なんですか?」と尋ねると、「ここは海峡なので潮の流れが速い。急流を泳ぐので身が締まっておいしい。関西では、鳴門、加太、明石がマダイの三大漁場と言われています」と佐々木さんが答えます。すると、村田さんがアタリをとらえたと思いきや、「あー抜けた」と残念ながらバラシ。一方、佐々木さんは「よし、のった」とヒットし、タイのヒキと格闘の末、大型のマダイを釣り上げます。再び、村田さんにアタリがありましたが、またしてもバラシ。そして、続いても佐々木さんがヒットし、タイのヒキを感じながら「これが面白い。こんな細いタックルでタイが釣れるんです」と2枚目も見事なマダイを釣り上げます。さて、村田さんと弥園さんはマダイに出合えるのでしょうか。次回もこの続きをお届けします。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE0.8~1号
<リーダー>
 佐々木さん:フロロカーボン10lb
 村田さん・弥園さん:ナイロン16lb
<鯛ラバ>
 70~120g
<その他>
 炎月バクバクトレーラー
 マイクロコイカー
<ロッド>
 佐々木さん:エンゲツ エクスチューンB610ML-S
 村田さん:NEWワールドシャウラ 1651FF-3
 弥園さん:炎月SS B610M-S
<リール>
 佐々木さん:炎月 プレミアム150PG
 村田さん:アンタレスDCMD
 弥園さん:炎月100PG
●大鳴門橋遊歩道 渦の道
住 徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)
電 088-683-6262
営 9:00~18:00(時期により異なる)
休 3・6・9・12月第2月曜
料 大人510円、中高生410円、小学生250円
https://www.uzunomichi.jp

●大鳴門橋架橋記念館 エディ
住 徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)
電 088-687-1330
営 9:00~17:00(時期により異なる)
休 無休
料 大人610円、中高生410円、小学生250円

●笠和山 一乗院 霊山寺
住 徳島県鳴門市大麻町板東塚鼻126
電 088-689-1111

●釣り船 つるぎ
住 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛亀浦漁港
電 088-687-0598
時 5:30~6:00頃出船、13:00頃沖上がり(季節により異なる)
http://www.nmt.ne.jp/~turugi/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」宮城県蔵王町 後編


「おとな釣り倶楽部」は、今回も宮城県蔵王町の旅をお届けします。前回に引き続き、まずは管理釣り場でトラウトフィッシングを楽しみます。その後、周辺の人気スポットを訪れ、宮城県産のグルメも堪能します。登場するのは、アンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの神 実穂さんです。
宮城県南西部にある刈田郡蔵王町。村田さんと神さんは、大自然を満喫できる管理釣り場「蔵王フォレストスプリングス」でトラウトフィッシングを楽しみます。まずは、基本のタックルについておさらいをします。「ロッドは一般的に使われるSULで、こんなに柔らかい。柔らかいロッドを使うとバラシにくいのです。そして、ハイギアのリールは速く巻くこともできるし、ゆっくり巻くこともできるので、ラインのわずかな変化も気づきやすく、ルアーが絡んだ時もわかりやすい」と村田さん。前回、村田さんは大型のレインボートラウトを釣り上げましたが、神さんはまだ、魚に出合えていません。「ラインの変化を見て、動いた瞬間に合わせる。そして、大きい魚を狙う時は大きいルアーを使う」と村田さんが教えてくれます。早速、村田さんがヒットし、神さんも続いてダブルヒット! 村田さんは見事なドナルドソントラウトを釣り上げますが、その隣で「うわぁ、抜けちゃった…」と神さんは痛恨のバラシ。けれども、魚の活性は高く、キャストをすると2人ともすぐにヒット! 村田さんはスチールヘッドを釣り上げます。神さんが魚とやりとりしながら「手前に持ってくる時はどうしたらいいですか?」と尋ねると、「それはイトウですね。無理をするとバレてしまうのでゆっくり慎重に。もうちょっと竿を立てて…」と村田さん。神さんは見事、幻の魚と言われるイトウを釣り上げました。ここで村田さんが「ファイトの後は糸のよれを戻してからキャストする」とアドバイス。話をしながら、村田さんはジャガートラウトを釣り上げ、この日の釣りを終了します。
村田さんと神さんは、蔵王町を散策します。訪れたのは「宮城蔵王キツネ村」。こちらは、国内で唯一、キツネに特化した動物園で、整備された森に100頭を超えるキツネが放し飼いにされています。キツネを見た神さんは「モフモフして、こんなに多いとは思わなかった」と驚いた様子です。次に訪れたのは、宮城県産の肉と野菜を味わえる「ZAO BOO」。「もち豚バーベキュー」や「ZAO BOOバーガー」で、宮城県のブランド肉「もち豚」を味わいます。「お肉が甘い」と神さん。「釣りに来たら、その土地の食べ物も楽しみたいものです」と村田さん。手軽に強いヒキを楽しめるトラウトフィッシング。皆さんも体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子))

【タックル】
<ライン>
 村田さん:ナイロン4.0lb
 神さん:ナイロン3.5lb
<ルアー>
 村田さん:カーディフ アルミロール TR-R28R
 神さん:カーディフ ロールスイマー 5g TR-0029
<ロッド>
 村田さん:カーディフ エリアリミテッド S62UL-F
 神さん:カーディフAX S62SUL-F
<リール>
 村田さん:ステラC2000 SHG
 神さん:ツインパワーC2000S
●宮城蔵王キツネ村
住 宮城県白石市福岡八宮字川原子11-3
電 0224-24-8812
開 9:00~17:00(最終入場16:30)
※天候により営業時間短縮あり
休 水曜(祝日、2月、8月の水曜は営業)
料 中学生以上1000円、小学生以下無料
http://zao-fox-village.com

●ZAO BOO
住 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉仲町9−1
電 0224-34-3953
営 平日11:00~18:00、土日祝11:00~19:00
※状況により早めの閉店あり。冬期11:00~18:00
休 木曜
http://zao-boo.com

●蔵王フォレストスプリングス
住 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字七日原1-121
電 0224-34-1551
営 8:00~18:00(4~9月)、8:00~17:00(10~3月)
休 水曜(祝日は営業)
http://zao.forest-springs.com

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」宮城県蔵王町 前編


「おとな釣り倶楽部」は今回から2回にわたり、宮城県蔵王町の旅をお届けします。あたたかみのある伝統工芸こけしに触れ、美味なる手作りソーセージとドイツビールを味わい、その後、管理釣り場でトラウトフィッシングを楽しみます。登場するのは、アンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの神 実穂さんです。
雄大な蔵王連峰を望む宮城県南西部にある刈田郡蔵王町。村田さんと神さんは、東北各地の特徴的なこけしをはじめ、全国の伝統こけしなどを集めた「みやぎ蔵王こけし館」を訪れます。こけし職人の小山芳美さんが「こちらが、この地域の遠刈田系のこけしです」と案内してくれます。地域によりさまざまな表情のこけし。館内には実演コーナーもあり、こけし職人の技を間近で見ることもできます。次に訪れたのは、本格的ドイツ料理の店「森のソーセージレストラン ベルツ」。2人はドイツビールを味わいつつ、ミュンヘンスタイルの手作りソーセージやベーコンなどを味わい、至福のひと時を過ごします。
翌朝、2人は管理釣り場「蔵王フォレストスプリングス」にやってきます。大自然に囲まれた絶好のロケーションのもと、トラウトフィッシングを楽しみます。まずは、村田さんに基本のタックルについて教えてもらいます。「スプーンは最近、アルミニウムが多い。真ちゅうに比べて分厚く、重さは半分くらい。ゆっくり巻いても、大きく動きます。そして、柔らかいロッドを使うことでバラシにくくなる。リールは、ハイギアを使います。ゆっくりと巻くことで竿先の微妙な変化に気づきやすく、ルアーが絡んだ時などもわかりやすい」と村田さん。管理釣り場には6つの池があり、まずは3号池で釣りを開始。「基本は、キャストして、糸を見ながらゆっくり巻く」と言いながら、早速、村田さんがアタリをとらえ、シルバーサーモンを釣り上げます。「この銀鮭は、約2年間も川にいる特別な鮭なんですよ」と村田さんが教えてくれます。ここで村田さんが神さんにアドバイス。「アルミは沈むのが遅いから、投げた後すぐに巻かず、数秒待ってから巻き上げる」。そして、1秒間に1回転のスピードで巻くのが基本とのこと。あいにく、この日は雪が降り続きます。村田さんは再び、シルバーサーモンを釣り上げ、さらに、ラインの微妙な変化に素早く合わせて、「大きいのがかかりました。ナイスファイティング!」と言いながら、直径20センチほどの巨大レインボートラウトを釣り上げます。雪が強まってきたので、釣りを中止し、雪がおさまったところで釣りを再開。今度は4号池で釣りをします。神さんも張り切ってキャストし、ようやくアタリをとらえたものの、惜しくもラインを切られてしまいます。果たして、神さんはトラウトに出合えるのでしょうか? 次回もこの続きをお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 村田さん:ナイロン4.0lb
 神さん:ナイロン3.5lb
<ルアー>
 村田さん:カーディフ アルミロール TR-R28R
 神さん:カーディフ ロールスイマー 5g TR-0029
<ロッド>
 村田さん:カーディフ エリアリミテッド S62UL-F
 神さん:カーディフAX S62SUL-F
<リール>
 村田さん:ステラC2000 SHG
 神さん:ツインパワーC2000S
●みやぎ蔵王こけし館
住 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字新地西裏山36-135
電 0224-34-2385
開 9:00~17:00
 (最終入館16:30、年末年始の最終入館15:00)
休 無休
料 大人300円、小・中学生150円(未就学児無料)
http://kokeshizao.com

●森のソーセージレストラン ベルツ
住 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字遠刈田北山21-12
電 0224-34-2001
営 11:00~20:00
休 木曜

●蔵王フォレストスプリングス
住 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字七日原1-121
電 0224-34-1551
営 8:00~18:00(4~9月)、8:00~17:00(10~3月)
休 水曜(祝日は営業)
http://zao.forest-springs.com

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県神戸市垂水区 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、兵庫県神戸市垂水区の釣りと旅をお届けします。明石海峡で、サビキ仕掛けでメバルを狙い、その後、歴史スポットや贅沢な味を満喫します。登場するのは、シマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
兵庫県神戸市の西部に位置する垂水区は、明石海峡に面した神戸市内でも漁業が盛んな地域。釣りの前に、タックルについておさらいします。「今回使用するのは、メバル専用の竿。仕掛けそのものが長いので、竿を立てた時にオモリがちょうど手元にくる長さがやりやすい。そして、柔らかめの竿を使います。リールは、どのタナでアタリが出たかを知ることができるように、カウンター付きが便利です」と今井さん。全長3.8メートルのサビキ仕掛け(8本針)は、両端を引き出して、それぞれ竿先とオモリに付けて準備しておきます。ポイントに到着後、竿を伸ばしながら仕掛けを引き出します。舞子漁港から出船し、およそ20分で淡路沖に到着。仕掛けを投入し、オモリが着底したらすぐに3~4メートル巻き上げます。「基本的に潮が動いている時は、あまり誘いをかけなくてもいい」と今井さん。船長の指示ダナに合わせてゆっくりと誘う今井さんと弥園さん。探見丸にメバルは映っているのですが、なかなかアタリがありません。そこで今井さんは、エサ釣りに変更します。「エサはシラサエビ。小さめのエビを選んで、尾羽を切って1節、2節くらいに針を刺します」。ほかの針にも同様にシラサエビを付け、あまり誘いをかけずにじっと待ちます。果たしてアタリはあるのでしょうか? 一方、弥園さんがサビキ仕掛けでメバルを狙っていると、「いい感じのヒキ!」と前回釣り上げたメバルと比べてサイズアップに成功します。周辺では海苔の養殖が行われ、収穫をする船もいます。メバルはこの時期、海苔を食べているので、緑色のサビキに反応するようです。エサ釣りで反応がなかった今井さんは、再びサビキ仕掛けに変更し、ポイントを移動して淡路島翼港へ。早速、弥園さんが「ヒキは小さいけれど…」と可愛らしいメバルを釣り上げます。そして、ついに今井さんもヒットし、メバルを釣り上げたところで、2人は釣りを終えました。
釣りの後、今井さんと弥園さんは「五色塚古墳」を訪れます。神戸市教育委員会の前田佳久さんは、「4世紀の終わり頃、この地を支配していた豪族の墓と言われています。発掘調査の結果、古墳に葺かれていた黒い石は、淡路島から運んできたものと推定されています」と話します。手続きをすれば、古墳の上にのぼることもできます。見事な眺望に、弥園さんはうっとり。歴史ロマンに触れるひと時です。続いて訪れたのは、日本料理の店「くら蔵 垂水店」。2人は、「鯛たこ穴子づくし三役セレクション」で「穴子のお造り」「鯛たこしゃぶしゃぶ」などを味わいます。「今回は厳しかった。でも、釣りは季節ごとに楽しめますから」と今井さん。皆さんも明石海峡でメバル釣りに挑戦してみてはいかがですか?

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE1号
<リーダー>
 フロロカーボン16lb
<仕掛け>
 サビキ仕掛け 全長3.8m 8本針
<オモリ>
 30号
<ロッド>
 今井さん・弥園さん:ベイゲームX メバルS300
<リール>
 今井さん・弥園さん:バルケッタ300HG
●五色塚古墳
住 兵庫県神戸市垂水区五色山4
電 078-707-3131(五色塚古墳管理事務所)
開 9:00~17:00
休 4~11月は無休、12~3月は月曜(祝日の場合は翌日休)
料 無料
https://goshikiduka.org

●くら蔵 垂水店
住 兵庫県神戸市垂水区平磯3-7-10
電 078-754-8996
営 11:00~15:00(LO14:00)、17:00~22:00(LO21:00)
休 無休
http://www.kurakura.co.jp

●釣り船 大ちゃん丸
住 兵庫県神戸市垂水区西舞子1-6-17
電 080-6143-7610
https://www.daichanmaru.jp

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県神戸市垂水区 前編


神戸市垂水区散策とサビキメバル!!

「おとな釣り倶楽部」は今回、兵庫県神戸市垂水区の旅と釣りをお届けします。まずは、周辺の見どころや、海上47メートルの回遊式遊歩道や歴史資料館を訪れ、神戸ビーフのランチを味わいます。そして、明石海峡で、サビキ仕掛けでメバルを狙います。登場するのは、シマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
目の前に明石海峡が広がる兵庫県神戸市垂水区。今井さんと弥園さんは、舞子公園内にある世界一長い吊り橋、明石海峡大橋の体験展望施設「舞子海上プロムナード」を訪れます。こちらは、海上47メートルにある回遊式遊歩道で、海の上からの景色を楽むことができ、スリル満点の丸木橋もあります。次に、重要文化財「移情閣 孫文記念館」へ。館長の愛新 翼さんは「孫文が日本を訪れた最初と最後は神戸でした」と、中国の革命指導者孫文と神戸とのつながりを教えてくれます。その後、2人は「味鉄 舞子店」へ足を運び、神戸ビーフと神戸ポークを味わえる、お値打ちの「たれ焼きランチ」に大満足します。
翌日、2人はサビキ仕掛けでメバルを狙います。まずは、タックルについて今井さんに教えてもらいます。「ロッドの長さは3メートル。魚がかかった時に手元にちょうどオモリが来るくらいの長さが使いやすい。強いヒキをかわすために、柔らかめの竿を使うのも特徴です。そして、カウンター付きの小型の両軸リールを使います。どのタナでアタリが出たかを知るために必要です」。そして、使うのは、全長約3.8メートルもあるサビキ仕掛け(8本針)です。「これを使う時は、『ここから引き抜く』と書いているところから引き出し、竿先のサルカンに通し、反対側の『オモリ』と書いている方にもオモリをつけておきます。この段階で船がポイントに着くまで待って、釣りを始める時に竿を伸ばしながら仕掛けを引き出すと絡まりにくい。仕掛けは、常に張ったような状態で作業をするのが理想的です」と教えてくれます。朝6時に舞子漁港を出船し、およそ20分で淡路沖に到着。お世話になるのは「大ちゃん丸」の原田大介船長です。今井さんは「底についたらすぐに3~4メートル巻いてアタリを待ちます。基本的に潮が動いている時は、疑似餌も潮に流されて動きますから、あまり誘いをかけなくても食ってくる。タナを探りたい時は、ゆっくりと誘う。そして、アタリがあってもアワセず、ゆっくり竿を立てて巻き上げます」と今井さん。魚探「探見丸」にはメバルが映っているのですが、2人になかなかアタリがありません。細かくポイントを移動しながら、今井さんは「今は養殖海苔の収穫シーズン。メバルも海苔を食べるので、グリーン系のサビキがいいと思う」とサビキの変更をアドバイス。すると、ようやく弥園さんがヒットし、小ぶりのメバルを釣り上げることができました。「潮の速さが1ノットくらいまで下がってきたら、釣れ出すかな」と今井さん。すると、弥園さんが再びヒット! 2匹目のメバルも食べているのは、緑色のサビキでした。この続きは、次回お届けします。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE1号
<リーダー>
 フロロカーボン16lb
<仕掛け>
 サビキ仕掛け 全長3.8m 8本針
<オモリ>
 30号
<ロッド>
 今井さん・弥園さん:ベイゲームX メバルS300
<リール>
 今井さん・弥園さん:バルケッタ300HG
●兵庫県立舞子公園
住 兵庫県神戸市垂水区東舞子町2051
問 078-785-5090(舞子公園管理事務所)
http://hyogo-maikopark.jp

【舞子海上プロムナード】
開 9:00~18:00 (入館17:30まで)
休 4~9月:無休、10~3月:第2月曜(祝日の場合翌日)、年末
料 大人:土日祝300円・平日250円、70歳以上:土日祝150円・平日100円、高校生以下:無料

【孫文記念館(移情閣)】
問 078-783-7172
開 10:00~17:00(入館16:30まで)
休 月曜(祝日の場合翌日)、年末年始
料 大人300円、70歳以上200円、高校生以下無料

●味鉄 舞子店
住 兵庫県神戸市垂水区東舞子町2-21
電 078-783-3520
営 11:30~22:00(LO21:00)
休 無休(年始除く)
https://ssl.ajitetsu.com/shop-maiko.html

●釣り船 大ちゃん丸
住 兵庫県神戸市垂水区西舞子1-6-17
電 080-6143-7610
https://www.daichanmaru.jp

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」埼玉県羽生市 後編


椎の木湖へらぶな釣り!村田基・伊藤さとし競演!!

「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、埼玉県羽生市の旅をお届けします。人気の管理釣り場で春のへらぶな釣りを楽しみ、その後、淡水魚の水族館や、道の駅など羽生市のおすすめスポットを巡ります。登場するのは、アンバサダーの村田 基さん、シマノインストラクターの伊藤さとしさん、ナビゲーターの神 実穂さんです。
村田さんと伊藤さん、神さんの3人は、へらぶな釣りを楽しむため、「つり処 椎の木湖」を訪れています。最初に、基本タックルについておさらいします。「今回は8~11尺ののべ竿を使い、水深の半分の深さを狙う宙釣りをします。道糸はナイロン1号。ウキゴムにウキを差して、竿の長さ分の道糸をとって、板オモリをウキの重さに合わせます。そして、上バリに魚を寄せるバラケエサ、下バリにくわせエサを付けます。これをセットの釣りといいます」と伊藤さん。続いて、エサ作りのポイントです。バラケエサは、3種類を混ぜて水を加え、中の空気を抜いてエサの真ん中に針を入れます。くわせエサは、切った断面から針を入れて針先をエサから出すようにします。「魚はエサを吸い込んですぐに吐き出すから、その時に針が絡む」と伊藤さん。「今回は、是が非でも尺上を」と話す村田さんは、釣り開始早々、850グラムのへらぶなを釣り上げます。一方、へらぶな釣り初挑戦の神さんは「小さなアタリもとれるようになりたい」と言いながらも、魚を逃してしまいます。「バレたのは、バラケエサが乾燥しているからかもしれない。水をつけて練り直してみよう」と伊藤さん。アドバイスを受けた神さんが釣りを再開すると、早速アタリが。神さんが750グラムのへらぶなを釣り上げると、隣で村田さんもへらぶなを釣り上げ、ダブルヒット! その後、村田さんがわずかなウキの動きに反応し、なんと1キロ60グラムのへらぶなを釣り上げます。一方、伊藤さんは0.7号という細い道糸で繊細な釣りを楽しみます。「魚がそばにいるのにパッと食わない時は、くわせエサだけをゆっくりと動かして誘ってみる。へらぶなは、止まったエサを見て食べるから」と話しながら、伊藤さんも1キロ40グラムの大物へらぶなを釣り上げます。そして釣りを終了しました。「初めての方は、管理釣り場で練習するといいですよ。桟橋もあるし、安定しています」と伊藤さんは話します。
釣りを終えた村田さんと神さんは、羽生市を巡ります。「ここは、珍しい淡水魚の水族館」と村田さん。「さいたま水族館」の飼育課加藤麻希子さんに館内を案内してもらいます。上流域にニッコウイワナ、中流域に村田さんが子どもの頃に釣ったカワムツやオイカワなど。そして、下流域にゲンゴロウブナが。およそ70種類もの生き物に出合える水族館です。続いて訪れたのは「道の駅はにゅう」。地元産の野菜のほか、金魚やメダカも売っています。もなかアイスを味わいながら、2人はへらぶな釣りを振り返りました。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<道糸>
 伊藤さん:ナイロン0.7号
 村田さん・神さん:ナイロン1号
<ハリス>
 上0.5号 下0.4~0.5号
<ウキ>
 カヤウキ ムクトップ6~8cm
<上針>
 ヘラスレ6~8号
<下針>
 ヘラスレ3~4号
<竿>
 伊藤さん:ボーダレスGL N10.5尺
 村田さん:朱紋峰 嵐月 10.5尺
 神さん:朱紋峰 嵐月 9尺
●さいたま水族館
住 埼玉県羽生市三田ヶ谷751-1
電 048-565-1010
開 9:30~17:00(12・1月~16:30、入館は終了30分前まで)
料 大人310円、小人(小・中学生)100円
休 第1月曜 (祝日の場合翌週振替、時季により異なる)
http://www.parks.or.jp/suizokukan/

●道の駅はにゅう
住 埼玉県羽生市大字上新郷7066
電 048-560-1010
営 8:30~19:00
https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/339/

●つり処 椎の木湖
住 埼玉県羽生市三田ヶ谷平島2551-1
電 048-565-4133
営 入場5:30、終了16:00(5~9月。時季により異なる)
料 <1日>大人2,700円、女性2,160円、中学生2,160円、小学生以下1,290円
http://shiinokiko.jp/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」埼玉県羽生市 前編


村田基・伊藤さとしがへらぶな釣り競演!!

「おとな釣り倶楽部」は今回から2週続けて、埼玉県羽生市の旅をお届けします。羽生市の伝統文化の武州藍染を体験し、老舗店で鰻重を味わいます。そして、人気の管理釣り場でへらぶな釣りを楽しみます。登場するのは、アンバサダーの村田 基さん、シマノインストラクターの伊藤さとしさん、ナビゲーターの神 実穂さんです。
埼玉県北部に位置する羽生市は、古くから農業が盛んな町。村田さんと神さんは、創業160年の染物屋「武州中島紺屋」を訪れ、こちらの新島大吾さんに案内してもらいます。2人はここでTシャツを使った藍染体験に挑戦。染料の中で揉んで、屋外で空気に触れさせると鮮やかな藍色に染まります。続いて訪れたのは、創業170年の「魚徳」。2人は、刺したて、蒸したて、焼きたての鰻を秘伝のたれで味わいます。
へらぶな釣りを始める前に、まずは基本のタックルについて伊藤さんに教えてもらいます。「今回は、8~11尺ののべ竿を使います。水深は5メートル50センチくらいで、狙うのは3メートルくらい。宙釣りといって、エサを底に付けずに釣る方法です。道糸はナイロンの1号。ウキゴムにウキを差し込んで、竿の長さ分の道糸をとって、板オモリの量をウキの重さと合わせます。そして、上バリにバラケエサ、下バリにくわせエサを付けます」。タックルを教えてもらった後、3人は、400人以上を収容できる人気の管理釣り場「つり処 椎の木湖」へ。ここで最初に、魚を寄せるためのエサ作りをします。バラケエサは、3種類のエサを混ぜて水を加え、中の空気を抜きます。針を付けるポイントは、エサの真ん中に針を刺すこと。一方、くわせエサのほうは、エサの断面から針を入れ、針先はエサから出す。魚はエサを吸い込んですぐに吐き出すから、その時に針が食い込むようにします」と伊藤さん。午前8時、いよいよ釣りを開始します。神さんのウキを見ながら伊藤さんが「今、ゆっくりとウキが上がってきているから、エサがバラケて魚が寄ってくる可能性がある」と教えてくれます。一方、村田さんは、はやくもアタリをとらえ、なんと5投目でヒット! 830グラムのへらぶなを釣り上げます。伊藤さんは、細めの道糸とハリスを使い、より繊細な仕掛けで狙ったところ、元気いっぱいのヒキを楽しみ、村田さんと同じく830グラムのへらぶなを釣り上げます。その後も村田さんは、大きな竿の曲がりと強いヒキを味わいますが、神さんは、まだアタリをとらえることができません。そこで伊藤さんは、神さんのバラケエサを少し固く練り直し、魚が食う前に溶けてしまわないよう調整します。水温も上がり、魚の活性も上がってきたところ、神さんが「やっと来た!」とアタリをとらえ、人生初で初となる890グラムのへらぶなを釣り上げます。この続きは、次回へ。皆さんもへらぶな釣りを体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<道糸>
 伊藤さん:ナイロン0.7号
 村田さん・神さん:ナイロン1号
<ハリス>
 上0.5号 下0.4~0.5号
<ウキ>
 カヤウキ ムクトップ6~8cm
<上針>
 ヘラスレ6~8号
<下針>
 ヘラスレ3~4号
<竿>
 伊藤さん:ボーダレスGL N10.5尺
 村田さん:朱紋峰 嵐月 10.5尺
 神さん:朱紋峰 嵐月 9尺
●武州中島紺屋
住 埼玉県羽生市大字小松223
電 048-561-3358
問 9:00~17:00
http://www.izome.jp/

●魚徳
住 埼玉県羽生市東6-16-26
電 048-561-0044
営 11:00〜14:00、17:00〜21:00
休 月曜
https://www.uotoku.net/

●つり処 椎の木湖
住 埼玉県羽生市三田ヶ谷平島2551-1
電 048-565-4133
営 入場5:30、終了16:00(5~9月。時季により異なる)
料 <1日>大人2,700円、女性2,160円、中学生2,160円、小学生以下1,290円
http://shiinokiko.jp/

番組動画を見る