kanri のすべての投稿

「おとな釣り倶楽部」山梨県山中湖 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、山梨県山中湖の旅と釣りをお届けします。ドーム船に乗って秋のワカサギ釣りを楽しみ、山中湖周辺でサンドブラストを体験し、釣ったワカサギの天ぷらも味わいます。登場するのはシマノインストラクターの伊藤智さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
富士五湖の一つで人気の観光地山中湖。伊藤さんと杉浦さんは山中湖でドーム船に乗ってワカサギ釣りを楽しんでいます。最初に基本タックルについておさらいをしておきます。「この釣りは電動リールが主流です。そして、肝心なのは穂先の選択。いろんなタイプがあるので、水深やオモリなどによって選びます。エサは紅サシを使います」と伊藤さん。ワカサギ釣り初挑戦の杉浦さんも、伊藤さんに教わり、前回は初ワカサギを釣ることができました。今回はどんな展開になるのでしょうか。伊藤さんが「オーバーアクションぎみでやってみましょう」とアドバイスすると、杉浦さんは「2匹ついていました!」と2点掛けに成功します。一方、伊藤さんが少し上のタナを狙っていると、なんと2人でダブルヒット! 杉浦さんはアカムシも加えて、またも2点掛けで釣り上げます。ドーム船の近くにワカサギの群れがやってきたようです。「アタリが多い時でもエサをこまめに替えたほうが釣果につながります」と伊藤さんがアドバイス。伊藤さんは3点掛けに成功します。多点掛けを狙う時はアワセた後、再び戻して次のアタリを待ちます。
釣りの途中ですが、ここで山中湖周辺の人気スポットをご紹介します。2人は「体験工房アントヴ」を訪れ、曽和眞二さんに教わりながらガラスに砂を吹き付けて模様を彫る工芸、サンドブラストをやってみます。2人は魚の絵を描き、思い出の一皿を作ります。
そして再び、ワカサギ釣りに戻ります。またしてもワカサギの群れが近づいて来たようです。「これは多点掛けが狙える」と伊藤さん。2人とも群れをとらえて絶好調です。杉浦さんはなんと4点掛けに成功します。その直後にも4点掛けで釣り上げた杉浦さん。厳しいといわれる状況でしたが、2人ともたくさんのワカサギに出合うことができました。
釣りの後、2人は山中湖の目の前にある「郷土料理 庄ヤ」で釣ったワカサギを天ぷらにしてもらいます。サクサクの天ぷら、そして、郷土料理のほうとうも味わいます。快適な空間で楽しめるドーム船のワカサギ釣り、皆さんもぜひ体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 0.2号
<仕掛け>
 全長1.2m 針1号 8本針
<オモリ>
 7g
<付けエサ>
 紅サシ アカムシ
<リール>
 伊藤さん:レイクマスター CT-T ファイアレッド
 杉浦さん:レイクマスター CT-T ブラック
<穂先>
 伊藤さん:
 レイクマスター エクスペック MO2K KAMISORI SHALLOW
 杉浦さん:
 レイクマスター エクスペック MO3K KAMISORI VERSATILE

●体験工房アントヴ
住 山梨県南都留郡山中湖村平野508-813
電 0555-62-6151
営 10:00~17:00 ※体験受付は16:00頃まで
休 不定休
http://www.antov.jp/

●郷土料理 庄ヤ
住 山梨県南都留郡山中湖村山中134
電 0555-62-5154
営 11:00~14:45、17:00~20:00、土日祝11:00~20:30
休 木曜
http://www.yamanakako.co.jp/

●旭日丘観光
住 山梨県南都留郡山中湖村旭日丘506-296
電 0555-62-3059(受付8:00~20:00)
http://www.asakan.gr.jp/dome_forecast.php

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」山梨県山中湖 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は山梨県山中湖の旅と釣りをお届けします。山中湖周辺にある淡水魚の水族館を訪れ、ランチを味わいます。その後、ドーム船に乗ってワカサギ釣りを楽しみます。登場するのはシマノインストラクターの伊藤 智さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
富士五湖のなかでも最大面積を誇る山中湖は、富士山の展望スポットも数多くある人気の観光地です。伊藤さんと杉浦さんは「さかな公園」のなかにある「森の中の水族館。」を訪れます。ここは透明度の高い湧水を使用した淡水魚の水族館で、古根川 瞭さんの案内のもと、二重回遊水槽でニジマスやイトウなどを見てまわります。続いてヨーロピアンカフェ「グータン」を訪れ、パスタやハンバーグなどちょっぴり贅沢なランチを味わいます。
番組後半はワカサギ釣りを楽しみます。まずは伊藤さんにタックルについて教えてもらいます。「使うのは電動リール、仕掛け、針、エサ。そして、ワカサギ釣りは穂先選びが面白い。これが釣果につながるんです」。同じように見えて固さが違う穂先をセットし、ガイドに仕掛けを通して準備完了。翌朝、2人はドーム船に乗り、朝7時出船。「旭日丘観光」の堀内泰輔船長のおすすめで、この日は長めの仕掛けを使って広く探ります。付けエサは紅サシを準備。紅サシは太い方に針をかけて、針先を出します。そして、基本の釣り方も教えてもらいます。「仕掛けを落とし、底に着いたら軽く誘いをかける。その時、穂先の先端に注目してアタリを見極め、アワセる時は20~30センチ上げます」。さあ、いよいよ釣りを開始。ワカサギ釣りが初挑戦の杉浦さんも一瞬、アタリを感じたようです。「そんな時、どういう誘いでアタリがあったのかを覚えておくといいですよ」と伊藤さんがアドバイス。伊藤さんが変化をつけながら誘うと、見事1投目でワカサギを釣り上げます。「ワカサギ釣りはゆっくりとしたイメージがあるけれど、意外とリアクションがあるゲームです」と伊藤さん。常に誘いをかけていた方がアタリやすく、アタリがなければ5分間隔で1つ置きにエサを替えるなどマメな行動が釣果につながるそうです。さらに、伊藤さんは「2匹ついています」と多点掛けに成功。そして、ついに杉浦さんも「タナを下げたら来ました」とワカサギを釣り上げます。次回もこの続きをお届けします。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 0.2号
<仕掛け> 
 全長1.2m 針1号 8本針
<オモリ>
 7g
<付けエサ>
 紅サシ アカムシ
<リール>
 伊藤さん:レイクマスター CT-T ファイアレッド
 杉浦さん:レイクマスター CT-T ブラック
<穂先>
 伊藤さん:レイクマスター エクスペック
      MO2K KAMISORI SHALLOW
 杉浦さん:レイクマスター エクスペック
      MO3K KAMISORI VERSATILE

●森の中の水族館。(山梨県立富士湧水の里水族館)
住 山梨県南都留郡忍野村忍草3098-1さかな公園内
電 0555-20-5135
営 9:00~18:00
休 火曜(祝日の場合翌日)
料 大人420円、小中学生200円(土曜は無料)
http://www.morinonakano-suizokukan.com/

●グータン
住 山梨県南都留郡山中湖村平野1020-1
電 0555-65-7080
営 11:30~18:00
 (火曜11:30~15:00、土日祝11:00~20:00)
休 水曜・第3火曜(時季により変更あり)
http://gouttemps.com/

●旭日丘観光
住 山梨県南都留郡山中湖村旭日丘506-296
電 0555-62-3059(受付8:00~20:00)
http://www.asakan.gr.jp/dome_forecast.php

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」大阪府泉南市 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、大阪府泉南市の旅と釣りをご案内します。泉南市の漁港から出船し、テンヤ「ゲキハヤ」でタチウオ釣りに挑戦。ドラゴン級のサイズを狙います。旅では、300年続く酒蔵を訪ねて地酒を試飲し、釣ったタチウオを刺身、塩焼きなどで味わいます。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
大阪府南部にある泉南市。今井さんと弥園さんは隣接する阪南市の「浪花酒造」を訪れ、杜氏の畠山隆二さんから、昔ながらの酒造り「槽搾り」などを教えてもらいながら蔵の中を見学。「浪花正宗 純米吟醸」などを試飲し、旅を満喫します。
そして、タチウオ釣りは前回の続きです。岡田浦漁港で「MinatomaruⅡ」に乗り込み、朝6:00に出船。約40分で神戸沖のポイントへ到着します。まずはタックルについて今井さんに教えてもらいます。「竿は柔らかめの調子のサーベルマスター73のM、リールはフォースマスターの400に変えました。どちらも軽快な釣りができると思います。そして、新製品のテンヤ『ゲキハヤ』です。これはワイヤーをまく手間がなく、ワンタッチでエサを付け替えできるので時間を短縮でき、タチウオの群れに出会った時に役立ちます」と今井さん。誘い方についても教えてもらいます。「短いピッチで誘うショートピッチジャーク、ストップ&ゴー、そして、スロー巻きのタダ巻き…」と話している途中でヒットし、「『ゲキハヤ』でアタリました!」とタチウオを釣り上げます。今井さんは1投ごとにアタリをとらえ、徐々にサイズアップ。狙うのはドラゴン級のサイズです。群れとなって泳ぐタチウオは、1匹姿を見せると続けて釣れることが多く、弥園さんも続きます。「トントントンと来ますね」とアタリの感じもつかめたようで、少しずつサイズアップ。さらに今井さんが大きく合わせると、きれいなタチウオが姿を現します。その後もふたりはヒットを続けますが、残念ながらドラゴン級には出会えませんでした。しかし、十分に楽しめたという事で、この日の釣りは終了としました。
その後、ふたりは釣り好きのご主人、山下博司さんが営む「居酒屋りん」を訪れ、今回特別に釣ったタチウオを調理してもらいます。「刺身 炙り」「塩焼き」「天麩羅」などでタチウオ料理を味わいます。皆さんもヒキ味抜群のテンヤタチウオ釣りをぜひ体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<道糸>
 PE 2号
<リーダー> 
 フロロカーボン8号
<テンヤ>
 サーベルマスター 船テンヤ ゲキハヤ
<ロッド>
 今井さん:サーベルマスター SS テンヤ 73 M190
 弥園さん:ベイゲーム X タチウオ 73 M210
<リール>
 今井さん:フォースマスター400
 弥園さん:プレイズ400

●浪花酒造
うまい日本酒「浪花正宗」を300年間、一心に作り続けている地酒蔵、浪花酒造です。

住 大阪府阪南市尾崎町3-13-6
電 072-472-0032
営 (直売所)平日10:00~17:00、土日祝10:00~16:00
  ※酒蔵見学は事前申込要
http://www.naniwamasamune.com/

●居酒屋 りん
住 大阪府阪南市鳥取中252-12
電 072-487-1129

●MinatomaruⅡ
住 大阪府泉南市りんくう南浜 岡田浦漁港
電 090-3673-7100
http://www.minato-maru.com/

「おとな釣り倶楽部」大阪府泉南市 後編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」大阪府泉南市 前編


「おとな釣り倶楽部」は今回、大阪府泉南市の旅と釣りをお届けします。まずは泉南市を訪れて水ナスの漬物や郷土料理を味わい、その後、人気ターゲットのタチウオ釣りを楽しみます。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
今井さんと弥園さんは大阪府南部の泉南市にある「マーブルビーチ」を訪れています。泉南市は大阪湾に面し、沖合には関西国際空港も見えます。ここ泉州地域の特産物といえば水ナスです。2人は「水なす漬物専門 まるも」を訪れ、「水茄子漬」をいただきます。次に「魚割ぽう うお政」を訪れ、郷土料理の箱寿司「エソくずし」「えびくずし」を味わい、この地の食を堪能します。
翌日、2人はテンヤタチウオ釣りを楽しむため、岡田浦漁港を訪れます。まずはタックルについて今井さんに教えてもらいます。「竿はサーベルマスターの新シリーズSS。状況に合わせていろんな釣りに対応できます。例えば、小さなアタリを拾うこともできるし、スロー巻きで誘うこともできます。リールはフォースマスターの600、道糸はPE2号、リーダーはフロロカーボン8号。ワンタッチで取り付け可能なテンヤ『ゲキハヤ』は入れ食いになった時に便利です。ノーマルなテンヤと状況に合わせて使い分けます」。準備が整ったところで出船し、神戸沖のポイントへ。今井さんは「まずはいろいろ試してアタリの出る釣り方を見つけましょう」と言い、ワンピッチジャークで誘いをかけます。タチウオのアタリは多彩で、初めはエサを突くように小さく、力強くなれば、竿先を上げてアワセます。早速、今井さんがタチウオを釣り上げます。続けてもう一度釣り上げますが、狙ったサイズではありません。ここで今井さんは「食い渋りそうなのでエサのイワシの頭を切り取り、タチウオの活性を高めましょう」と提案します。弥園さんがこの方法で挑み、タチウオを釣り上げます。一方、今井さんは大物をとらえたと思いきや痛恨のバラシ。弥園さん、次に今井さんがヒットしますが、どちらもこの日のアベレージサイズです。そして今井さんが今回一番大きな101センチのタチウオを釣り上げることに成功し、その後も2人は1投ごとにアタリをとらえます。繊細なアタリから針掛かりさせた時の強いヒキと多彩に楽しめるタチウオ釣り。次回もこの続きをお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<道糸>
 PE 2号
<リーダー> 
 フロロカーボン8号
<テンヤ>
 サーベルマスター 船テンヤ
<ロッド>
 今井さん:サーベルマスター SS テンヤ 82 MH180
 弥園さん:ベイゲーム X タチウオ 73 M210
<リール>
 今井さん:フォースマスター600
 弥園さん:プレイズ400

●水なす漬物専門 まるも
住 大阪府泉南市信達大苗代1007
電 072-483-2423
営 9:00~18:00
休 日曜
http://www.e-marumo.com/

●魚割ぽう うお政
住 大阪府泉南市北野2-183-1
電 072-483-4657
営 11:00~15:00(LO14:00)、17:00~22:00
休 無休(年末年始を除く)
http://www.uomasa-net.com/

●MinatomaruⅡ
住 大阪府泉南市りんくう南浜 岡田浦漁港
電 090-3673-7100
http://www.minato-maru.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県平塚市 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に続き、神奈川県平塚市の旅と釣りをご紹介します。まずは相模湾でシイラのキャスティングゲームを楽しみます。さらに、相模川流域の自然と文化を知ることができる博物館や、シイラのメンチカツも味わいます。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
村田さんと杉浦さんは平塚港から出船し、日本三大深湾とも呼ばれる相模湾でシイラゲームに挑みます。まずは今回のタックルについておさらいします。「シイラ用のタックルは、ライトタックルです。ロッドは7フィート半~8フィート。リールは5000~6000番くらいです。ルアーは浮くタイプと沈むタイプがあります。シンキングペンシルは小さいですけれど重たくて、よく飛びます。そして一度沈んだ後、早く巻くと水面に出てくるんですよ」と村田さん。前回は、杉浦さんが1投目でヒットしシイラを釣り上げ、村田さんもきれいなシイラを釣り上げました。今回はどんな出合いがあるのでしょうか。シイラを探して大磯沖まで移動し、その後も細かく移動します。しばらくして、村田さんがかわいいサイズのシイラを釣り上げます。村田さんが「潮の流れがぶつかる境目に向かってキャストします」とアドバイス。すると、村田さん、杉浦さんがダブルヒット! かわいいサイズでリリースしましたが、期待も高まります。村田さんはまたもヒットします。ここでキャスティングについておさらいをします。「右手よりも左手のヒキがポイント。キャストする瞬間に左手を引くこと。これを覚えておくとよく飛びます」と村田さん。さらに「ラインローラーを上げてラインを右手で拾ってからベールを返します。スピニングリールでは右利きの人は左手で巻くと、一連の動作が上手くいくようになります」。そうこうしているうちに釣りの終了までわずかになりました。先に村田さんがヒットし、その後、杉浦さんが元気のいいシイラを釣り上げ、この日の釣りを終えました。
村田さんと杉浦さんは平塚市を散策します。最初に訪れたのは相模川流域の自然と文化をテーマにした「平塚市博物館」。学芸担当長の栗山雄揮さんに案内してもらい、五領ヶ台貝塚の縄文人の暮らしに思いを馳せます。その後、平塚市内にある「鳥仲商店」で「平塚シイラのメンチカツ」「マヒマヒタルタルバーガー」を味わいます。エキサイティングなファイトが楽しめるシイラゲーム。皆さんも体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE3号
<リーダー> 
 ナイロン50~60lb
<ルアー>
 コルトスナイパー ロックスライド 140S AR-C
 オシア ペンシル 115HS
<ロッド>
 村田さん:ワールドシャウラ ツアーエディション 2745R-5
 杉浦さん:グラップラー タイプC S77M
<リール>
 村田さん:ステラ 4000XG
 杉浦さん:ストラディック SW 5000XG

●平塚市博物館
住 神奈川県平塚市浅間町12-41
電 0463-33-5111
開 9:00~17:00(入館16:30まで)
料 無料
休 月曜(祝日の場合火曜)、館内整理日など
http://www.hirahaku.jp/

●鳥仲商店
住 神奈川県平塚市黒部丘2-3
電 0463-31-0349
休 日・祝
営 10:00~19:00(4月1日~10月31日)
  10:00~18:30(11月1日~3月31日)
https://www.torinaka.com/hpgen/HPB/entries/7.html

●庄三郎丸
住 神奈川県平塚市千石河岸57-17
電 0463-21-1012
http://www.shouzaburo.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県平塚市 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は神奈川県平塚市の旅と釣りをお届けします。平塚市の旅では、緑あふれる「花菜ガーデン」で花と園芸の魅力に触れ、平塚駅ビルの屋上にあるテラスでBBQを楽しみます。その後、相模湾にてキャスティングでシイラを狙います。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
神奈川県の中央部に位置し、相模湾に面する平塚市。村田さんと杉浦さんが訪れたのは広大な敷地に四季折々の植物が育まれる「花菜ガーデン」です。2人は花や木、そして畑を見学します。続いて、平塚駅ビルの屋上にあるイタリアンレストラン「アマルフィホワイトガーデン」へ。心地よいテラス席でBBQやスパークリングワインなどを味わいます。
翌日はキャスティングでシイラ釣りに挑みます。まずは村田さんからタックルについて教えてもらいます。「シイラ用のタックルは、ライトタックルです。ロッドは7フィート半~8フィート。リールは小さくてライトな5000番くらい。ルアーはペンシルベイト、シンキングペンシル、ミノーの3種類があり、シンキングペンシルは小さいですけれど重たくてよく飛びます」。そして、ラインは3号のPEラインにナイロンのリーダーがおすすめとのこと。朝5:30、「庄三郎丸」で出船し、平塚沖のポイントへ。シイラ釣りは朝一番がチャンスなのです。準備ができたらすぐにキャストします。「ルアーが着水したらすぐに巻きます」と村田さん。すると、なんと杉浦さんが1投目で初ヒット! 続いて村田さんもヒットし、2人揃ってシイラを釣り上げます。同じポイントで引き続きシイラを狙います。村田さんは「巻くスピードはとにかく速く!」とアドバイス。村田さんがまたもシイラを釣り上げますが、今度は可愛らしいサイズだったのでリリースします。ここで村田さんにシイラ釣りで留意すべきことを教えてもらいます。「乗合い船の場合、ロッドは上から構えず下から飛ばすこと。船のルールにもよりますが、バーブレスといって針のカエシをペンチなどでつぶしておくことです」。ここで、アタリがなくなったので、船長の判断でポイントを移動します。その後、水面を跳ねるイルカの群れに出合い、2人はしばしイルカウォッチング。手軽に始められてエキサイティングなシイラゲーム。次回もこの続きをお届けします。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE3号
<リーダー> 
 ナイロン50~60lb
<ルアー> 
 コルトスナイパー ロックスライド 140S AR-C
 オシアペンシル 115HS
<ロッド>
 村田さん:ワールドシャウラ ツアーエディション 2745R-5
 杉浦さん:グラップラー タイプC S77M
<リール>
 村田さん:ステラ 4000XG
 杉浦さん:ストラディック SW 5000XG

●花菜ガーデン
住 神奈川県平塚市寺田縄496-1
電 0463-73-6170
営 9:00~17:00
休 9~11月は無休
料 大人540円、高校生以上20歳未満300円、小・中学生200円、シニア310円
※営業時間、休園日、入園料金は季節により異なる
http://kana-garden.com/

●アマルフィイ ホワイトガーデン
住 神奈川県平塚市宝町1-1
電 0463-74-5661
営 11:00~22:00
http://www.be-value.co.jp/restaurant/white_garden.html

●庄三郎丸
住 神奈川県平塚市千石河岸57-17
電 0463-21-1012
http://www.shouzaburo.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」和歌山県田辺市 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、和歌山県田辺市の旅をお届けします。白浜沖でイカ釣りを楽しみ、その後、田辺市の山側を散策し、釣ったイカも味わいます。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
今井さんと弥園さんは、和歌山県南部、太平洋に面した田辺市江川から「海凰丸」に乗船し白浜沖のポイントへ。ここでイカ釣りに挑みます。まずは、タックルについておさらいします。「ロッドはセフィアSSメタルスッテ。イカは触腕でスッテをさわってくるので、その微妙なアタリをとれる柔らかい竿先です。リールはバルケッタのプレミアム150。新しいタイプで、フォールレバーという、フォールスピードをコントロールできるレバーが付いています」と今井さん。そして、セフィア スッテアシストリーダー、下にセフィア ノリノリスッテ20号、上にセフィア フワフワスッテをセット。リーダーとサルカンの結び方「ユニノット」も教えてもらいます。やがて、周辺の船にも集魚灯が灯り、イカが寄ってきているようです。「海凰丸」船主の坂本裕樹さんから「5メートルずつ探ってみてください」とアドバスをもらい釣りを開始。メタルスッテが着底したら、根掛りを避けるため、少し巻き上げて止めておきます。アタリがなければアクションをつけ、反応がなければタナを上げてもう一度誘います。早速、弥園さんが「ノリました!」とケンサキイカを釣り上げ、今井さんも続きます。さらに、今井さんがいいサイズのイカを、弥園さんも小さなイカを釣り上げます。「スミが付いたスッテはイカが警戒するので、歯ブラシなどで落としておきます」と今井さん。2人はアタリが連発し、徐々にサイズアップ。ここで、今井さんに釣果アップの秘訣を聞きます。「まずはタナをこまめに探ること。ロッドを上下させたり、小さなシャクリを入れたりしてメタルスッテを動かして止める。この止めた時にイカがのってきます」。1投ごとにアタリをとらえることができ、弥園さんも楽しそう。一方、今井さんは釣ったイカを「沖漬けのタレ」に入れて味を付けます。2人は納得のいくサイズと数を釣り上げたので、釣りを終了します。
釣りを終えた2人は田辺市の山側を散策します。四季折々の渓谷美を見せてくれる「奇絶峡」を訪れ、続いて「紀州備長炭記念公園」へ。この日はちょうど窯出しで、2人は特別に見学をさせてもらいます。そして「酒味道楽なじみ」で釣ったイカを調理してもらい、ご主人にイカのさばき方も教えてもらいます。2人は「イカソーメン」「イカの梅香鍋」などを味わいます。釣って楽しい、食べておいしいイカ。皆さんも体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 1.0号
<リーダー> 
 フロロカーボン3号
 セフィア スッテアシストリーダー
<スッテ>
 セフィア ノリノリスッテ20号
 セフィア コロコロスッテ10号
 セフィア フワフワスッテ
<ロッド>
 今井さん・弥園さん:
 セフィアSS メタルスッテ B66ML-S
<リール>
 今井さん:バルケッタ プレミアム150DH
 弥園さん:バルケッタ プレミアム150

●奇絶峡
住 和歌山県田辺市上秋津

●紀州備長炭記念公園
住 和歌山県田辺市秋津川1491-1
電 0739-36-0226
https://www.binchotan.jp

●酒味道楽なじみ
住 和歌山県田辺市湊2-7駅前センタービル1F
電 0739-24-7703
営 11:30~13:30、17:00~23:00
休 日曜

●海凰丸
住 和歌山県田辺市江川
電 0739-25-1184
http://minnaga.com/taka_maru/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」和歌山県田辺市 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は和歌山県田辺市の旅。武蔵坊弁慶にゆかりのある神社や漁協が営む食堂を訪れて田辺市の旅を楽しみ、その後、白浜沖で半夜のイカ釣りに挑戦します。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
今井さんと弥園さんは和歌山県南部、武蔵坊弁慶誕生の地として伝わる田辺市を訪れています。2004年に世界文化遺産に登録された「闘鶏神社」は、檀浦の合戦で源氏を勝利に導いた熊野水軍に関する伝説もあり、勝利の神様として知られています。次に、地元の漁協が営む「湊浦漁協食堂」を訪れ、早朝に水揚げした新鮮な「生しらす丼」を味わいます。
その後、2人は白浜沖の夏の夜の風物詩、イカ釣りに挑戦します。最初に、タックルについて今井さんに教えてもらいます。「ロッドはセフィアSS。イカは触腕でさわってくるので、竿先が柔らかいタイプです。リールはバルケッタのプレミアム150。新しいタイプで、特長はフォールレバーという、これまで制御するのが困難だったフォールスピードをコントロールできるレバーが付いていることです。イカはフォールの時に、のってくる確率が高いんです」。リーダーについては「メタルスッテ専用のリーダー、セフィアスッテアシストリーダーがあるんです。下にセフィア ノリノリスッテ20号、上にセフィア フワフワスッテをセットします」。そして、リーダーとサルカンの結び方も教えてもらいます。そして、「海凰丸」船主の坂本裕樹さんに近況を聞いて、午後6:00に出船。白浜沖のポイントに到着すると、今井さんから釣り方について教えてもらいます。「底まで仕掛けを落とし、着底したら根掛りを避けるため少し巻き上げて止めます。その間に、ロッドを大きく上下させたり、小さなシャクリを入れたりしてアクションをつけ、イカにメタルスッテの存在をアピールします」。ここで、弥園さんが「何か来ました!」と言いながら巻き上げてみると、小さなケンサキイカ。やがて集魚灯も灯り、小魚もイカも寄ってきそうです。船長から、小さめのメタルスッテに変えるようアドバイスがあり、弥園さんは、セフィア コロコロスッテ10号に変更。早速アタリがあり、隣で今井さんも。2人はケンサキイカを釣り上げ、イカの活性が高まってきたことを実感します。続いて、今井さんが良型のケンサキイカを釣り上げ、弥園さんが「重たい…」と言いながら一度に2匹釣り上げるダブルヒット! 2人とも順調にアタリをとらえ、イカが次々と姿を現します。皆さんも是非イカ釣りを体験してみてはいかがですか?

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 1.0号
<リーダー> 
 フロロカーボン3号
 セフィア スッテアシストリーダー
<スッテ>
 セフィア ノリノリスッテ20号
 セフィア コロコロスッテ10号
 セフィア フワフワスッテ
<ロッド>
 今井さん・弥園さん:
 セフィアSS メタルスッテ B66ML-S
<リール>
 今井さん:バルケッタ プレミアム150DH
 弥園さん:バルケッタ プレミアム150

●闘鶏神社
住 和歌山県田辺市東陽1-1
電 0739-22-0155

●湊浦漁協食堂(和歌山県田辺市港浦漁業協同組合)
住 和歌山県田辺市磯間27-6
電 0739-22-0430
営 11:00~14:00
休 日曜~金曜 ※土曜のみ営業

●海凰丸
住 和歌山県田辺市江川
電 0739-25-1184
http://minnaga.com/taka_maru/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」長野県大町市・安曇野市 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、長野県大町市と安曇野市の旅と釣りをお届けします。大町市にある大型の管理釣り場「鹿島槍ガーデン」でトラウトフィッシングを楽しみ、その後、安曇野市の人気スポットを訪れます。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
村田さんと杉浦さんは、長野県大町市にある人気の管理釣り場「鹿島槍ガーデン」を訪れ、トラウトフィッシングを楽しみます。最初に、タックルについて前回のおさらいをします。「この真っ赤なロッドは、ワールドシャウラから誕生した、管理釣り場用のスペシャルなロッドです。カッコいいですね。このリールは4lbクラスのラインに適したC2000のハイギアで、管理釣り場で一般的に使われています」。釣り方について「ちょっと沈めて、ラインを見ながら一定のスピードで巻く。ラインに変化があったらアワセます」と教えてくれます。前回は60センチ級のブラウントラウトを釣り上げた村田さん、そして、苦戦しながらも大型トラウトのヒキを味わった杉浦さん。今回はどんな釣りになるのでしょうか。
かすかなラインの変化に注意しながら、ゆっくりと誘う村田さん。早速、レインボートラウトを釣り上げ、「魚をネットに入れたらすぐにリールのベールを返すこと」と教えてくれます。村田さんは、続いてきれいなブラントラウトを釣り上げます。一方、杉浦さんもレインボートラウトを釣り上げ、スプーンをピンク色に変えてアルビノを狙いますが、釣り上げたのはブラウントラウト。ここで、村田さんが70センチ超え、5キロを超える迫力あるブラウントラウトを釣り上げます。杉浦さんもブラウントラウト、続いて狙っていたアルビノを釣り上げ、最後に、村田さんが美しいブラウントラウトを釣り上げ、釣りを終了します。
釣りの後、2人は安曇野市を散策します。北アルプスのふもとにあり、4万5,000坪の面積を誇る「大王わさび農場」を訪れ、見学後、わさび入りのソフトクリームを食べます。続いて、地元で人気の「スープカレー ハンジロー」でスープカレーを味わいます。手軽に訪れることができて、大型のヒキを楽しめる管理釣り場。皆さんもぜひ体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 村田さん:ナイロン4lb
 杉浦さん:ナイロン3.5lb
<ルアー>
 カーディフ ロールスイマー5g
 カーディフ アルミロール
<ロッド>
 村田さん:
 ワールドシャウラ テクニカルエディション
 S62L-2(プロトタイプ)
 杉浦さん:カーディフAX S62SUL-F
<リール>
 村田さん:ステラC2000SHG
 杉浦さん:ツインパワーC2000S

●大王わさび農場
住 長野県安曇野市穂高3640
電 0263-82-2118
営 9:00~17:20 ※3~10月の場合。季節により異なる
休 無休
料 入場無料
https://www.daiowasabi.co.jp/

●スープカレーのハンジロー
住 長野県安曇野市穂高4857-1
電 0263-82-0688
営 11:00~LO14:30、17:30~LO20:30
※ディナーは金・土曜で要予約
休 日曜
http://hanjiro.jp/

●鹿島槍ガーデン
住 長野県大町市平鹿島8589
電 0261-22-8854
http://kashimayari-garden.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」長野県大町市・安曇野市 前編


「おとな釣り倶楽部」は今回、長野県大町市と安曇野市の旅と釣りをお届けします。「大町山岳博物館 付属園」「安曇野ワイナリー」を訪れ、その後、人気の管理釣り場「鹿島槍ガーデン」でトラウトフィッシングを楽しみます。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
長野県北西部に位置する大町市を訪れている村田さんと杉浦さん。2人は、北アルプスやその周辺でみられる動物や植物を飼育・展示している「大町山岳博物館 付属園」を訪ね、ライチョウやニホンカモシカなどを見学します。続いて、隣接する安曇野市にある「安曇野ワイナリー」へ。豊かなブドウ畑を見て、ワインショップでワインを試飲し、旅を楽しみます。
翌日、2人はトラウトフィッシングを楽しむため、人気の管理釣り場「鹿島槍ガーデン」にやってきます。釣りを始める前に、トラウトフィッシングのタックルについて、村田さんに教えてもらいます。「まずはロッドですが、この真っ赤なロッドを見てください。ワールドシャウラが管理釣り場用のスペシャルなロッドを作ったんです。カッコいいでしょう。そして、リールは4lbクラスのラインに適したC2000のハイギアが、管理釣り場では一般的です」。ルアーについては、「アルミニウム製はアピール力が高い」と村田さん。いよいよ、トラウトフィッシングを開始します。村田さんは、キャストしながら「ちょっと沈めて、ラインを見ながら一定のスピードで巻きます。ラインに変化があったらアワセます」と教えてくれます。開始早々に村田さんがヒットし、大きなレインポートラウトを釣り上げます。続いて、トラウトフィッシングが初めての杉浦さんも挑戦します。管理釣り場では、片手でキャストすることを教えてもらい、ラインの変化に集中します。ここで、村田さんが再びヒットし、今度は60センチもあるブラウントラウトを釣り上げます。そして、ようやく杉浦さんがヒットし、レインポートラウトを釣り上げます。次回はこの続きをお届けします。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 村田さん:ナイロン4lb
 杉浦さん:ナイロン3.5lb
<ルアー> 
 カーディフ ロールスイマー5g
 カーディフ アルミロール
<ロッド>
 村田さん:
 ワールドシャウラ テクニカルエディション S66SUL-2
 杉浦さん:カーディフAX S62SUL-F
<リール>
 村田さん:ステラC2000SHG
 杉浦さん:ツインパワーC2000S

●大町山岳博物館 付属園
住 長野県大町市大町8056-1
電 0261-22-0211(博物館)
開 9:00~17:00(入館は~16:30)
休 年末年始 ※天候等により休園あり
料 無料(博物館本館は大人400円)
https://www.omachi-sanpaku.com/facility/garden/

●安曇野ワイナリー
住 長野県安曇野市三郷小倉6687-5
電 0263-77-7700
営 9:00~17:00(3月1日~11月30日)
休 年末年始
http://www.ch-azumino.com/

●鹿島槍ガーデン
住 長野県大町市平鹿島8589
電 0261-22-8854
http://kashimayari-garden.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」ダイジェスト版


今回の「おとな釣り倶楽部」はダイジェスト版をお届けします。前半は東京都深川を訪ね、東京湾でキスとライトアジを狙います。後半は徳島県鳴門市で大鳴門橋の遊歩道を訪れ、鳴門沖で鯛ラバを楽しみます。前半に登場するのはシマノインストラクターの伊藤 智さん、ナビゲーターの杉浦里奈さん、後半に登場するのはアンバサダーの村田 基さん、シマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
伊藤さんと杉浦さんは東京都深川を訪れています。この町には、江戸最大の八幡宮として親しまれている「富岡八幡宮」があり、江戸三大祭でも有名なところです。
翌日、2人は東京湾でリレー船に乗り、まずは木更津沖でシロギスを狙います。実は伊藤さんも杉浦さんもこの釣りは初めて。「深川吉野屋」船長の高橋 郷さんに仕掛けについて教えてもらいます。「付けエサはアオイソメ。針先を出すようにして付けます」。水深約15メートルのポイントで真下に仕掛けを落とし、着底したら糸ふけを取って誘います。すると、まず伊藤さんがヒットし、15センチほどのシロギスを釣り上げます。一方、杉浦さんは軽くキャストして広範囲を探ってシロギスをヒット。その後も2人は連続でシロギスを釣り上げます。続いて、本牧沖でライトアジを狙います。「付けエサの赤タンは針先を少し出し、コマセはイワシミンチで7~8分目くらい入れます」と高橋船長。仕掛けを落とし、オモリが着底したら、1メートルほど巻き上げてコマセを撒き、コマセの煙幕に仕掛けを同調させます。すると伊藤さんがヒットしますが、残念ながらシロギス。今度は杉浦さんがヒットし、本命のマアジを釣り上げました。その後、伊藤さんも本命のマアジを釣り上げ、杉浦さんも続き、この日の釣りを終了しました。
番組後半は、徳島県鳴門市の旅。村田さんと弥園さんは、大鳴門橋の橋げたに造られた遊歩道「渦の道」を訪れ、海上45メートルの高さから渦潮を眺めます。
翌朝、2人は亀浦漁港で佐々木さんと合流し、鳴門沖で鯛ラバを楽しみます。「ここは海峡になっていて潮の流れが速く、タイの身が締まっておいしい」と佐々木さん。佐々木さんは70グラムの鯛ラバに赤のカーリーをセット。一方、村田さんは80グラムの鯛ラバを使います。まずは、佐々木さんが「よし、のった」とヒットし、マダイを釣り上げます。一方、村田さんと弥園さんは佐々木さんのアドバイスでトレーラーワームを付けてみることに。すると、弥園さんが奇麗なマダイを釣り上げます。その後、水深100メートルのかけ下がりのポイントで村田さんがヒットし、見事、良型のマダイを釣り上げます。
釣りの後、村田さんと弥園さんは「鯛丸 海月」を訪れ、鳴門鯛を存分に味わいました。
今回ご紹介したのは、初めてでも楽しめるキス釣り、ライトアジ釣り、鯛ラバ。皆さんもぜひ、体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル シロギス】
<ライン>
 PE1.0号
<仕掛け>
 ハリス0.8号
 幹糸0.8号
 流線金針7号
 全長90cm
<その他>
 オモリ15号
 片テンビン
<ロッド>
 伊藤さん・杉浦さん:ベイゲームX キス M180
<リール>
 伊藤さん・杉浦さん:ツインパワー C3000

【タックル LTアジ】
<ライン>
 PE1.0号
<仕掛け>
 ハリス1.5号
 幹糸1.5号
 ムツ金針10号
 全長2m
<その他>
 オモリ40号
 LTビシ
 片テンビン
<ロッド>
 伊藤さん・杉浦さん:シーマイティ R73 30-210
<リール>
 伊藤さん・杉浦さん:NEWバルケッタ BB 300HG

【タックル 鯛ラバ】
<ライン>
 PE0.8~1号
<リーダー>
 佐々木さん:フロロカーボン10lb
 村田さん・弥園さん:ナイロン16lb
<鯛ラバ>
 70~120g
<その他>
 炎月バクバクトレーラー
 マイクロコイカー
<ロッド>
 佐々木さん:エンゲツ エクスチューンB610ML-S
 村田さん:NEWワールドシャウラ 1651FF-3
 弥園さん:炎月SS B610MS
<リール>
 佐々木さん:炎月 プレミアム150PG
 村田さん:アンタレスDCMD
 弥園さん:炎月100PG

●富岡八幡宮
住 東京都江東区富岡1-20-3
電 03-3642-1315
http://www.tomiokahachimangu.or.jp/

●深川吉野屋
住 東京都江東区木場6-12-7
電 03-3644-3562
http://www.team-yoshinoya.com/diarypro/

●大鳴門橋遊歩道 渦の道
住 徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)
電 088-683-6262
営 9:00~18:00(時期により異なる)
休 3・6・9・12月第2月曜
料 大人510円、中高生410円、小学生250円
https://www.uzunomichi.jp/

●鯛丸 海月
住 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池15-33
電 050-3066-1001
https://taimaru-kaigetsu.com/

●釣り船 つるぎ
住 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛亀浦漁港
電 088-687-0598
http://www.nmt.ne.jp/~turugi/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県明石市 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、兵庫県明石市の旅と釣りをお届けします。明石海峡でタコエギを楽しみ、その後、「明石市立天文科学館」を見学し、タコ料理を味わいます。登場するのはアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
兵庫県南部に位置する明石市。近隣の海は複雑な地形と潮流によって、多くの魚がすむ漁場です。まずはタックルについておさらいします。「僕が使うのは、タコエギのBBで竿先は柔らかめ。リールはコンパクトですが、馬力はあるのでタコ釣りにいい」と今井さん。仕掛けのセッティングでは、一番上にオモリ、残り2つにエギを付けます。明石浦漁港を朝5:30に出船。前回は「鹿の瀬」ポイントで、今井さんも弥園さんもマダコに出合うことができました。釣り方について今井さんは「仕掛けを底につけた状態で小さく誘います」と教えてくれます。しばらくすると、弥園さんが「来ました。重たい…」と手応えを感じ、マダコを釣り上げます。続いて、今井さんも小ぶりのマダコを釣り上げます。潮の流れが速くなってきたこともあり、「江井ヶ島沖」へポイントを移動します。すると早速、今井さんにアタリがあり、マダコを釣り上げます。続いて、弥園さんも小さなマダコを釣り上げました。今井さんが再びマダコを釣り上げ、2人とも絶好調です。小さくても重量感が味わえるのもタコ釣りの魅力。最後に今井さんがマダコを釣り上げ、この日の釣りを終えました。
今井さんと弥園さんは明石市を散策します。訪れたのは「明石市天文科学館」。日本標準時子午線上にあることから、“時と宇宙”をテーマにした博物館です。こちらの西山愛子さんに案内してもらい、館内を見学します。続いて訪れたのは「明石みつぼし」。地元の食材にこだわった人気店で、2人は「たこづくし御膳」で天ぷら、酢の物、たこ飯などを味わいます。誰にでも簡単に始められるタコエギ。皆さんも体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン> 
 PE2号
<リーダー>
 フロロカーボン 30lb
<その他>
 オモリ50号
 タコエギ
<ロッド>
 今井さん:タコエギ BB S175
 弥園さん:ベイゲーム X タコエギ 175
<リール>
 今井さん:ゲンプウXT 200PG
 弥園さん:グラップラー 300HG

●明石市立天文科学館
住 兵庫県明石市人丸町2-6
電 078-919-5000
開 9:30~17:00(入館16:30まで)
休 月曜、第2火曜、年末年始
料 大人700円、高校生以下無料、65歳以上(明石市内在住)無料
http://www.am12.jp

●明石みつぼし
住 兵庫県明石市本町1-2-4
電 078-911-3381
営 11:30~15:00、17:00~21:00
休 日曜

●釣船 鍵庄
住 兵庫県明石市岬町5-5
電 078-913-9035
休 火曜
http://turibunekagisyou.verse.jp

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県明石市 前編


「おとな釣り倶楽部」は今回、兵庫県明石市の旅と釣りをお届けします。明石市の旅では、平清盛にゆかりのある史跡を訪ね、商店街に立ち寄って海の幸を味わいます。その後、明石海峡でタコエギを楽しみます。登場するのはアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
兵庫県の南部にある明石市。目の前には明石海峡が広がっています。明石城を中心に栄え、市内には歴史上の人物にゆかりのある史跡も数多くあります。今井さんと弥園さんが訪れたのは、「法寫山(ほうしゃざん)善楽寺 戒光院」。こちらは7世紀に創建され、明石で最も古い寺院と言われています。その後、火災で焼失するものの、平清盛によって再興されたと伝えられています。2人はここで、翌日の海上安全を祈願します。続いて、2人は「明石 魚の棚商店街」を歩き、「助六御膳」に立ち寄ります。海鮮「上ちらしずし」や「穴子丼」を注文し、明石でとれた海の幸を味わいます。
翌朝、2人は「明石浦漁港」にやってきます。明石海峡は、海底の変化に富み、潮流が速いことから、魚種も豊富で魚の身が引き締まっていることで知られています。そして、明石と言えばタコ。今回は、タコエギでマダコをねらいます。「タコエギは、手軽で初心者でも釣りやすいと人気が出ています」と今井さん。まずは、タックルについて教えてもらいます。「僕が使うのは、タコエギのBBで、竿先は柔らかめ。それに合わせてリールはゲンプウ。コンパクトですが、馬力はあるのでタコ釣りに向いています」。続いては、仕掛けのセッティングについて。「ラインの先にリーダーを付け、その先にスナップを付けます。タコエギの接続には、スイベルが3つ付いた仕掛けを使います。オモリ50号を一番上に付け、残り2つのスナップにエギを付けます」。今年のエギの色は、黄色と緑色。2つの色を付けてタコにアピールします。「釣船 鍵庄」の船長・鍵本翔太さんとともに、明石浦漁港を朝5:30に出船。「鹿の瀬」というポイントに到着し、今井さんはグリーンとピンクのエギをセットします。「仕掛けを投入したら、底をとってエギを揺らし、仕掛けを底に付けた状態で誘います。タコがのったら、引っ張られる感覚があります」と説明をしていると、「のりました!」と今井さんがヒット。マダコを釣り上げますが、可愛いサイズなのでリリース。ここで、釣り方を教わった弥園さんもタコエギに挑戦します。しばらくすると、弥園さんが「ん?何か重たい…」と言いながら巻き上げ、初のマダコを釣り上げます。海底付近に潜むタコ。タコを誘ってエギにのせるのがこの釣りの醍醐味。再び、弥園さんがヒットし、「サイズアップしたら重くなりました」とマダコを釣り上げます。ここで、今井さんが、赤色系から黄色系へエギを変更すると、今井さんがヒットし、見事なマダコを釣り上げます。次回もこの続きをお届けします。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン> 
 PE2号
<リーダー>
 フロロカーボン 30lb
<その他>
 オモリ50号
 タコエギ
<ロッド>
 今井さん:タコエギ BB S175
 弥園さん:ベイゲーム X タコエギ 175
<リール>
 今井さん:ゲンプウXT 200PG
 弥園さん:グラップラー 300HG
●法寫山 善楽寺戒光院
住 兵庫県明石市大観町11-8
電 0078-913-1943

●助六御膳
住 兵庫県明石市本町1-1-17 魚の棚中央
電 078-918-7667
営 11:00~20:00
休 木曜
http://sukerokugozen.com

●釣船 鍵庄
住 兵庫県明石市岬町5-5
電 078-913-9035
休 火曜
http://turibunekagisyou.verse.jp

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」千葉県勝浦市 後編


今回の「おとな釣り倶楽部」は千葉県勝浦市の旅と釣りをお届けします。前回に引き続き、外房の海でキャスティングゲームを楽しみ、その後、勝浦市のご当地グルメを味わい、人気のお土産店に立ち寄ります。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
千葉県勝浦市は古くから漁師町として栄え、さまざまな魚介類が水揚げされています。村田さんと杉浦さんは、勝浦川津港から出船し、キャスティングゲームに挑戦します。最初に、タックルのおさらいをします。「キャスティングで使うルアーはシンキングペンシル、フローティングペンシル、ミノーの3種類。ロッドは7~8フィートのもので、パックロッドというコンパクトになるタイプもあります。リールはスピニングを使います」と村田さん。出船しておよそ40分、大原沖に到着。ここで村田さんから基本的な釣り方として、「ルアーを引っ張るイメージで魚を誘います」と教えてもらいます。前回は、途中でナブラを発見し、そこをめがけて何度か試みましたが、ヒットしませんでした。今回、青物との出合いはあるのでしょうか。先ほどの大原沖から30分移動し、真潮根に到着。村田さんはフローティングペンシルからシンキングペンシルに変えます。実はこの日、前日から水温が5度も下がっていたのです。「新勝丸」の船長・田村将志さんも細かくポイントを変えてくれます。村田さんは再びフローティングペンシルに変えて挑戦しますが、魚の活性は上がりません。そこで村田さんにキャスティングのコツを教えてもらうことに。まずはアンダーハンド編から。「基本的に、周囲に人が多い時はアンダーハンドで。たらしが短い時はロッドの反発を使ってキャストし、たらしを長めにとれる時は1回転してキャスト。この時、脇にロッドを挟んでキャストすると片手でも飛距離が出せます」。続いてはオーバーヘッド編。「肩に力が入らないように。右手を使わず、左手の力でキャストするのがポイント」。たらしが長くても遠心力を使ってキャストすると飛距離が出るのだそう。「大きく回せば、さらに10~20メートルは飛びます」とも。さて、青物を求めてラストスパートをかける村田さんと杉浦さん。魚探「探見丸」には、終了間際にこの日一番の魚の反応が出ていますが、あいにくの雨。村田さんは魚の姿を発見しますが、魚を釣り上げることはできませんでした。
釣りを終えた2人は、勝浦市を散策します。まずは、海辺にある「Dining Bar RAGTIME」へ。こちらで杉浦さんはご当地グルメの「勝浦タンタンメン」を、村田さんは郷土料理をアレンジした「和風ねぎ焼きピッツア」を注文し、絶妙な味を堪能します。続いて「南房総勝浦 おさかな村」へ。地元でとれた海産物などが並ぶなか、冷凍されていない「できたてひもの」を試食し、2人はそのおいしさに感動します。思いのほか手軽にできるキャスティングゲーム、皆さんもぜひ体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン> 
 PE3.0~4.0号
<リーダー>
 ナイロン60~80lb
<ルアー>
 オシアペンシル160F AR-C
 オシアペンシル115HS/42g
<ロッド>
 村田さん:ワールドシャウラ ツアーエディション 2754R-5
 杉浦さん:グラップラー タイプC S77M
<リール>
 村田さん:ステラSW 6000XG
 杉浦さん:バイオマスターSW 8000HG

●南房総勝浦 おさかな村
住 千葉県勝浦市浜行川134-1 勝浦バイパス沿い
電 0120-037-615
営 8:00~17:00
http://www.osakanamura.com/

●Dining Bar RAGTIME
住 千葉県勝浦市部原1928-32
電 0470-73-8666
営 11:00〜15:00、17:00〜23:00

●新勝丸
住 千葉県勝浦市新官966-133
電 0470-73-9454
http://www.shinsyomaru.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」千葉県勝浦市 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は千葉県勝浦市の旅と釣りをお届けします。勝浦市では沖合にある海中展望塔、そして、由緒ある「遠見岬神社」を訪ねます。その後、外房の海でキャスティングゲームを楽しみます。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
村田さんと杉浦さんは、千葉県南東部に位置する勝浦市を訪れています。はじめに訪れたのは「かつうら海中公園」。ここには、沖合60メートルのところに海中展望塔があり、水深8メートルから海の様子を見ることができます。メジナやスズメダイ、タカノハダイなどを、まるでダイバーのような目線で眺めることができるのです。続いて訪れたのは「遠見岬神社」。神主の小林悠紀さんによれば、平安時代より以前からある神社とのこと。「この『富咲石段』は60段あり、ここに約1,800体のひな人形が飾られ、巨大なひな段が登場します」と小林さん。その後、村田さんと杉浦さんは明日の釣果を願い、本殿に参拝します。
翌朝、2人は勝浦川津港を訪れ、外房の海でキャスティングに挑戦します。まずはタックルについて村田さんに教えてもらいます。「キャスティングで使うルアーには、シンキングペンシル、フローティングペンシル、ミノーの3種類があります。ロッドは7~8フィートのもの。一方、コンパクトになり、持ち運び便利なパックロッドもあります。リールはスピニングが使いやすいでしょう」と教えてくれます。続いて、ルアーとリーダーの結び方について。「リーダーを軽く結んで輪を作ります。リーダーの先をルアーに通し、作った輪に通してリーダーの端線を本線に4回ほど巻き付け、先を締めれば出来上がり。これをループノットと言います」。準備が整ったところで、「新勝丸」の船長・田村将志さんに最近の状況を聞き、朝5:00に出船。大原沖に到着します。釣りを始める前に、村田さんは杉浦さんの腕前をチェックします。「そうですね。キャストした時に、指を出してラインを止めましょう。このタイミングです」と教えてくれます。さらに、ルアーをひっぱるようなイメージで誘います。杉浦さんもキャストしますが、「あっ、またやっちゃった…」とベールが倒れてしまいます。そこで、村田さんがスピニングリールの基本的な使い方をアドバイス。ポイントは、ラインローラーが上にくるように左手でリールを回して、指でラインを拾うこと。「キャストと同時に指を出すとベールは返りませんよ」と村田さん。2人がキャストを続けていると、海面にナブラが。ナブラ近くまで船で進み、その後も細かくポイントを変えますが、この日はアタリがありませんでした。次回もキャスティングゲームに挑みます。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン> 
 PE3.0~4.0号
<リーダー>
 ナイロン60~80lb
<ルアー>
 オシアペンシル160F AR-C
<ロッド>
 村田さん:ワールドシャウラ ツアーエディション 2754R-5
 杉浦さん:グラップラー タイプC S77M
<リール>
 村田さん:ステラSW 6000XG
 杉浦さん:バイオマスターSW 8000HG

●遠見岬神社
住 千葉県勝浦市浜勝浦1
電 0470-73-0034
http://www.tomisaki.or.jp/

●かつうら海中公園
住 千葉県勝浦市吉尾174
電 0470-76-2955
開 9:00~17:00(受付16:30まで)
休 年中無休(荒天の場合、閉館あり)
料 大人(高校生以上)960円、中人(小・中学生) 470円、小人(4歳以上の幼児)210円
http://www.katsuura.org/

●新勝丸
住 千葉県勝浦市新官966-133
電 0470-73-9454
http://www.shinsyomaru.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」和歌山県和歌山市 後編


前回に引き続き、「おとな釣り倶楽部」は和歌山県和歌山市を訪れ、加太の豊かな海、友ヶ島周辺でオニアジを狙います。その後、和歌山市の名所「和歌山城天守閣」で歴史にふれるひと時を過ごし、地元で愛される洋食店で人気メニューを味わいます。登場するのは、シマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
江戸時代、徳川御三家の一つ紀州藩の城下町として栄えた和歌山県和歌山市。佐々木さんと弥園さんは、加太の海で大型のマアジ、オニアジを狙います。まずは、タックルについておさらいします。「このシーマイティR73は、オールマイティに使えるロッドです。竿先のクッションがあり、しなやかに曲がります。リールは女性でも使いやすいものです」と佐々木さん。今回、仕掛けは胴付き3本針、オモリは30号を使い、一番下の針にアオイソメ、上2つの針にオキアミを付けます。エサを付けたら仕掛けを投入し、海底まで落として、時々、ゆっくりと誘い上げて下ろします。さて、友ヶ島周辺にやってきた2人、今回はどんな出合いが待っているのでしょう。先に、佐々木さんがヒットし、弥園さんもヒットします。ゆっくりと巻き上げてみると、佐々木さんの仕掛けには、なんと2匹のマアジが! ダブルヒットです。続いて、弥園さんもマアジを釣り上げ、2人で一度に3匹を釣り上げ、幸先のいいスタートです。この後は、友ヶ島周辺の海にいるほかの魚を求めてポイントを移動し、仕掛けを落とします。水深およそ40メートルの岩礁帯では、どんな魚が潜んでいるのでしょう。佐々木さんが「これはアジとは違うヒキ…」と言いながら巻き上げてみると、イソベラです。続いて弥園さんがヒットし、こちらはガシラ(カサゴ)です。根魚を釣り上げて喜ぶ弥園さん。「上あごのいいところにかかっているね」と佐々木さん。ここで、弥園さんは船長からアドバイスをもらい、下の針にアオイソメを3匹付けて、ベラが釣れにくくなる対策をします。すると、佐々木さんが「のりました。今度は重量感があります」と言いながら見事なガシラを釣り上げます。弥園さんもヒットしますが、残念ながらこちらはイソベラです。終了時間が迫るなか、再び弥園さんはアオイソメを3匹付けて挑戦します。すると、今度は小さなガシラを釣り上げます。加太の豊かな海で、2人は存分に釣りを楽しみました。
釣りの後、2人は和歌山市を散策します。まずは、和歌山市のシンボル「和歌山城」へ。天守閣には徳川家ゆかりの品が展示され、鎧や槍などを間近で見ることができ、そして、天守閣からは、紀の川が流れる和歌山市内をぐるりと見渡せる展望です。また、「和歌山城公園」には小さな動物園もあります。続いて、昭和8年創業の本格派洋食店「レストラン フライヤ」へ。3代目オーナーシェフの山井忠治さんが料理の説明をしてくれます。弥園さんは「タンシチュー」を、佐々木さんは「ヘレカツ」を注文し、特製ソースとともに味わいます。今回は、手軽ながらも抜群のヒキを楽しめるアジ釣り。皆さんもぜひ、体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE1.0号
<仕掛け> 
 ハリス3.0号
 幹糸3.0号
 針10号
<その他>
 オモリ30号
<ロッド>
 佐々木さん・弥園さん:シーマイティ R73 30-210
<リール>
 佐々木さん・弥園さん:バルケッタ BB 300HG

●和歌山城天守閣
住 和歌山県和歌山市一番丁3
電 073-422-8979
時 9:00~17:30(入場17:00まで)
料 大人410円、小・中学生200円
休 12月29日~12月31日
http://wakayamajo.jp/

●和歌城公園動物園
電 073-424-8635
営 9:00~17:00
料 無料
休 火曜(祝日の場合直後の平日)

●レストラン フライヤ
住 和歌山県和歌山市広瀬中ノ丁1-13
電 073-422-0115
営 11:00~21:00
休 年中無休
http://friya.co.jp/

●三邦丸
住 和歌山県和歌山市加太1268
電 050-3532-9619
http://www.sanpomaru.com

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」和歌山県和歌山市 前編


「おとな釣り倶楽部」は、和歌山県和歌山市を訪れます。加太の豊かな海で、大型のマアジ、オニアジを狙います。さらに、和歌山市の見どころの一つ「深山砲台跡」や、紀淡海峡を見渡せる展望台を訪れ、タイを使った名物料理も味わいます。登場するのは、シマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
和歌山県和歌山市は、江戸時代に徳川御三家の一つ、紀州藩の城下町として栄えました。佐々木さんは「この辺りは加太という一級の漁場なんですよ」と話します。佐々木さんと弥園さんは、和歌山市語り部、杉本早苗さんの案内で「深山砲台跡」を見学します。「こちらは、明治中頃、淡路島の由良地区、友ヶ島地区とともに築かれた由良要塞の一部です。外国の戦艦が大阪湾に入るのを食い止めようと、ここに砲台が作られたのです」。近くにある展望台からは、紀淡海峡が一望できます。続いて2人が訪れたのは「満幸商店Ⅱ」。名物料理のタイを使った濃厚なスープ、「鯛の薄造り」「しらす丼」と鮮度抜群の味を楽しみます。
翌朝、2人は、和歌山市加太の海にやってきます。まずは、佐々木さんにタックルについて教えてもらいます。「これはオールマイティに使えるロッドで、竿先からのクッションがちょうどいい曲がり具合です。オモリは30号。仕掛けをセットするために、まずはPEラインの先端に輪を作ります。作り方は簡単で、PEラインを2つ折りにして輪を作り、輪の中に指を入れて2回ねじって2つ折りの先端を輪に通し、強く締めます。編み込む時は上下交互に結ぶこと。最後は2回、輪を通して完成です」。タックルを教わったところで、「三邦丸」に乗り込みます。およそ20分で友ヶ島周辺のポイントに到着。サビキ仕掛けよりもエサ釣りのほうがよく釣れるという船長の曽我部 基さんのアドバイスのもと、2人は胴付き3本針の仕掛けを使うことに。「一番下の針にアオイソメ、上2つの針にオキアミを付けます」と佐々木さん。エサを付けたら仕掛けを投入し、海底まで落としてじっと待ち、時々、ゆっくりと誘い上げます。オニアジは沖合の回遊型のマアジのことで、50センチ近いものもあり、抜群のヒキを楽しめる人気のターゲットです。「アジは口が柔らかいので、アタリがあってもアワセず、一定のスピードで巻き上げること」と佐々木さん。魚探の探見丸には魚影が出ています。「来ました!」と佐々木さん。ところがあと15メートルのところでバラシてしまいます。佐々木さんはエサを付け直して、仕掛けを再度投入。船長によれば、海底付近に魚の反応があるようです。すると、佐々木さんが再びヒットし「今度もすごいファイト!」と、慎重に釣り上げると、大きなマアジです。「上から2番目の針のオキアミを食いました」と佐々木さん。さあ、弥園さんも続くことはできるでしょうか? しばらくすると、弥園さんもようやくヒット。「けっこうヒキますね。これは楽しい!」と言いながら、「ゆっくり巻くこと」と佐々木さんのアドバイスのもと、釣り上げたのは、いいサイズのマアジです。次回もここ和歌山市加太の海から、オニアジ釣りをお届けします。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE1.0号
<仕掛け> 
 ハリス3.0号
 幹糸3.0号
 針10号
<その他>
 オモリ30号
<ロッド>
 佐々木さん・弥園さん:シーマイティ R73 30-210
<リール>
 佐々木さん・弥園さん:バルケッタ BB 300HG

●深山砲台跡
住 和歌山県和歌山市深山

●満幸商店Ⅱ(2号店)
住 和歌山県和歌山市加太1323
電 073-459-0328
営 9:00~17:00
休 火曜(祝日の場合直後の平日)

●三邦丸
住 和歌山市加太1268
電 050-3532-9619
http://www.sanpomaru.com

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」東京都深川 後編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、東京都深川の旅をお届けします。まずは、東京湾でライトアジの釣りを楽しみ、その後、「江東区深川江戸資料館」で江戸時代末期の深川の町並みに触れ、新感覚のスイーツも味わいます。登場するのは、シマノインストラクターの伊藤 智さんとナビゲーターの杉浦里奈さんです。
伊藤さんと杉浦さんは前回、東京湾のリレー船で江戸前のキス釣りを楽しみ、たくさんのシロギスと出合うことができました。今回狙うのはライトアジです。まずはタックルについて、シマノモニターの椙尾和義さんに教えてもらいます。「ロッドはシーマイティ30-210。リールはバルケッタBB 300HGで、カウンターが付いています。そして、仕掛けは2メートルと長くて絡まりやすいので、テンビンに付けてから引き出します」と椙尾さん。木更津沖から船で約40分、本牧沖に到着しました。そこで、「深川 吉野屋」の船長の高橋 郷さんにアジの釣り方を教えてもらいます。「付けエサは赤タンで、針先を出します。コマセはイワシミンチで、7~8分目くらいを入れておきます。水深約20メートルまで、まずは仕掛けを落とします」。着底したら糸ふけを取って、糸をピンと張ります。「海底から1メートルほど巻き上げてコマセを撒き、一呼吸置いてから、さらに1メートル巻き上げます。コマセの煙幕の中に仕掛けを同調させるイメージです」と高橋さん。釣り方を教わったところで、いよいよ、2人もアジ釣りに挑戦します。まずは、杉浦さんがヒットしますが、釣り上げたのはイシモチ。「うれしいけれど、アジを釣りたい」と杉浦さん。今度は伊藤さんが「おっアタリ!」と釣り上げますが、こちらはシロギスです。再び杉浦さんがヒットし、ようやく本命のマアジを釣り上げます。「このサイズなのに、いいヒキです」とうれしそう。ところが、その後はアタリがなく、船長の判断でポイントを移動します。そして、船長の指示で、先ほどよりも少し上の層を狙ってみると、伊藤さんが本命のマアジを釣り上げます。続いて杉浦さんが2匹のマアジで、見事ダブルヒット! けれども、再びアタリがなくなり、船長に細かくポイントを変えてもらいます。すると、伊藤さんが久々にヒットし、マアジを釣り上げると、杉浦さんも「アタリが繊細!」とマアジを釣り上げ、伊藤さんも「なんだデカイぞ…」と25センチはある大きなマアジを釣り上げます。そろそろ終了という時、杉浦さん、そして、伊藤さんが揃ってマアジを釣り上げ、この日の釣りを終了しました。
釣りを楽しんだ後、伊藤さんと杉浦さんは、深川の町を散策します。「江東区深川江戸資料館」を訪れると、館内は江戸時代末期の深川の町並みを実物大で復元しています。米屋、船宿、水茶屋、そして、往時の生活道具などがあり、まるでタイムスリップしたような雰囲気です。続いて2人は「ブリジェラ 清澄白河店」を訪れ、温かいブリオッシュに冷たいジェラートを挟んだ新感覚のスイーツを味わいます。初めてでも手軽にそのヒキ味を楽しめるライトアジの釣り。みなさんも体験してみてはいかがでしょう。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 1.0号
<仕掛け> 
 ハリス1.5号
 幹糸1.5号
 ムツ金針10号
 全長2m
<その他>
 オモリ40号
 LTビシ
 片テンビン
<ロッド>
 伊藤さん・杉浦さん:シーマイティ30-210
<リール>
 伊藤さん・杉浦さん:バルケッタ BB 300HG

●江東区深川江戸資料館
住 東京都江東区白河1-3-28
電 03-3642-1315
開 展示室9:30~17:00(入館16:30まで)
休 第2・4月曜(祝日の場合開館)、年末年始
料 大人(高校生含)400円、小・中学生 50円
https://www.kcf.or.jp/fukagawa/

●ブリジェラ 清澄白河店
住 東京都江東区三好2-1-6 ゴッドヴィレ1階
電 03-5809-8436
営 10:30~19:30
休 不定休
http://brigela.com/

●深川吉野屋
住 東京都江東区木場6-12-7
電 03-3644-3562
http://www.team-yoshinoya.com/diarypro/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」東京都深川 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、東京都深川の旅。東京湾でキスとライトアジの釣りをリレー船で楽しみます。さらに、深川周辺では「富岡八幡宮」に参拝し、名物ご飯を味わうなどおすすめスポットも訪れます。登場するのは、シマノインストラクターの伊藤智さん、新ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
江戸初期には、漁師町だった東京都江東区深川。伊藤さんと杉浦さんが訪れたのは、江戸最大の八幡宮として親しまれている「富岡八幡宮」です。都会にありながら、荘厳な大鳥居に2人は感心し、境内にあるきらびやかな「一の宮神輿」を見て、お参りします。続いて、「深川宿 富岡八幡店」へ。お店の赤川 哲さんの案内のもと、2人はアサリたっぷりの名物ご飯を味わいます。伊藤さんはアツアツの漁師めし「深川めし」、杉浦さんはアサリの炊き込みご飯「浜松風」で、深川の味を満喫します。
翌日は東京湾でキスとライトアジを狙います。実は、伊藤さんも杉浦さんもこの釣りは初めて。まずは、シマノモニターの椙尾和義さんからシロギス釣りの基本タックルについて教えてもらいます。ラインの先にスナップを結び、テンビンを付けます。長い仕掛けが絡まりやすいので、仕掛けの先にテンビンを付けてから引き出します。この時、仕掛けにクセがついているので、それを伸ばしてから使います。朝7:00に出船し、約1時間半で東京湾の木更津沖に到着。まずはシロギスを狙い、付けエサのアオイソメを準備します。「針先を出すようにしてエサを付けます」と「深川吉野屋」船長の高橋 郷さん。水深約15メートルのポイントで真下に仕掛けを落とし、着底したら糸ふけを取って、オモリで海底を叩くようなイメージで誘います。「仕掛けにクラゲが付いたら、きれいに取って、仕掛けも代えましょう。クラゲに触れたら必ず手を洗ってください」と高橋さんがアドバイス。いよいよキス釣りのスタートです。開始早々、クラゲに苦戦しながらも2人が釣りを続けていると「あっ来た!」と伊藤さんがヒットし、15センチほどのシロギスを釣り上げます。杉浦さんも「来ました!」と続いてシロギスを釣り上げます。伊藤さんが「普段はウキの動きを見ながら釣っているので、釣り方の違いで新しい発見があるといいけれど…」と話していると、「何かでかいぞ…」とヒットし、釣り上げてみるとイシモチです。一方、アタリが少ない杉浦さんが軽くキャストして広範囲を探っていると、「さっきのより重たい…」と釣り上げたのは大きなシロギスです。その後、潮が動いていないため、船長さんに教わり、2人は細かい動きを加えて誘います。すると、伊藤さんがヒットし、「何かつかめてきました」とシロギスを釣り上げ、杉浦さんも「大きいのが釣れました!」と続きます。そして、潮が動き始めてチャンスタイム到来。今度は杉浦さんが早速ヒットしてシロギスを釣り上げ、もう一度シロギスを釣り上げます。初挑戦ながら2人とも絶好調です。次回はアジを狙います。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 1.0号
<仕掛け> 
 ハリス0.8号
 幹糸0.8号
 流線金針7号
 全長90cm
<その他>
 オモリ15号
 片テンビン
<ロッド>
 伊藤さん・杉浦さん:ベイゲームX キス M180
<リール>
 伊藤さん・杉浦さん:ツインパワー C3000

●富岡八幡宮
住 東京都江東区富岡1-20-3
電 03-3642-1315
http://www.tomiokahachimangu.or.jp/

●深川宿 富岡八幡店
住 東京都江東区富岡1-23-11 富岡八幡宮境内
電 03-5646-8678
営 平日11:00~15:00(LO14:30)、
  17:00~21:00(LO20:30)
  土日祝11:00~17:00(16:30LO)
休 月曜(祝日及び15・28日は翌火曜休)
http://www.fukagawajuku.com/

●釣り船 つるぎ
住 東京都江東区木場6-12-7
電 03-3644-3562
http://www.team-yoshinoya.com/diarypro/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」ダイジェスト版(静岡県下田市、大阪府泉佐野市)


今回の「おとな釣り倶楽部」は、これまでのダイジェスト版をお届けします。前半は、静岡県下田市の旅。「下田開国博物館」を訪れ、下田沖の神子元島で磯釣りに挑戦します。後半は、大阪府泉佐野市の旅。「泉佐野漁港 青空市場」の寿し店で贅沢な海鮮丼を味わい、その後、タイの一級ポイントと言われる加太沖で鯛ラバを楽しみます。登場するのは、シマノフィールドテスターの遠藤いずみさん、アンバサダーの村田 基さんとシマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの神 実穂さん、弥園奈津美さんです。
静岡県下田市で、遠藤さんと神さんは「下田開国博物館」を訪れ、館長の尾形征己さんに館内を案内してもらいます。アメリカ初代総領事ハリスに関する展示コーナーでは、下田奉行所がハリスをもてなした料理が再現されています。2人はそこにある「保命酒」という薬用酒を再現したものを試飲し、歴史にふれるひと時を過ごします。
いよいよ、神子元島で磯釣りを楽しみます。まずは、遠藤さんからコマセづくりを教えてもらい、翌朝、下田港沖の無人島、神子元島へ。ここは魚影も濃く、磯釣りの人気スポットです。ポイントに到着すると、「オキアミの尾を取って、背中の筋に沿うように針を入れます。足元にコマセをまいて潮の流れにのせ、コマセと仕掛けを同調させます」と遠藤さん。磯釣り初挑戦の神さんは、固定仕掛けで浅い層をねらい、1投目からベラを釣り上げます。一方、遠藤さんは誘導仕掛けで深い層をねらい、「よし、来た!」とダイナミックに竿をしならせながら人気ターゲットのメジナを釣り上げます。ここで神さんがイサキを釣り上げ、続いて遠藤さんがまたしてもメジナ、そしてブダイを釣り上げ、2人は磯釣りを満喫します。
続いての舞台は、大阪湾に面した大阪府泉佐野市です。村田さんと弥園さんは「泉佐野漁協 青空市場」を訪れます。毎日午後2時に競りが行われ、その日に水揚げされた新鮮な魚介類が店頭に並びます。漁協の隣にある「裕太朗寿し」で、2人はおすすめのネタ12種類がのったぜいたくな「大漁海鮮丼」を味わいます。
翌日、2人は泉佐野漁港で佐々木さんと合流し、大阪湾から出船してタイの一級ポイント和歌山県加太沖へ。ここで鯛ラバを楽しみます。今回使用する鯛ラバは、80グラム。「仕掛けを落とし、同じスピードで巻くだけです」と佐々木さん。この時、根掛かりしないよう、すぐに巻き上げるのがポイントです。「慌てるな、アワセるな、スプール押さえるな」と村田さんも教えてくれます。気温も水温も低く、魚の食いが渋い中、弥園さんはトレーラーワームを試してみます。そして、佐々木さんのアドバイス通りゆっくり巻いていると、「来ました!」と念願のヒット。弥園さんはきれいなマダイを釣り上げました。その後、村田さんも可愛いサイズのマダイを釣り上げ、釣りを終了しました。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル 磯釣り】
<ライン>
 ナイロン2号
<ハリス>
 遠藤さん:2号、神さん:3号
<ウキ>
 B
<針>
 グレ針5~6号
<ロッド>
 遠藤さん:BB-X スペシャル MZII 1.5-500/550
 神さん:ラフィーネ 1.5-530
<リール>
 遠藤さん:BB-X テクニウム C3000DXG
 神さん:ツインパワー C3000

【タックル 鯛ラバ】
<ライン>
 PE0.8~1号
<リーダー>
 佐々木さん:フロロカーボン12lb
 村田さん・弥園さん:ナイロン16lb
<鯛ラバ>
 80~100g
<その他>
 炎月バクバクトレーラー
 マイクロコイカー EW-202R
<ロッド>
 佐々木さん:炎月 リミテッドB610ML-S/RIGHT
 村田さん:NEWワールドシャウラ 1651FF-3
 弥園さん:炎月SS B610M-S
<リール>
 佐々木さん:炎月 プレミアム150PG
 村田さん:アンタレスDCMD
 弥園さん:炎月100PG

●下田開国博物館
住 静岡県下田市4-8-13
電 0558-23-2500
営 8:30~17:30(入館17:00まで)
料 高校生以上1200円 、小・中学生600円
http://www.shimoda-museum.jp/

●伊豆下田フィッシング
住 静岡県下田市三丁目6-6
電 0558-23-0289
https://www.izu-shimoda-fishing.co.jp/

●泉佐野漁協 青空市場
住 大阪府泉佐野市新町2-5187-101
電 072-469-2340
http://www.aozora-ichiba.com

●裕太朗寿し
泉佐野漁協 青空市場内
電 072-460-1313

●オーシャンスター
住 大阪府泉佐野市新町2丁目 泉佐野漁港
電 090-5674-2002(事務所番号)

番組動画を見る