kanri のすべての投稿

「おとな釣り倶楽部」和歌山県白浜町 後編


今回の「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、和歌山県白浜町を訪れます。海中展望塔を訪れて、贅沢な握り寿司を味わった後、オキアミ五目釣りで大物のマダイを狙います。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
和歌山県南西部にある白浜町を訪れている今井さんと田中さん。まずは沖合100メートルにある「白浜海中展望塔」を訪ね、水深8メートルにある窓から海中を泳ぐ魚を見学します。次に「ホテルシーモア」にある「すし八咫(すしやた)」へ。太平洋を一望できる店内で、丁寧に握られた寿司や「鮑の踊り焼き」などを堪能した後、ホテル内の「インフィニティ足湯」で、太平洋に沈む夕陽を眺めながら足湯に癒されます。
翌日、2人はオキアミ五目釣りを楽しもうと白浜町の市江港にやってきました。朝6:00に「釣船 市江崎」に乗り込み出船します。ここで、タックルについて今井さんに教えてもらいます。「今回の竿は海春。マダイから青物まで対応できる汎用性の高い竿ですね。リールはフォースマスターの2000です」。前回は良型のマダイやイサキを仕留めることができました。今回はどんな出会いが待っているのでしょうか。このオキアミ五目釣りはサシエサと撒き餌ともにオキアミを使います。サシエサのオキアミは尾を切って、抱き合わせという刺し方で魚にアピールします。そして、バックラッシュしないように、親指で軽くサミングしながら仕掛けを降ろしていきます。着底したら船長の指示ダナまで誘導し、竿を大きくシャクって撒き餌をします。「撒き餌にサシエサが同調すれば、アタリの確立が高い」と今井さん。早速、今井さんの竿先にアタリがあり、良型のイサキを釣り上げます。ここで少しポイントを移動し、水深はおよそ70メートルのところへ。すると、田中さんがアタリをとらえ、マダイを釣り上げます。続いて今井さんがまたも良型のイサキを釣り上げます。「船長の指示ダナに合わせることが釣果アップの秘訣になりますね」と田中さん。ここで田中さんがマダイをダブルで釣り上げ、「やったー!いいサイズ」と喜びます。続いて、今井さんもマダイを釣り上げます。すると、田中さんはまたもマダイをダブルで釣り上げて絶好調。その後、今井さんも田中さんもマダイを釣り上げます。さらなる大物を求めて撒き餌をすると、田中さんが大きなアタリをとらえ、姿を現したのは67センチのメジロ(ワラサ)です。初めてのオキアミ五目釣りで田中さんは大物を見事仕留めました。
大物を狙えるオキアミ五目釣り、皆さんも体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 タナトル8 PE3号
<その他>
 ハリス:5号 全長約6m
 ハリ:マダイ10号
 オモリ:100号
<ロッド>
 今井さん:海攻マダイ リミテッドMH300
 田中さん:海春80-300
<リール>
 今井さん:ビーストマスター 2000EJ
 田中さん:フォースマスター 2000

●白浜海中展望塔
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町1821
電話 0739-43-1100
営業 9:00~16:00
休み 無休
料金 大人800円、小人(3歳~)500円
http://kaichu-tenboto.com/

●HOTEL SEAMORE SHIRAHAMA KEY TERRACE
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町 1821
電話 0739-43-1000
※すし八咫(すしやた)
電話 0739-33-9090(直通)
営業 昼11:30~14:30(LO14:00)
   夜17:30~22:00(LO21:30)
※インフィニティ足湯
営業 7:00~23:00
https://www.keyterrace.co.jp/

●釣船 市江崎
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町 市江港
電話 090-1070-4101
https://minnaga.com/itiezaki/

「おとな釣り倶楽部」和歌山県白浜町 後編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」和歌山県白浜町 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は和歌山県白浜町を訪れます。神秘的な「三段壁洞窟」や「フィッシャーマンズ・ワーフ白浜」で旅を楽しみ、日置沖でオキアミ五目釣りに挑戦します。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
和歌山県南西部にある白浜町は沖合に黒潮が流れ、1年を通して温暖な気候です。今井さんと田中さんは白浜町にある「三段壁洞窟」を訪れ、スタッフの栗山 椋さんの案内のもと、地下36メートルに降りて洞窟を探検します。約1600万年前に海底でできた波状の模様を見たり、洞窟内に祀られている「牟婁 大辯才天」や、熊野水軍の舟隠し場だった「熊野水軍番所小屋」などを見学します。その後、地元漁師直営の海鮮市場「フィッシャーマンズ・ワーフ白浜」へ立ち寄り、ウツボの薄造りを味わいます。
翌日、2人はオキアミ五目釣りを楽しむため、白浜町の市江港を訪れます。「釣船 市江崎」に乗船し、午前6:00に出船。水深約65メートルの日置沖で釣りを始めます。準備をする田中さんに今井さんがアドバイスします。「オキアミを詰めますが、入れすぎないように。大きいのを選んで尾を切り、1匹目はまっすぐ針を刺し、2匹目は抱き合わせるように針を刺します」。ポイントに到着後、田中さんは仕掛けを落とし、着底後、船長の指示ダナまで仕掛けを誘導し、竿を持ってシャクり、撒き餌をします。「反応がなければ、もういっぺん、竿を持ってエサを撒く」と今井さん。すると、1投目で田中さんにアタリがあり、サバを釣り上げます。続いて、田中さんは本命のマダイを釣り上げます。ここで今回のタックルについて今井さんに教えてもらいます。「竿は海春80号の3メートル。波があっても竿の胴で揺れを吸収するので、仕掛けが跳ねないので使いやすい。リールはフォースマスター2000。ウデの長い船釣用天秤を付けます。仕掛けはハリス5号で下のほうに枝針を出して2本針でやります」。ここから今井さんも竿を出します。撒き餌の効果で探見丸に魚影が映るようになります。今井さんはすぐにヒットしますが、小さなマダイなのでリリースします。一方、田中さんは先ほどよりも大きなマダイを釣り上げ、続いて田中さんと今井さんが同時にヒット! 田中さんは良形のイサキを2匹釣り上げ、今井さんはマダイを釣り上げます。さらに、田中さんがマダイを釣り上げ、サイズアップに成功! 次回もこの続きをお届けします。お楽しみに!

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 タナトル8 PE3号
<その他> 
 ハリス:5号 全長約6m
 ハリ:マダイ10号
 オモリ:100号
<ロッド>
 今井さん:海攻マダイ リミテッドMH300
 田中さん:海春80-300
<リール>
 今井さん:ビーストマスター 2000EJ
 田中さん:フォースマスター 2000

●三段壁洞窟
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町2927-52
電話 0739-42-4495
営業 8:00~17:00(最終入場16:50)
休み 年中無休(臨時休館あり)
料金 大人1,300円、小学生650円
http://sandanbeki.com/

●フィッシャーマンズ・ワーフ白浜
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町1667-22
電話 0739-43-1700
営業 市場 10:00~18:30
レストラン 11:00~15:00、17:00~22:00
休み 不定休
https://fw-sh.com/

●釣船 市江崎
住所 和歌山県西牟婁郡白浜町 市江港
電話 090-1070-4101
https://minnaga.com/itiezaki/

「おとな釣り倶楽部」和歌山県白浜町 前編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」栃木県那須町 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、栃木県那須町を訪れます。人気のスイーツショップを訪れ、そして、管理釣り場でトラウトフィッシングを楽しみます。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
栃木県の北東部、福島県との県境に位置する那須郡那須町。村田さんと杉浦さんは「チーズガーデン 那須本店」を訪れます。こちらは村田さんもご贔屓にする人気店で、那須高原のふもとにある自社工場で製造する「御用邸チーズケーキ」などを販売しています。2人は店内にあるカフェコーナーで、本店でしか味わえない焼き菓子をほおばります。
そして、前回に引き続き「那須高原ルアーフィールド」でトラウトフィッシングを楽しみます。まずはタックルについてのおさらいから。「ルアーを入れるワレットは、大きめを選ぶのがおすすめ。そして、管理釣り場ではナイロンラインが一般的で、太さはマスの大きさに合わせて選びます」と村田さん。前回は1号池で釣りをしました。村田さんは1投目から順調にレインボートラウトを釣り上げ、2人ともたくさんのトラウトに出合うことができました。今回、村田さんは大型トラウトがいるという2号池に挑みます。一方、杉浦さんは引き続き、1号池での釣りを楽しみます。村田さんがわずかな変化も見逃さないよう、ラインに神経を集中させていると、「ついに来た!」とアタリをとらえます。「無理に引っ張ると、魚の歯にあたって糸が切れるから、やりとりが難しい…」と言いながら、ネットにようやく入るくらいの大物、なんと80センチクラスのレインボートラウトを釣り上げます。ここで杉浦さんも2号池で挑戦してみることに。村田さんは「2号池は小さいけれど深い。魚は今、底の方にいるから、一度ルアーを沈めてから巻くのがいい」とアドバイス。そして、大きい魚を釣る時はルアーを丸のみされてしまう恐れがあるので、しっかりアワセること。杉浦さんは村田さんのアドバイスでルアーを3.5グラムから5グラム、オレンジとゴールドのスプーンに変更します。ここで、村田さんが「よし、いただき!」とまたもヒットし、レインボートラウトを釣り上げます。ところが、杉浦さんは2号池に来てからアタリがありません。村田さんは「大きい魚は同じものが3~5回も来ると食べないから、同じ場所に投げない。もし、管理釣り場が混んでいたらルアーをチェンジする。そして、ロッドは軽く持ち、アワセる時にキュッと強く握る」と教えてくれます。アドバイスを聞いた杉浦さんはようやくアタリをとらえ、見事なロックサーモンを釣り上げます。
初めてでも手軽に始められ、エキサイティングなやり取りを楽しめるトラウトフィッシング。皆さんもぜひ、体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 ナイロン 3.5lb
<ルアー> 
 カーディフ ロールスイマー
<ロッド>
 村田さん:
 ワールドシャウラ テクニカルエディションS66UL-2
 杉浦さん:カーディフ AX S62SUL-F
<リール>
 村田さん:ステラ C2000SHG
 杉浦さん:ツインパワー C2000S

●チーズガーデン 那須本店
住所 栃木県那須郡那須町高久甲喰木原2888
電話 0287-64-4848
営業 9:00~18:00(季節により変動あり)
https://cheesegarden.jp/pages/honten

●那須高原 ルアーフィールド
住所 栃木県那須郡那須町寺子乙1206-20
電話 0287-72-5824
http://lure-f.jp

「おとな釣り倶楽部」栃木県那須町 後編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」栃木県那須町 前編


「おとな釣り倶楽部」は今回、栃木県那須町を訪れます。栃木レザーの小物作りを体験し、レストランで栃木和牛の味を堪能。管理釣り場でトラウトフィッシングを楽しみます。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
栃木県の北東部にある那須郡那須町。福島県に隣接し、東側には八溝山地が広がる自然豊かな町です。村田さんと杉浦さんは「体験工房 和楽日」を訪れ、国産革の栃木レザーを使ったダイヤキーリング作りに挑戦。柔らかくしたレザーに文字や柄をスタンピングしていきます。次に「ステーキハウス寿楽 本店」を訪れ、サーロインステーキなどで栃木和牛の味を堪能します。「那須町に来て、釣りだけで帰るなんてもったいない」と村田さん。
翌朝、2人はトラウトフィッシングを楽しむため、「那須高原ルアーフィールド」へ。まずはタックルについて村田さんに教えてもらいます。「ルアーを入れるワレットは大きめがおすすめ」と村田さん。そして、ゴム製のランディングネットを使うと魚のぬめりを取りづらく、ヒレも傷つけにくいとのこと。「管理釣り場では、糸はナイロンラインが一般的。このロッドは竿先がまっすぐで、きれいに曲がるんです」。果たして、今回はどんな出会いが待っているのでしょうか? こちらの管理釣り場は1号池が魚の持ち帰りが可能で、2号池がキャッチ&リリース専用です。「2号池のほうが難しい。しかし、魚はでかい」と村田さん。まずは比較的釣りやすい1号池から釣りを始めます。村田さんはオレンジとゴールドのスプーンを使ってキャスティング。早速ヒットし、アベレージサイズのレインボートラウトを釣り上げます。杉浦さんも同じくヒットしますが、すぐにバラシてしまいます。ここで釣り方について村田さんに教えてもらいます。「1秒間に1回転くらいのスピードで巻く。ロールスイマーを使う時はゆっくりと」。ここで、杉浦さんがヒットし、「今度はバレないように…」とようやくレインボートラウトを釣り上げます。村田さんは「たるんでいる糸がピクッと動く瞬間…、この変化でアタリを見極める」と話します。隣で杉浦さんが「ワンサイズ上がりました!」と再びレインボートラウトを釣り上げます。ここで改めて、村田さんにアタリの見極め方を教えてもらいます。「キャストします。そーっと持ち上げて、ラインがたるんで…、今、このタイミングでアワセます」。さらに、「ラインを水につけると見やすくなるけれど、寒い時はガイドが凍るので気をつけて」とアドバイス。ここで村田さんが再びレインボートラウトを釣り上げます。「魚を取り込む時はロッドを後ろに引く。この時、リールは常に下向きにするほうが安定する」と教えてくれます。その後、2人同時にダブルヒット!次回は2号池に挑戦します。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 ナイロン 3.5lb
<ルアー> 
 カーディフ ロールスイマー
 カーディフ ロールスイマー5g
<ロッド>
 村田さん:
 ワールドシャウラ テクニカルエディションS66UL-2
 杉浦さん:カーディフ AX S62SUL-F
<リール>
 村田さん:ステラ C2000SHG
 杉浦さん:ツインパワー C2000S

●体験工房 和楽日
住所 栃木県那須郡那須町大字高久丙1番地
ホテルエピナール那須 別館
電話 0287-78-6644
営業 9:30~18:00
休み 水曜(祝日、GW、春・夏・冬休み営業)
※体験は事前予約要
http://www.a-w-s.jp/

●ステーキハウス寿楽本店
住所 栃木県那須郡那須町湯本379
電話 0287-76-3844
営業 10:30~14:30、17:00~19:00
休み 木曜
https://www.saikoro-steak.com/

●那須高原 ルアーフィールド
住所 栃木県那須郡那須町寺子乙1206-20
電話 0287-72-5824
http://lure-f.jp

「おとな釣り倶楽部」栃木県那須町 前編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県南あわじ市 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、兵庫県南あわじ市を訪れます。福良港周辺のグルメを味わいながら旅を満喫し、鳴門海峡周辺にてノマセ釣りを楽しみます。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの田中梨乃さんです。
兵庫県の最南端に位置する南あわじ市。今井さんと田中さんは「道の駅福良」周辺にあるジェラートの店「G.ELM」を訪れ、濃厚でなめらかな食感のジェラートを味わいます。続いて、眼下に福良港が広がる宿「休暇村 南淡路」へ。こちらで、旬の淡路島三年とらふぐを使った贅沢な懐石料理を味わいます。
翌朝7:00、2人は福良港から明陽丸で出船。今回は小魚を泳がせて高級魚を狙うノマセ釣りに挑戦します。途中で活きエサのイワシをとり、水深約40メートルの鳴門海峡周辺へ到着。まずはエサのつけ方や釣り方について、今井さんに教えてもらいます。「イワシの頭の方をおさえて、親針は鼻に掛け、孫針は背びれの後方あたりに刺します。仕掛けを海底まで落とし、その際、親指の先でスプールを軽く触って回転を調整し、バックラッシュしないようにサミング。仕掛けが着底したら、50センチほど巻き上げます」。早速、田中さんが魚の反応をとらえますが、魚の姿を見ることができず…。もう一度、イワシを刺して仕掛けを落としますが、反応は微妙のようです。イワシを確認してみると、咬まれた跡があり、それを見た今井さんは「この食い方はヒラメみたいやな」と推測します。ここでタックルについて教えてもらいます。「竿はライトゲームのリミテッドで、ちょっと腰の強いのをチョイス。リールはカルカッタ コンクエスト。ラインはタナトル8号、PE3号。リーダーはフロロ5号。その先にノマセ釣りの仕掛けです」と今井さん。再び、「何か来てます…」と田中さんから合図があり、3度目の正直でツバスを釣り上げます。続いても田中さんがヒットし、今度はヒラメを釣り上げます。「さっきまではアワセができなかったのですが、できるようになったかな。結構、ヒキも強くて釣りごたえがあります」と田中さん。ここで今井さんが大きくアワセ、姿を現したのはヒラメです。このノマセ釣りは大物狙いができる釣り方で、難しいアクションなどは必要なく、好釣果が期待できることから、初心者から上級者まで人気があります。再び今井さんがアワセましたが、残念ながら針掛りまでいかなかったようです。次に、田中さんがマハタを釣り上げます。その後、2人は大物を仕留めることなく、釣りを終了。「小魚を泳がせてのませて釣る。何が上がってくるのか楽しみな釣り」と今井さん。2人は旅と釣りを満喫しました。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
 ライン:タナトル8 PE3号
 リーダー:フロロ5号
<ノマセ釣り 仕掛け>
 幹糸:7号
 ハリス:6号
 親針:丸セイゴ17号
 孫針:トリプルフック8号
 オモリ:40号
<ロッド>
 今井さん:ライトゲーム リミテッド TYPE82 H190
 田中さん:ライトゲームCI4+ TYPE82 H190
<リール>
 今井さん:カルカッタ 800F
 田中さん:カルカッタ コンクエスト800F

●G.ELM
住所 兵庫県南あわじ市福良甲1530-2
電話 0799-50-2332
開館 10:00~18:00
休み 水曜(木曜不定休もあり)

●休暇村 南淡路
住所 兵庫県南あわじ市福良丙870-1
電話 0799-52-0291
https://www.qkamura.or.jp/awaji/

●明陽丸
住所 兵庫県南あわじ市福良港内
電話 090-8652-7553
http://meiyoumaru.jp/

「おとな釣り倶楽部」兵庫県南あわじ市 後編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県南あわじ市の旅 前編


「おとな釣り倶楽部」は兵庫県南あわじ市を訪れます。福良港近くで海鮮焼を味わい、酒蔵を訪ねて旅を満喫し、鳴門海峡周辺でサビキマダイ釣りを楽しみます。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、新ナビゲーターの田中梨乃さんです。
兵庫県の最南端にある南あわじ市は播磨灘、鳴門海峡、紀伊水道に面した水産業が盛んな町。今井さんと田中さんは「道の駅福良」の周辺で香ばしい匂いに誘われて「山武水産」に立ち寄り、大アサリなどの海鮮焼をほおばります。続いて、酒蔵「都美人酒造」を訪れて蔵を見学し、槽掛け天秤搾りという伝統技法で搾った「純米大吟醸 無限」などを試飲します。
翌朝7時、2人はサビキマダイ釣りを楽しむため、福良港にやってきます。まずはタックルについて、今井さんに教えてもらいます。「竿はライトゲームのCI4+。柔らかい調子で、握りやすく疲れにくいXシートを採用しています。リールはバルケッタのプレミアム。特徴は仕掛けを落とす時のスピードをコントロールできることです」。2人は「明陽丸」に乗船し、港から25分ほどの鳴門海峡周辺に到着。使用するのは8本針仕掛けです。「この釣りは単純で、仕掛けを海底まで落とし、一定の速度で巻き上げる。アタリがなければもう一度仕掛けを海底に落とす。リールにカウンターが付いているのでわかりやすく、画面にフォールスピードが表示されるので、アタった時のスピードを覚えておくといいですよ」と今井さん。そして、アタリがあっても合わせず、一定速度で巻き上げます。釣りを始めた田中さんが早速アタリをとらえ、マダイを釣り上げます。一方、今井さんはダブルでマダイを釣り上げます。ここで、少しポイントを移動。すると、田中さんがマダイを釣り上げ、続いて今井さんもアタリをとらえ、「やけに引くなぁ」と巻き上げると、ツバスにマダイ2匹の計3匹を一度に釣り上げます。「この釣りはエサを付け替える必要がなく、底取りをしっかりすれば、どなたでも楽しめる簡単な釣りです」と田中さん。さらに、田中さんはサバを、今井さんはタイを釣り上げます。「仕掛けを落として2~3回巻いたところでアタっているけどな…」と今井さんが話し、ダブルでマダイを釣り上げると、今度は田中さんもダブルでマダイ! 2人とも存分にヒキを堪能したところで釣りを終了しました。次回も南あわじ市を訪れ、鳴門海峡周辺でノマセ釣りを楽しみます。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 道糸:PE2号
 サビキマダイ釣り 8本針仕掛け
 幹糸:5号
 ハリス:3号
 針:丸海津11号
 オモリ:40号
<ロッド>
 今井さん:NEWライトゲーム CI4+ TYPE73 MH225
 田中さん:NEWライトゲーム CI4+ TYPE64 MH230
<リール>
 今井さん:バルケッタ プレミアム 150DH
 田中さん:バルケッタ プレミアム 150

●山武水産
住所 兵庫県南あわじ市福良港 道の駅福良
電話 080-3036-9284
営業 9:00~17:00
休み 水曜

●都美人酒造
住所 兵庫県南あわじ市榎列西川247
電話 0799-42-0360
https://www.miyakobijin.co.jp/

●明陽丸
住所 兵庫県南あわじ市福良港内
電話 090-8652-7553
http://meiyoumaru.jp/

「おとな釣り倶楽部」兵庫県南あわじ市の旅 前編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県三浦市 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、神奈川県三浦市の旅と釣りをお届けします。
漁港近くのマルシェを訪れ、剣崎松輪の海でカワハギ釣りを楽しみます。登場するのはシマノインストラクターの伊藤さとしさんと飯田純男さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
三浦半島の最南端にある神奈川県三浦市は、三方を海に囲まれ、相模湾、東京湾、太平洋に面しています。
伊藤さんと杉浦さんは産直センター「うらりマルシェ」を訪れます。三崎漁港で水揚げされた魚が並ぶ1階の「さかな館」で、杉浦さんは「とろまん」を味わい、地元産の野菜が並ぶ2階の「やさい館」で、2人は「三浦みかん生ジュース」などを味わいます。
翌日、2人は飯田さんとともにカワハギ釣りを楽しみます。まずはタックルについておさらいします。「竿はカワハギ専用で先調子、リールも専用のものを使います。オモリは海底を狙うものと中層を狙うもの2タイプあります」と飯田さん。前回は、剣崎沖のポイントで釣りを始めましたが、3人ともなかなか本命のカワハギに出合えません。そんな中、飯田さんが見事、良形のカワハギを釣り上げ、杉浦さんも初のカワハギを釣り上げました。今回はどうなるのでしょうか。
「糸ふけが出るとアタリが鈍るので、海中の糸を張るために中オモリとして集魚板を付けてみましょう」と飯田さんが伊藤さんに提案します。伊藤さんが集魚板を使ってエサを海底に近づけると、1投目で初のカワハギ、その直後も再びカワハギを釣り上げ、効果は抜群。そこで、飯田さんと杉浦さんも集魚板を付けてみることに。すると飯田さんは説明の最中にカワハギを釣り上げ、連続ヒット! これまでで一番大きなカワハギを釣り上げます。そして、杉浦さんもカワハギを釣り上げ、サイズアップに成功します。ここで「探見丸」を使い、海底の形状を確認。上のほうに反応が出たので、飯田さんがタナを切って少し上を狙ってみると、見事カワハギを釣り上げ、なんと3連続でカワハギを釣り上げます。杉浦さんもこの日一番のサイズのカワハギを釣り上げ、釣りを終了します。
釣りの後、飯田さんにカワハギの血抜きと神経締めを教えてもらいます。肝を傷つけないようにエラを切って血抜きをし、目の周りの小さな穴からワイヤーを入れて神経締めをします。そして港に戻り、飯田さんが調理してくれた新鮮なカワハギの刺身と肝和えを堪能しました。これぞ釣り人の特権。皆さんもぜひ、カワハギ釣りを体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 0.8~1号
<リーダー> 
 フロロカーボン16lb
<仕掛け>
 カワハギ仕掛け 楽々セット 吸わせ
<オモリ>
 ステファーノ ドロップシンカー底棚 25~30号
 ステファーノ ドロップシンカー投棚 25~30号
<集魚板>
 ステファーノ カワハギ集寄 イチコロイタ
<ロッド>
 飯田さん:ステファーノ 攻 S180
 伊藤さん:ステファーノ Cl4+ MH175-2
 杉浦さん:ステファーノ Cl4+ M180-2
<リール>
 飯田さん:ステファーノ 101XG
 伊藤さん:スティーレ SS 150PG
 杉浦さん:ステファーノ SS 100HG

●うらりマルシェ
住 神奈川県三浦市三崎5 -3-1
電 046-881-6721
営 さかな館 9:00~17:00(日曜7:00~)
  やさい館 10:00~17:00(土日休9:00~)
休 年中無休
http://www.umigyo.co.jp/marche/

●成銀丸
住 神奈川県三浦市南下浦町松輪289-1
電 046-886-1719
http://www.naruginmaru.com/

「おとな釣り倶楽部」神奈川県三浦市 後編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県三浦市の旅 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は神奈川県三浦市の旅と釣りをお届けします。三浦市ならではの見どころを訪れ、漁港ならではのグルメも堪能し、その後、剣崎松輪の海でカワハギ釣りを楽しみます。登場するのはシマノインストラクターの伊藤さとしさんと飯田純男さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
三浦市は、神奈川県の南東部、三浦半島の最南端にあり、三崎漁港は日本有数のマグロの水揚げ港としても知られています。伊藤さんと杉浦さんは伝統技法を守る老舗の染物店「三富染物店」を訪れ、ミニ大漁旗の手染めを体験します。次に、三崎漁港の近くにある魚屋の直営店「まぐろ食堂 七兵衛丸」を訪れ、天然マグロなどを使った丼を味わいます。
翌日はカワハギ釣りに挑戦します。まずは、飯田さんからタックルについて。「カワハギは落ちてくるものや動いているものに興味をもつので、先調子で誘いやすいカワハギ専用の竿を使い、仕掛けはパッケージから出し、伸ばしてクセをとっておきます。そしてオモリは海底で釣る場合と中層を狙う場合で使う2タイプあります」と教えてもらいます。3人は朝7:30に剣崎松輪江奈港から「成銀丸」で出船し、剣崎沖のポイントに到着。ここでエサの付け方について。「付けエサはアサリのむき身を使います。アサリに針を刺して、コンパクトに付けます」と飯田さん。「エサ付けは重要ですね」と伊藤さん。続いて誘い方のポイントについては「仕掛けを落とし、着底したらアタリを感じながら“きき上げ”、再びゆっくりと下します」と飯田さん。早速、飯田さんがカワハギとホシササノハベラを釣り上げます。「カワハギは他の魚よりアタリが小さく感じます」と飯田さん。続いて、飯田さんと杉浦さんが共にキタマクラを、伊藤さんがホシササノハベラを釣り上げます。杉浦さんが再びヒットしますが、またもベラです。その後も杉浦さんと伊藤さんはカワハギ以外の魚を釣り上げます。すると、飯田さんが見事、本命のカワハギを釣り上げ、さらに、良形のカワハギを釣り上げて連続ヒット! 一方、伊藤さんと杉浦さんが釣るのはカワハギ以外の魚ばかり。「カワハギのアタリは最初にコツンと感じて、その後、竿が入っていくような感じです」と飯田さんがアドバイス。ここで心機一転、ポイントを変えて誘ってみると、ようやく杉浦さんがカワハギを釣り上げます。次回もこの続きをお届けします。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 0.8~1号
<リーダー> 
 フロロカーボン16lb
<仕掛け>
 カワハギ仕掛け 楽々セット 吸わせ
<オモリ>
 ステファーノ ドロップシンカー底棚 25~30号
 ステファーノ ドロップシンカー投棚 25~30号
<ロッド>
 飯田さん:ステファーノ 攻 S180
 伊藤さん:ステファーノ Cl4+ MH175-2
 杉浦さん:ステファーノ Cl4+ M180-2
<リール>
 飯田さん:ステファーノ 101XG
 伊藤さん:スティーレ SS 150PG
 杉浦さん:ステファーノ SS 100HG

●三富染物店
住 神奈川県三浦市三崎1-10-9
電 046-881-2791
営 8:00~20:00
休 不定休
https://www.m-some.com/

●まぐろ食堂 七兵衛丸
住 神奈川県三浦市三崎5-5-4
電 046-882-6669
営 9:00~17:00(日曜7:00~17:00)
休 元日のみ

●成銀丸
住 神奈川県三浦市南下浦町松輪289-1
電 046-886-1719
http://www.naruginmaru.com/

「おとな釣り倶楽部」神奈川県三浦市の旅 前編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」香川県高松市 後編


「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、香川県高松市の旅と釣りをお届けします。高松市のグルメスポットなどを訪れ、タイラバゲームでロクマルのマダイを仕留めます。登場するのは、シマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
香川県の中央に位置する高松市。佐々木さんと弥園さんは「高松シンボルタワー」を訪れ、屋上広場から、瀬戸内海の美しい景色を堪能します。その後、「おひつの山しろ」でお米マイスターが仕上げるおひつのご飯を味わいます。
タイラバゲームを楽しむため、2人は高松市の庵治漁港へ。まずはタックルについておさらいします。「今回使用するのはベイトタックル。私のロッドは、エンゲツ エクスチューン。グリップが握りやすく、Xシートが使われています。リールは炎月プレミアム。フォールスピードをコントロールできる新設計レバーがついています」と佐々木さん。そして、港から20分ほどの豊島周辺のポイントから釣りを開始します。前回は佐々木さんが可愛いサイズのマダイ、弥園さんがクロダイを釣り上げました。今回はどんな展開になるのでしょうか。釣りを開始してしばらくすると、弥園さんがアタリをとらえ、50センチ近い良型のマダイを釣り上げます。佐々木さんによれば、「タイラバの魅力はシンプルで簡単に釣りを楽しめて、初心者でも大きなタイを釣りやすいこと。しかし、やり込んでいくと奥が深いんです」とのこと。弥園さんは先ほどの巻きスピードで再度探り、佐々木さんはネクタイのカラーや形状を変えて探ります。すると、またも弥園さんがアタリをとらえ、マダイを釣り上げます。ここで弥園さんが「タイラバのネクタイやカラーはどう選ぶのですか?」と尋ねます。佐々木さんは「タイラバヘッドは基本的に水深イコールグラム数と思ってください。ネクタイは速いスピードで巻く時はストレートタイプ、ゆっくり巻く時はカーリータイプを。ネクタイのカラーは晴れている時は黒や赤など、夕暮れ時は蛍光ムラサキなど海の状態によって選びます」と教えてくれます。佐々木さんが仕掛けを作っている間、弥園さんが右舷で竿を出すことに。すると、弥園さんがアタリをとらえ、力強いヒキを感じながら巻き上げると、現れたのは63センチのマダイです。「これはすごい」と佐々木さん。弥園さんも「うれしい!」と喜びます。その後、佐々木さんはヒラメを釣り上げます。今回は弥園さんの巻きスピードとネクタイのカラーがはまりました。タイラバゲーム、皆さんも体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 1.0号
<リーダー> 
 フロロ3号
<その他>
 タイラバヘッド 45g~90g
 炎月 タイガーバクバク
 炎月 バクバクトレーラー
 マイクロコイカー
<ロッド>
 佐々木さん:エンゲツ エクスチューンB610ML-S/RIGHT
 GAME炎月S610MH
 弥園さん:炎月SS B610ML-S
<リール>
 佐々木さん:炎月プレミアム150PG
 エクスセンスLB C3000MXG
 弥園さん:炎月100PG

●高松シンボルタワー
住 香川県高松市サンポート2-1
電 087-822-1707
営 10~4月 9:00~19:00(屋上広場)
休 年末年始(12月29日~1月3日)
http://www.symboltower.com/

●おひつの山しろ
住 香川県高松市常磐町1-5-5 2F
電 087-812-0039
営 11:30~14:30(LO 14:00)、17:30~22:00(LO21:30)
休 火曜
https://ohitsunoyamashiro.owst.jp/

●SEVEN GODS
住 香川県高松市庵治町王ノ下(庵治漁港内)
電 090-8972-5123
https://www.sevengods.net/

「おとな釣り倶楽部」香川県高松市 後編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」香川県高松市 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、香川県高松市の旅と釣りをお届けします。高松市を散策し、高松沖でタイラバゲームを楽しみます。登場するのは、シマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
四国の北東部にある香川県高松市。佐々木さんと弥園さんは、瀬戸内海や屋島などを眺めた後、「史跡高松城跡 玉藻公園」を訪れます。高松城は日本三大水城の一つ。2人は、和船「玉藻丸」に乗船し、海水を引き込んだ堀でタイにエサをやりながら、風流なひと時を過ごします。その後、人気店「手打ち十段 うどんバカ一代」でうどんを堪能します。
翌朝、佐々木さんと弥園さんは、タイラバゲームを楽しむため、高松市の庵治漁港から「SEVEN GODS」に乗船します。まずは、タックルについて佐々木さんに教えてもらいます。「今回、使用するのはベイトタックルです。私が使うロッドは、エンゲツ エクスチューン。グリップにXシートが使われていて、握りやすくて疲れにくいんです。リールは炎月プレミアム。フォールレバーというフォールスピードを制御できる新設計のレバーがついています」。一方、広範囲に探る時は、スピニングタックルでキャスティングをします。「ロッドはGAME炎月、リールはエクスセンスLB。これも非常に使いやすいものです」。いよいよ、豊島周辺のポイントから釣りを開始。まずはタイラバを海底まで落とし、一定の速度で巻き上げます。佐々木さんは広範囲に攻めようと、スピニングタックルで始めます。しばらくすると、佐々木さんが「マイクロコイカーを使いましょう。タイラバ本来の機能を最大限に活かすトレーラーです」と提案します。この日は水深が低下し、マダイの動きも鈍いことから、巻きスピードをゆっくり目にします。ところが、大雨の影響か、釣り始めてから4時間が経ちますが、2人とも全くアタリがありません。そんな中、ようやく弥園さんがヒットし、サバフグを釣り上げます。「フグがいるところは、タイもいます」と船長。弥園さんは、最近マダイをしとめているというオレンジ系のカーリータイプのネクタイに変更します。その後、佐々木さんがヒット! 待望のマダイを釣り上げますが、可愛いサイズなので海にリリースします。続いて、「来ました!」と弥園さん。釣り上げたのは、なんと40センチを超える良型のクロダイです。「初めて釣りました!」と喜ぶ弥園さん。次回もこの続きをお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 1.0号
<リーダー>
 フロロ3号
<仕掛け>
 タイラバヘッド 45g~90g
 炎月 タイガーバクバク
 炎月 バクバクトレーラー
 マイクロコイカー
<ロッド>
 佐々木さん:
 エンゲツ エクスチューンB610ML-S/RIGHT
 弥園さん:炎月SS B610ML-S
<リール>
 佐々木さん:炎月プレミアム150PG
 エクスセンスLB C3000MXG
 弥園さん:炎月100PG

●史跡高松城跡 玉藻公園
住 香川県高松市玉藻町2-1
電 087-851-1521(玉藻公園管理事務所)
開 8:30~17:00
休 12月29日~12月31日
料 16歳以上200円、6歳~16歳未満100円
http://takamatsujyo.com/

●手打十段 うどんバカ一代
住 香川県高松市多賀町1-6-7
電 087-862-4705
時 6:00~18:00
休 無休(1月1日休)
http://www.udonbakaichidai.co.jp/

●SEVEN GODS
住 香川県高松市庵治町王ノ下(庵治漁港内)
電 090-8972-5123
https://www.sevengods.net/

「おとな釣り倶楽部」香川県高松市 前編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県横須賀市 後編


「おとな釣り倶楽部」は、神奈川県横須賀市の旅と釣りをお届けします。前回に引き続き、神奈川県横須賀市の旅、そして、久里浜の海でタチウオ釣りを楽しみます。登場するのは、シマノフィールドテスターの遠藤いずみさん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
神奈川県南東部に位置する横須賀市。遠藤さんと杉浦さんは「三笠公園」を訪れ、三笠保存会の福原祐二さんに、記念艦「三笠」を案内してもらいます。これは、日露戦争で大活躍した東郷平八郎率いる連合艦隊の旗艦。2人は貴重な資料を見学します。
そして、久里浜の海でタチウオ釣りをします。まずは、タックルについてのおさらいから。「杉浦さんはベイゲームX、私はサーベルマスターの竿を使います。リールはフォースマスター400で、コンパクトで片手でも操作ができます」と遠藤さん。仕掛けは片テンビンの1本針、オモリは60号を選択、エサはサバの切り身を縫い刺しでつけます。前回、タチウオ釣り初挑戦の杉浦さんが1投目でタチウオを釣り上げ、遠藤さんは大型のタチウオに出会えました。今回はどんな展開になるのでしょうか。釣りを開始すると早速、遠藤さんがヒットし、アベレージサイズのタチウオを釣り上げます。一方、杉浦さんは、前回の1匹目以降アタリがなく、エサを確認してみると食べられています。エサはこまめにつけ替えることも大切です。ところが杉浦さん、エサのつけ方がうまくいかない様子。「それではタチウオが来ませんね」と遠藤さん。エサの端から2ミリくらいのところに針を刺し、エサをまっすぐな状態にすることがポイントです。杉浦さんはエサをつけ直し、再び、タチウオ釣りに挑戦します。ここで遠藤さんがヒットしますが、残念ながらバラしてしまいます。続いて、杉浦さんに待望のヒットがあり、タチウオを釣り上げます。さらなるヒットを狙う2人。ここで、遠藤さんがタチウオを、杉浦さんが良型のマアジを釣り上げます。魚の活性も上がってきたようです。さらに、遠藤さんが、ドラゴン級のタチウオを釣り上げます。そして、「え?大きい!やったー」と杉浦さんもドラゴン級のタチウオを釣り上げ、2人とも大満足の釣りとなりました。
港に戻り、2人は釣ったタチウオを調理します。作ったのは「タチウオのふんわりつみれ汁」と「タチウオのキノコあんかけ」。自分で釣った魚を調理して味わうのも、釣りの醍醐味です。手軽に始められて、ゲーム性の高いタチウオ釣り。ぜひ、体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 2号
<リーダー> 
 ナイロン 30lb
<仕掛け>
 片テンビン 1本針 2/0号 ハリス6号
<オモリ>
 60号
<ロッド>
 遠藤さん:サーベルマスターテンビン L165
 杉浦さん:ベイゲームXタチウオ82 MH195
<リール>
 遠藤さん・杉浦さん:フォースマスター400

●記念艦 三笠
住 神奈川県横須賀市稲岡町82-19
電 046-822-5225
時 9:00~16:30(季節により異なる)
休 12月28日~31日
料 一般600円、65歳以上500円、高校生300円、小中学生無料
http://www.kinenkan-mikasa.or.jp/

●平作丸
住 神奈川県横須賀市久里浜8-9-5
間 090-4074-3228(事務所番号)
https://heisakumaru.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県横須賀市 前編


「おとな釣り倶楽部」は、神奈川県横須賀市の旅と釣りをお届けします。博物館や商店街を訪れ、人気店に立ち寄り、翌日、久里浜沖でタチウオ釣りに挑戦します。登場するのはシマノフィールドテスターの遠藤いずみさん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
神奈川県の南東部、三浦半島にある横須賀市は、江戸時代から国防の拠点で、現在もアメリカ海軍や海上自衛隊の基地があります。遠藤さんと杉浦さんは「横須賀市 自然・人文博物館」を訪れ、学芸員萩原清司さんの案内で「自然館」を見学し、世界で初めてナウマンゾウの化石が発見されたのは横須賀市だと知ります。そして、どぶ板通り商店街をそぞろ歩き。メキシコ料理と横須賀ネイビーバーガーの「TSUNAMI」で、ハンバーガーと海軍カレーを味わいます。
翌日、2人はタチウオ釣りに挑戦します。まずはタックルについて遠藤さんに教えてもらいます。「杉浦さんの竿はベイゲームX、私はサーベルマスター。どちらもライトタイプです。リールはフォースマスター400というコンパクトで軽量な電動リール。これにはスマートダイヤルがあり、親指1本で電動リールの巻き上げを調整することができます。ピックアップのボタンは、押している間だけ一定のスピードで巻き上げることができますよ」。朝7:30に久里浜港を出船し、走水沖に到着。仕掛けについても教えてもらいます。「今回は片テンビンの1本針。船長の指示ダナは水深50~60メートルなので、オモリは60号を使います。付けエサはサバの切り身で、皮のほうから縫うように針を刺します」。そして、誘い方については「指示ダナまで仕掛けを落とし、1回シャクってハンドルを半回転し、ロッドを止めます。テンポよく繰り返しましょう」と遠藤さん。釣りを開始すると早速、遠藤さんがアタリを感じたようですが、外してしまいます。「この場合、新しいエサに付け替えたほうがいいでしょう」と遠藤さん。一方、タチウオ釣り初挑戦の杉浦さんは、1投目でタチウオを釣り上げ、「キラキラとしてきれいですね」とうれしそう。続いて遠藤さんもタチウオを釣り上げます。杉浦さんは、遠藤さんの動作を見習いながら、シャクって止めて…を繰り返します。この止めるという動作は、魚にエサを食わせる間を与えるために必要だとのこと。そして、遠藤さんが再びヒット!今度は強いヒキのようです。「いいサイズですね」とタチウオを釣り上げる遠藤さん。次回もこの続きをお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 2号
<リーダー> 
 ナイロン 30lb
<仕掛け>
 片テンビン 1本針 2/0号 ハリス6号
<オモリ>
 60号
<ロッド>
 遠藤さん:サーベルマスターテンビン L165
 杉浦さん:ベイゲームXタチウオ82 MH195
<リール>
 遠藤さん・杉浦さん:フォースマスター400

●横須賀市 自然・人文博物館
住 神奈川県横須賀市深田台95
電 046-824-3688
営 9:00~17:00
料 無料
休 月曜(祝日の場合翌日)、年末年始
https://www.museum.yokosuka.kanagawa.jp/

●TSUNAMI
住 神奈川県横須賀市本町2-1-9
電 046-827-1949
http://navyburger.com/

●平作丸
住 神奈川県横須賀市久里浜8-9-5
問 090-4074-3228(事務所番号)
https://heisakumaru.com/

「おとな釣り倶楽部」神奈川県横須賀市 前編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」ダイジェスト版(長野県大町市・安曇野市、和歌山県田辺市)


「おとな釣り倶楽部」は、この秋のダイジェスト版をお届けします。前半の舞台は長野県大町市。「鹿島槍ガーデン」でトラウトフィッシングを楽しみます。後半は和歌山県田辺市で半夜のイカ釣りを満喫します。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、シマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの杉浦里奈さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
長野県大町市は標高3,000メートルの北アルプスをのぞむ自然豊かな地域。村田さんと杉浦さんは、北アルプスやその周辺でみられる動物や植物を飼育・展示する「大町山岳博物館 付属園」を訪ね、冬場は真っ白な羽になるライチョウやニホンカモシカなどを見学します。
2人がトラウトフィッシングを楽しむためにやってきたのは人気の管理釣り場「鹿島槍ガーデン」。村田さんは「キャストしたら、ラインをよく見ながら一定のスピードで巻いて、ラインに変化があったらアワセます。影のある方に向かってキャストするとラインが見やすいでしょう」と教えてくれます。「魚をネットで取り込む時は、ロッドを後ろに引くこと。魚をネットに入れたらすぐにリールのベールを返すこと」と話しながら、村田さんは早速ヒットし、60センチを超えるレインボートラウト、さらに続けてブラウントラウトを釣り上げます。トラウトフィッシング初挑戦の杉浦さんも「力強いヒキ…」と奮闘しながらレインボートラウトを釣り上げます。その後、村田さんは5キロオーバーのブラウントラウトも釣り上げます。一方、杉浦さんは狙ったアルビノを釣り上げることに成功し、「まさに大人が遊び場です」と村田さん。2人はトラウトフィッシングを楽しみました。
番組後半は、今井さんと弥園さんが和歌山県南部の田辺市を訪れます。2人は「紀州備長炭記念公園」を訪れ、特別に備長炭の窯出しを見学させてもらい、炎の勢いに感心します。
そして、江川の港から「海凰丸」に乗船し、白浜沖のポイントへ。ここで半夜のイカ釣りに挑みます。「メタルスッテが着底したら、根掛りを避けるために少し巻き上げて止めて、そこから誘います。アタリがなければ、ロッドを大きく上下させたり、小さなシャクリを入れたりします」と今井さん。すると、弥園さんが「来ました!」と言い、釣り上げてみると本命のケンサキイカです。やがて集魚灯が灯り、明かりに小魚が集まると、それを狙ってイカも寄ってきます。ここで船長が小さめのスッテを使うよう勧めてくれます。すると、今井さんも弥園さんもケンサキイカを釣り上げます。「時間帯によってタナが変わりますから、釣果アップの秘訣はタナをこまめに探ること。メタルスッテにアクションをつけること」と今井さん。納得のいく型もサイズも釣れたところでこの日の釣りを終了します。
釣りの後、2人は「酒味道楽なじみ」で釣ったイカを特別に調理してもらい、「イカソーメン」「イカの梅香鍋」などを味わいます。手軽に楽しめるトラウトフィッシング、そして、メタルスッテを使ったイカ釣り。皆さんもぜひ、体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【トラウトフィッシング タックル】
<ライン>
 村田さん:ナイロン4号
 杉浦さん:ナイロン3.5号
<ルアー> 
 カーディフ ロールスイマー5g
 カーディフ アルミロール
<ロッド>
 村田さん:
 ワールドシャウラ テクニカルエディション S66SUL-2
 杉浦さん:カーディフAX S62SUL-F
<リール>
 村田さん:ステラC2000SHG
 杉浦さん:ツインパワーC2000S
 
【イカ釣り タックル】
<ライン>
 PE 1.0号
<リーダー> 
 フロロカーボン3号
<スッテ>
 セフィア ノリノリスッテ20号
 セフィア フワフワスッテ
 セフィア コロコロスッテ10号
<ロッド>
 今井さん・弥園さん:
 セフィアSS メタルスッテ B66ML-S
<リール>
 今井さん:バルケッタ プレミアム150DH
 弥園さん:バルケッタ プレミアム150

【長野県大町市】
●大町山岳博物館 付属園
住 長野県大町市大町8056-1
電 0261-22-0211
開 9:00~17:00(入館16:30まで)
休 月曜、祝日の翌日、年末年始
料 無料(博物館本館は大人400円)
https://www.omachi-sanpaku.com/facility/garden/

●鹿島槍ガーデン
住 長野県大町市平鹿島8589
電 0261-22-8854
http://kashimayari-garden.com/

【和歌山県田辺市】
●紀州備長炭記念公園
住 和歌山県田辺市秋津川1491-1
電 0739-36-0226

●酒味道楽なじみ
住 和歌山県田辺市湊2-7駅前センタービル1F
電 0739-24-7703

●海凰丸
住 和歌山県田辺市江川42-29(船着場)
電 0739-25-1184
http://minnaga.com/taka_maru/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」三重県鳥羽市 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、三重県鳥羽市の旅と釣りをお届けします。鳥羽市にある海女漁に関する資料館や、海の幸を味わえる食事処などを訪れ、伝統釣法ウタセマダイ釣りに挑戦します。果たして良型のマダイに出会えるでしょうか。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
町全体が伊勢志摩国立公園内にある三重県鳥羽市。今井さんと弥園さんは「相差海女文化資料館」を訪れ、今も続く海女の漁と文化について見学します。続いて、弥園さんは女性の願いを一つだけ叶えてくれるという「神明神社」にある「石神さん」で大漁を祈願。その後、2人は合流し「漁師めし みなと食堂」で人気の定食や海鮮丼を味わいます。
伝統釣法ウタセマダイ釣りを楽しむため、今井さんと弥園さんは石鏡港から出船します。まずはタックルについてのおさらいです。「竿はライトゲームのCI4+。竿先が柔らかく、食い込みがいいタイプです。リールはフォースマスターの800。秋はカンパチなどの青物も出るので、仕掛けは全体的に太めです」と今井さん。さらに、「ウタセマダイ釣りのポイントはエサの付け方です。付け方が悪いとエビが回ってしまい、幹糸も絡んだりします」と教えてくれます。さあ、釣りを開始。「まずは底取りをして糸ふけをとります。ロッドをおろす時にリールをフリーにし、潮流を利用して新たなポイントに仕掛けをおろします」と今井さん。ゆっくりと誘っていくと、今井さんはマダイ3匹を釣り上げてトリプル、同じタイミングで弥園さんもダブルで釣り上げます。さらに、2人ともマダイを釣り上げますが、サイズアップには至りません。ここで、弥園さんが大きくアワセ、苦労の末、見事なシオ(カンパチの幼魚)を釣り上げます。本命のマダイではありませんが、まずまずのサイズです。今井さんもマダイを釣り上げますが、納得のいくサイズではありません。弥園さんは小さなハナダイを釣り上げます。ここで船長が「エサ取りが多い時はタナを上げるために捨て糸を長くとります」とアドバイス。今井さんも糸を調整して挑みますが、小ぶりのマダイが続きます。一方、弥園さんは「このヒキは青物?」と言いながら必死に巻き上げると、なんと59センチもある良型のマダイ! その後も2人は竿を出し続けましたが、釣りは終了となりました。皆さんもヒキ味抜群のウタセマダイ釣りを体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<リーダー> 
 フロロカーボン 6号3m
<幹糸>
 6号
<ハリス>
 5号
<ハリ>
 マダイ11号 3本針
<ロッド>
 今井さん・弥園さん:
 ライトゲーム CI4+ モデラート TYPE73 H255
<リール>
 今井さん・弥園さん フォースマスター800

●相差文化資料館
住 三重県鳥羽市相差町1238
電 0599-33-7453
開 9:00~17:00
休 年末年始
料 無料
http://www.oosatsu.net/midokoro/ama/

●神明神社(石神さん)
住 三重県鳥羽市相差町1385
電 0599-33-7453(相差海女文化資料館)

●漁師めし みなと食堂
住 三重県鳥羽市安楽島町1434-5
電 0599-25-7173
休 水曜
営 11:00~15:00(LO14:30)、17:00~22:00(LO21:30)
http://www.minatosyokudo.com/

●幸徳丸
住 三重県鳥羽市石鏡町310
電 090-7303-5080(船長携帯)
http://koutokumaru.jp/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」三重県鳥羽市 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は三重県鳥羽市の旅と釣りをお届けします。鳥羽市の人気スポット「鳥羽マルシェ」や「鳥羽市立 海の博物館」を訪れ、伝統釣法ウタセマダイ釣りに挑戦します。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
町全体が伊勢志摩国立公園内にある三重県鳥羽市。今井さんと弥園さんは「朝熊山頂展望台」を訪れ、風光明媚な伊勢湾の景色を眺めます。続いて2人は新鮮な海産物や農作物が並ぶ人気の産直市場「鳥羽マルシェ」へ。併設されている「地物ビュッフェレストラン」で地元食材を使った料理も味わいます。さらに、「鳥羽市立 海の博物館」を訪れ、昔の疑似餌や海女漁の仕組みなど、海に生きる人々の技術と知恵の展示品や、全国の木造船を見学します。
そして、伝統釣法ウタセマダイ釣りを楽しむため、2人は石鏡港へ。まずはタックルについて今井さんに教えてもらいます。「竿はライトゲームのCI4+。オモリを底につけて釣るのが基本ですが、誘う際は竿の長さを利用して大きく誘います」。そして、2人は今回お世話になる「幸徳丸」に乗り込みます。船長の寺本周介さんによれば、今秋はまずまずの状況とのこと。今回は夕まづめまでの釣りをします。サシエサのウタセエビのつけ方は口から針を入れ、頭を避けて背中の真ん中に1~2ミリほど針先を出すのがポイント。そして、釣り方ではまず底を取って糸ふけを取ります。そして、潮流を利用して新たなポイントに仕掛けをおろし、後はゆっくりとラインを巻きながら誘います。しばらくすると、今井さんが大きくアワセ、形は小さめですが本命のマダイを釣り上げました。弥園さんも寺本船長にアドバイスをもらいながら誘い続けます。すると、突然、弥園さんの竿先がぐっと海中へ引き込まれ、ツバス(ブリの幼魚)を釣り上げます。続いても弥園さんがアタリをとらえ「先ほどのヒキと同じ!」と言ったとたん、残念ながらバラシてしまいます。一方、今井さんにも小さなアタリがありますが、かわいいサイズのマダイだったのでリリースすることに。またしても、今井さんの竿にアタリがあり、今度はツバスを釣り上げます。さらに、マダイも釣り上げますがサイズアップには至りません。果たして、2人は良型のマダイを仕留めることができるでしょうか? この続きは次回ご紹介します。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<リーダー>
 フロロカーボン 6号3m
<幹糸> 
 6号
<ハリス>
 5号
<ハリ>
 マダイ11号 3本針
<ロッド>
 今井さん・弥園さん:
 ライトゲーム CI4+ モデラート TYPE73 H255
<リール>
 今井さん・弥園さん:フォースマスター800

●鳥羽マルシェ
住 三重県鳥羽市鳥羽一丁目2383-42
電 0599-21-1080
営 <農水産物直売所>10:00~18:00
  <地産レストラン>11:00~14:00(13:30受付終了)
料 大人1,500円、小学生1,000円、3歳以上500円
  ※制限時間60分
休 水曜、年末年始
http://tobamarche.jp/

●鳥羽市立 海の博物館
住 三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
電 0599-32-6006
開 通常(~11月30日)9:00~17:00
休 12月26日~30日
料 大人800円、大学生以下400円
http://www.umihaku.com/

●幸徳丸
住 三重県鳥羽市石鏡町310
電 090-7303-5080(船長携帯)
http://koutokumaru.jp/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」山梨県山中湖 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、山梨県山中湖の旅と釣りをお届けします。ドーム船に乗って秋のワカサギ釣りを楽しみ、山中湖周辺でサンドブラストを体験し、釣ったワカサギの天ぷらも味わいます。登場するのはシマノインストラクターの伊藤智さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
富士五湖の一つで人気の観光地山中湖。伊藤さんと杉浦さんは山中湖でドーム船に乗ってワカサギ釣りを楽しんでいます。最初に基本タックルについておさらいをしておきます。「この釣りは電動リールが主流です。そして、肝心なのは穂先の選択。いろんなタイプがあるので、水深やオモリなどによって選びます。エサは紅サシを使います」と伊藤さん。ワカサギ釣り初挑戦の杉浦さんも、伊藤さんに教わり、前回は初ワカサギを釣ることができました。今回はどんな展開になるのでしょうか。伊藤さんが「オーバーアクションぎみでやってみましょう」とアドバイスすると、杉浦さんは「2匹ついていました!」と2点掛けに成功します。一方、伊藤さんが少し上のタナを狙っていると、なんと2人でダブルヒット! 杉浦さんはアカムシも加えて、またも2点掛けで釣り上げます。ドーム船の近くにワカサギの群れがやってきたようです。「アタリが多い時でもエサをこまめに替えたほうが釣果につながります」と伊藤さんがアドバイス。伊藤さんは3点掛けに成功します。多点掛けを狙う時はアワセた後、再び戻して次のアタリを待ちます。
釣りの途中ですが、ここで山中湖周辺の人気スポットをご紹介します。2人は「体験工房アントヴ」を訪れ、曽和眞二さんに教わりながらガラスに砂を吹き付けて模様を彫る工芸、サンドブラストをやってみます。2人は魚の絵を描き、思い出の一皿を作ります。
そして再び、ワカサギ釣りに戻ります。またしてもワカサギの群れが近づいて来たようです。「これは多点掛けが狙える」と伊藤さん。2人とも群れをとらえて絶好調です。杉浦さんはなんと4点掛けに成功します。その直後にも4点掛けで釣り上げた杉浦さん。厳しいといわれる状況でしたが、2人ともたくさんのワカサギに出合うことができました。
釣りの後、2人は山中湖の目の前にある「郷土料理 庄ヤ」で釣ったワカサギを天ぷらにしてもらいます。サクサクの天ぷら、そして、郷土料理のほうとうも味わいます。快適な空間で楽しめるドーム船のワカサギ釣り、皆さんもぜひ体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 0.2号
<仕掛け>
 全長1.2m 針1号 8本針
<オモリ>
 7g
<付けエサ>
 紅サシ アカムシ
<リール>
 伊藤さん:レイクマスター CT-T ファイアレッド
 杉浦さん:レイクマスター CT-T ブラック
<穂先>
 伊藤さん:
 レイクマスター エクスペック MO2K KAMISORI SHALLOW
 杉浦さん:
 レイクマスター エクスペック MO3K KAMISORI VERSATILE

●体験工房アントヴ
住 山梨県南都留郡山中湖村平野508-813
電 0555-62-6151
営 10:00~17:00 ※体験受付は16:00頃まで
休 不定休
http://www.antov.jp/

●郷土料理 庄ヤ
住 山梨県南都留郡山中湖村山中134
電 0555-62-5154
営 11:00~14:45、17:00~20:00、土日祝11:00~20:30
休 木曜
http://www.yamanakako.co.jp/

●旭日丘観光
住 山梨県南都留郡山中湖村旭日丘506-296
電 0555-62-3059(受付8:00~20:00)
http://www.asakan.gr.jp/dome_forecast.php

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」山梨県山中湖 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は山梨県山中湖の旅と釣りをお届けします。山中湖周辺にある淡水魚の水族館を訪れ、ランチを味わいます。その後、ドーム船に乗ってワカサギ釣りを楽しみます。登場するのはシマノインストラクターの伊藤 智さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
富士五湖のなかでも最大面積を誇る山中湖は、富士山の展望スポットも数多くある人気の観光地です。伊藤さんと杉浦さんは「さかな公園」のなかにある「森の中の水族館。」を訪れます。ここは透明度の高い湧水を使用した淡水魚の水族館で、古根川 瞭さんの案内のもと、二重回遊水槽でニジマスやイトウなどを見てまわります。続いてヨーロピアンカフェ「グータン」を訪れ、パスタやハンバーグなどちょっぴり贅沢なランチを味わいます。
番組後半はワカサギ釣りを楽しみます。まずは伊藤さんにタックルについて教えてもらいます。「使うのは電動リール、仕掛け、針、エサ。そして、ワカサギ釣りは穂先選びが面白い。これが釣果につながるんです」。同じように見えて固さが違う穂先をセットし、ガイドに仕掛けを通して準備完了。翌朝、2人はドーム船に乗り、朝7時出船。「旭日丘観光」の堀内泰輔船長のおすすめで、この日は長めの仕掛けを使って広く探ります。付けエサは紅サシを準備。紅サシは太い方に針をかけて、針先を出します。そして、基本の釣り方も教えてもらいます。「仕掛けを落とし、底に着いたら軽く誘いをかける。その時、穂先の先端に注目してアタリを見極め、アワセる時は20~30センチ上げます」。さあ、いよいよ釣りを開始。ワカサギ釣りが初挑戦の杉浦さんも一瞬、アタリを感じたようです。「そんな時、どういう誘いでアタリがあったのかを覚えておくといいですよ」と伊藤さんがアドバイス。伊藤さんが変化をつけながら誘うと、見事1投目でワカサギを釣り上げます。「ワカサギ釣りはゆっくりとしたイメージがあるけれど、意外とリアクションがあるゲームです」と伊藤さん。常に誘いをかけていた方がアタリやすく、アタリがなければ5分間隔で1つ置きにエサを替えるなどマメな行動が釣果につながるそうです。さらに、伊藤さんは「2匹ついています」と多点掛けに成功。そして、ついに杉浦さんも「タナを下げたら来ました」とワカサギを釣り上げます。次回もこの続きをお届けします。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 0.2号
<仕掛け> 
 全長1.2m 針1号 8本針
<オモリ>
 7g
<付けエサ>
 紅サシ アカムシ
<リール>
 伊藤さん:レイクマスター CT-T ファイアレッド
 杉浦さん:レイクマスター CT-T ブラック
<穂先>
 伊藤さん:レイクマスター エクスペック
      MO2K KAMISORI SHALLOW
 杉浦さん:レイクマスター エクスペック
      MO3K KAMISORI VERSATILE

●森の中の水族館。(山梨県立富士湧水の里水族館)
住 山梨県南都留郡忍野村忍草3098-1さかな公園内
電 0555-20-5135
営 9:00~18:00
休 火曜(祝日の場合翌日)
料 大人420円、小中学生200円(土曜は無料)
http://www.morinonakano-suizokukan.com/

●グータン
住 山梨県南都留郡山中湖村平野1020-1
電 0555-65-7080
営 11:30~18:00
 (火曜11:30~15:00、土日祝11:00~20:00)
休 水曜・第3火曜(時季により変更あり)
http://gouttemps.com/

●旭日丘観光
住 山梨県南都留郡山中湖村旭日丘506-296
電 0555-62-3059(受付8:00~20:00)
http://www.asakan.gr.jp/dome_forecast.php

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」大阪府泉南市 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、大阪府泉南市の旅と釣りをご案内します。泉南市の漁港から出船し、テンヤ「ゲキハヤ」でタチウオ釣りに挑戦。ドラゴン級のサイズを狙います。旅では、300年続く酒蔵を訪ねて地酒を試飲し、釣ったタチウオを刺身、塩焼きなどで味わいます。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
大阪府南部にある泉南市。今井さんと弥園さんは隣接する阪南市の「浪花酒造」を訪れ、杜氏の畠山隆二さんから、昔ながらの酒造り「槽搾り」などを教えてもらいながら蔵の中を見学。「浪花正宗 純米吟醸」などを試飲し、旅を満喫します。
そして、タチウオ釣りは前回の続きです。岡田浦漁港で「MinatomaruⅡ」に乗り込み、朝6:00に出船。約40分で神戸沖のポイントへ到着します。まずはタックルについて今井さんに教えてもらいます。「竿は柔らかめの調子のサーベルマスター73のM、リールはフォースマスターの400に変えました。どちらも軽快な釣りができると思います。そして、新製品のテンヤ『ゲキハヤ』です。これはワイヤーをまく手間がなく、ワンタッチでエサを付け替えできるので時間を短縮でき、タチウオの群れに出会った時に役立ちます」と今井さん。誘い方についても教えてもらいます。「短いピッチで誘うショートピッチジャーク、ストップ&ゴー、そして、スロー巻きのタダ巻き…」と話している途中でヒットし、「『ゲキハヤ』でアタリました!」とタチウオを釣り上げます。今井さんは1投ごとにアタリをとらえ、徐々にサイズアップ。狙うのはドラゴン級のサイズです。群れとなって泳ぐタチウオは、1匹姿を見せると続けて釣れることが多く、弥園さんも続きます。「トントントンと来ますね」とアタリの感じもつかめたようで、少しずつサイズアップ。さらに今井さんが大きく合わせると、きれいなタチウオが姿を現します。その後もふたりはヒットを続けますが、残念ながらドラゴン級には出会えませんでした。しかし、十分に楽しめたという事で、この日の釣りは終了としました。
その後、ふたりは釣り好きのご主人、山下博司さんが営む「居酒屋りん」を訪れ、今回特別に釣ったタチウオを調理してもらいます。「刺身 炙り」「塩焼き」「天麩羅」などでタチウオ料理を味わいます。皆さんもヒキ味抜群のテンヤタチウオ釣りをぜひ体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<道糸>
 PE 2号
<リーダー> 
 フロロカーボン8号
<テンヤ>
 サーベルマスター 船テンヤ ゲキハヤ
<ロッド>
 今井さん:サーベルマスター SS テンヤ 73 M190
 弥園さん:ベイゲーム X タチウオ 73 M210
<リール>
 今井さん:フォースマスター400
 弥園さん:プレイズ400

●浪花酒造
うまい日本酒「浪花正宗」を300年間、一心に作り続けている地酒蔵、浪花酒造です。

住 大阪府阪南市尾崎町3-13-6
電 072-472-0032
営 (直売所)平日10:00~17:00、土日祝10:00~16:00
  ※酒蔵見学は事前申込要
http://www.naniwamasamune.com/

●居酒屋 りん
住 大阪府阪南市鳥取中252-12
電 072-487-1129

●MinatomaruⅡ
住 大阪府泉南市りんくう南浜 岡田浦漁港
電 090-3673-7100
http://www.minato-maru.com/

「おとな釣り倶楽部」大阪府泉南市 後編

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」大阪府泉南市 前編


「おとな釣り倶楽部」は今回、大阪府泉南市の旅と釣りをお届けします。まずは泉南市を訪れて水ナスの漬物や郷土料理を味わい、その後、人気ターゲットのタチウオ釣りを楽しみます。登場するのはシマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
今井さんと弥園さんは大阪府南部の泉南市にある「マーブルビーチ」を訪れています。泉南市は大阪湾に面し、沖合には関西国際空港も見えます。ここ泉州地域の特産物といえば水ナスです。2人は「水なす漬物専門 まるも」を訪れ、「水茄子漬」をいただきます。次に「魚割ぽう うお政」を訪れ、郷土料理の箱寿司「エソくずし」「えびくずし」を味わい、この地の食を堪能します。
翌日、2人はテンヤタチウオ釣りを楽しむため、岡田浦漁港を訪れます。まずはタックルについて今井さんに教えてもらいます。「竿はサーベルマスターの新シリーズSS。状況に合わせていろんな釣りに対応できます。例えば、小さなアタリを拾うこともできるし、スロー巻きで誘うこともできます。リールはフォースマスターの600、道糸はPE2号、リーダーはフロロカーボン8号。ワンタッチで取り付け可能なテンヤ『ゲキハヤ』は入れ食いになった時に便利です。ノーマルなテンヤと状況に合わせて使い分けます」。準備が整ったところで出船し、神戸沖のポイントへ。今井さんは「まずはいろいろ試してアタリの出る釣り方を見つけましょう」と言い、ワンピッチジャークで誘いをかけます。タチウオのアタリは多彩で、初めはエサを突くように小さく、力強くなれば、竿先を上げてアワセます。早速、今井さんがタチウオを釣り上げます。続けてもう一度釣り上げますが、狙ったサイズではありません。ここで今井さんは「食い渋りそうなのでエサのイワシの頭を切り取り、タチウオの活性を高めましょう」と提案します。弥園さんがこの方法で挑み、タチウオを釣り上げます。一方、今井さんは大物をとらえたと思いきや痛恨のバラシ。弥園さん、次に今井さんがヒットしますが、どちらもこの日のアベレージサイズです。そして今井さんが今回一番大きな101センチのタチウオを釣り上げることに成功し、その後も2人は1投ごとにアタリをとらえます。繊細なアタリから針掛かりさせた時の強いヒキと多彩に楽しめるタチウオ釣り。次回もこの続きをお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<道糸>
 PE 2号
<リーダー> 
 フロロカーボン8号
<テンヤ>
 サーベルマスター 船テンヤ
<ロッド>
 今井さん:サーベルマスター SS テンヤ 82 MH180
 弥園さん:ベイゲーム X タチウオ 73 M210
<リール>
 今井さん:フォースマスター600
 弥園さん:プレイズ400

●水なす漬物専門 まるも
住 大阪府泉南市信達大苗代1007
電 072-483-2423
営 9:00~18:00
休 日曜
http://www.e-marumo.com/

●魚割ぽう うお政
住 大阪府泉南市北野2-183-1
電 072-483-4657
営 11:00~15:00(LO14:00)、17:00~22:00
休 無休(年末年始を除く)
http://www.uomasa-net.com/

●MinatomaruⅡ
住 大阪府泉南市りんくう南浜 岡田浦漁港
電 090-3673-7100
http://www.minato-maru.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県平塚市 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に続き、神奈川県平塚市の旅と釣りをご紹介します。まずは相模湾でシイラのキャスティングゲームを楽しみます。さらに、相模川流域の自然と文化を知ることができる博物館や、シイラのメンチカツも味わいます。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
村田さんと杉浦さんは平塚港から出船し、日本三大深湾とも呼ばれる相模湾でシイラゲームに挑みます。まずは今回のタックルについておさらいします。「シイラ用のタックルは、ライトタックルです。ロッドは7フィート半~8フィート。リールは5000~6000番くらいです。ルアーは浮くタイプと沈むタイプがあります。シンキングペンシルは小さいですけれど重たくて、よく飛びます。そして一度沈んだ後、早く巻くと水面に出てくるんですよ」と村田さん。前回は、杉浦さんが1投目でヒットしシイラを釣り上げ、村田さんもきれいなシイラを釣り上げました。今回はどんな出合いがあるのでしょうか。シイラを探して大磯沖まで移動し、その後も細かく移動します。しばらくして、村田さんがかわいいサイズのシイラを釣り上げます。村田さんが「潮の流れがぶつかる境目に向かってキャストします」とアドバイス。すると、村田さん、杉浦さんがダブルヒット! かわいいサイズでリリースしましたが、期待も高まります。村田さんはまたもヒットします。ここでキャスティングについておさらいをします。「右手よりも左手のヒキがポイント。キャストする瞬間に左手を引くこと。これを覚えておくとよく飛びます」と村田さん。さらに「ラインローラーを上げてラインを右手で拾ってからベールを返します。スピニングリールでは右利きの人は左手で巻くと、一連の動作が上手くいくようになります」。そうこうしているうちに釣りの終了までわずかになりました。先に村田さんがヒットし、その後、杉浦さんが元気のいいシイラを釣り上げ、この日の釣りを終えました。
村田さんと杉浦さんは平塚市を散策します。最初に訪れたのは相模川流域の自然と文化をテーマにした「平塚市博物館」。学芸担当長の栗山雄揮さんに案内してもらい、五領ヶ台貝塚の縄文人の暮らしに思いを馳せます。その後、平塚市内にある「鳥仲商店」で「平塚シイラのメンチカツ」「マヒマヒタルタルバーガー」を味わいます。エキサイティングなファイトが楽しめるシイラゲーム。皆さんも体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE3号
<リーダー> 
 ナイロン50~60lb
<ルアー>
 コルトスナイパー ロックスライド 140S AR-C
 オシア ペンシル 115HS
<ロッド>
 村田さん:ワールドシャウラ ツアーエディション 2745R-5
 杉浦さん:グラップラー タイプC S77M
<リール>
 村田さん:ステラ 4000XG
 杉浦さん:ストラディック SW 5000XG

●平塚市博物館
住 神奈川県平塚市浅間町12-41
電 0463-33-5111
開 9:00~17:00(入館16:30まで)
料 無料
休 月曜(祝日の場合火曜)、館内整理日など
http://www.hirahaku.jp/

●鳥仲商店
住 神奈川県平塚市黒部丘2-3
電 0463-31-0349
休 日・祝
営 10:00~19:00(4月1日~10月31日)
  10:00~18:30(11月1日~3月31日)
https://www.torinaka.com/hpgen/HPB/entries/7.html

●庄三郎丸
住 神奈川県平塚市千石河岸57-17
電 0463-21-1012
http://www.shouzaburo.com/

番組動画を見る