kanri のすべての投稿

「おとな釣り倶楽部」静岡県沼津市編


今回は、静岡県沼津市のサーフでショアジギングに挑戦します。釣りと旅を楽しむのは、遊びの達人・堀田光哉さん、そして、ナビゲーターの石原あつ美さんと荒井沙織さん。今回訪れた沼津市は、伊豆半島の付け根に位置し、古来、東海道の陸路、海路をつなぐ交通の拠点として栄えてきました。まずは、沼津港近くにある地元の生鮮品や物産を扱うマーケットモール「沼津みなと新鮮館」へ。ここで3人が目をとめたのは「寿太郎みかん100%生搾りジュース」や「沼津愛鷹茶」。愛鷹茶を試飲したナビゲーターの2人は、そのまろやかな味と香りにうっとりします。そして、3人は館内にある干物店「あじや」で食事をすることに。「沼津市といったらアジの干物。生産量は日本一です」と達人・堀田さんが教えてくれました。「ひもの定食(アジ)」を注文すると、焼き立ての干物が運ばれてきました。ホロリとほぐれる干物の身は柔らかく、旨味が口いっぱいに広がります。続いて訪れたのは「大型展望水門びゅうお」。国内最大級の高さ9.3mもある水門の展望回廊からは、駿河湾や狩野川などの見事なロケーションを眺めることができます。
ここからは夕マズメを狙ってショアジギングに挑戦します。メタルジグを使い、浜からキャスティング。ナビゲーターの2人はまず、堀田さんからラインとリーダーの結び方を教えてもらい、竿の持ち方やキャスティングのポイントを指導してもらいます。「投げる時は、周囲の安全を確保して、竿の軌道を見て投げ入れるのがポイント。回収する時は、ルアーが近くまで来たら、安全の為ゆっくりと巻き上げます。」。キャスティングが初めてというナビゲーターの2人は、コツがつかめるまで、まず投げる練習からスタート。うまく投げられるようになったところで釣りを開始します。「水面には何も見えませんが、広く見渡して魚が跳ねたとか、鳥が集まっているとかを見ます」と堀田さん。開始から1時間後、堀田さんが海にイワシの群れを発見。沖の潮目も近づいてきました。すると、狙いを定めて投げ入れた堀田さんにアタリがきました。「よし、来た! くわえた」と巻き上げますが、「あー、切れた!」と途中でラインが切れ、痛恨のバラシ。何とも悔しそうです。気を取り直して釣りを続けましたが、日没が近づいたのでこの日の釣りは終了となりました。釣りを終えたナビゲーターは「可能性は感じたのですが…」とまだアタリを感じていない様子です。次回も同じ駿河湾で、早朝のショアジギングに挑戦します。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

今回堀田さんが使用したタックル
ロッド/ネッサ CI4 S1002MH
リール/ツインパワー XD 4000XG

今回ナビゲーターが使用したタックル
ロッド/コルトスナイパー BB S906M
リール/NEW アルテグラ 4000

●沼津みなと新鮮館
住:静岡県沼津市千本港町128-1
電:055-941-7001
営:7:00~21:00(店舗により異なる。「あじや」は 9:00~16:00)
休:第2・第4火曜日(祝日除く)
http://nu-mshinsenkan.com/

●大型展望水門びゅうお
住:静岡県沼津市本字千本1905-27
電:055-964-1300(NPO法人沼津観光協会)
開:10:00~20:00(木曜日~14:00)
休:なし(臨時休館あり)
料:大人100円、小中学生50円
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kankou/sisetu/byuo/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」大阪府泉佐野市 後編


前回に引き続き、大阪府泉佐野市からお届けする「おとな釣り倶楽部」。旅を楽しむのは、達人・佐々木洋三さん、そして「さらなる大物を目指してがんばります」と張り切るナビゲーターの佐久間むつみさんと吉川亜樹さん。3人は泉佐野漁港を出船し、ジギング・ルアー船オーシャンスターで紀北ポイントへ。タイラバでマダイを狙います。
まずは、達人の佐々木さんから今回の釣りのポイントを教えてもらいます。「産卵が終わって底のほうにいるマダイを狙います。潮の流れに合わせて、ラインを縦でなく斜めに流し、より長い時間、タイラバを棚におくようにして魚と出合う可能性を高めます」。佐々木さんが話を終えてすぐに、ナビゲーターの吉川さんがアタリをとらえました。「来ました~」と喜んで釣り上げたのは本命のマダイ。「幸先良さそう!」なスタートです。隣では、なかなかアタリの来ない佐久間さんが「先ほどまでネクタイは黒を選んでいたのですが、赤に変えてみます」と色をチェンジ。けれども、その後は3人ともアタリのない膠着状態が続きます。佐々木さんは「活性が低いので広範囲にキャストして探ってみましょう」と言いながらタックルを変更。するとようやく、佐久間さんがアタリをとらえます。釣り上げてみると、可愛らしいサイズのマダイでした。その後、吉川さんが「来ましたー! さっきよりもヒキが強いです」と興奮しながら釣り上げると、良型のマダイ。吉川さんは大喜びです。続いて、佐久間さんにもアタリが来ました。佐々木さんが「魚が走っている時は無理に巻かずに…」とアドバイス。タイ独特の強いヒキに驚きながら釣り上げると、こちらも見事なマダイです。「サイズアップしました」と佐久間さんもうれしそう。そして、ようやく佐々木さんも乗りましたが、そのヒキは本命のタイとは違う様子。釣り上げたのは、なんとワニゴチでした。3人とも釣れたところで、タイラバ釣りは終了。
釣りの後、3人は泉佐野漁業協同組合にある青空市場を訪ねます。ここでは、一般の人も競り落とされた魚を購入できます。店頭には、クロダイ、シャコ、泉州名産のアナゴなどが並んでいます。佐々木さんの案内で市場の2階にある「お食事処イルカ」へ。ここで3人はアナゴを丸ごと1匹使った「穴子丼」を味わいます。衣はサクサク、中はフワフワの天ぷらをほおばるナビゲーターの2人。佐々木さんも「これはおいしい!」と笑顔を見せます。次に訪れたのは、創業100年近い「北庄司酒造店」。蔵に一歩入ると、日本酒のいい香りに包まれます。蔵主によれば、こちらの蔵では食事に合い、料理の味を高めるような日本酒を目指しているそうです。見学後は、純米酒や無濾過生原酒を飲み比べ、お酒好きの3人にとって至福のひと時となりました。次回の旅もご期待ください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

今回、佐々木さんが使用したタックル
ロッド/炎月B77M-S
リール/炎月100PG
今回、ナビゲーターが使用したタックル
ロッド/炎月SS B610ML-S
リール/炎月100PG
●泉佐野漁協青空市場
住:大阪府泉佐野市新町2-5187-101
電:072-469-2340
営:10:00~18:00
休:水曜日
http://www.aozora-ichiba.com

●お食事処イルカ
住:大阪府泉佐野市新町2-5187-101
泉佐野漁協青空市場2階
電:072-463-1818
営:10:00~15:00
休:水曜・木曜日

●北庄司酒造店
住:大阪府泉佐野市日根野3173
電:072-468-0850
※蔵見学:1名500円(試飲・おつまみ付き)
10名以上の団体のみ。1週間前までに要予約
http://www.kitashouji.jp

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」大阪府泉佐野市 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、大阪府の南部に位置する泉佐野市へ。達人・佐々木洋三さん、ナビゲーターの佐久間むつみさん、吉川亜樹さんの3人は、緑が生い茂る犬鳴山のふもとから旅を始めます。およそ1300年前に修験道の霊場として役行者によって開山された犬鳴山。心地よい空気を感じながら歩いているのは「七宝瀧寺」の参道です。大僧正の東條仁哲さんによれば、800年代後半、紀伊の猟師の身を守ったとされる義犬伝説があり、それまでの一乗山から犬鳴山と名が改められたそうです。本堂の先にある「行者の瀧」は霊力のある滝として知られ、今も全国から訪れる修行者の姿を見ることができます。次に3人が訪れたのは「犬鳴山温泉 不動口館」。大阪市内から車で50分と近いながらも、都会の喧騒から離れて静寂を感じることができる天然温泉の宿です。宿泊のほか、日帰り利用も可能で、温泉を楽しんだ後に旬の素材を取り入れた会席料理を味わうと、身も心も癒されます。
翌日は、ジギング・ルアー船「オーシャンスター」に乗って大阪府泉佐野漁港を出船。およそ50分で目的地の和歌山県友ヶ島の南、加太沖へ到着しました。ここで3人はタイラバ釣りを楽しみます。達人の佐々木さんによれば、タイラバはいわば和製のルアー。水中でヒラヒラと動くカラフルなネクタイの波動でタイを誘います。この釣りのポイントは、仕掛けが海底に着底したらすぐに一定のスピードで巻き上げること。その時、竿を脇に挟んで固定し、竿先を安定させることも大切です。もう一つのポイントは、アタリが来てもすぐに合わせず、タイが下向きに泳ぎ出してから合わせること。「焦ってはだめなんですね」とナビゲーターの2人も頷きます。そして、いよいよタイラバ釣りをスタート。小さなマダイの活性は高く、ナビゲーターの仕掛けを何度か触ることもありましたが、なかなか針にのりません。するとようやく、佐久間さんにアタリが来ました。釣り上げたのは、小型のマダイ。とてもかわいいサイズなので海にリリースすることにしました。続いても佐久間さんがアタリをとらえます。先ほどより強いヒキに期待をしますが、姿を現したのは何とカサゴ。「初めてカサゴを釣りました」と笑顔の佐久間さん。その後、佐々木さんも産卵前のマダイを釣り上げます。「曇り空になったのでタイラバのネクタイを赤からオレンジに変えてみました。状況に合わせてネクタイのカラーを変えることも大事ですね」と佐々木さん。そして、ようやく吉川さんも「来てます。来たー!」とアタリをとらえ、強いヒキに奮闘しながら釣り上げると40㎝もある見事なマダイ。「やっときました! マダイ!」と大喜び。次回もこの続きをご紹介します。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

今回、佐々木さんが使用したタックル
ロッド/ゲーム炎月B77M-S
リール/炎月100PG
●大本山犬鳴山 七宝瀧寺
住:大阪府泉佐野市大木8 電:072-459-7101
時:7:00~17:00(開門時間)
http://www.inunakisan.jp/

●犬鳴山温泉 不動口館
住:大阪府泉佐野市大木7
電:072-459-7326
http://www.fudouguchikan.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」茨城県神栖市編


前回に引き続き、今回も茨城県神栖市波崎の海でホウボウ釣りを楽しみます。前回は、遊びの達人・村田 基さんとナビゲーターの荒井沙織さんにチャンスが到来しました。一方、石原あつ美さんには、まだヒットがありません。石原さんはホウボウに出合えるのでしょうか。
3人は波崎港を出発して犬吠埼沖へ。前回同様、タイラバでホウボウを狙います。「着底したら一定のスピードでゆっくりと巻きます。あとはひたすらホウボウが来るのを待つだけ」と村田さんがアドバイスすると、その直後にヒット。横では「ようやく、ノリました~」と石原さんも待望の手応えを感じて、なんとダブルヒット。難なく村田さんがホウボウを釣り上げ、石原さんも「ようやく1匹目。やったー!」と大喜び。2人が釣り上げたのは、なかなかのサイズです。タイラバで釣れることが分かった村田さんは、ここでメタルジグを試してみることに。一方、ナビゲーターの2人は引き続きタイラバで攻めます。すると、荒井さんが、「来ましたー!」とアタリを感じてホウボウを釣り上げようした瞬間、石原さんの竿にも強いアタリが! なんとナビゲーターの2人がまたもダブルヒットです。釣り上げてみると「あれ? 違う魚?」。石原さんが釣り上げたのはマトウダイでした。その後も「このプルプルとしたヒキが堪りません」とホウボウを釣り上げた荒井さん。「村田さんから『釣れてはいるけれど、巻くのが速いから魚が小さいんだよ』と言われて…。ものすごくゆっくりと巻いたら、本当にサイズアップしました」とうれしそうです。波が高くなってきたので、ここで釣りは終了となりました。
その後3人は、茨城県神栖市を散策します。神栖市は1960年代以降、鹿島開発により工業の町として発展。現在は、矢田部十町歩の海岸に並ぶ風力発電の風車がシンボルとなっています。訪れたのは、平安時代に建立された「神善寺」。境内には樹齢1000年を超える「大タブの木」があり、近づいてみるとどこかパワーをもらえそうな雰囲気。こちらは、江戸時代の大火や大戦中の焼夷弾などの難を逃れたことから、地元の人たちが「火伏の木」として信仰しているそうです。そして、利根川にかかる銚子大橋を渡ると、そこは千葉県銚子市。釣りでお世話になった征海丸の船長さんが勧めてくれる創作料理の店「創彩美食 和」へ向かいます。ここで特別に3人が釣ったホウボウを調理してもらいました。テーブルに並ぶ料理から、ナビゲーターの2人はまず「ホウボウのお造り」を。初めて味わう高級魚の旨味と歯応えを堪能しました。続いて、味が染みた「ホウボウの煮付け」、「ホウボウの卵のうま煮」、石原さんが釣った「マトウダイの天ぷら」も味わいます。「こんなにおいしい食べ物、おいしい釣りがあると視聴者の皆さんにもお分かりいただければ…」と村田さん。次回も楽しい釣りと旅をお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

今回村田さんが使用したタックル
ロッド/ワールドシャウラ〈WORLD SHAULA〉1651F・1652R
リール/カルカッタ コンクエスト〈CALCUTTA CONQUEST〉300HG
今回ナビゲーターが使用したタックル
ロッド/炎月SS B610M-S
リール/炎月100PG
●神善寺
住:茨城県神栖市波崎3355
電:0479-44-4301

●創彩美食 和
住:千葉県銚子市若宮町8-13 電:0479-25-8606
営:17:00~22:00(LO)
休:不定休(おもに月曜日。電話で確認を)
http://www.kazu-choshi.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」茨城県潮来市編


今回は、茨城県南東部にある潮来市を訪ね、そして、神栖市波崎の海でホウボウ釣りを楽しみます。旅をするのは、遊びの達人・村田 基さんとナビゲーターの石原あつ美さん、荒井沙織さん。村田さんは、なんと「水郷いたこ大使」、茨城県の観光大使も務めていて、この辺りに詳しい様子です。
江戸時代に利根川水運の港町として栄えた潮来の地。現在は、初夏の「水郷潮来あやめまつり大会」が有名です。3人が訪れたのは「道の駅いたこ」。東関道潮来ICを降りてすぐのところにある、品揃え豊富な大型の道の駅で、6000坪もあるラウンドゴルフ場も併設されています。物販施設には茨城県や潮来市の名産品が並んでいて、ナビゲーターの2人は早速、県内産の米粉を使ったどら焼きと、いちごと砂糖だけを使ったソルベスイーツを楽しみます。
次に村田さんが案内してくれたのは、JR潮来駅の隣にあるおしゃれな「イタリアン・ガレージ」。こちらは、村田さんの実弟・康次さんが営む本格ナポリピッツアの店です。石窯で焼き上げた熱々のピッツアやTボーンステーキ、オリジナルのバーニャカウダを味わい、ナビゲーターの2人は大満足しました。
翌朝、3人は茨城県神栖市にある波崎港を出発し、征海丸で犬吠埼沖へ。ホウボウ釣りに挑戦します。まずはメタルジグを使います。ジグが着底したら底から10mくらいのところで、慌てず、ゆっくりシャクります。村田さんから基本動作を教わって、ナビゲーターの2人も釣りをスタート。しかし、なかなかアタリが来ません。そこで村田さんは釣り方をタイラバに変更します。こちらは、着底したらゆっくりと巻き上げるだけ。「ポイントは、コッコッコッコッとアタリがあっても慌てない、アワセないことです」。すると、荒井さんにこの日初めてのアタリが来ましたが…残念ながらのバラシ。でもその後荒井さんに再びアタリが来ます! プルプルとしたヒキを感じながらしっかりと釣り上げ、「初ホウボウです。ヒレも綺麗です!」とうれしそう。村田さんも「いいサイズ」とほめてくれます。この船では日本記録をもつホウボウもあがっているそうです。「今日は船尾の方からの潮の流れがあるから…」と解説をしていると、その村田さんにアタリが! 釣り上げると、海から生け簀へ直接ポーンと入ってしまいました。荒井さんはその後、さらにホウボウを釣り上げますが、石原さんはといえば、気配はあるもののなかなかヒットしません。石原さんにチャンスは来るのでしょうか。次回も波崎の海でホウボウ釣りを続けます。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

今回村田さんが使用したタックル
ロッド/ワールドシャウラ〈WORLD SHAULA〉1652R・1651F
リール/カルカッタ コンクエスト〈CALCUTTA CONQUEST〉300HG
今回ナビゲーターが使用したタックル
ロッド/炎月SS B610M-S
リール/炎月100PG
●道の駅いたこ
住:茨城県潮来市前川1326-1  電:0299-67-1161
休:無休 営:9:00~19:00
http://www.michinoeki-itako.jp/

●イタリアン・ガレージ
住:茨城県潮来市あやめ1-1-16 電:0299-63-1863
営:11:30~14:00、17:30~23:00(金・土曜日のディナーは~23:00)
休:火曜日

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」和歌山県御坊市 後編


前回に続き、和歌山県御坊市からお届けする「おとな釣り倶楽部」。今回も楠井沖でイサギを狙います。明確なアタリと心地よいヒキを体験したナビゲーターの佐久間むつみさん、吉川亜樹さんは、その楽しさにさらなる欲も出てきた様子。「今回もたくさん釣りましょう」「サイズアップも目指します」と張り切ります。ナビゲーターとともに旅をするのは、関西の沖釣り名人・今井浩次さんです。ナビゲーターの2人は、前回、今井さんに教わったとおり、イサギ釣りを始めます。仕掛けを下ろし、イサギの遊泳層に届いたところで、竿をシャクって撒き餌。あとはゆっくりと巻きながらイサギのアタリを待ちます。すると、吉川さんが1投目で強いヒキをとらえます。釣り上げてみると、一度に2匹ヒットする一荷です。「一荷、釣れました。うれしい!」と絶好調の吉川さん。順調にイサギのアタリをとらえていく吉川さんですが、次のアタリでは、仕掛けを外す瞬間、元気のいいイサギが船から飛び出してしまい、まさかのバラシ。一方、佐久間さんは「間違いないヒキ。でもちょっと大きいかな?」とやや大きめのイサギを慎重に釣り上げます。達人の今井さんによれば、イサギの習性をふまえて大きなサイズを狙う方法もあるとか。「群れのてっぺん辺りに型のいいイサギが揃っているから、上のほうに仕掛けを入れて、大きいのを狙ってみましょう」。すると、今井さんが不在の時、その竿に強いヒキが…。隣に居合わせた佐久間さんが代わって釣り上げてみると、36㎝もある見事なイサギです。その後、吉川さんも佐久間さんも少しずつサイズアップをしながら次々にヒットし、十分に釣りを楽しみました。
釣りを終えた3人は、和歌山県御坊市を散策します。御坊市にある寺内町は、本願寺日高別院を中心に作られ、江戸時代に商業が栄えた町。現在でもその町並みに時代の変遷が色濃く残っています。お酒好きの3人が訪ねたのは、歴史を感じる構えの「岸野酒造本家」。九代目岸野晃一さんが勧めてくれる大吟醸酒「紀州美人」を3人は特別に試飲させてもらいます。果実のような吟醸香にキレの良さ。これは、釣ったイサギとの相性も良さそうです。次に訪れたのは、和菓子店「有田屋」。季節のおまんじゅうが並ぶ中、珍しい羊羹を発見。爽やかな青のりの風味に控えめな甘さの「日高川青のり羊羹」です。そして、旅先の晩餐は、食事処「日高川」で。ここで、3人が釣ったイサギを特別に調理してもらいました。テーブルに並ぶイサギ料理に思わず歓声があがります。鮮度のいい「イサギの姿造り」は甘く、噛むほどに旨みが広がるおいしさ。「イサギの塩焼き」は新鮮な証拠に皮が弾け、程よい塩加減が堪りません。味の染みた「イサギの煮付け」に、滑らかな口溶けの「イサギのたたき」。旬を迎えたイサギをとことん堪能しました。次回の旅もお楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

今回今井さんが使用したタックル
ロッド/ライトゲーム リミテッド TYPE73 H200
リール/フォースマスター 2000MK
●岸野酒造本家
住:和歌山県御坊市御坊60  電:0738-22-0101
営:8:00~19:00 休:日曜日(不定休あり)

●御菓子司 有田屋
住:和歌山県御坊市御坊113 電:0738-22-0045
営:生菓子は10:00頃~ ※売り切れ次第終了。予約可能
休:日曜日

●日高川
住:和歌山県御坊市塩屋町北塩屋756-4 電:0738-22-0811
営:7:00~24:00(1階)
11:00~14:00、16:30~22:00(2・3階)
休 不定休
http://www.hidakagawa.co.jp/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」和歌山県御坊市 前編


和歌山県御坊市から2週連続でお届けする「おとな釣り倶楽部」。前編は、楠井沖でイサギ釣りに挑戦します。
旅のスタートは、「西山ピクニック緑地」。あいにくの雨模様ですが、晴れた日には対岸の淡路島まで見渡せるほど眺望がいいそうです。旅をするのは、ナビゲーターの佐久間むつみさんと吉川亜紀さん、そして、沖釣りの名人として知られる達人・今井浩次さん。「御坊は僕の庭みたいなもんですから」と頼もしい今井さんです。次に3人は、和歌山県最古の寺「道成寺」を訪れます。宝仏殿では、国宝の千手観音菩薩などを拝観することができます。こちらで参拝者に人気があるのが「絵とき説法」。絵巻を見ながら、ご院主が語る「安珍と清姫の物語」に聞き入ります。人の悩みや複雑な心をとらえた説法は、今でも私たちの心に響くものがありました。続いて訪れたのは、御坊名物のせち焼きの店「やました」。「御坊弁で『せちがう』とは無茶苦茶という意味で…」と店主に教えてもらいながら、目の前の鉄板で焼きそばを卵で固めて焼き上げた「ミックスせち焼き」を味わい、御坊の旅を楽しみます。
翌朝、3人は日高美浜港から出船し、楠井沖を目指します。今回狙うのはイサギ。ナビゲーターの2人は、今井さんから半月天秤にセットした撒き餌と疑似餌を付けた4本針の仕掛けについて教えてもらいます。そのやり方は、仕掛けを海底まで落としてからイサギの遊泳層まで巻き上げ、竿をシャクってアミエビを撒きます。後はゆっくりと巻いてイサギのアタリを待つ。そう説明しながら投入した仕掛けで、今井さんはすぐにイサギを釣り上げます。ナビゲーターの2人も始めてみることに。早速、「1投目ですが、ブルブルきました」とヒキを感じた吉川さん。「イサギだけにいさぎよく釣れました~」とうれしそう。続いて、佐久間さんも1匹目を見事キャッチ! その後、吉川さんも佐久間さんも2匹目を釣り上げ、「アタリを探る感じが、だんだん分かってきました」と好調です。そんな中、佐久間さんが「これはイサギと違う?」と強いヒキをとらえます。どんな魚かとワクワクしながら釣り上げると、なんと40㎝もあるジャンボイサギでした。その横で吉川さんは「一荷! 釣り上げました! やったー」と大喜び。一荷とは、複数のハリを使った仕掛けで一度に2匹の魚が釣れる大アタリです。和歌山県楠井沖でのイサギ釣りは、ご覧の通りの大爆釣! 次回もこの続きをご紹介します。ご期待ください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

今回今井さんが使用したタックル
ロッド/ライトゲーム CI4+ TYPE73 H200
リール/フォースマスター 800
●西山ピクニック緑地
住:和歌山県日高郡日高町・美浜町
電:0738-63-3806(日高町役場産業建設課)
休:無休・散策自由

●道成寺
住:和歌山県日高郡日高川町鐘巻1738 電:0738-22-0543
拝:大人(中学生以上)600円(宝仏殿・縁起堂は有料。入山のみは無料)
時:9:00~17:00(「絵とき」9:00~16:30)
休:無休
http://www.dojoji.com/

●やました
住:和歌山県御坊市湯川町財部49-12 電:0738-22-3227
営:11:00~15:00(売り切れ次第閉店) 休:火曜・水曜日
http://www.setiyaki.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」ダイジェスト


今回の「おとな釣り倶楽部」は、サンテレビ未放映素材より、高知県須崎市でのタイラバ&ジギングと、宮城県白石市でのトラウトフィッシングを楽しむ様子をダイジェストでお届けします。
まずやってきたのは、高知県高知市にあるにぎやかな「ひろめ市場」。目の前で豪快に藁焼きしたカツオのたたきを頬張るのは、遊びの達人・村田 基さんとナビゲーターの石原あつ美さんです。「高知城」から殿様気分の眺めを堪能した2人は、高知県中部の須崎市へ。ここで、もう1人のナビゲーター、荒井沙織さんと合流し、名物「なべ焼ラーメン」を味わいます。
豊かな海に面した須崎市では、船で沖に出てタイラバとジギングに挑戦します。タイラバについて村田さんが「慌てるな アワセるな スプールをおさえるな」とアドバイス。すると、村田さんは1投目で見事なオオモンハタを釣り上げます。続けて石原さんも歓声を上げながらチダイをキャッチ! その後、荒井さんも本命のマダイを見事釣り上げました! 3人がヒットしたところで、ポイントを不通沖に変えて、ジギングに挑戦します。早速、荒井さんが強いヒキのアタリをとらえます。「すごく元気が良くて、重た~い」と格闘の末、釣り上げたのは大きなマエソ。かまぼこの材料で知られる魚です。続いて、村田さんもヒット。「グングン来ます~」と笑顔で釣り上げたのは、90㎝もあるサワラ。3人は須崎の海で多くの魚に出合えました。
続いての旅先は、東北・宮城県刈田郡蔵王町。蔵王山麓にある「蔵王ハートランド」では、のどかな牧場風景に癒されます。牧場内のレストラン「チーズ シェット」で蔵王チーズを使った「チーズフォンデュー」の芳醇な風味を堪能。その後、遠刈田温泉の「神の湯」では源泉かけ流しの足湯に浸かり、白石市の「弥次郎こけし村」ではナビゲーターの2人がこけしの絵付けを体験。宮城県の旅を楽しみます。
その後、訪れたのは宮城県白石市にある「グリーンパーク不忘」。不忘山を望むロケーションのいい管理釣り場です。ここで3人は、トラウトフィッシングに挑戦。「ポイントは一定のスピードで巻き、たまに誘いを入れること」と説明する村田さん。まもなく、ネットからはみ出るほど大きなニジマスを釣り上げます。石原さんも一度はバラシをしたものの、綺麗なニジマスをヒット。その横で全くアタリが来ない荒井さんに、村田さんは「魚はもっと上にいるから高さを変えたほうがいい」とアドバイス。ようやく荒井さんもヒットし、3人は釣りを終えました。「グリーンパーク不忘」ではバーベキュー設備も完備。「宮城と言えば牛タン!」と、3人はBBQで牛タンを味わいます。釣りに遊びに盛りだくさんの旅は、瞬く間に過ぎていきました。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

今回村田さんが使用したタックル
●タイラバ
ロッド/ワールドシャウラ〈WORLD SHAULA〉1652R
リール/カルカッタ コンクエスト〈CALCUTTA CONQUEST HG〉200HG

●ジギング
ロッド/ゲームType J〈GAME Type J〉S643
リール/ステラSW〈STELLA SW〉6000

●トラウトフィッシング
ロッド/カーディフ エリアリミテッド〈CARDIFF Area Limited〉66SUL-F
リール/ステラ〈STELLA〉C2000HGS

●ひろめ市場
住:高知県高知市帯屋町2-3-1 電:088-822-5287
営:8:00~23:00(日曜7:00~ ※店舗により異なる)
休:1・5・9月の第2または第3水曜日(詳細はHPに)
http://hirome.co.jp/

●高知城
住:高知県高知市丸ノ内1-2-1
電:088-824-5701(管理事務所)
開:9:00~17:00(最終入館16:30 ※高知城天守・懐徳館等)
料:18歳以上 420円(高知城天守・懐徳館等)
休:年末年始 http://kochipark.jp/kochijyo/

●橋本食堂
住:高知県須崎市横町4-19 電:0889-42-2201
営:11:00~15:00(LO14:50) 休:日曜・祝日

●チーズシェッド
住:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字七日原251-4
電:0224-34-4121
営:10:00~16:30(土日祝9:30~17:00) 休:無休

●共同浴場 神の湯
住:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉仲町32
電:0224-34-1990
営:9:00~21:30 料:大人330円(屋外の足湯は無料)
http://toogattaspa.jp/

●弥治郎こけし村
住:宮城県白石市福岡八宮字弥治郎北72-1
電:0224-26-3993
時:9:00~17:00(11~3月16:00まで)
休:水曜日(祝祭日の場合翌日休)
料:無料。絵付け体験700円

●グリーンパーク不忘
住:宮城県白石市福岡八宮不忘140
電:0224-24-8151
営:6:00~19:00(9~3月の営業時間は要問合せ)
休:無休
料:入場無料。フィッシング、BBQ等は別途料金要
http://www.greenpark-fubou.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」埼玉県加須市編


前回に引き続き、達人・伊藤さとしさんとナビゲーターの2人は、埼玉県羽生市の「つり処 椎の木湖」でへらぶな釣りを楽しみます。格闘の末、へらぶなを釣り上げた荒井さんと、まだへらぶなと出合えていない石原さん。さて今回は、どんな釣りになるのでしょうか。
「アタリは出始めているけれど…」と悩む石原さんに、伊藤さんは作戦の変更を提案します。「上の針に大き目のバラケエサを付けて魚を寄せて、下の針にはうどんを付ける。このほうがカチッとしたアタリが出るはず」。石原さんがその仕掛けを投入してみると、見事にアタリが! 釣り上げた石原さんは「綺麗な黄金色。私の一匹目!」と大喜び。その横で荒井さんは、グルテンで攻め続けます。モヤモヤとしたヒキが続き、エサを変えてみようかと考えていたその時、グググーッと力強いアタリが来ました。釣り上げたのは、1kgを超えるへらぶなです。伊藤さんも「底釣りグルテンはアタリが大きい」と納得。ナビゲーターの2人がヒットしたところで、伊藤さんも安心してへらぶな釣りを楽しみます。「よーし、アタリだ」としなやかな動きでへらぶなを釣り上げ、「19.5尺の長竿で“両”グルテン。この釣り場でやりたかった釣りができた」と満足の様子。ナビゲーターの2人も、それぞれ自分で選んだ釣りでヒットし、大満足のうちに釣りを終えました。
その後やって来たのは、埼玉県加須市にある「道の駅 きたかわべ」。採れたての野菜が並び、店内の奥にはお米のコーナーもあります。「北川辺は米処で有名なんですよ」と伊藤さん。続いて訪れたのは、木製の農具などが展示されている「北川辺郷土資料館」。利根川や渡良瀬川など複数の川に囲まれたこの地域は昔、何度も洪水に襲われ、水と格闘しながら稲作に適した肥沃な土壌が形成されてきたそうです。田植えの苗や稲刈りの稲を運んだ「田舟」や、洪水の際に牛馬も運搬した大きな「あげ舟」もありました。今で言う防災用具のようです。漁具のコーナーでは木製のタモ網などもあり、先人の知恵と工夫に触れるひと時となりました。そろそろお腹も空いた頃、伊藤さんに「この辺りはうどんが美味しいから、行ってみよう」と案内してもらい、うどん専門店「久下屋脩兵衛」へ。ナビゲーターの2人は人気の特製味噌煮込みうどんの「けんちん味噌うどん」を、伊藤さんは北海道産熊笹粉を練り込んだ緑色の細切りうどんがのる「二色せいろうどん」を注文します。どちらも食べ応えがあります。
食後は本日の釣りを振り返ります。石原さんは「魚を追うのでなく、自分でおびき寄せる感じでしたね」と話すと、荒井さんも「『静』のイメージの釣りでしたが、アタリが来た後の魚とのやりとりが思いのほかアクティブでした」と振り返ります。「水温が上がれば、もっと魚は活発になりますよ」と伊藤さん。これからのシーズン、ますます面白くなりそうです。次回もお楽しみに!

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

今回使用したタックル
飛天弓 閃光P 19.5尺
飛天弓 閃光XX 12尺
●つり処椎の木湖
住:埼玉県羽生市三田ヶ谷平島2551-1
電:048-565-4133
営:時期・曜日により異なる(5~8月は全日5:30~16:00)
休:無休 料:大人1日・2700円、半日・2160円
http://www.shiinokiko.jp/

●道の駅 きたかわべ
住:埼玉県加須市小野袋1737
電:0280-62-5555(物産販売施設)
営:8:00~17:00(物産販売施設)
休:無休(物産販売施設。※スポーツ遊学館は月曜休)
https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/337

●北川辺郷土資料館
住:埼玉県加須市麦倉487
電:0480-62-1223(生涯学習課)
開:9:00~16:00
休:月曜日(祝日の場合翌日休 ※土日祝の開館日は常時開放。平日は施錠され入館希望者の来館時のみの開館)
料:無料
https://www.city.kazo.lg.jp/cont/s752000/map/hpg000005950.html

●久下屋脩兵衛
住:埼玉県加須市大字久下1674-1
電:0480-65-5225
開:11:00~15:30、17:00~20:00
休:火曜日・他月1回平日
http://www.kugeya-s.co.jp/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」埼玉県羽生市編


今回は、埼玉県羽生市でへらぶな釣りに挑戦します。「へらぶな釣りは初めて」と心配するナビゲーターの2人ですが、達人に会う前に、まずは羽生市の人気スポットを楽しみます。まず訪れたのは、東北自動車道羽生パーキングエリア。ここには、池波正太郎さんの時代小説『鬼平犯科帳』の世界観を再現した「鬼平江戸処」があります。その当時、この辺りには栗橋関所があり、「江戸の入口」として多くの人が往来していました。建物内の「みやげ処 屋台連」には、地元の名産品のほかに「鬼平」にちなんだ商品もたくさん。フードコートには、江戸の味を受け継ぐ老舗や名店が並びます。石原さんは「五鉄のしゃも鍋定食」を注文し、小説でも登場する国産シャモ肉を、荒井さんは、脂ののった「うな重」を堪能しました。
江戸の雰囲気と味わいを満喫した2人が次に訪れたのは、農業公園「キヤッセ羽生」。鮮やかな花畑の先に広々とした景色が広がる「四季の丘」や、体験農園などがあり、大人も癒されるスポットです。園内の直売所「むじなも市場」に立ち寄って、羽生市の郷土菓子「いがまんじゅう」を頬張った2人は、その素朴な甘さに、ホッと癒されます。この日の夜、2人は達人の伊藤さとしさんと合流しました。
翌朝6時、3人は羽生市にある「つり処 椎の木湖」にやってきました。広々とした釣り場に、大型で綺麗なへらぶながいることで知られる管理釣り場です。へらぶな釣りの鍵を握るのは水温。魚のいるタナに合わせて仕掛けやエサを変えていきます。この日の水温は8℃と聞いて、ナビゲーターの2人は「底釣り」に挑戦。バラケエサと食わせエサを準備して釣り針に付けます。「ポイントはまず、エサで魚を寄せること。ウキの動きを見てアワセます」。伊藤さんのお手本に習い、ナビゲーターの2人も仕掛けを振り込みます。開始から30分もすると、少しずつアタリを感じるようになりましたが、なかなかヒットしません。ようやく、荒井さんがアタリをとらえ、慎重に釣り上げました。上がってきたへらぶなを見て「カワイイ! 初へらぶなで~す!」とうれしそうな笑顔。長めの竿で「宙釣り」をしていた伊藤さんにもアタリが。伊藤さんの素早い反応とアワセにナビゲーターの2人は感心しきり! 「ウキの動きを介して釣りをする。これが面白いんです」。一方、流れに続きたい石原さんに大きなアタリが! がしかし、痛恨にもバラしてしまいました。残念!
果たして、石原さんはへらぶなと出合えるのでしょうか? 次回もへらぶな釣りに挑戦します!

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

伊藤さとしさん

今回の達人:伊藤さとしさん
東京生まれ、埼玉県富士見市在住。幼少期からへら鮒釣りに親しみ、日本全国、アジア圏の韓国や中国への釣行を行い、へら鮒釣りの普及に努めている。シマノ・インストラクター、日本へら鮒釣り研究会板橋支部理事、全日本へら鮒放流協議会理事など。

今回使用したタックル
飛天弓 閃光XX 12尺
景仙 桔梗 13尺
景仙 桔梗 12尺

●鬼平江戸処(東北自動車道羽生パーキングエリア・上り線)
住:埼玉県羽生市弥勒字五軒1686
電:048-566-1215
営:7:00~22:00(各店舗の営業時間は異なる)
http://www.driveplaza.com/special/onihei/

●キヤッセ羽生(羽生市三田ヶ谷農林公園)
住:埼玉県羽生市三田ヶ谷1725
電:048-565-5255
営:むじなも市場10:00~17:30(4~10月)10:00~17:00(11~3月)
休:月曜日(祝日の場合翌日休)
http://kiyasse.jp/

●つり処椎の木湖
住:埼玉県羽生市三田ヶ谷平島2551-1
電:048-565-4133
営:時期・曜日により異なる(5~8月は全日5:30~16:00)
休:無休 料:大人1日・2700円、半日・2160円
http://www.shiinokiko.jp/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」和歌山県白浜町編


前回に引き続き、和歌山県白良浜沖でタイラバに挑戦する達人の佐々木さんとナビゲーターの2人。前回はジギングでシオの爆発的なヒットを体感しましたが、今回はタイラバを使ってマダイ、そして青物も狙ってみます。タイラバをセットして釣り開始。タイラバが着底後、魚のいる水深に合わせて一定のスピードで巻き上げていきます。「巻き上げるときは、竿の先がふらつかないよう、手首を固定するように肘から回転するのがコツ」と佐々木さんがアドバイスします。すると、佐々木さんにいきなりのアタリが! 上がってきたのはいい型のハマチです。一方、なかなかアタリが来ないナビゲーターの2人は、シルエットをハッキリさせるために、ネクタイのカラーを赤から黒に変えてみます。早速、効果あり! 佐久間さんの竿がいきなり引き込まれ、ガツンガツンと叩くような独特の引きを感じました。ヤリトリの後、上がってきたのは見事なマダイです。この時季は桜鯛とも呼ばれています。続いて佐々木さんもマダイをキャッチしました。ここで波が高くなってきたので、今回はここで終了。帰港後、船長さんに釣った魚の処理をしてもらいます。神経締めをすることで死後硬直を遅らせ、刺身でも食べられる軟らかい状態を保つことができるのです。
釣りを楽しんだ後は白浜町を散策。見晴らしのいい「平草原公園」の展望台に立つと、白浜の町と海がパノラマで広がっています。公園には、柿本人麻呂が詠んだ万葉集の歌碑もあります。近くの「紀州博物館」の学芸員さんに人麻呂についてお聞きすると、およそ1300年前、持統天皇の時代に人麻呂はこの地を訪れて歌を詠んだそうです。
〽み熊野の 浦の浜木綿 百重なす 心は思へど 直に逢はぬかも
〽古にありけむ人も わが如か 妹に恋ひつつ 寝ねかてずけむ
日本文学の基礎を築いたとも言われる人麻呂は、60代になっても情熱的に歌を詠み続けたとか。旅先では、ロマンあふれる古の歌にも出合えます。
次に3人は、地元の酒屋「ねじ庄酒店」におじゃまします。「青 海山のめぐみ」という地酒を試飲すると、軽い口あたりにほんのり刺激もある独特の味わい。町内で育んだ酒米を町内の湧き水で仕込んだ白浜町自慢の味です。そして、釣った魚を調理してもらうことができる「フィッシャーマンズワーフ白浜」へ。でき上がった料理は圧巻です。桜鯛とシオのお造り、桜鯛と白子の天婦羅、そして、しゃぶしゃぶにカマ焼き、かぶと煮なども。テーブルいっぱいに並んだ料理の数々に、3人は釣りの醍醐味を実感。その味を楽しみました。
2回にわたり、黒潮の恵みたっぷりの和歌山県からお届けしました。次回もお楽しみに!

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

今回佐々木さんが使用したシステム
ロッド/炎月SS〈ENGETSU〉B610M-S
リール/炎月〈ENGETSU〉100PG
●平草原公園
住:和歌山県西牟婁郡白浜町2054-1
電:0739-43-2967
開:8:30~17:00 休:無休 料:無料

●ねじ庄酒店
住:和歌山県西牟婁郡白浜町814-6
電:0739-42-4008
営:9:00~21:00 休:水曜日

●フィッシャーマンズワーフ白浜
住:和歌山県西牟婁郡白浜町1667-22
電:0739-43-1700
料:釣りプラン 1人2500円(事前予約要)
http://fw-sh.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」和歌山県田辺市編


今回、案内人の佐々木さんとナビゲーターの2人がやって来たのは、和歌山県田辺市。JR紀伊田辺駅に降り立つと、武蔵坊弁慶の勇ましい銅像が迎えてくれます。まず訪ねたのは、2016年に世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に追加登録された「鬪雞(とうけい)神社」。熊野古道の参詣道、田辺の地にある歴史を感じる神社です。宮司さんに、その名の由来についてお聞きすると、源平合戦の頃、この辺りで勢力をもつ熊野水軍を率いていたのが弁慶の父、湛増だったそうで、熊野水軍は源平のどちらにつくかをこの社で闘鶏によって占ったことからこの名がついたそうです。社務所には弁慶ゆかりのものと伝わる品々も展示されていました。 潮風に誘われて、次に足を運んだのは湊浦漁港。ここでは船曳網漁法という昔ながらの漁法でしらす漁を行っています。この春オープンした「湊浦漁協食堂」で、3人は地元のお母さんたちがつくる「生しらす丼」を味わうことに。水揚げされたばかりのしらすは、口の中で弾けるくらいプリプリ! その新鮮な味わいに、3人はすっかり満足しました。
翌日はいよいよ白良浜沖へ。今回はジギングで青物を狙います。沖へ案内してくれる船長によれば、この辺りではゼブラ模様や鮮やかなカラーにアタリが多いとか。すると、一投目からすぐ佐々木さんに吸い込まれるようなアタリが! 途中、掛かったロッドを佐久間さんに渡し、カンパチの幼魚シオの引きを体感してもらいました。続いて、佐久間さん、佐々木さんの同時ヒットに続き、吉川さんもヒットし何とトリプルです! その直後、ナビゲーターの2人が続けざまに同じタイミングでダブルヒット! どれも引きが強く、さすがは青物です。このまま続くかと思われましたが、佐久間さんのアタリはここで小休止。そこでジグカラーをチェンジして再挑戦します。その隣では、なんと吉川さんが5枚目のシオをキャッチし、6枚目と格闘中。休む間もなくアタリがくるのがうれしくて、夢中になって釣り上げる吉川さん。
さて、この続きはどうなるのでしょう。次回をお楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

今回佐々木さんが使用したシステム
ロッド/グラップラー〈GRAPPLER〉B631
リール/オシア カルカッタ〈OCEA CALCUTTA〉300HG
●鬪雞神社
住:田辺市東陽1-1
電:0739-22-0155
http://www.tanabe-kanko.jp/midokoro/jinja/toukei/

●湊浦漁協食堂
住:和歌山県田辺市磯間27‐6 和歌山南漁協湊浦支所内
電:0739-22-0430
営:毎週土曜11:00~14:00(売り切れ次第終了)※12月~2月は休業予定

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県横浜市 後編


前回は、チャーターボートに乗って、横浜の海でシーバスフィッシングを楽しんだ3人。暗くなるまでは、前回通りジギングでシーバスを狙います。まずは、村田さんにヒット! 続いて、石原さんにもヒット! ですが、可愛いサイズのセイゴ。さらに、荒井さんにもアタリが! 慎重にリールを巻き上げると…… こちらはいい型のシーバスでした。
日も暮れてきて、ここからはキャスティングでシーバスを狙います。東京湾には灯りが多くあり、そこにシーバスが集まってくるんだそう。第一投で村田さんに早速ヒット! 続けさまに村田さんがまたもやヒット! 面白いようにいい型のシーバスをキャッチします。ナビゲーターの2人も続きたいところ。とそこで、荒井さんがキャッチ! 続いて石原さんにも待望のアタリが! キャスティングでも、見事全員がシーバスを釣り上げることができました。
釣りを楽しんだ3人は、再び横浜のおすすめスポットを訪れることに。まずやってきたのは、最先端技術を使って、都会の真ん中で大自然が体感できる施設「オービィ横浜」。なかに入ってみると…… 巨大な円形スクリーンに海の生物たちが映し出され、まるで海中散歩をしているような気分を味わえる空間「ブルーレイヤー」や、動物になった気分で写真撮影ができる「アニマルセルフィー」という不思議な鏡…… さらに、ハリネズミやミミズクなど、約16種類の動物たちとふれあえる「アニマルスタジオ」もあります。
3人が次に向かった横浜の中でも山手エリアは、かつて外国人居留地として栄えた場所で、あたりには、開港当時の面影を感じさせる洋館が今でも点在しています。「ブラフ18番館」は、オーストラリアの貿易商が住んでいた住宅で、関東大震災の後に建てられました。外壁は防災を考慮したモルタルの白壁。建物の中には、100年前に作られたピアノや、明治初期から制作されていた横浜家具が使われています。
旅の最後に選んだ「横浜ビール驛の食卓」は、ブルワリー直営のレストラン。実は、横浜は日本におけるビール発祥の地。こちらでは、こだわりの手作り地ビールが味わえます。自家製ソーセージやムール貝の横浜ビールヴァイツェン蒸しなど、おすすめ料理と一緒に楽しむ横浜ビールは最高! 横浜の昼と夜、それぞれを楽しんだ3人。まだまだ、釣り談義が弾みますが、次回の旅でまたお会いしましょう!

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

ジギングで村田さんが使用したシステム
ロッド/ワールドシャウラ〈WORLD SHAULA〉1651F-2
リール/カルカッタ コンクエスト〈CALCUTTA CONQUEST〉200HG

ジギングでナビゲーターが使用したシステム
ロッド/グラップラー〈GRAPPLER〉B631
リール/グラップラーBB〈GRAPPLER BB〉200HG

キャスティングで村田さんが使用したシステム
ロッド/ワールドシャウラ〈WORLD SHAULA〉2702R-2
リール/ステラ〈STELLA〉3000HGM

ジギングでナビゲーターが使用したシステム
ロッド/ゾディアス〈ZODIAS〉166ML
リール/ストラディック〈STRADIC〉C3000

●オービィ横浜
住:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 マークイズみなとみらい5F
電:045-319-6543 営:9:00~21:00(月〜木)、9:00~22:00(金~日・祝・祝前日) ※最終入館はそれぞれ閉館時間の1時間前 休:不定休
http://orbiearth.jp/
●ブラフ18番館
住:神奈川県横浜市中区山手町16 電:045-662-6318
営:9:30〜17:00(7月と8月は18:00まで) 休:不定休
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/yamate-seiyoukan/bluff18/
●横浜ビール驛の食卓
住:神奈川県横浜市中区住吉町6-68-1 横浜関内地所ビル1F・2F 電:045-641-9901 営:11:30~15:00、15:00~18:00、18:00~23:00(月~金)、11:30~23:00(土)、11:30~21:00(日・祝) 休:無休(年末年始を除く)
http://www.umaya.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県横浜市 前編


遊びの達人村田基さんと石原あつ美さん、荒井沙織さん2人のナビゲーターがやってきたのは、神奈川県横浜市。まず3人は、横浜観光の定番スポット、山下公園にある日本郵船 氷川丸を訪れました。氷川丸は、日本郵船が1930年に竣工させた貨客船で、現在は博物館船として一般公開されています。早速、3人は船内を見学に。明治初期の豪華な食事風景が再現された一等客専用のダイニングサロンに、一同感激。当時の船旅に思いを寄せます。
氷川丸を降りた3人は、横浜中華街に向かいます。東アジア最大の中華街にあって、ちょっと変わった体験ができると聞いてやってきたのは、創業60年以上という老舗、揚州飯店 本店。ここでは、肉まんと餃子づくりが体験できるんです。総支配人に教わりながら、肉まんづくりにチャレンジしますが、村田さんにはチョッと難しそう。肉まんをつくった後は、餃子づくりにも挑戦しました。蒸し上がるまで、中国語講座も開催されて和気あいあい。そのあとは、もちろん手づくりの肉まんと餃子を頬張りました。
横浜の街を満喫した後はいよいよ今回の釣り、シーバスフィッシングです。
新山下YCCヨットハーバーで、村田さんがナビゲーターの2人にジグの動かし方をしっかり伝授し、さっそく出船です。今日は、少し波が高くて釣りづらく、なかなかアタリがありません。そこであまり波が高くないところまで移動することに。するとしばらくして、村田さんにアタリが! 見事シーバスを釣り上げました。少し小さめのフッコでしたがこれで俄然、調子が上がります。続いて、石原さんにもヒット! 懸命に引き上げます。が、海面近くで痛恨のバラし! その直後、村田さんにまたもやヒット! 続いて、荒井さんにもヒットしますが、これもバラしてしまいます。うーっ残念! それを横目に村田さんがまたもやキャッチ! そして荒井さんにまたもやヒット! 今回は慎重に釣り上げ、念願のファーストフィッシュをキャッチしました。しばらくして、残る石原さんにもようやくアタリが! 全員が狙いのシーバスを釣り上げることができ、ボートのうえは賑やかになっていきます。
次回は、横浜の海でナイトフィッシングを楽しみます。横浜の穴場スポットも紹介しますので、次回もお楽しみに!

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

村田さんが使用したシステム
ロッド/ワールドシャウラ〈WORLD SHAULA〉1651F-2
リール/カルカッタ コンクエスト〈CALCUTTA CONQUEST〉200HG

ナビゲーターが使用したシステム
ロッド/グラップラー〈GRAPPLER〉B631
リール/グラップラーBB〈GRAPPLER BB〉200HG

●日本郵船 氷川丸
住:神奈川県横浜市中区山下町山下公園地先
電:045-641-4362
営:10:00~17:00(最終入館 16:30)
休:月曜日(祝日の場合、翌平日休館)、臨時休館日あり
http://www.nyk.com/rekishi/

●揚州飯店 本店
住:神奈川県横浜市中区山下町164
電:045-651-5108
営:11:00~22:00 (L.O.21:30) 休:無休
http://www.yoshuhanten.com/shinhonten/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」三重県多気郡明和町編


前回、案内人の佐々木さんはもちろんのこと、狙った青物を見事釣り上げたナビゲーターの2人。今回は、前回に引き続き、三重県石鏡沖からジギングで青物、シーバスを狙います! 船上で佐々木さんからジギングについてレクチャーを受けている最中、吉川さんにいきなりアタリが! 強い引きに竿が大きくしなります。が、痛恨のバラシ! うーん、残念! 気を取り直して、次の獲物を狙います。と、そのとき吉川さんの竿にアタリが! 慎重にリールを巻き上げると、上がってきたのはガシラ。狙ったシーバスではありませんが、吉川さんは満足そう。すると、船のまわりに大量のイワシが現れました。その瞬間、佐々木さんにヒット! 大きく竿がしなります。海面に上がってきたのは、狙い通りのシーバス。その後、ナビゲーターの2人も果敢に攻めますが、残念ながらこの日は仕留めることができませんでした。
船を降り、3人がやってきたのは近鉄斎宮駅。飛鳥時代から南北時代にかけて、未婚の皇族女性は、伊勢神宮の天照大神に仕える日々を送っていました。その努めを担っていた皇族女性は斎王と呼ばれ、ここ斎宮に暮らしていたといいます。そこで3人は、当時の斎宮や斎王の生活を知ることができる斎宮歴史博物館を訪ねました。館内を学芸員に案内してもらいながら、悠久の歴史に思いを馳せます。博物館を出た3人が次に訪ねたのは、創業明治8年の老舗酒造メーカー旭酒造。ここで、新たな事実が判明! 吉川さんは日本酒が大好きで、唎酒師の資格を持っているというのです! 早速、3人は酒蔵を見学させてもらい、焼きうす揚げと牡蠣のつくだ煮を肴に、できたばかりの新酒を堪能しました。新酒のほかに大吟醸や凍結酒も試飲させていただいた3人は大満足です。
そしていよいよ、旅先での晩餐の時間。お邪魔したのは、地元漁師達も足を運ぶ、漁師めし みなと食堂。テーブルには、スズキとマトウダイの薄造り、サワラの炙り、スズキのしゃぶしゃぶ、サワラのムニエルとご馳走がズラリと並びます。すべてのメニューは、今日3人が釣った魚を調理していただきました。自分が釣った魚を食べられるというのは釣り人の特権。その後もゆっくりと食事を楽しみながら、今回の旅と釣りの話に花が咲いたのはいうまでもありません。
先週と今週、2回にわたって、三重県鳥羽の見どころと海の恵みをお届けしました。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

佐々木さんが使用したシステム
ロッド/オシア ジガー〈OCEA JIGGER〉B633
リール/オシア コンクエスト〈OCEA CONQUEST〉300PG
ライン/PE1.5号
リーダー/フロロ8号
ルアー/メタルジグ

ナビゲーターが使用したシステム
ロッド/グラップラー〈GRAPPLER〉B631
リール/オシア カルカッタ〈OCEA CALCUTTA〉300HG

●斎宮歴史博物館
住:三重県多気郡明和町竹川503
電:0596-52-3800 料:一般340円、小・中・高生無料
営:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休:月曜日(祝日の場合は開館)
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/saiku/

●旭酒造株式会社
住:三重県多気郡明和町山大淀1767
電:0596-55-2628
http://www.asahisyuzou.jp/

●漁師めし みなと食堂
住:三重県鳥羽市安楽島町1434-5
電:0599-25-7173
営:11:00~20:00 休:水曜日
http://www.minatosyokudo.com/

番組動画を見る