kanri のすべての投稿

「おとな釣り倶楽部」大阪府泉南市 前編


村田基が電動リールでテンヤタチウオ?

今回の「おとな釣り倶楽部」は大阪府泉南市の旅、前編をお届けします。釣り人が多く参拝するという神社や、大阪の郷土料理を味わえる店を訪れて旅を楽しみ、翌日は大阪湾を中心に西日本で大人気のテンヤタチウオ釣りに挑戦します。登場するのはアンバサダーの村田 基さんとナビゲーターの神 実穂さん。そして、テンヤ釣りの名人、今井浩次さんです。
村田さんと神さんは大阪府南部の泉南市にある「タルイサザンビーチ」を訪れています。そして「茅渟神社」へ。かつてはクロダイが多く棲んでいたことからチヌの海とも呼ばれた大阪湾。大漁を祈願して建てられたのがこの神社でした。2人は釣りの安全祈願をし、「魚つりみくじ」もします。続いて「魚割ぽう うお政」で大阪の郷土料理の箱寿司、「バッテラ」「えびくずし」「あなご押」などを味わい、旅を楽しみます。
翌日、村田さんと神さんは泉南市の岡田浦漁港を訪れ、テンヤ釣りの名人、今井浩次さんと合流し、湊丸に乗船します。「タチウオのシーズンは始まったばかり」と話す今井さんから、この日使うタックルと仕掛けについて教えてもらいます。「ロッドはサーベルマスターテンヤ。ちょっと硬めのT82MHは小さいアタリをひろいながらの積極的な釣りに向いています。ベイゲームXタチウオは穂先がちょっと柔らかく、食い渋った時に食わせる竿です。リールはフォースマスター400。そして、スリムヘッドで落下スピードが速いサーベルマスター船テンヤRG-T40Q。手返しの速い釣りができます」。続いてはリーダーの結び方。スイベルにリーダーを通して輪を作り、端糸を押さえながら締め込み、最後は本線を締めて完成です。港を出ておよそ40分、ポイントの淡路島洲本沖に到着。次はエサの付け方を教えてもらいます。針にイワシをまっすぐ刺し、付属の針金を巻いてイワシを固定します。「釣り方はテンヤを底まで落としてリールを4~5回巻いて底をきり、タナを探りながら上げていきます。タナを探る時はレベル3くらいの速さで。時々誘いをかけます」と今井さん。さあ、釣りの開始です。「アタった時はどんな感じですか」と神さんが尋ねると、「意外と小さい。コツコツアタる」と今井さん。すると、村田さんがアタリをとらえ、小ぶりのタチウオを釣り上げます。「タチウオはきれいですね」と村田さん。続いて今井さんもミニサイズのタチウオを釣り上げ、その後、村田さんは少しサイズアップ。一方、まだタチウオに出合えていない神さんですが、どうやらタチウオ釣りに夢中のようです。村田さんが再びタチウオを釣り上げ、「水深約75メートルでこのラインがタナ。探検丸のほかにも、アプリをダウンロードすればスマートフォンが魚探になるというのもあるんですよ」と話ながら、村田さんはさらに1匹釣り上げます。さて、この日の釣りを終えようと神さんが仕掛けを上げると「うわぁ、タチウオだ!」と、この日一番大きなタチウオを釣り上げて大喜び。次回も大阪湾でタチウオを狙います。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

<ライン> PE 2号
<リーダー>ナイロン 30lb
<テンヤ>サーベルマスター船テンヤRG-T40Q
<ロッド>
今井さん:サーベルマスターXチューン テンヤ82MH180/RIGHT
村田さん:サーベルマスター テンヤ 82MH180
神さん :ベイゲームXタチウオ 73M210
<リール>フォースマスター400
●タルイサザンビーチ
住 大阪府泉南市りんくう南浜
問 072-483-5519(樽井漁業協同組合)
http://www.taruihama.sakura.ne.jp/

●茅渟(ちぬ)神社
住 大阪府泉南市樽井5-11-9
電 072-483-5041
http://www.geocities.jp/chinu_jinjya/

●魚割ぽう うお政
住 大阪府泉南市北野2-183-1
電 072-483-4657
営 昼11:00~15:00(LO14:00)、夜17:00~22:00
休 無休(年末年始除く)
http://www.uomasa-net.com/

●湊丸
住 大阪府泉南市岡田5-14-6
問 072-483-5706
料 釣り船(乗合)1名7,000円、女性1名5,000円
時 午前便 6:00~12:30、午後便 13:30~20:00
http://www.minatomaru.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」山梨県山中湖 後編


「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、山梨県山中湖の旅と釣りをお届けします。まずはドーム船でワカサギ釣りを楽しみ、その後、山中湖周辺のスポットを訪れ、釣ったワカサギを堪能します。登場するのは、アンバサダーの伊藤さとしさんとナビゲーターの弥園奈津美さんです。
伊藤さんと弥園さんは、富士五湖の一つ山中湖を訪れ、ドーム船に乗ってワカサギ釣りを楽しみます。まずは、ワカサギ釣りのタックルについて、おさらいをします。「電動リールとその先に付ける穂先、そして仕掛け。用意するのはこの3点です。今日使う糸はPEの0.2号。真冬になると0.1号くらいになります」と伊藤さん。弥園さんも穂先のガイドに糸を通して準備します。「穂先は、その曲がり具合が微妙に違うので、釣り場の状況によって選びます」と伊藤さん。続いて、この日使う紅サシの付け方や、魚の誘い方も教えてもらいます。「ポイントに到着したら電動リールをフリーにして仕掛けを落とし、オモリを底から5センチくらいのところで止めます。時々、軽く動かしたり、上のほうまで動かしてみたり…」と伊藤さんが話すそばから、弥園さんの竿が動き、1投目で見事ヒット。伊藤さんも1投目から多点掛けに成功し、2人とも開始早々絶好調の様子。釣ったワカサギは、新鮮なうちにクーラーボックスに入れて保存します。さらに3点掛けでワカサギを釣り上げた弥園さんは「楽しいですね」と満面に笑み。ここで伊藤さんは「今は、2台の電動リールを使って釣るのも流行っているんですよ。やってみましょう!」と提案します。弥園さんは、伊藤さんのアドバイスのもと、2台の電動リールで挑戦します。「今度は待たずにアワセて、そして素早く外す」と伊藤さん。弥園さんは少しパニックのようですが、少しずつ慣れていきます。釣り開始から約3時間、船長がお弁当を持ってきてくれて昼食で一息。弥園さんは「100匹まであと20匹くらい」と話し、食後も2台の電動リールで挑みます。伊藤さんは「誘ってもすぐには来ないから、反対の穂先を見るように」とアドバイス。弥園さんも徐々にペースアップし、2台使いにも慣れてきた様子です。伊藤さんは、なんと5点掛けも。そして、調子が上がってきた弥園さんはとうとう100匹を達成。「初めてのワカサギ釣りでまさかの100匹!」と伊藤さんも驚き、弥園さんも釣りを満喫したようです。
釣りを終えた2人は山中湖周辺のスポットを訪れます。「クラフトの里ダラスヴィレッジ」で吹きガラスを体験し、「おさかなグラス」を作ります。続いて「甲州郷土料理 海馬」へ。ここで、今回釣ったワカサギを特別に調理してもらいました。カラリと仕上げた天ぷらに、サクサクのフライ。自分たちで釣ったワカサギを味わいながら、楽しい釣りを振り返りました。皆さんも、ワカサギ釣りを楽しんでみてはいかがでしょう。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

<ライン> PE 0.2号

<完全仕掛け>
伊藤さん:針2号 全長66cm 5本針
弥園さん:針2号 全長88cm 7本針

<オモリ> 7g

<ロッド>
伊藤さん:レイクマスター エクスペック M03K
弥園さん:レイクマスター エクスペック M03S

<リール>
伊藤さん・弥園さん:レイクマスター CT-T

●クラフトの里ダラスヴィレッジ
住 山梨県南都留郡山中湖村平野479-29
電 0555-62-2774
営 10:00~18:00(クラフト体験工房)
休 木曜(GW、夏季、年末年始は無休)
http://www.yyjam.com/dallas

●郷土料理 海馬(シーホース)
住 山梨県南都留郡山中湖村山中86
電 0555-62-1616
営 10:00~21:00(LO 20:30)
  GW、夏季等10:00~22:30(LO 22:00)
休 不定休
http://sea-horse.biz/

●旭日丘観光
住 山梨県南都留郡山中湖村旭日丘506-296
電 0555-62-3059(8:00~20:00)
料 大人(中学生以上)4,000円、
  釣り竿セット(エサ付き)1,500円
http://asakan.gr.jp/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」山梨県山中湖 前編


「おとな釣り倶楽部」は、今回から2回連続で山梨県山中湖の旅と釣りをお届けします。山中湖近くの神社に参拝し、郷土料理を味わい、その後、ドーム船でワカサギ釣りを楽しみます。登場するのは、アンバサダーの伊藤さとしさんとナビゲーターの弥園奈津美さんです。
伊藤さんと弥園さんは、山梨県山中湖村を訪れています。「山中湖は富士五湖のなかでも一番大きな湖なんです」と伊藤さん。2人はまず、「山中出口稲荷神社」へ。朱塗りの鳥居をいくつもくぐり、ひっそりと佇む神社にお参りします。続いて立ち寄ったのは「浅間茶屋 山中湖店」。こちらで、武田信玄も食べたと伝わる名物「ほうとう」を味わいます。伊藤さんはブランド豚の「山梨クリスタルポークの豚肉ほうとう」を、弥園さんは「名物かぼちゃほうとう」を。「もちもちのうどんですね」と弥園さんもその味に大満足の様子です。
翌日は、ドーム船でワカサギ釣りに挑戦します。ワカサギ釣りが初めての弥園さんは、釣りを始める前に、伊藤さんからタックルについて教えてもらいます。「電動リールとその先に付ける穂先(ロッド)、そして仕掛けの3つだけと、見てのとおりシンプル。電動リールは横のスイッチで操作できます。今日はシーズン初めなので、糸はPE0.2~0.3号くらいがおすすめです」。伊藤さんのアドバイスのもと、弥園さんも穂先のガイドに糸を通していきます。「穂先は、その曲がり具合がそれぞれ微妙に違うので、その日の状況に合わせて変えていきます」と伊藤さん。そして、いよいよドーム船へ。「結構、広いですね。スリッパをはいて、おうち感覚」と弥園さん。旭日丘観光の堀内泰輔船長が、ワカサギの群れを探してポイントに案内してくれます。「船長のOKが出たら、このフタを開けて、仕掛けを何本針にするとか作戦を練ります。針の大きさと本数を選んで、オモリは水深や魚の活性で変えます。今日は、水深11メートルくらいなので7グラムのオモリ。付けエサは紅サシで、針に1つずつ付けます」と伊藤さん。すべての針にエサを付けたら、電動リールをフリーにして、仕掛けを落とし、オモリを底から5センチくらいのところで止めます。「チョンチョンとね、電動リールを巻いて誘います」と伊藤さん。すると、「当たった!」と弥園さん。巻き上げてみると、「いました!すごい!」と1投目からワカサギに出会えてうれしそうです。「面白いですね」と弥園さん。「ピクピクという動きに合わせますが、慣れてきたら、合わせた後にまた置くと、他の針にもついて多点掛けを狙えます」と伊藤さんが教えてくれます。続いてもフォール中に食いついてきて、今度は2点掛けに成功しました。弥園さんが釣り方の基本をおぼえたところで、伊藤さんも釣りを始めます。なんと、第1投目から2点掛け、続いても3点掛け。開始早々、2人は多点掛けに成功です。気が付けば、弥園さんは11匹も釣っています。さらに、弥園さんは「うわー、やったー!」と4点掛けも。絶好調の伊藤さんと弥園さん。次回もワカサギ釣りを楽しみます。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

<ライン> PE0. 2号

<完全仕掛け>
伊藤さん:針2号 全長66cm 5本針
弥園さん:針2号 全長88cm 7本針

<オモリ> 7g

<ロッド>
伊藤さん:レイクマスター エクスペック M03K
弥園さん:レイクマスター エクスペック M03S

<リール>
伊藤さん・弥園さん:レイクマスター CT-T

●山中出口稲荷神社
住 山梨県南都留郡山中湖村山中

●山梨ほうとう 浅間茶屋 山中湖店
住 山梨県南都留郡山中湖村山中224
電 0555-73-8066
営 11:00~18:00
休 年中無休
http://www.sengenchaya.jp/yamanakako/

●旭日丘観光
住 山梨県南都留郡山中湖村旭日丘506-296
電 0555-62-3059(8:00~20:00)
料 大人(中学生以上)4,000円、
  釣り竿セット(エサ付き)1,500円
http://asakan.gr.jp/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県平塚市 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、神奈川県平塚市の旅と釣りをお届けします。まずは、相模湾でシイラ釣りを楽しみ、その後、由緒ある「平塚八幡宮」や、明治時代の美しい洋館を訪れ、歴史に触れるひと時を過ごします。登場するのは、アンバサダーの村田 基さんとナビゲーターの神 実穂さんです。
村田さんと神さんは、シイラ釣りをするため、平塚港を訪れています。まずは、前回のおさらいで、ラインとリーダーの結び方を村田さんに教えてもらいます。「ダブルラインを作ってビミニツイストを完成させ、ここにリーダーを結んでキングノットを完成させます。これが非常に簡単。結び目も小さくて、かつ、強い」と村田さん。そして、相模湾のポイント、江の島沖で釣りを開始します。すると、村田さんが早速ヒットし、シイラを釣り上げます。続いて神さんもキャスティング。「リールが横にならないように、竿は立てる。そうすると、竿が見えるでしょう」と村田さんがアドバイス。魚が大きい場合は、竿をお腹に付けると巻きやすいとのこと。続いて、基本のキャスティングについても教えてくれます。「垂らしは、重たいほど短くし、軽いほど長く。指の腹でラインを拾う。ラインが上にある状態でスタートし、投げる瞬間に左手で竿を引く。すると、100メートル近く飛びますよ」と村田さん。ルアーが飛び出さないよう、海面を這うように引くのもポイントです。村田さんは再びヒットし、神さんもシイラをキャッチ。沖にナブラが見え、海面にはシイラの群れが見えます。その後も2人は多くのシイラと出合うことができました。
翌日、2人は平塚市を散策します。初めに、西暦380年創建の「平塚八幡宮」にお参り。ここは平塚市の中心部にありながら、静かで心落ち着くスポットです。続いて訪れたのは「旧横浜ゴム平塚製造所記念館」。明治の末に建てられたこの洋館は、日本とイギリスの合弁会社のイギリス人執務室として、戦時中は日本海軍の火薬廠として、そして戦後、横浜ゴムが払い下げを受けたとのこと。現在は、国の有形文化財に登録されています。記念館の加藤幸子さんの案内のもと、2人は往時を再現した空間を見学し、ノスタルジックな雰囲気に触れました。2回にわたり、相模湾のシイラ釣りをお届けしました。皆さんもシイラ釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか?

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

<ライン>
村田さん:PE 3号
神さん:PE 2号

<リーダー>
村田さん:ナイロン50lb
神さん:ナイロン30lb

<ルアー>
オシア ペンシル 115HS

<ロッド>
村田さん:ワールドシャウラ ツアーエディション2754R-5
神さん:グラップラー キャスティングシリーズ S68L

<リール>
村田さん:ステラSW 6000XG
神さん:ストラディックSW 5000XG

●平塚八幡宮
住 神奈川県平塚市浅間町1-6
電 0463-23-3315
http://www.hachiman.org/

●旧横浜ゴム平塚製造所記念館
住 神奈川県平塚市浅間町1-1八幡公園内
電 0463-35-7114
開 9:00~21:30
休 月曜(休日の場合、その後の平日)、年末年始
料 無料
http://hiratsuka-yokan1906.jp/

●庄三郎丸
住 神奈川県平塚市千石河岸57-17
電 0463-21-1012
http://www.gyo.ne.jp/shou3/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県平塚市 前編


「おとな釣り倶楽部」は、今回から2回連続で神奈川県平塚市の旅と釣りをお届けします。展望台から相模湾を眺めてパノラマの景色を堪能し、漁協が営む食堂で新鮮な海の幸を味わい、そして、相模湾でシイラ釣りに挑戦します。登場するのは、アンバサダーの村田 基さんとナビゲーターの神 実穂さんです。
神奈川県のほぼ中央部にある平塚市。村田さんと神さんは、自然公園「高麗山公園」の展望台を訪れて、レストハウスで販売している、地元の野菜などを使ったスムージーを味わいながら、相模湾を一望します。次に、平塚漁協が直営する「平塚漁港の食堂」へ。村田さんは「おまかせ刺盛膳」、神さんは「漁港のあら煮定食」を注文し、新鮮な魚料理を味わいます。
翌日、2人はシイラ釣りに挑戦します。シイラは「万力」の別名をもつ力強い回遊魚。まずは、村田さんからPEとリーダーの結束方法を教えてもらいます。まずはビミニツイストの作り方。そしてキングノットによる結束方法です。とても簡単で、しかも強力です。続いては、キャスティングのポイント。「実は船によってルールがあって、バーブレスにしてくださいね、とあれば、針の返しをつぶしておくこと。シイラが跳ねまくって、危ないこともあります」と村田さん。いよいよ、釣りの開始です。6:30に平塚港を出港した船は、およそ30分で江の島沖のポイントに到着。ルアー釣りが初めての神さんは、村田さんから投げ方を教えてもらいます。「垂らしの長さはこの程度。投げる瞬間に左手を引きます。ルアーが海に落ちたら素早く巻く」。村田さんは、そう話しながら2投目でヒットし、見事シイラを釣り上げます。一方、神さんは、人生初のキャストでシイラをとらえますが、そのヒキに圧倒されます。強いヒキと格闘の末、ようやく自力で釣り上げることができて大喜び。再びキャストすると、今度は2人でダブルヒット。「シイラは、ペッタンコなのに力がある」と村田さん。神さんも「こんなにヒキが強いなんて…」と驚きの様子。雨が弱まり、釣りを再開すると、またもダブルヒット。2人はシイラのヒキを存分に楽しみました。皆さんも、シイラ釣りに挑戦してみてはいかがでしょう。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

<ライン>
村田さん:PE 3号
神さん:PE 2号

<リーダー>
村田さん:ナイロン50lb
神さん:ナイロン30lb

<ルアー>
オシア ペンシル 115HS

<ロッド>
村田さん:ワールドシャウラ ツアーエディション2754R-5
神さん:グラップラー キャスティングシリーズ S68L

<リール>
村田さん:ステラSW 6000XG
神さん:ストラディックSW 5000XG

●高麗山公園
住 神奈川県平塚市万田790
時 9:30~21:30(レストハウスの開放時間)
問 0463-31-6722(管理事務所)
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kanko/page-c_02820.html

●平塚漁港の食堂
住 神奈川県平塚市千石河岸51-14
電 0463-86-6892(予約は当日の朝9:00~電話受付)
営 11:00~15:00(LO14:30)※魚が終了次第、閉店
休 水曜、第1・3火曜
http://shokudo.locologi.jp/

●庄三郎丸
住 神奈川県平塚市千石河岸57-17
電 0463-21-1012
http://www.gyo.ne.jp/shou3/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」長野県大町市 後編


前回に引き続き、「おとな釣り倶楽部」は長野県大町市の旅と釣りをお届けします。管理釣り場「鹿島槍ガーデン」でトラウトフィッシングを楽しみ、その後、「塩の道ちょうじや」で歴史に触れ、「鷹狩山展望公園」で絶景も満喫します。登場するのは、アンバサダーの村田 基さんとナビゲーターの弥園奈津美さんです。
長野県の北西部にある大町市は、西側に北アルプスがそびえる自然豊かな地。村田さんと弥園さんは、人気の管理釣り場「鹿島槍ガーデン」でトラウトフィッシングを楽しんでいます。まずは、前回のおさらいで、村田さんにラインとスナップの結び方を教えてもらいます。続いて魚の誘い方も。「ゆっくり巻きますが、大きい魚の場合は少し速めに。ラインの変化を見ながら、アタリを感じたらビシッと合わせる」。さて、今回はどんな釣果となるのでしょうか。村田さんは池のまわりを移動し、日陰を選んでキャストします。すると、まぼろしの魚とも言われるイトウがヒット。日本最大の淡水魚として知られ、その体長は1.5メートルにも達するという希少な魚です。村田さんが釣り上げたイトウは体長およそ88センチ。こんな魚に出会えるのも「鹿島槍ガーデン」の魅力でしょう。この日は水温が高く、魚の反応がよくないため、村田さんはこまめに場所とルアーカラーを変えて様子をみます。「こういう水が澄んでいる時は、目立つ色にするか、地味な色にするかのどちらか。目立つ色は白、グロー、ピンク。反対に地味な色は、ダークグリーン、ブラウン、黒」と話しながら、約40センチのレインボートラウトを釣り上げます。そして「逆光なので、水面が反射して見えにくいですね。こんな時は台などにのって、高いところから見るといいでしょう」と教えてくれます。再び、レインボートラウトを釣り上げた村田さんは、ファイトの後のこともアドバイス。「スプーンがグルグル回って、ラインがねじれてぐちゃぐちゃです。このまま投げてしまうと後で直せません。キャスト後は、ラインのねじれを直すこと」。その時、弥園さんがようやくヒット。奮闘の末、釣り上げたのは60センチクラスの綺麗なレインボートラウトです。2人はトラウトフィッシングを満喫することができました。
釣りの後は、大町市を散策します。訪れたのは、江戸時代の塩問屋の建物を利用した「塩の道ちょうじや」。糸魚川から松本方面へ塩を運んだ千国街道(塩の道)の歴史と暮らしを紹介している資料館です。こちらの黒川惠理子さんに、館内を案内してもらいます。江戸時代に塩を運搬した人は、約60キログラムの塩を背負い、糸魚川から大町まで80キロメートルもの距離を運んだそうです。次に「鷹狩山展望公園」へ。残念ながらアルプスの山々には雲がかかっていましたが、大町市の美しい田園風景を見渡すことができました。
弥園さんは管理釣り場で初めての釣りでしたが、前回、今回ともに魚を釣り上げることができました。魚とのかけひきを楽しめる管理釣り場を、皆さんも体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

<ライン>
村田さん:ナイロン5lb
弥園さん:ナイロン3.5lb

<ルアー>
カーディフ ロールスイマー2.8~3.5g

<ロッド>
村田さん:カーディフ エリアリミテッドS66UL-F
弥園さん:カーディフ エリアスペシャル62SUL

<リール>
村田さん:ステラ C2000SHG
弥園さん:ツインパワー C2000HGS

●フィッシングランド鹿島槍ガーデン
住 長野県大町市平鹿島8589
電 0261-22-8854
営 7:00~17:00(11月1日~3月31日は16:00まで、
  12~3月は積雪あり)
休 無休
http://kashimayari-garden.com/

●塩の道 ちょうじや
住 長野県大町市大町八日町2572
電 0261-22-4018
営 5~10月9:00~17:00(入館16:30まで)、
  11~4月9:00~16:00(入館16:00まで)
休 5~10月第3・4水曜、11~4月毎週水曜
料 大人500円、小中学生250円
http://www.alps.or.jp/choujiya/

●鷹狩山展望公園
住 長野県大町市八坂鷹狩山
http://kanko-omachi.gr.jp/gmap/mttakagari.htm

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」長野県大町市 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、長野県大町市の旅と釣りをお届けします。信濃大町駅近くで、ご当地グルメを味わい、人気の管理釣り場「鹿島槍ガーデン」でトラウトフィッシングを楽しみます。登場するのは、アンバサダーの村田 基さんとナビゲーターの弥園奈津美さんです。
長野県の北西部にある大町市は、西側に北アルプスがそびえる山岳観光地。村田さんと弥園さんは、信濃大町駅近くにある「豚のさんぽ大町駅前店」で、ご当地グルメの「黒部ダムカレー」を味わいます。
そして、人気の管理釣り場「鹿島槍ガーデン」へ。ここでトラウトフィッシングを楽しみます。日本最大級とも言われるこちらの管理釣り場では、どの池でもルアーを使った釣りが楽しめ、魚も大きいと村田さんは案内してくれます。弥園さんが「初めてでも大丈夫ですか?」と聞くと、村田さんは「大丈夫ですよ」と答えます。まずは、村田さんにタックルを教えてもらいます。「竿は柔らかいタイプ、リールはC2000、もしくはC2500がおすすめです。ルアーはスプーンタイプを使います。細身のものはタナが浅いところで、ドロップ型はタナが深い所で使います」。続いて、ラインとスナップの結び方についても教えてもらいます。「スナップにラインの先を通し、もう一度通して輪を作ります。輪の先を4回ほどねじって、その先を輪に通し、湿らせてぐっと引っ張る。これがダブルクリンチノットという結び方です」。キャスティングについても教えてもらいます。「ロッドを2本の指で持ち、片手で後ろにふって、投げて止める。ポイントは竿の反発力、バネを使って投げること。そして、大事なのはリールの使い方です」と村田さん。弥園さんも何度かやっているうちにサマになってきた様子。いよいよ、トラウトフィッシングの開始です。今回、ルアーは3.5gカーディフ ロールスイマーを使います。「水に入れたら、糸をよく見ながらゆっくり巻きます。フワッとしていたり、竿が曲がったりしたら、ビシッとアワセます」。村田さんは一瞬アタリを感じますが、魚に逃げられてしまいます。再度キャスティングし、パワーのあるやり取りの末、ブラウントラウトを釣り上げます。ファイト後、魚は疲れているので、回復を待ってからリリースします。次に釣り上げたのは、白い斑点のあるアメマス。北海道のルアーフィシングで、ターゲットとして人気の魚です。さて、初挑戦の弥園さんもヒキを感じたいところ。「底にルアーがつかないよう、少し速く巻いて…」と村田さんがアドバイス。ようやく、初めてのアタリをとらえた弥園さん。釣り上げたのはブラウントラウトでした。次回もこの続きをお届けします。あの、幻の魚も登場するのでしょうか。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

<ライン>
村田さん:ナイロン5lb
弥園さん:ナイロン3.5lb

<ルアー>
カーディフ ロールスイマー2.8~3.5g

<ロッド>
村田さん:カーディフ エリアリミテッドS66UL-F
弥園さん:カーディフ エリアスペシャル62SUL

<リール>
村田さん:ステラ C2000SHG
弥園さん:ツインパワー C2000HGS

●豚のさんぽ大町駅前店
住 長野県大町市大町3168-8
電 0261-85-0129
営 11:30~14:00、18:00~23:00
  金・土18:00~24:00
休 不定休
http://buta3.jp/

●フィッシングランド鹿島槍ガーデン
住 長野県大町市平鹿島8589
電 0261-22-8854
営 7:00~17:00(11月1日~3月31日は16:00まで)
  12~3月は積雪あり
休 無休
http://kashimayari-garden.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」ダイジェスト編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、春から夏に放送した徳島県鳴門市編の旅とメバル釣り、長野県白馬村編の旅とレインボートラウト釣りから、ダイジェスト編をお送りします。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん。そして、徳島県鳴門市編では、達人の今井浩次さん、長野県白馬村編では、達人の村田 基さんが登場します。
まずは、徳島県鳴門市の旅から。重塚さんと荒井さんは、大鳴門橋近くにある「徳島県立大鳴門橋架橋記念館エディ」を訪れます。徳島県の文化や自然を紹介する「4K 360°シアターawa」や、音に反応する光の渦など最新の技術を使った体験型デジタルアトラクションを楽しみます。続いては、創業200年余年の「本家 松浦酒造場」へ。蔵人の若林文与さんから「ナルトタイ 純米 水ト米」や「鳴門鯛 純米大吟醸 生原酒 袋搾り」などを紹介してもらい、2人は楽しく試飲をします。翌日、達人の今井さんと合流し、3人は鳴門市の亀浦漁港から出船し、鳴門海峡周辺のポイントへ。風もなく、波も穏やかな船釣り日和です。まずは、今井さんに釣り方を教えてもらいます。「底まで仕掛けを入れます。根掛かりしやすいので、底に着いたらすぐに巻き上げ、ゆっくりとリールを巻いて魚を誘います。アタリがなければ再び落とし、アタリがあってもさらにゆっくりと巻き上げて追い食いも狙います」。重塚さんと荒井さんも釣りを開始。すると、重塚さんが1投目でアタリをとらえ、荒井さんも続いて、2人ともメバルを釣り上げます。少し遅れて、今井さんもいい型のメバルを釣り上げます。その後、今井さん、重塚さんがそれぞれ2匹、ダブルで釣り上げます。荒井さんも「1匹だけど、いいサイズ」と続き、3人はメバルの心地よいヒキを堪能します。
後半は、長野県北安曇郡白馬村の旅と釣りを紹介します。北アルプスの山麓に位置する自然豊かな白馬村。重塚さんと荒井さん、達人の村田さんの3人は、長野オリンピック会場にもなった「白馬ジャンプ競技場」を訪れます。140メートルもの高さのジャンプ台の頂上に立てば、山々と白馬村を一望できる絶景です。そして、管理釣り場の「白馬八方 ニレ池フィッシングセンター」で、レインボートラウトフィッシングを楽しみます。まずは村田さんにラインの結び方を教えてもらいます。「僕がやっているのはダブルクリンチノット。リングに糸を2回通し、輪の上で糸を4回ねじってから、輪に入れてひっぱる。ほら、できました」と村田さん。続いてはルアー選びについて。「ルアーにはいろんな色や形があります。細身で流れるように動くウィローリーフタイプ、ティアドロップタイプなどがあります」。さあ、いよいよ釣りの開始です。まずは村田さんがアタリをとらえます。「池が大きいので、今回使っているロッドは6.6フィート。SUL、スーパーウルトラライトです」。続いて、重塚さんがヒットし、元気いっぱいのニジマスを釣り上げます。そして、荒井さんが待望のヒットで、「ようこそ」とうれしそうに釣り上げます。その後も、3人はトラウトフィッシングを十分楽しみました。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

徳島県鳴門市編で今井さんが使用したタックル
Rod:リアランサー メバル M360
Reel:バルケッタ 300HGDH

徳島県鳴門市編で重塚さん・荒井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X メバル S300
Reel:炎月CT 100PG

道糸:1号(PE)
幹糸:1.5号
ハリス:0.8号
針:5号
オモリ:30~35号

長野県白馬村編で村田さんが使用したタックル
Rod:CARDIFF エリアリミテッド S66SUL
Reel:ステラ C2000SHG

長野県白馬村編で重塚さん・荒井さんが使用したタックル
Rod:CARDIFF エリアスペシャル S62SUL
Reel:ツインパワー C2000HGS

ライン:ナイロン 4ポンド
スプーン:3.5~5g

●徳島県立大鳴門橋架橋記念館エディ
住 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池65(鳴門公園内)
電 088-687-1330
営 9:00~17:00(入館16:30まで)
  ※GW・お盆8:00~18:00、夏休み9:00~18:00(入館17:30まで)
休 無休
料 大人610円、中高生410円、小学生250円
https://www.uzunomichi.jp/usage-guide-eddy/

●本家松浦酒造場
住 徳島県鳴門市大麻町池谷字柳の本19
電 088-689-4143
営 9:00~17:00 ※蔵見学は要予約
休 日曜、年末年始、お盆、GWなど
http://narutotai.jp/

●鳴門海峡釣り船つるぎ
電 088-687-0598
http://www.nmt.ne.jp/~turugi/

●白馬ジャンプ競技場
住 長野県北安曇郡白馬村北城
問 0261-72-7611
営 4月15日~11月30日(8:30~16:30、上り最終16:10)
  12月下旬~3月31日(9:00~15:30)※変更の場合あり
料 (リフト料金往復)大人460円、小人280円

●ニレ池フィッシングセンター
住 長野県北安曇郡白馬村北城9338-13
電 0261-72-3708
時 7:00~日没
料 ルアー・フライ エリア(4月~12月)
一般:1日券3900円、女性・中学生以下:1日券3400円
http://www.nireike.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県淡路島の旅 後編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、兵庫県淡路島の旅の後編です。淡路島周辺でタコ釣りを楽しみ、サイズアップを狙います。その後、淡路島の人気スポットを訪れ、さらに、釣ったタコを日本料理店で調理してもらい、その味を堪能します。登場するのは、達人の今井浩次さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
前回に引き続き、達人の今井さんとともに、淡路島周辺のポイントでタコ釣りをする荒井さん。「タコ釣りは面白いですね」と、魚とは違った独特のヒキを楽しんでいるようです。今井さんはその釣り方について「オモリを付けるのが基本。エギを海底から浮かせないように動かすのがポイント。スタート時は、濃い色と薄い色のエギを組み合わせて付けます」と教えてくれます。すると、「ヒット!」とまず声を上げたのは荒井さん。その隣で今井さんもアタリをとらえ、なんとダブルヒットです。今井さんはその直後にもヒットし、荒井さんも続いて真ダコを釣り上げ、幸先のいいスタートになりました。ここで、今井さんにタックルについて解説してもらいます。「竿はシマノのベイゲームXシリーズのタコエギ。長さは1メートル75センチで、エギを操作しやすい長さです。竿先はやわらかく、タコが触りに来た時の感触をとらえやすい。でも、胴はしっかりしています。これなら、キロオーバーのタコが来ても十分ですし、初心者にも扱いやすい。リールはベイゲームシリーズの150。マイクロモジュールギアが搭載されて巻き心地も気落ちいい。ラインはPE2号、リーダーの長さは約2メートル、太さはフロロ8号を使用しています」。一方、タコのアタリを見極めることができた荒井さんは、再びヒットし、「私、ちょっとのってきました!」とうれしそう。今井さんは「タコ釣りは潮時が関係する。この辺りは潮の流れが速いから、タコも流されないように底にへばりついている。けれど、潮が緩んでくると、タコもエギにものってくる」とのこと。荒井さんも今井さんもどんどんタコを釣り上げます。数は十分に釣れたので、次は大物を狙いたいところ。ポイントを変えて、サイズアップを目指します。まずは、「ちょこっとサイズアップしました」と荒井さんがヒット。その後も「重たい…。さっきまでとヒキが違う」と苦戦しつつ、荒井さんが釣り上げたのは、なんと1.5キロを超える見事な真ダコでした。
番組後半、淡路島に戻った荒井さんは、海沿いの人気スポット「クラフトサーカス」を訪れます。こちらは、グローバルマーケットとオーシャンビューのレストランがあるおしゃれなリゾート空間。荒井さんは、日本の夕陽100選に選ばれた海岸のテラスで、爽やかなドリンクを飲みつつ贅沢なひと時を過ごします。その後、日本料理「芦屋 緒乃」へ。今回特別に、ご主人の小野孝太さんに釣ったタコを調理してもらいます。「タコの湯あらい」「タコのすみ焼き」などで登場するタコ料理に、荒井さんは大満足。「タコと松茸の土鍋ご飯」も滋味あふれる味と香りです。今回も思う存分釣りと旅を楽しみました。次回もお楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

今井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X タコエギ175
Reel:ベイゲーム150

荒井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X タコエギ175
Reel:ゲンプウXT 200PG

ライン:2号(PE)
リーダー:8号(フロロ)

●クラフトサーカス
住 兵庫県淡路市野島平林2-2(平林海水浴場北)
問 0799-82-1855(クラフトサーカス事務局)
時 10:30~19:00(LO18:30)
休 木曜 ※祝日の場合営業
http://awajicraftcircus.com/

●芦屋 緒乃(おの)
住 兵庫県芦屋市茶屋之町11-5ベルアミー芦屋1F
電 090-3700-0512
休 不定休 ※完全予約制

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県淡路島の旅 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、兵庫県淡路島の旅と釣りをお届けします。まずは淡路島で「奇跡の星の植物館」、歴史ある線香の工房、地魚を堪能できる寿司店を訪れて旅を楽しみ、その後、明石港から出船し、大人気のタコ釣りに挑戦します。登場するのは、達人の今井浩次さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
まずは、淡路島の旅から。荒井さんが訪れたのは、広大な敷地をもつ「兵庫県立淡路夢舞台」の人気施設「奇跡の星の植物館」です。今回は特別に、プロデューサーの辻本智子さんに館内を案内してもらい、開催中の「バリフラワーショー2018」を巡ります。館内は、ランをはじめとする珍しい植物で彩られています。続いて「淡路梅薫堂」へ。線香の生産量日本一と言われる淡路島の歴史ある工房です。線香づくりの工程を見学し、「お香づくり体験」を楽しみます。そして、おいしい地魚を味わいたいと訪れたのは「鮓 希凜」。カウンターに座ると、目の前に世界最長の吊橋、明石海峡大橋がダイナミックに広がっています。絶景とともに、ご主人の丹野昌也さんがにぎるお寿司を堪能し、旅を締めくくります。
翌朝、荒井さんは達人の今井浩次さんと合流し、朝6:00に兵庫県明石港を出船。人気のタコ釣りとあって、平日にもかかわらず、どの乗合船も満員の様子です。ポイントに到着すると、まず今井さんにタコ釣りのポイントを教えてもらいます。「タコエギを使います。これは、もともとアオリイカを釣るために開発された和製のルアーで、アオリイカを釣っているとタコものってくることから、つくられました。だいたい、2つ付けます。タコは底にしかいませんから棚はベタ底で、着底後はエギを動かしてアピールします。オモリを底に付けたまま、エギだけを揺らしてやるんです」。その時、誘いの幅は小さく、竿先を上下させます。「タコが手を伸ばしてエギを触りに来ますが、そこで合わせても手や足が切れてしまうだけなので、しばらく待って、しっかりタコがエギにのってから合わせるんです」。「手応えは重たいですか?」と荒井さんが聞くと、「明石のタコは、潮の流れが速いところで育っているから、へばりつくのが上手い。かなりの力です」と今井さん。「面白そう!」と荒井さんは期待しながら、タコ釣りを始めます。すると、今井さんが早速、釣り上げました。釣りあがった姿に、荒井さんは「インパクトが強いですね」と驚きの様子。その横で船長も手釣りでタコを釣り上げます。「この辺は、1キロ超えのタコも釣れる」と今井さん。すると、今井さんが再びヒット。「さっきのより大きいかな…」と釣り上げると1キロはありそうな大きさです。そして、ようやく、荒井さんも竿先の微妙な変化をとらえ、釣り上げてみると、大きなタコと思いきや「タコがワカメを連れて上がってきました!」と荒井さん。楽しいタコ釣りはまだまだ続きます。次回は大物タコを釣れるのでしょうか? お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

今井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X タコエギ175
Reel:ベイゲーム150

荒井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X タコエギ175
Reel:ゲンプウXT 200PG

ライン:2号(PE)
リーダー:8号(フロロ)

●兵庫県立淡路夢舞台温室
奇跡の星の植物館
住 兵庫県淡路市夢舞台4
電 0799-74-1200
開 10:00~18:00(最終受付17:30)※8・12月開館延長日あり
休 7・11月の植替え週の木曜日、その他臨時休館あり
料 一般 通常展示:600円、特別展開催時:1500円
http://www.kisekinohoshi.jp/

●淡路梅薫堂
住 兵庫県淡路市江井2845-1
電 0799-86-0065
営 9:00~12:00、13:00~16:00
休 第2・第4土曜、日・祝、年末年始
http://www.awaji-baikundo.com/

●鮓 希凛(きりん)淡路店
住 兵庫県淡路市岩屋1871
  MOON JELLY AWAJI RESORT 2F
電 0799-72-3811
営 12:00~14:00、18:00~22:00
休 不定休
http://tuer.jp/kilin/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県横須賀市の旅 後編


前回に引き続き、「おとな釣り倶楽部」は神奈川県横須賀市の旅と釣りをお届けします。第二海堡沖でタチウオ釣りからスタート。その後、古い佇まいが残る横須賀市浦賀の街を散策し、タチウオ料理を味わいます。登場するのは、達人の永井裕策さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
まずは、タチウオ釣りから。荒井さんと達人の永井裕策さんは、久里浜港を出船し、第二海堡沖のポイントへ来ています。永井さんは「タチウオは幽霊魚と言われ、回遊しているから難しい」と話します。幽霊魚とは、移動が激しく、ポイントが安定しない魚のことです。ここで荒井さんは「平作丸」の船長・北島秀司さんに状況を聞いてみます。「ちょっと遅れたんですけれど、今はいろんなポイントでタチウオのアタリが出るようになりました。水深20メートルくらいで釣れます。浅場で釣れるいわゆる夏タチのパターンになってきましたね」とのこと。釣りを始める前に、前回のおさらいをします。まずは、永井さんにタチウオの釣り餌の付け方を教えてもらいます。「サバの切り身の端っこに皮側から針を刺し、ケンにひっかけ、最後はエサが真っすぐになるように整えます」。続いてはシャクリ方。「船長が棚を教えてくれたら、そこで止めます。浅いところでは、フワフワと泳がせるように小さくシャクリ、逆に深いところでは、テンビンがガクンと動くくらい、大きくシャクリます」。そして、いよいよ釣りを開始。周囲には釣り船が集まっています。永井さんは1投目からヒット! すると、荒井さんも「来ました!」と続きます。さらに、荒井さんは「ヒット!」と言いますが、その後、軽くなりバラしたかと思いきや、「やっぱりいました!」とアタリをとらえます。これに永井さんも続いて、またもやダブルヒット。荒井さんは大喜びです。「また、来ました!」と荒井さんが言うと、永井さんも続いて、またもやダブルヒット。タチウオの活性が高まってきた様子です。2人はその後もタチウオを釣り上げ、見事な好釣果となり、タチウオ釣りを存分に楽しみました。
番組後半は、神奈川県横須賀市浦賀の街を散策します。荒井さんが甘い香りに誘われて訪ねたのは、趣のある佇まいの菓子店「精栄軒」。4代目店主の水谷哲也さんによれば、坂本龍馬と妻のおりょうはカステラを好んだとか。そのエピソードにちなんだ商品も販売されています。次に、「西 叶神社」を訪れて参拝します。こちらは、源氏再興を祈願してその願いが叶ったことから建立された神社です。次に「浦賀の渡し」で対岸へ渡り、「東 叶神社」に参拝。荒井さんは、西の社務所で勾玉を、東の社務所で袋を手に入れ、1つのお守りにして大切に持ち帰ります。そして、釣り人の特権「美味釣魚」を。「地魚料理かわかみ」で今回釣ったタチウオを特別に調理してもらい、ご主人の川上 守さんによる「タチウオの造り」「塩焼き」「天ぷら」などを味わいます。さて、次回はどんな旅となるのでしょうか。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

永井さんが使用したタックル
Rod:リアランサー タチウオ MH195
Reel:フォースマスター400

荒井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X タチウオ82 MH195
Reel:フォースマスター400

ライン:2号(PE)
ハリス:5号
ハリ:1号
テンビン:ライト用

●精栄軒
住 神奈川県横須賀市西浦賀1-6-16
電 046-841-0123
営 10:00~16:00
休 月曜

●西 叶神社
住 神奈川県横須賀市西浦賀1−1−13
電 046−841−0179
http://kanoujinja.p1.bindsite.jp/

●東 叶神社
住 神奈川県横須賀市東浦賀2-21-25
電 046-841-5300

●魚料理かわかみ
住 神奈川県横須賀市久里浜4-8-4
電 046-835-0062
営 17:00~24:00
休 無休

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」神奈川県横須賀市の旅 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、神奈川県横須賀市の旅と釣りをお届けします。久里浜海岸から始まり、「ペリー記念館」や「燈明堂」などを訪れ、イタリアンレストランでランチ。後半は、タチウオ釣りに挑戦します。登場するのは、達人の永井裕策さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
荒井さんは、神奈川県横須賀市の久里浜にやってきました。古くから海の玄関口として栄えてきた久里浜で荒井さんが最初に訪ねたのは、「ペリー公園」にある「ペリー記念館」です。記念館の高畑 功さんに館内を案内してもらい、黒船が久里浜にやってきた当時の様子を再現したジオラマなどを見ながら歴史のロマンに触れます。続いて、浦賀の海岸にある「燈明堂」を訪れ、横須賀市教育委員会の中三川 昇さんに話を聞きます。こちらは、1648年頃、江戸幕府によって造られた和式の灯台で、当時は菜種油を灯して、航海の安全に役立てたそうです。その後、海辺のレストラン「イタリア料理 ラ・ペントラ」でランチを味わいます。
後半は、タチウオ釣りに挑戦します。荒井さんは、達人の永井裕策さんと久里浜港で合流し、「平作丸」で釣りの準備をします。まずは、永井さんに仕掛けについて教えてもらいます。「タチウオの仕掛けは、本当にシンプルなんですよ。ライト用のテンビンを使い、オモリは30~80号で複数用意。ハリスは1~2メートル。針はタチウオ針で、ここにエサを押さえるケンが付いています」と永井さん。続いて、エサの付け方も教えてもらいます。「サバの切り身を使います。小魚が泳いでいるかのように、ヒラヒラと動くように付けます。端から1~2ミリのところに刺して、皮側をケンにかけて、まっすぐになるように付けるのがポイントです」。準備が整ったところで午前7:30に出船。約20分で観音崎沖のポイントに到着しました。ここで、永井さんからシャクリ方について教えてもらいます。「船長から30~50メートルという棚を教えてもらいます。まず、エサを入れて50メートルまで落とし、小さく速く半巻きでシャクリ。30メートルまで来たら、再び50メートルまで落とし、次はやや大きく速くシャクリ。その次はフワフワと泳がせるようにして、止めて、再びシャクリ。さらに、テンビンが跳ねるくらいの強さで大きく」。続けて、「ビギナーや女性などの場合は、電動リールを低速で巻きながら探る方法もあるので、なるべく疲れないようにしながらタチウオとのやり取りを楽しんで」とも話します。そしていよいよ、タチウオ釣りの開始。永井さんが早々にヒットし、タチウオを釣り上げます。「タチウオは歯が鋭いので、釣り上げたら必ず首を持つこと」と教えてくれます。その後、ポイントを変えて、今度は水深約18メートルのところへ。オモリも60グラムから30グラムに変更します。「浅いから、速く細かくシャクル」と永井さん。すると、荒井さんが「来ました!」と待望のヒット。続いて、永井さんも小ぶりのタチウオを釣り上げます。魚の活性も高まってきた様子。この続きは次回、お届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

永井さんが使用したタックル
Rod:リアランサー タチウオ MH195
Reel:フォースマスター400

荒井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X タチウオ82 MH195
Reel:フォースマスター400

ライン:2号(PE)
ハリス:5号
ハリ:1号
テンビン:ライト用

●ペリー公園
住 神奈川県横須賀市久里浜7-14
電 046-834-7531
ペリー記念館(ペリー公園内)
料 無料
開 9:00~16:30
休 月曜(休日の場合翌日休)、年末年始
http://www.kanagawaparks.com/kurihama-perry/perry/

●燈明堂
住 神奈川県横須賀市西浦賀6
問 046-822-8301
  (横須賀観光インフォメーション10:00~18:00)
https://www.cocoyoko.net/spot/toumyoudou.html

●イタリア料理 ラ・ペントラ
住 神奈川県横須賀市東浦賀2-19-9
電 046-843-0629
営 11:30~14:30(LO14:00)、18:00~21:00(LO20:30)
休 木曜、第3水曜

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」石垣島の旅 第4弾


8月の「おとな釣り倶楽部」は、沖縄県石垣島の特集をお届けしています。第4弾は、小浜島や西表島の周辺でリーフフィッシングを楽しみ、その後、泡盛の酒造所を見学し、島の郷土料理を味わいます。登場するのは、達人の村田 基さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
村田さんと荒井さんは、前回に引き続き、沖縄県石垣島を訪れています。強風が吹き、時折スコールも降るなか、村田さんと荒井さんは別々のボートにのりこみ、小浜島や西表島周辺でトロピカルフィッシュをねらうことに。村田さんは「今回の釣りでは、ミノーとバイブレーション、スピンテール、この3つを使っています…」と話しながら、早速、沖縄を代表する魚、ミーバイを釣り上げ、順調なスタートを切ります。一方、荒井さんは、「どの方向を見ても、きれいな海です!」と言いながら、リトリーブをして時おりトゥイッチをはさみ、魚を誘い、「よし、ヒット!」とフエフキダイを釣り上げました。村田さんのボートに戻ると、水深が6~7メートルある場所にポイントを移動しています。この日使っているのは、30gのメタルジグ。着水してから5秒ほど待って、ロッドを大きくシャクリ、リトリーブで魚を誘います。と、釣り上げたのは、イソフエダイ。「とにかく、すごいヒキ」と言いながら、続いてもアミダイを釣り上げ、村田さんのヒットは止まらないようです。再び、荒井さんのボートにいくと、「タックルをタイラバに変えてみました」と話しています。ガイドの鈴木さんによれば、「マダイはいませんが、ハマフエダイやイソフエフキなどが、これで釣れます」とのこと。とはいえ、荒井さんは、ついついアタリに合わせてしまい、1投目はバラシ。ですが、すぐにアカジンという赤い魚を釣り上げます。強いヒキを感じて張り切るものの、またもや痛恨のバラシ。その後は、バラハタを釣り上げます。村田さんも、独特のヒキを楽しみながら、ナミハタやアミメフエダイを釣り上げます。2人ともトロピカルフィッシュの強いヒキを存分に感じながら、リーフフィッシングを楽しみました。
釣りの後は石垣島の旅へ。2人はまず、髙嶺酒造所を訪れて工場内を見学します。「なるべく、昔ながらの製法で泡盛をつくっています」と代表取締役社長の髙嶺聡史さん。見学の後、2人は、「店舗限定2006年産 古酒おもと」を試飲し、村田さんは「旨い!」、荒井さんは「まろやか~」とその味に感心します。髙嶺さんは「年数を重ねることで、まろやかで甘い香りがしてくる。これが古酒の特徴です」と教えてくれます。続いては、村田さんおすすめの「舟蔵の里」へ。こちらは、約3,000坪もの敷地にさまざまな古民家を移築してつくった里で、郷土料理を味わうことができます。2人は、「ラフテーと地野菜の煮物」「地豆豆腐」などを味わい、三線の音に合わせた八重山舞踊のライブも鑑賞し、大人の旅を満喫しました。次回もお楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

村田さんが使用したタックル
Rod:NEWワールドシャウラ 1652R-3
Reel:アンタレスDC MD

荒井さんが使用したタックル
Rod:炎月SS B610M-S
Reel:炎月100PG

ライン:2号(PE)
リーダー:30ポンド(ナイロン)

●舟蔵の里
住 沖縄県石垣市字新川2468-1
電 0980-82-8108
営 11:00~22:00(LO21:00)
休 無休
http://www.funakuranosato.com/

●高嶺酒造所
住 沖縄県石垣市字川平930-2
電 0980-88-2201
工場見学 9:00〜18:00(所要時間20分)
休 無休
http://omoto-takamine.com/

●FISHERMAN(フィッシャーマン)
住 沖縄県石垣市新川279
問 0980-83-5318
期 ガイドサービスは4月1日~11月10日頃
http://www.gt-fisherman.co.jp/tuuhan.htm

●Little Tern(リトルターン)
問 090-2536-0968(フィッシングガイド長島裕二)
料 ライトゲーム1日40,000円(9:00~17:00)
  ショート便30,000円(約4時間)
http://littletern-style.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」石垣島の旅 第3弾


8月の「おとな釣り倶楽部」は、沖縄県石垣島の特集をお届けしております。第3弾は「玉取崎展望台」や土産店「ヤフィタ」などを訪れて、その後、竹富島や小浜島周辺でリーフフィッシングを満喫します。登場するのは、達人の村田 基さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
沖縄本島からおよそ430キロメートル南西にある、八重山諸島の玄関口、石垣島。達人の村田さんと荒井さんは、「玉取崎展望台」を訪れています。本来なら、白い砂浜と青い海の絶景を見渡せるはずですが、あいにくの強風と曇り空…。そこで、2人は村田さんおすすめの土産店「ヤフィタ」へ。店内には、夜光貝などを使って作ったランプやアクセサリーが並んでいます。続いて、石垣島でフィッシングガイドを営む「フィッシャーマン」の代表取締役・鈴木文雄さんに会いに行きます。実は鈴木さん、ソルトウォーターのアングラーでもあり、ジャイアント・トレバリー、通称GTのスペシャリストでもあるのです。鈴木さんに石垣島の状況について教えてもらいます。「ちょうど今は梅雨の末期。雨は激しいですが船は出せます」と鈴木さん。荒井さんの「私のようなビギナーでも楽しめる釣りはありますか?」という問いに、鈴木さんは「それなら、トロピカルフィッシュですね」と教えてくれます。
その後、2人はリーフフィッシングを楽しむため、浜崎マリーナへ。ここから、荒井さんは「フィッシャーマン」鈴木さんのボートで、村田さんは「リトルターン」長島さんのボートで、それぞれ出船します。竹富島と小浜島の間のポイントに着いた村田さんは、釣りを開始。早速、真っ赤なトロピカルフィッシュを釣り上げます。一方、荒井さんは、西表島の東側ポイントへ。水深およそ1メートル。「海がきれいで、これぞ石垣という景色ですね」と荒井さん。リトリーブしながら時折トゥイッチをはさんで魚を探っていると、フエダイを釣り上げます。「オレンジと金色の魚。いいヒキをありがとう」とリリースし、「水深1メートルのところで、こんないいヒキに出会えるとは…」と感心します。続いて、カラフルな尾をもつアカモンガラも釣り上げます。ここで村田さんのボートに戻り、タックルについて教えてもらいます。「今回のロッドは2652で、リールはステラ C3000 XG。この手の釣りにはハイギアか、エクストラハイギアのどちらかです。ラインは、PE 1.5から2号を使って、リーダーは25から30ポンドが標準で素材はナイロン。接続は、ダブルクリンチノットで、PEラインとナイロンラインの接続方法は基本的にキングノットです」。村田さんは話しながらも、アミメフエダイを釣り上げます。「針はすぐにのびてしまうから、ノーマルから太軸にチェンジ。最低で4番、できれば5番がいい。小さな魚がなぜ? と思うくらいヒキが強いですから」と話し、カラフルなイソフエフキやアミメフエダイを釣り上げます。「普通、海の魚はシルバー系ですが、ここでは圧倒的にゴールドが効く。赤金とかオレンジゴールドとかがナチュラルカラーです」。村田さんは1キャスト、1ヒットと言っていいくらいヒットが続き、2人ともトロピカルフィッシュのヒキを楽しみました。次回もこの続きをお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

村田さんが使用したタックル
Rod:NEWワールドシャウラ 2652R-3
Reel:ステラC3000 XG

荒井さんが使用したタックル
Rod:ディアルーナ BS S610M
Reel:アルテグラ 4000

ライン:2号(PE)
リーダー:30ポンド(ナイロン)

●玉取崎展望台
住 沖縄県石垣市伊原間キンブ

●ヤフィタ
住 沖縄県石垣市大川10-1
電 0980-83-8689
営 10:00~20:00(5~10月)
  10:00~19:00(11~4月)
http://www.yaphita.com/

●FISHERMAN(フィッシャーマン)
住 沖縄県石垣市新川279
問 0980-83-5318
期 ガイドサービスは4月1日~11月10日頃
http://www.gt-fisherman.co.jp/tuuhan.htm

●Little Tern(リトルターン)
問 090-2536-0968(フィッシングガイド長島裕二)
料 ライトゲーム1日40,000円(9:00~17:00)
  ショート便30,000円(約4時間)
http://littletern-style.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」石垣島の旅 第2弾


8月の「おとな釣り倶楽部」は、沖縄県石垣島の特集です。第2弾は、前回に引き続き、竹富島周辺でリーフフィッシングを楽しみ、その後、石垣島鍾乳洞や、島の味を楽しめる居酒屋を訪れます。登場するのは、達人の村田 基さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
達人の村田さんと荒井さんは、空模様が思わしくないなか、竹富島近くのポイントでリーフフィッシングに挑戦しています。前回、村田さんも荒井さんも良型のトロピカルフィッシュを釣り上げることができました。今回はどんな釣果となるのでしょうか。
「青い空、青い海を皆さんに見せたかったな」とつぶやく村田さん。早速、村田さんは手応えあるヒキを感じますが、魚が根に入って逃げられてしまいます。「一気にまかないといけません。それから、あまりドラグをゆるめてしまうと、根に逃げられてしまう」と村田さん。ここで、タックルについて教えてもらいます。「スピニングは2652。ボートから釣るなら6フィート半から7フィートぐらいがちょうどいいですね。リールはC3000番、PEの1.5もしくは2号、リーダーは30ポンド」。そう話しながら、村田さんはアタリをとらえますが、バラしてしまいます。荒井さんも広範囲に魚を探ろうと、村田さん同様にスピニングタックルを使用しています。ここで村田さんが、「ルアーがなぜダメになるかというと、魚の歯が鋭くてルアーに穴をあけてしまうから。バイブレーションは、どちらかと言うと金属系のほうが長持ちします」と教えてくれます。すると、村田さんがアタリをとらえ、アミメフエダイを釣り上げます。「ミノー系を使う時は、圧倒的にスピニングの方がやりやすい」と村田さん。荒井さんが「すごい! 海の中がサンゴだらけです」と感動していると、その横で村田さんは、元気いっぱいのアオチビキを釣り上げます。さらに、村田さんは強いヒキと格闘した末、なんとダブルヒット! 「見てください。この欲張りな釣り」と釣り上げたのは、アオノメハタとバラフエダイ。再び、強いヒキを感じて期待が膨らみますが… 残念ながらバラしてしまいました。けれどもその後、美しいバラハタを釣り上げました。
番組後半、2人は石垣島を散策します。最初に訪れたのは「石垣島鍾乳洞」。スタッフの下地香代子さんに案内してもらいます。「洞窟の壁や天井から垂れ下がるつらら石(氷柱石)は、鍾乳石の赤ちゃんです」と下条さん。さらに奥へと進むと、広々とした地下空間が広がっています。「鍾乳石が1ミリほど大きくなるには、3年ほどもかかります」と、神秘的な輝きを生み出す壮大なスケールを教えてもらいました。続いては、村田さんおすすめの「よろず居酒屋 錦」へ。店内には、数多くの釣り人の写真が飾られています。2人は、名物の「錦サラダ」や「刺し身の盛り合わせ」、「石垣島産車海老」などを味わいます。次回は石垣島の旅、第3弾をお届けします。お楽しみに!

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

村田さんが使用したタックル
Rod:NEWワールドシャウラ 2652R-3
Reel:ステラC3000

荒井さんが使用したタックル
Rod:ディアルーナ BS S610M
Reel:アルテグラ 4000

ライン:2号(PE)
リーダー:30ポンド(ナイロン)

●石垣島鍾乳洞
住 沖縄県石垣市石垣1666
電 0980-83-1550
時 9:00~18:30(最終受付18:00)
休 無休
料 大人1,080円、子供540円
http://www.ishigaki-cave.com/

●よろず居酒屋 錦
電 0980-82-0240
住 沖縄県石垣市美崎町12-13
営 17:00~24:00
休 火曜

●Little Tern(リトルターン)
問 090-2536-0968(フィッシングガイド長島裕二)
料 ライトゲーム1日40,000円(9:00~17:00)
  ショート便30,000円(約4時間)
http://littletern-style.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」石垣島の旅 第1弾


8月の「おとな釣り倶楽部」は、4回にわたり沖縄県石垣島の特集です。第1弾は川平湾や「石垣やいま村」を訪れ、竹富島周辺で南国ならではのリーフフィッシングを楽しみます。登場するのは、達人の村田 基さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
沖縄本島から南西およそ430キロメートルのところに位置する石垣島は、八重山諸島の玄関口として多くの観光客で賑わう島。村田さんと荒井さんは、石垣島の絶景スポット・川平湾を訪れ、白い砂浜と青い海を満喫します。その後、2人は八重山の家並みを再現した日本最南端のテーマパーク「石垣やいま村」へ。企画・広報担当の住吉隆治さんに村内を案内してもらい、アンパル塔やリスザルの森を訪ね、琉球衣裳を着つけてもらい、王様とお姫様気分の体験も。石垣島の文化に触れるひと時を過ごします。
そして、リーフフィッシングを楽しむため、浜崎マリーナから「リトルターン」に乗船し、竹富島周辺へ。荒井さんは、美しい海でどんな魚に出会えるのかとワクワクしている様子です。村田さんがリーフフィッシングについて教えてくれます。「バイブレーションをやってみましょう。まず、PEモードにして軽く投げます。ちょっと沈めてからシャクリます。その時、ルアーが動いてブルブルブルーと感じます。魚がかかったら、一気にまきます」。説明が終わらないうちに、村田さんが早速ヒット! 「このヒキ、これが石垣島です」と釣り上げたのはムネアカクチビ。「石垣島ではトロピカルフィッシュが釣れるんです」と村田さん。ここでタックルについて教えてもらいます。「今使っているのが、ロッドはワールドシャウラの1652、リールは強いアンタレスDC MD。そして、ラインはPE2号、リーダーは30ポンドのナイロンです」。続いて、ルアーについても。「ルアーは大きく分けると3つ。トップウォーター系、バイブレーション系、ミノー系。色はシルバー系が基本ですが、石垣の海は赤金を忘れずに持ってくるといいでしょう。ミノー系は遠投できるタイプで、僕が良く使うのは9センチくらい。バイブレーション系は20~30gを用意します」。ここで、荒井さんがヒットしますが、すぐに逃げられてしまいます。再び荒井さんがヒットし、「うわぁ、すごいヒキ!」と驚きながら、少しずつ寄せてきたものの、痛恨のバラシ。なんと針が伸ばされるくらい、力強いヒキだったのです。「ルアーはミノー系ですと、2人で2日間なら、30本くらい必要でしょう」と村田さん。ここで、村田さんがメギスを釣り上げます。そして、またしても荒井さんがアタリをとらえ、「今度こそ!」と格闘の末、ムネアカクチビを釣り上げます。「石垣島で1匹目。この大きさでこのヒキとは…」と驚いています。さらに、荒井さんがヒットしますが、再びバラシ。一方、村田さんは「よし、食った!」と、シロブチハタを釣り上げます。荒井さんも諦めずに海中を探って、もう1匹釣り上げます。石垣島の釣りはまだ始まったばかり。次回もリーフフィッシングをお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

村田さんが使用したタックル
Rod:NEWワールドシャウラ 1652R-3
Reel:アンタレスDC MD

荒井さんが使用したタックル
Rod:ディアルーナ BS S610M
Reel:アルテグラ 4000

ライン:2号(PE)
リーダー:30ポンド(ナイロン)

●石垣やいま村
住 沖縄県石垣市名蔵967-1
電 0980-82-8798
営 9:00~17:30(受付17:00まで)
休 無休
料 大人1000円(中学生以上)、子供500円
  琉球衣裳体験1名500円
https://www.yaimamura.com/

●Little Tern(リトルターン)
問 090-2536-0968(フィッシングガイド長島裕二)
料 ライトゲーム1日40,000円(9:00~17:00)
  ショート便30,000円(約4時間)
http://littletern-style.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県明石市の旅 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、兵庫県明石市の旅・後編をお届けします。まずは、家島諸島の西島で磯釣りに挑戦し、クロダイ(チヌ)の力強いヒキを堪能。その後、釣った魚を味わい、明石市の酒蔵を訪れて旅を楽しみます。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん、そして、磯釣りの達人・遠藤いずみさんです。
重塚さんと荒井さん、そして、達人の遠藤さんの3人は、家島諸島の西島「ムロサキ」に来ています。前回に続き、ここで磯釣りに挑み、クロダイをねらいます。遠藤さんは、「家島諸島といえば、クロダイ釣りのメッカ。大物に出会えるチャンスがあります」と話します。今回用意したサシエサはオキアミ、赤色と黄色の練りエサの3種類。まずは、練りエサをどのように針に付けるのか、遠藤さんに教えてもらいました。「基本は、丸型や涙型など針が外れにくい形にします。ほかにも、平べったくしてヒラヒラとさせてアピールする形もあります」。そして、遠藤さんは海中の様子を探ろうと、涙型に付けた練りエサを竿3本分前方に投入します。このポイントはどのように設定するのでしょうか? 遠藤さんによれば、「まずは、海中を想像してみましょう。チヌの好きなところは、例えば、カケアガリとか、斜めに下がった辺り、シモリや根の間とかです。基本的には手前から攻めていきます」。解説を終えた遠藤さんは、重塚さんの釣りを見てアドバイスをします。「今、潮の流れがあるのでコマセは流れています。自分の仕掛けがコマセと同調するようにしましょう」。すると、横で釣っていた荒井さんがアタリをとらえ、奮闘の末、本命のクロダイを釣り上げます。「このヒキはすごいですね。やり取りが面白い!」と大喜びの荒井さん。続いて、重塚さんも良型のクロダイを釣り上げます。ここで、遠藤さんにクロダイの攻め方を見せてもらいます。「まず、ポイントを定めて1ヵ所にコマセをまきます。クロダイを寄せて仕掛けを投入。仕掛けを入れた後も、ポイントにコマセをまきます」と遠藤さん。そして、竿先とラインのわずかな変化を見逃さないよう集中力を高めていると、「来ました!」と遠藤さんが大きくアワセます。竿が大きくしなるヒキの後、姿を現したのはクロダイ。続けて、重塚さんも「会心の一撃でした!」と見事なクロダイを釣り上げ、さらに、遠藤さんは52センチもの大物を釣り上げます。その後も3人は順調にクロダイを釣り上げ、午後1時に釣りを終了しました。
釣りの後、3人はたつの市にある「大阪屋」を訪れ、前回、荒井さんと重塚さんが釣ったマダイとクロダイを、ご主人の上田 享さんに特別に調理してもらいます。「刺し身」や「あらだき」などの料理がテーブルに並び、3人はその味を楽しみます。遠藤さんと分かれた後、重塚さんと荒井さんは、明石市にある創業1839年の「太陽酒造」を訪れ、蔵人の田中眞澄さんに蔵を案内してもらいます。「これが酒船と言いまして、これで三日三晩かけてゆっくり圧力をかけて搾ります」と田中さん。2人は、おすすめの「純米吟醸 赤石」などを試飲し、旅を堪能しました。皆さんも楽しい磯釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか?

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

遠藤さんが使用したタックル
Rod:鱗海 マスターチューン 1号5.3m
Reel:NEW BB-X ハイパーフォースC3000DXXG S

重塚さん・荒井さんが使用したタックル
Rod:ラフィーネ 1.5号5.3m
Reel:ストラディック C3000

道糸:2号
ハリス:2号
ハリ:チヌ2号

●太陽酒造株式会社
住 兵庫県明石市大久保町江井島789
電 078-946-1153
営 9:00~18:00
休 無休
http://taiyoshuzo.sunnyday.jp/

●大阪屋
住 兵庫県たつの市御津町黒崎1414
電 079-322-0124
休 不定休

●のりくら渡船
住 兵庫県たつの市御津町岩見600-2
電 079-322-2470
http://www.asahi-1.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」兵庫県明石市の旅 前編


「おとな釣り倶楽部」は今回、兵庫県明石市の旅・前編をお届けします。明石市立天文科学館や商店街などを訪れて旅を楽しみ、そして、家島諸島の西島で磯釣りに挑戦。クロダイ(チヌ)をねらいます。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん、そして、シマノフィールドテスターで磯釣りの達人・遠藤いずみさんです。
重塚さんと荒井さんは、兵庫県明石市の旅を楽しみます。まずは、「大蔵海岸公園」から世界最長の吊橋・明石海峡大橋を眺めます。そして、東経135度の日本標準時子午線に立つ「明石市立天文科学館」へ。学芸員の石井優子さんに子午線や漏刻について話を聞き、館内を案内してもらいます。14階にある展望室でその眺望を楽しみ、16階にある天体観測室も訪れます。続いては、魚の棚商店街へ足を運びます。「近くに漁港があるこの地域では、朝だけでなく、昼に水揚げされる昼網もある」と重塚さん。2人は、商店街にある日本料理店「喜楽」で「活たこのさしみ」「たこの子煮付」などで明石たこを味わい、旅を満喫します。
番組後半は、磯釣りに挑戦します。重塚さんと荒井さんは、達人の遠藤いずみさんと合流します。「家島諸島といえば、クロダイの宝庫と言われているところです」と遠藤さん。午前4時30分、3人は「のりくら渡船」で岩見港を出船。およそ30分でポイントの西島にあるムロサキに到着します。この時期は、産卵を控えたクロダイが浅場へと移動してくるそう。釣りの前に、遠藤さんから仕掛け作りを教えてもらいます。「まずは、カバーを外してガイドの穴に道糸を通します」。重塚さんも「こうすると、糸がガイドのすべてに通る仕組みなのですね」と納得の様子。「次はウキ止め糸を道糸につけます。糸をきっちり結んだら、今度はシモリ玉をつけます。そして、ウキ、ウキクッションゴムをつけ、より戻しを結びつけます。ハリスをセットし、ハリスにチヌ針を結びます」。いよいよ、磯釣りの開始。遠藤さんはポイントを設定し、マキエサを打ちます。ここでマキエサの作り方についても教えてもらいます。「基本的には、オキアミ3kgに対して配合エサ2袋の割合で混ぜます。オキアミを細かく砕いて、そこに粒子の細かい配合エサから加え、水を少しずつ加えていきます。お団子ができる状態になれば完成です」と遠藤さん。この日は、サシエサとしてオキアミ、赤と黄色の練りエサの3種類を用意。オキアミは反応がありませんが、黄色の練りエサを投入すると、「来ましたよー」と遠藤さんが大きくアワセ、本命のクロダイを釣り上げます。荒井さんは「竿のしなりがすごいですね」と遠藤さんのダイナミックな姿に感心します。「いいクロダイ。やはり、ポイントを一つに絞ることが釣れる秘訣でしょう」と遠藤さん。続いて「ヒット!」と声を上げたのは荒井さん。釣り上げたのは、なんと赤いマダイです。さらに、重塚さんもクロダイを釣り上げて、「やったー!」と大喜び。魚の活性が高まってきた様子です。この続きは、次回ご紹介します。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

遠藤さんが使用したタックル
Rod:鱗海 マスターチューン 1号5.3m
Reel:NEW BB-X ハイパーフォースC3000DXXG S

重塚さん・荒井さんが使用したタックル
Rod:ラフィーネ 1.5号5.3m
Reel:ストラディック C3000

道糸:2号
ハリス:2号
ハリ:チヌ2号

●大蔵海岸公園
住 兵庫県明石市大蔵海岸通2-11
電 078-914-7255(管理事務所)
http://www.kobe-j.co.jp/okura/index.html

●明石市立天文科学館
住 兵庫県明石市人丸町2-6
電 078-919-5000
開 9:30~17:00(入館16:30まで)
  ※天体観測室の一般公開
  土・日曜10:45~13:00 ※行事等で変更あり
休 月曜、第2火曜、年末年始
  ※祝休日の場合開館、翌日休館
料 大人700円、高校生以下無料
http://www.am12.jp/

●魚の棚商店街
住 兵庫県明石市本町1-1-16
問 078-911-9666(事務所)
http://www.uonotana.or.jp/

●喜楽
住 兵庫県明石市本町1-3-18
電 078-911-2791
営 11:00~15:00、17:00~21:00(LO20:30)
休 火曜

●のりくら渡船
住 兵庫県たつの市御津町岩見600-2
電 079-322-2470
http://www.asahi-1.com/

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」静岡県伊豆市修善寺の旅 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、静岡県伊豆市修善寺の釣りと旅をお届けします。山の上にある早霧湖でヘラブナ釣りを存分に楽しみ、その後、ワイナリーなどを訪れて旅も満喫します。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん、そして、釣りの達人、伊藤さとしさんです。
まずは、前回からの続き、ヘラブナ釣りから始めます。重塚さんと荒井さん、達人の伊藤さんの3人は、静岡県伊豆市にある早霧湖を訪れています。荒井さんが「そもそも、早霧湖ってどういう釣り場なのですか?」と伊藤さんに尋ねます。「ここは温暖で、1年中釣りを楽しめます。魚影が濃く、魚の数も多い。とにかくウキが動くので、初心者からベテランまで、さまざまなシチュエーションで楽しむことができます」と伊藤さん。 3人が釣りを始めると、重塚さんがアタリをとらえ、早速ヘラブナを釣り上げます。「アワセが決まった瞬間、何とも言えない満足感です」とうれしそう。伊藤さんによれば、重塚さんが使っている竿は比較的柔らかく細いので、アワセの瞬間をより体感しやすいそうです。伊藤さんが、エサを打ちかえながらヘラブナ釣りの基本を教えてくれます。「とにかく、ウキの動きをよく見ること。こうやってウキが立ち、エサが沈むにつれてウキもゆっくりと沈みます。魚がエサをつつくとウキも微妙に動き、魚がエサを吸い込んだ瞬間にアワセ…」。すると、言葉どおりのタイミングで伊藤さんがヘラブナを釣り上げます。続いても伊藤さん、重塚さんがダブルヒットし、なんと、伊藤さんは両団子、2匹同時に釣り上げます。「ヘラブナはもともと、琵琶湖由来のゲンゴロウブナで、フィッシング用に改良された魚なのです」と話をしながら、伊藤さんがまたもアタリをとらえると、今度は重塚さん、荒井さんも続き、トリプルヒット! ここで伊藤さんが提案をします。「湖面に魚が見えますから、思い切って水深45センチくらいの浅い棚を狙ってみましょう」。まずは荒井さんがヒットし、伊藤さん、重塚さんも続き、棚を変えても快調に釣り上げます。伊藤さんは「ヘラブナ釣りは、1年中楽しめますが、まずはウキが動きやすいこの時期に楽しんでもらうといいですね」と話し、釣りを終えました。
その後、重塚さんと荒井さんは、修善寺を散策します。2人が訪れたのは、北条政子が「修禅寺」に寄進したという伊豆半島最古の木造建築「指月殿」。ここには「お伺い石」という石があり、荒井さんは願い事をしながらその石を持ち上げてみます。次に訪れたのは、ブドウ畑が広がる「中伊豆ワイナリーヒルズ」。丘の上にある「中伊豆ワイナリーシャトーT.S」には2500本ものワインを収蔵するコレクションセラーがあり、フロントマネージャーの斎藤勝正さんに案内してもらいます。試飲コーナーでオリジナルワインをテイスティング。併設のレストラン「ナパ・バレー」で駿河湾産鮮魚のカルパッチョなどを味わいます。緑あふれる修善寺の旅と、魚との駆け引きを楽しむヘラブナ釣り。皆さんもいかがですか?

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

伊藤さんが使用したタックル
飛天弓 閃光P 16.5
特作 天道11

重塚さんが使用したタックル
朱紋峰 煉 11

荒井さんが使用したタックル
飛天弓 閃光XX 9

道糸:ナイロン1号
ハリス:0.5号
針:へら6号、7号
ウキ:へらウキ、パイプトップ

●中伊豆ワイナリーシャトーT.S
住 静岡県伊豆市下白岩1433-27
電 0558-83-5111
営 平日9:30~17:00、土休日9:00~17:00
休 無休
https://www.shidax.co.jp/winery/

●指月殿
住 静岡県伊豆市修善寺
問 0558-72-2501(伊豆市観光協会)
http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/form1.html?c1=5&pid=2299

●早霧湖
住 静岡県伊豆市日向
問 0558-72-0912(早霧荘)
料 舟釣り3,000円、桟橋2,600円

番組動画を見る

「おとな釣り倶楽部」静岡県伊豆市修善寺の旅 前編


「おとな釣り倶楽部」は今回、静岡県伊豆市修善寺の旅と釣りをお届けします。修善寺温泉で足湯「独鈷の湯」を訪れて「竹林の小径」などを散策し、その後、山の上にある早霧湖でヘラブナ釣りに挑戦します。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん、そして、釣りの達人、伊藤さとしさんです。
静岡県北部にある伊豆市修善寺。重塚さんと荒井さんは、およそ1200年前に弘法大師、空海が開いたと伝わる修善寺温泉を訪れています。温泉街の中心を桂川が流れ、そこに足湯「独鈷の湯」があります。2人は足湯に浸かってのんびり。その後、修善寺という名の起こりとなった「修禅寺」へ。訪れた時は新緑のシーズンで、境内も爽やかな緑に包まれています。桂川の対岸にある「竹林の小径」と呼ばれる散歩道とともに「修禅寺」はミシュランガイドで2つ星に輝いた必見のスポットです。続いて、桂川沿いにある「竹の里 水ぐち」に立ち寄り、2人はお茶とお菓子で一服。伊豆の小京都と呼ばれる修善寺を満喫します。
そして、後半は釣りを楽しみます。重塚さんと荒井さんは、山の上にある早霧湖へ。ここで達人、伊藤さとしさんと合流し、ヘラブナ釣りを教えてもらいます。「ヘラブナ釣りのポイントは、寄せて釣る、ウキの動きを見る。この2つです」と伊藤さん。「竿は、水深や距離に合わせて選ぶ延べ竿です。これは9尺、つまり2メートル70センチで、3本継の竿」。竿を手にした荒井さんは「こんなに軽いんですね!」と驚きます。伊藤さんは「この竿は、軽くて操作性もいいので、魚がかかったらすぐにアワセることができる。そして、仕掛けは、道糸とウキをゴム管でセットし、重り、スイベル、針2本がついたもので、極めてシンプルです」と教えてくれます。続いてはウキの見かたについて。「ポイントは色。重りでウキが立つと、例えば、黄色の目盛りが出ていれば、2つの針にエサが付いている状態。エサが溶けると少しずつウキが上がってきます。エサに魚が寄ってくるとウキが動くので、そこでアワセる。針やエサを調整して、ウキの動きを見ながら釣っていきます」と伊藤さん。重塚さんは「実にアナログなんですね」と感心します。そして、水中で溶けるバラケ餌づくりも教えてもらいます。基本を教わったところで、3人は桟橋へ移動します。桟橋から岸に向かってうち、仕掛けは提灯両団子、棚はおよそ5メートル。深場をねらい、ウキの動きをじっと見つめる3人は、ヘラブナと虚々実々のかけひきです。重塚さんがアタリを感じますがアワセは難しい様子。すると、伊藤さんがアタリをとらえ、ヘラブナを釣り上げました。続いて荒井さんもアタリをとらえ、見事初ヒット。「アワセが決まると、こんなに気持ちいいなんて!」と大喜び。幸先のいいスタートです。次回もこの続きをお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

伊藤さんが使用したタックル
飛天弓 閃光P 16.5
特作 天道11

重塚さんが使用したタックル
朱紋峰 煉 11

荒井さんが使用したタックル
飛天弓 閃光XX 9

道糸:ナイロン1号
ハリス:0.5号
針:へら6号、7号
ウキ:へらウキ、パイプトップ

●独鈷の湯
住 静岡県伊豆市修善寺
電 0558-72-2501(伊豆市観光協会)

●福地山 修禅寺
住 静岡県伊豆市修善寺964
電 0558-72-0053
開 境内参拝自由(受付8:30~16:00)
http://shuzenji-temple.com/

●竹の里 水ぐち
住 静岡県伊豆市修善寺3463-17
電 0558-72-2029
営 9:00~日没
休 不定休

●早霧湖
住 静岡県伊豆市日向
問 0558-72-0912(早霧荘)
料 舟釣り3,000円、桟橋2,600円

番組動画を見る