「おとな釣り倶楽部」栃木県那須町 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、栃木県那須町を訪れます。人気のスイーツショップを訪れ、そして、管理釣り場でトラウトフィッシングを楽しみます。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
栃木県の北東部、福島県との県境に位置する那須郡那須町。村田さんと杉浦さんは「チーズガーデン 那須本店」を訪れます。こちらは村田さんもご贔屓にする人気店で、那須高原のふもとにある自社工場で製造する「御用邸チーズケーキ」などを販売しています。2人は店内にあるカフェコーナーで、本店でしか味わえない焼き菓子をほおばります。
そして、前回に引き続き「那須高原ルアーフィールド」でトラウトフィッシングを楽しみます。まずはタックルについてのおさらいから。「ルアーを入れるワレットは、大きめを選ぶのがおすすめ。そして、管理釣り場ではナイロンラインが一般的で、太さはマスの大きさに合わせて選びます」と村田さん。前回は1号池で釣りをしました。村田さんは1投目から順調にレインボートラウトを釣り上げ、2人ともたくさんのトラウトに出合うことができました。今回、村田さんは大型トラウトがいるという2号池に挑みます。一方、杉浦さんは引き続き、1号池での釣りを楽しみます。村田さんがわずかな変化も見逃さないよう、ラインに神経を集中させていると、「ついに来た!」とアタリをとらえます。「無理に引っ張ると、魚の歯にあたって糸が切れるから、やりとりが難しい…」と言いながら、ネットにようやく入るくらいの大物、なんと80センチクラスのレインボートラウトを釣り上げます。ここで杉浦さんも2号池で挑戦してみることに。村田さんは「2号池は小さいけれど深い。魚は今、底の方にいるから、一度ルアーを沈めてから巻くのがいい」とアドバイス。そして、大きい魚を釣る時はルアーを丸のみされてしまう恐れがあるので、しっかりアワセること。杉浦さんは村田さんのアドバイスでルアーを3.5グラムから5グラム、オレンジとゴールドのスプーンに変更します。ここで、村田さんが「よし、いただき!」とまたもヒットし、レインボートラウトを釣り上げます。ところが、杉浦さんは2号池に来てからアタリがありません。村田さんは「大きい魚は同じものが3~5回も来ると食べないから、同じ場所に投げない。もし、管理釣り場が混んでいたらルアーをチェンジする。そして、ロッドは軽く持ち、アワセる時にキュッと強く握る」と教えてくれます。アドバイスを聞いた杉浦さんはようやくアタリをとらえ、見事なロックサーモンを釣り上げます。
初めてでも手軽に始められ、エキサイティングなやり取りを楽しめるトラウトフィッシング。皆さんもぜひ、体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 ナイロン 3.5lb
<ルアー> 
 カーディフ ロールスイマー
<ロッド>
 村田さん:
 ワールドシャウラ テクニカルエディションS66UL-2
 杉浦さん:カーディフ AX S62SUL-F
<リール>
 村田さん:ステラ C2000SHG
 杉浦さん:ツインパワー C2000S

●チーズガーデン 那須本店
住所 栃木県那須郡那須町高久甲喰木原2888
電話 0287-64-4848
営業 9:00~18:00(季節により変動あり)
https://cheesegarden.jp/pages/honten

●那須高原 ルアーフィールド
住所 栃木県那須郡那須町寺子乙1206-20
電話 0287-72-5824
http://lure-f.jp

「おとな釣り倶楽部」栃木県那須町 後編

番組動画を見る