「おとな釣り倶楽部」千葉県勝浦市 後編


今回の「おとな釣り倶楽部」は千葉県勝浦市の旅と釣りをお届けします。前回に引き続き、外房の海でキャスティングゲームを楽しみ、その後、勝浦市のご当地グルメを味わい、人気のお土産店に立ち寄ります。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
千葉県勝浦市は古くから漁師町として栄え、さまざまな魚介類が水揚げされています。村田さんと杉浦さんは、勝浦川津港から出船し、キャスティングゲームに挑戦します。最初に、タックルのおさらいをします。「キャスティングで使うルアーはシンキングペンシル、フローティングペンシル、ミノーの3種類。ロッドは7~8フィートのもので、パックロッドというコンパクトになるタイプもあります。リールはスピニングを使います」と村田さん。出船しておよそ40分、大原沖に到着。ここで村田さんから基本的な釣り方として、「ルアーを引っ張るイメージで魚を誘います」と教えてもらいます。前回は、途中でナブラを発見し、そこをめがけて何度か試みましたが、ヒットしませんでした。今回、青物との出合いはあるのでしょうか。先ほどの大原沖から30分移動し、真潮根に到着。村田さんはフローティングペンシルからシンキングペンシルに変えます。実はこの日、前日から水温が5度も下がっていたのです。「新勝丸」の船長・田村将志さんも細かくポイントを変えてくれます。村田さんは再びフローティングペンシルに変えて挑戦しますが、魚の活性は上がりません。そこで村田さんにキャスティングのコツを教えてもらうことに。まずはアンダーハンド編から。「基本的に、周囲に人が多い時はアンダーハンドで。たらしが短い時はロッドの反発を使ってキャストし、たらしを長めにとれる時は1回転してキャスト。この時、脇にロッドを挟んでキャストすると片手でも飛距離が出せます」。続いてはオーバーヘッド編。「肩に力が入らないように。右手を使わず、左手の力でキャストするのがポイント」。たらしが長くても遠心力を使ってキャストすると飛距離が出るのだそう。「大きく回せば、さらに10~20メートルは飛びます」とも。さて、青物を求めてラストスパートをかける村田さんと杉浦さん。魚探「探見丸」には、終了間際にこの日一番の魚の反応が出ていますが、あいにくの雨。村田さんは魚の姿を発見しますが、魚を釣り上げることはできませんでした。
釣りを終えた2人は、勝浦市を散策します。まずは、海辺にある「Dining Bar RAGTIME」へ。こちらで杉浦さんはご当地グルメの「勝浦タンタンメン」を、村田さんは郷土料理をアレンジした「和風ねぎ焼きピッツア」を注文し、絶妙な味を堪能します。続いて「南房総勝浦 おさかな村」へ。地元でとれた海産物などが並ぶなか、冷凍されていない「できたてひもの」を試食し、2人はそのおいしさに感動します。思いのほか手軽にできるキャスティングゲーム、皆さんもぜひ体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン> 
 PE3.0~4.0号
<リーダー>
 ナイロン60~80lb
<ルアー>
 オシアペンシル160F AR-C
 オシアペンシル115HS/42g
<ロッド>
 村田さん:ワールドシャウラ ツアーエディション 2754R-5
 杉浦さん:グラップラー タイプC S77M
<リール>
 村田さん:ステラSW 6000XG
 杉浦さん:バイオマスターSW 8000HG

●南房総勝浦 おさかな村
住 千葉県勝浦市浜行川134-1 勝浦バイパス沿い
電 0120-037-615
営 8:00~17:00
http://www.osakanamura.com/

●Dining Bar RAGTIME
住 千葉県勝浦市部原1928-32
電 0470-73-8666
営 11:00〜15:00、17:00〜23:00

●新勝丸
住 千葉県勝浦市新官966-133
電 0470-73-9454
http://www.shinsyomaru.com/

番組動画を見る