「おとな釣り倶楽部」千葉県勝浦市 前編


今回の「おとな釣り倶楽部」は千葉県勝浦市の旅と釣りをお届けします。勝浦市では沖合にある海中展望塔、そして、由緒ある「遠見岬神社」を訪ねます。その後、外房の海でキャスティングゲームを楽しみます。登場するのはアンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
村田さんと杉浦さんは、千葉県南東部に位置する勝浦市を訪れています。はじめに訪れたのは「かつうら海中公園」。ここには、沖合60メートルのところに海中展望塔があり、水深8メートルから海の様子を見ることができます。メジナやスズメダイ、タカノハダイなどを、まるでダイバーのような目線で眺めることができるのです。続いて訪れたのは「遠見岬神社」。神主の小林悠紀さんによれば、平安時代より以前からある神社とのこと。「この『富咲石段』は60段あり、ここに約1,800体のひな人形が飾られ、巨大なひな段が登場します」と小林さん。その後、村田さんと杉浦さんは明日の釣果を願い、本殿に参拝します。
翌朝、2人は勝浦川津港を訪れ、外房の海でキャスティングに挑戦します。まずはタックルについて村田さんに教えてもらいます。「キャスティングで使うルアーには、シンキングペンシル、フローティングペンシル、ミノーの3種類があります。ロッドは7~8フィートのもの。一方、コンパクトになり、持ち運び便利なパックロッドもあります。リールはスピニングが使いやすいでしょう」と教えてくれます。続いて、ルアーとリーダーの結び方について。「リーダーを軽く結んで輪を作ります。リーダーの先をルアーに通し、作った輪に通してリーダーの端線を本線に4回ほど巻き付け、先を締めれば出来上がり。これをループノットと言います」。準備が整ったところで、「新勝丸」の船長・田村将志さんに最近の状況を聞き、朝5:00に出船。大原沖に到着します。釣りを始める前に、村田さんは杉浦さんの腕前をチェックします。「そうですね。キャストした時に、指を出してラインを止めましょう。このタイミングです」と教えてくれます。さらに、ルアーをひっぱるようなイメージで誘います。杉浦さんもキャストしますが、「あっ、またやっちゃった…」とベールが倒れてしまいます。そこで、村田さんがスピニングリールの基本的な使い方をアドバイス。ポイントは、ラインローラーが上にくるように左手でリールを回して、指でラインを拾うこと。「キャストと同時に指を出すとベールは返りませんよ」と村田さん。2人がキャストを続けていると、海面にナブラが。ナブラ近くまで船で進み、その後も細かくポイントを変えますが、この日はアタリがありませんでした。次回もキャスティングゲームに挑みます。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン> 
 PE3.0~4.0号
<リーダー>
 ナイロン60~80lb
<ルアー>
 オシアペンシル160F AR-C
<ロッド>
 村田さん:ワールドシャウラ ツアーエディション 2754R-5
 杉浦さん:グラップラー タイプC S77M
<リール>
 村田さん:ステラSW 6000XG
 杉浦さん:バイオマスターSW 8000HG

●遠見岬神社
住 千葉県勝浦市浜勝浦1
電 0470-73-0034
http://www.tomisaki.or.jp/

●かつうら海中公園
住 千葉県勝浦市吉尾174
電 0470-76-2955
開 9:00~17:00(受付16:30まで)
休 年中無休(荒天の場合、閉館あり)
料 大人(高校生以上)960円、中人(小・中学生) 470円、小人(4歳以上の幼児)210円
http://www.katsuura.org/

●新勝丸
住 千葉県勝浦市新官966-133
電 0470-73-9454
http://www.shinsyomaru.com/

番組動画を見る