「おとな釣り倶楽部」和歌山県和歌山市 後編


前回に引き続き、「おとな釣り倶楽部」は和歌山県和歌山市を訪れ、加太の豊かな海、友ヶ島周辺でオニアジを狙います。その後、和歌山市の名所「和歌山城天守閣」で歴史にふれるひと時を過ごし、地元で愛される洋食店で人気メニューを味わいます。登場するのは、シマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
江戸時代、徳川御三家の一つ紀州藩の城下町として栄えた和歌山県和歌山市。佐々木さんと弥園さんは、加太の海で大型のマアジ、オニアジを狙います。まずは、タックルについておさらいします。「このシーマイティR73は、オールマイティに使えるロッドです。竿先のクッションがあり、しなやかに曲がります。リールは女性でも使いやすいものです」と佐々木さん。今回、仕掛けは胴付き3本針、オモリは30号を使い、一番下の針にアオイソメ、上2つの針にオキアミを付けます。エサを付けたら仕掛けを投入し、海底まで落として、時々、ゆっくりと誘い上げて下ろします。さて、友ヶ島周辺にやってきた2人、今回はどんな出合いが待っているのでしょう。先に、佐々木さんがヒットし、弥園さんもヒットします。ゆっくりと巻き上げてみると、佐々木さんの仕掛けには、なんと2匹のマアジが! ダブルヒットです。続いて、弥園さんもマアジを釣り上げ、2人で一度に3匹を釣り上げ、幸先のいいスタートです。この後は、友ヶ島周辺の海にいるほかの魚を求めてポイントを移動し、仕掛けを落とします。水深およそ40メートルの岩礁帯では、どんな魚が潜んでいるのでしょう。佐々木さんが「これはアジとは違うヒキ…」と言いながら巻き上げてみると、イソベラです。続いて弥園さんがヒットし、こちらはガシラ(カサゴ)です。根魚を釣り上げて喜ぶ弥園さん。「上あごのいいところにかかっているね」と佐々木さん。ここで、弥園さんは船長からアドバイスをもらい、下の針にアオイソメを3匹付けて、ベラが釣れにくくなる対策をします。すると、佐々木さんが「のりました。今度は重量感があります」と言いながら見事なガシラを釣り上げます。弥園さんもヒットしますが、残念ながらこちらはイソベラです。終了時間が迫るなか、再び弥園さんはアオイソメを3匹付けて挑戦します。すると、今度は小さなガシラを釣り上げます。加太の豊かな海で、2人は存分に釣りを楽しみました。
釣りの後、2人は和歌山市を散策します。まずは、和歌山市のシンボル「和歌山城」へ。天守閣には徳川家ゆかりの品が展示され、鎧や槍などを間近で見ることができ、そして、天守閣からは、紀の川が流れる和歌山市内をぐるりと見渡せる展望です。また、「和歌山城公園」には小さな動物園もあります。続いて、昭和8年創業の本格派洋食店「レストラン フライヤ」へ。3代目オーナーシェフの山井忠治さんが料理の説明をしてくれます。弥園さんは「タンシチュー」を、佐々木さんは「ヘレカツ」を注文し、特製ソースとともに味わいます。今回は、手軽ながらも抜群のヒキを楽しめるアジ釣り。皆さんもぜひ、体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE1.0号
<仕掛け> 
 ハリス3.0号
 幹糸3.0号
 針10号
<その他>
 オモリ30号
<ロッド>
 佐々木さん・弥園さん:シーマイティ R73 30-210
<リール>
 佐々木さん・弥園さん:バルケッタ BB 300HG

●和歌山城天守閣
住 和歌山県和歌山市一番丁3
電 073-422-8979
時 9:00~17:30(入場17:00まで)
料 大人410円、小・中学生200円
休 12月29日~12月31日
http://wakayamajo.jp/

●和歌城公園動物園
電 073-424-8635
営 9:00~17:00
料 無料
休 火曜(祝日の場合直後の平日)

●レストラン フライヤ
住 和歌山県和歌山市広瀬中ノ丁1-13
電 073-422-0115
営 11:00~21:00
休 年中無休
http://friya.co.jp/

●三邦丸
住 和歌山県和歌山市加太1268
電 050-3532-9619
http://www.sanpomaru.com

番組動画を見る