「おとな釣り倶楽部」徳島県鳴門市 後編


「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、徳島県鳴門市の旅。鳴門海峡で鯛ラバを楽しみます。その後、マダイ料理を味わったり、「鳴門市ドイツ館」を訪れたりしてまちを散策します。登場するのは、アンバサダーの村田 基さん、シマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
鳴門海峡を隔てて淡路島と向かい合う徳島県鳴門市。村田さんと弥園さんは、佐々木さんとともに、鳴門海峡で鯛ラバを楽しみます。まずは、基本タックルについておさらいをします。「水深50~90メートルです。鯛ラバのヘッドの重さは、潮がゆるければ70グラムくらいで底がとれるでしょう。二枚潮の時は、120グラムくらいで。ロッドは、このように穂先が柔らかく、タイがくわえた時に違和感がないものを。リールは、非常に軽やかで一定のスピードで巻きやすいものを選びます」と佐々木さん。そして、春先の鯛ラバは、ラバースカートを付けず細身のタイプがマダイも食べやすいとのこと。「どんなタイプがいいかを探していくのも、鯛ラバのゲームの楽しさです」と佐々木さん。前回、マダイを釣り上げたのは佐々木さんだけでした。今回、村田さんと弥園さんは、マダイに出合えるでしょうか? 村田さんと弥園さんは、佐々木さんのアドバイスのもと、トレーラーワームを付けてみることに。「鯛ラバは下に落としてゆっくりと巻き上げるだけ。アタリがあってもアワセず、そのまま巻き上げるだけ」と話しながら、村田さんは、「いいヒキです。最高!」と、いいサイズのマダイを釣り上げます。一方、弥園さんは、アタリと思いきや、残念ながらバラシ。佐々木さんは「潮が速い時は、魚も追うのが大変なのでゆっくり巻いたほうがいい」とアドバイス。すると、再び弥園さんにヒットし、今度はきれいなマダイを釣り上げることができました。けれども、この後、潮が止まってしまい、3人ともアタリがないまま2時間が経過。その後、ようやく潮が動き始めましたが、まもなく釣りの終了時刻。最後に、水深100メートルのかけ下がりのポイントで攻めると、ここで村田さんがヒットし、2枚目のマダイを釣り上げたところで、釣りを終了しました。
釣りの後、村田さんと弥園さんは、鳴門市にあるレストラン「鯛丸 海月」へ向かいました。村田さんは「鳴門鯛あら炊き定食」、弥園さんは「鳴門鯛どんぶり」を注文し、鳴門鯛の味を満喫します。続いて向かったのは「鳴門市ドイツ館」。学芸員の長谷川純子さんに館内を案内してもらいます。「今から100年前、鳴門市に板東俘虜収容所があり、約1000人のドイツ兵を収容していました」。当時の様子を再現したジオラマには、商店街やボーリング場もあったことがわかります。当時の松江豊寿署長は、ドイツ兵の人権を尊重していたため、活動の幅が広がったと言われています。アジアで初めてベートーヴェンの交響曲第九番を全楽章演奏したことでも知られています。手軽に始められ、マダイのヒキをダイレクトに感じられる鯛ラバ。皆さんも体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE0.8~1号
<リーダー>
 佐々木さん:フロロカーボン10lb
 村田さん・弥園さん:ナイロン16lb
<鯛ラバ>
 70~120g
<その他>
 炎月バクバクトレーラー
 マイクロコイカー
<ロッド>
 佐々木さん:エンゲツ エクスチューンB610ML-S
 村田さん:NEWワールドシャウラ 1651FF-3
 弥園さん:炎月SS B610M-S
<リール>
 佐々木さん:炎月 プレミアム150PG
 村田さん:アンタレスDCMD
 弥園さん:炎月100PG
●鯛丸 海月
住 徳島県鳴門町土佐泊浦福池15-33
電 050-3066-1001
https://taimaru-kaigetsu.com

●鳴門市ドイツ館
住 徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2
電 088-689-0099
開 9:30~17:00(入館16:30まで)
休 第4月曜(祝日の場合翌日)、年末
http://doitsukan.com

●釣り船 つるぎ
住 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛亀浦漁港
電 088-687-0598
時 5:30~6:00頃出船、13:00頃沖上がり(季節により異なる)
http://www.nmt.ne.jp/~turugi/

番組動画を見る