「おとな釣り倶楽部」埼玉県羽生市 後編


椎の木湖へらぶな釣り!村田基・伊藤さとし競演!!

「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、埼玉県羽生市の旅をお届けします。人気の管理釣り場で春のへらぶな釣りを楽しみ、その後、淡水魚の水族館や、道の駅など羽生市のおすすめスポットを巡ります。登場するのは、アンバサダーの村田 基さん、シマノインストラクターの伊藤さとしさん、ナビゲーターの神 実穂さんです。
村田さんと伊藤さん、神さんの3人は、へらぶな釣りを楽しむため、「つり処 椎の木湖」を訪れています。最初に、基本タックルについておさらいします。「今回は8~11尺ののべ竿を使い、水深の半分の深さを狙う宙釣りをします。道糸はナイロン1号。ウキゴムにウキを差して、竿の長さ分の道糸をとって、板オモリをウキの重さに合わせます。そして、上バリに魚を寄せるバラケエサ、下バリにくわせエサを付けます。これをセットの釣りといいます」と伊藤さん。続いて、エサ作りのポイントです。バラケエサは、3種類を混ぜて水を加え、中の空気を抜いてエサの真ん中に針を入れます。くわせエサは、切った断面から針を入れて針先をエサから出すようにします。「魚はエサを吸い込んですぐに吐き出すから、その時に針が絡む」と伊藤さん。「今回は、是が非でも尺上を」と話す村田さんは、釣り開始早々、850グラムのへらぶなを釣り上げます。一方、へらぶな釣り初挑戦の神さんは「小さなアタリもとれるようになりたい」と言いながらも、魚を逃してしまいます。「バレたのは、バラケエサが乾燥しているからかもしれない。水をつけて練り直してみよう」と伊藤さん。アドバイスを受けた神さんが釣りを再開すると、早速アタリが。神さんが750グラムのへらぶなを釣り上げると、隣で村田さんもへらぶなを釣り上げ、ダブルヒット! その後、村田さんがわずかなウキの動きに反応し、なんと1キロ60グラムのへらぶなを釣り上げます。一方、伊藤さんは0.7号という細い道糸で繊細な釣りを楽しみます。「魚がそばにいるのにパッと食わない時は、くわせエサだけをゆっくりと動かして誘ってみる。へらぶなは、止まったエサを見て食べるから」と話しながら、伊藤さんも1キロ40グラムの大物へらぶなを釣り上げます。そして釣りを終了しました。「初めての方は、管理釣り場で練習するといいですよ。桟橋もあるし、安定しています」と伊藤さんは話します。
釣りを終えた村田さんと神さんは、羽生市を巡ります。「ここは、珍しい淡水魚の水族館」と村田さん。「さいたま水族館」の飼育課加藤麻希子さんに館内を案内してもらいます。上流域にニッコウイワナ、中流域に村田さんが子どもの頃に釣ったカワムツやオイカワなど。そして、下流域にゲンゴロウブナが。およそ70種類もの生き物に出合える水族館です。続いて訪れたのは「道の駅はにゅう」。地元産の野菜のほか、金魚やメダカも売っています。もなかアイスを味わいながら、2人はへらぶな釣りを振り返りました。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<道糸>
 伊藤さん:ナイロン0.7号
 村田さん・神さん:ナイロン1号
<ハリス>
 上0.5号 下0.4~0.5号
<ウキ>
 カヤウキ ムクトップ6~8cm
<上針>
 ヘラスレ6~8号
<下針>
 ヘラスレ3~4号
<竿>
 伊藤さん:ボーダレスGL N10.5尺
 村田さん:朱紋峰 嵐月 10.5尺
 神さん:朱紋峰 嵐月 9尺
●さいたま水族館
住 埼玉県羽生市三田ヶ谷751-1
電 048-565-1010
開 9:30~17:00(12・1月~16:30、入館は終了30分前まで)
料 大人310円、小人(小・中学生)100円
休 第1月曜 (祝日の場合翌週振替、時季により異なる)
http://www.parks.or.jp/suizokukan/

●道の駅はにゅう
住 埼玉県羽生市大字上新郷7066
電 048-560-1010
営 8:30~19:00
https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/339/

●つり処 椎の木湖
住 埼玉県羽生市三田ヶ谷平島2551-1
電 048-565-4133
営 入場5:30、終了16:00(5~9月。時季により異なる)
料 <1日>大人2,700円、女性2,160円、中学生2,160円、小学生以下1,290円
http://shiinokiko.jp/

番組動画を見る