「おとな釣り倶楽部」東京湾 前編


村田基の東京湾シーバス!!基流もんじゃも?!

今回の「おとな釣り倶楽部」の舞台は東京湾です。まずは「TOKYOミナトリエ」で東京湾の歴史に触れ、月島でもんじゃ焼きを味わい、その後、ジギングでシーバスフィッシングを楽しみます。登場するのは、アンバサダーの村田 基さん、ナビゲーターの神 実穂さんです。
村田さんと神さんは、「TOKYOミナトリエ」を訪れています。ここは、東京臨海部の広報展示室で、東京湾の歴史や現在の姿について学ぶことができるところ。東京都港湾局の伊藤正則さんに館内を案内してもらいます。「こちらは、現在の中央区新川あたりにあった江戸時代の河岸を表したジオラマです」。「酒問屋もいっぱいありましたね」と村田さん。当時、大阪から江戸に酒を運ぶ新酒番船というレースの様子もジオラマで作られていました。続いてやってきたのは、「月島もんじゃストリート」。「東京の下町と言えばもんじゃです」と村田さん。数あるお店の中でも、釣り人が集まる「もんじゃ五平」へ。店主の髙津利広さんに「マー油とんこつもんじゃ」を作ってもらい、次に、村田さんが独自の焼き方を披露してくれます。神さんは、できたてアツアツのおこげを味わいました。
翌朝は、シーバスフィッシングです。釣りの前に、村田さんにタックルについて教えてもらいます。「シーバスは、メタルジグが落ちる時に食べるので、下のほうに2本の針を付けます。そして、大事なのがリール。一般的にはスピニングでやるんですが、シーバスは両軸タイプを使います」。さらに、糸についても教えてもらいます。「僕はフロロかナイロンです。なぜかと言うと、PEラインをゆっくり回すと、巻いたラインが食い込んでしまって、落とす時にひっかかるんです。それが釣竿に響いて全部アタリになっちゃう。それを防ぐためにフロロかナイロン」と村田さん。基本タックルを教わったところで、横浜市の本牧港から「長崎丸」に乗船します。長崎 功船長によれば、このところ、シーバスの調子はいいそうです。朝8:00に出船し、木更津沖に到着。今回は、メタルジグの上に小さな針を、下に2本針を付けて釣りを開始します。「スーッと落として、親指で触れておいて、竿先の変化を見ながら落ちている最中に押さえてアワセる」と村田さん。すると、村田さんがこの日第1号のシーバス、およそ50センチを釣り上げ、幸先のいいスタート。続いても村田さんがシーバスを釣り上げ、神さんも「釣れました」と続きます。魚探「探見丸」には多くの反応が出ています。またも村田さんはシーバスを釣り上げ、「とにかくシーバスは縦の動きが速い。速く落とすために、ジグは重めの60~80グラムを使います」と話します。さらに、村田さん、神さんがシーバスを釣り上げ、「やっぱり、下の針を食っていますね」と村田さん。都心から近い海で手軽に楽しめるシーバスフィッシング。次回もこの続きをお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン> 村田さん:ナイロン16lb
      神さん:フロロカーボン18lb
<ルアー> 村田さん:コルトスナイパー ロング60g
      神さん:コルトスナイパー80g
<ロッド> 村田さん:NEWワールドシャウラ1651FF-2
      神さん:グラップラーBB B632
<リール> 村田さん:アンタレスDC MD
      神さん:グラップラーBB 200HG
●もんじゃ 五平
住 東京都中央区月島3-16-10
電 03-3532-6925
営 平日16:30~23:30、土日祝11:30~23:30
休 不定休 ※臨時休業でない限り年中無休

●TOKYOミナトリエ
住 東京都江東区青海2-4-24青海フロンティアビル20階
電 03-5500-2587
開 火~木・日曜10:00~18:00
金・土・祝前日10:00~21:00
(最終入室は閉室30分前まで)
休 月曜・年末年始
料 無料
http://www.tokyoport.or.jp/minatorie/index.html

●つり船 長崎屋
住 神奈川県横浜市中区本牧元町33-4
電 045-622-8168
http://nagasakimaru.web.fc2.com/

番組動画を見る