「おとな釣り倶楽部」大阪府泉佐野市 後編


名手競演!!村田基と佐々木洋三のタイラバ!!

今回の「おとな釣り倶楽部」は、大阪府泉佐野市の後編をお届けします。加太沖で鯛ラバを楽しみ、その後、獲れたての野菜や果物を販売するJA大阪泉州の直営店や、航空神社の通称で知られる神社を訪ねます。登場するのは、アンバサダーの村田 基さん、シマノアドバイザーの佐々木洋三さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
大阪市と和歌山市のほぼ中間にある大阪府泉佐野市。泉佐野漁港から出発しますが、まずはタックルについておさらいをしておきます。「弥園さんが使うのは、鯛ラバ専用のロッドです。このトレーラーワームも使ってみましょう。トレーラーワームは長いほうの針にチョン掛けします。タイが小イカを食べている時は、効くこともありますので、試しながらやってみてください」と佐々木さん。港からおよそ1時間で加太沖に到着。「今回はドテラ釣りです。風に対して横に向けて流していきますが、この釣りの難しいところは、着底した瞬間がわかりにくいことでしょう。鯛ラバは、着底したらすぐに一定のスピードで巻き始めるのが鉄則。そのままにしておくと根掛りしたり、ついてきたタイが離れてしまったりするからです」と佐々木さん。村田さんも「鯛ラバが始まってから、タイは簡単に釣れるようになりました。ただ、海ですから釣れる時も、釣れない時もある…」と話します。すると、佐々木さんがようやくヒット! 「さすが、佐々木さん」と村田さん。「さっき付けたトレーラーが功を奏したのかもしれません。まぎれもなくタイですね」と言いながら、佐々木さんはマダイを釣り上げ、村田さんも続きます。さらに、弥園さんが「すごく軽いんですけれど…」と言いながら、ショウサイフグを釣り上げます。「魚の活性が低い時は、ゆっくり巻くほうがいいかもしれない」と佐々木さんがアドバイス。すると、「タイのアタリ?」と言いながらマダイを釣り上げます。けれども、その後は3人にアタリがなく、2時間が経過。終了が近づいたその時、弥園さんが小ぶりのマダイを釣り上げて喜び、釣りは終了となりました。
釣りを楽しんだ村田さんと弥園さんは、泉佐野市のおすすめスポットを巡ります。JA大阪泉州の経営する農産物直売所「RizuMieこーたりーな」を訪れ、「水なす浅漬け」「水なすピクルス」などを購入してその場で味わいます。その後、プロペラがついた珍しい鳥居をくぐり、通称「航空神社」の「泉州磐船神社」を訪れます。こちらは関西国際空港の建設を機に設立された神社です。宮司の佐藤暢彦さんが、本殿の下にある「航空博物館」を案内してくれます。貴重な資料が4000点も展示され、航空用化学消防車のルーフターレット(放水銃)や、世界紙ヒコーキコンテスト金メダリストの作った紙飛行機もあります。今回の鯛ラバを振り返り、「寒くて難しかった…」と話す弥園さんに、村田さんは「番組が放送される頃は、入れ食いのはずですから」と話します。みなさんも、鯛ラバを体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE0.8~1.5号
<リーダー>
 佐々木さん:フロロカーボン12lb
 村田さん・弥園さん:ナイロン16lb
<その他>
 炎月 バクバクトレーラー マイクロコイカーEW-202R
<ロッド>
 佐々木さん:炎月リミテッド B610ML-S/RIGHT
 村田さん:NEWワールドシャウラ1651FF-3
 弥園さん:炎月SS B610ML-S
<リール>
 佐々木さん:炎月プレミアム 150PG
 村田さん:アンタレスDC MD
 弥園さん:炎月100PG
●Rizumieこーたりーな
住 大阪府泉佐野市松風台3-1-1
電 072-458-0070
営 9:45~18:00
休 第3木曜
http://www.kotarina.com/

●泉州磐船神社(航空資料館)
住 大阪府泉佐野市上瓦屋392-1
電 072-462-5900
http://senshuiwafune.jp/

●オーシャンスター
住 大阪府泉佐野市新町2 泉佐野漁港
問 090-5674-2002
http://www.ocean-star.jp/

番組動画を見る