「おとな釣り倶楽部」和歌山県印南町 後編


印南町の寒イサキ釣りと美味満喫!

「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、和歌山県印南町を訪れ、人気ターゲットの寒イサキを狙います。また、印南町の旅では、日本一短いローカル線に乗車して車窓を楽しみ、船長さんおすすめのお店で釣った寒イサキを調理してもらいます。登場するのは、シマノアドバイザーの今井浩次さん、ナビゲーターの弥園奈津美さんです。
和歌山県中部に位置する日高郡印南町。印南港から出船し、今井さんと御園さんは、寒イサキを狙います。まずは、今井さんからタックルについて教えてもらいます。「竿はライトゲームCl 4+ タイプ73。ハードタイプの200を使います。ちょっと硬めの竿なんですけれど、深場で釣ることと、ステン缶が重たいため、このくらいがいい。アタリも取りやすいし、長さも2メートルなので手回しもしやすい。電動リールは、2000番。巻き上げるスピードも馬力もありますから、魚を連掛けしても大丈夫。仕掛けは、絡み防止の意味も兼ねて、腕の長いテンビンを使ってください」と今井さん。今回のポイントは、印南港から約30分の切目先沖です。ステン缶に撒き餌のアミエビを詰め、仕掛けが風下にある状態で投入します。指示棚まで巻き上げてから、ロッドを揺すって餌を撒きます。「イサキの食いが渋い時は、ゆっくりめに」と今井さん。この日は水温が低く、海底にイサキがかたまっているようです。「食いは浅い…」と言いながら、今井さんが寒イサキを釣り上げます。御園さんも「アッ、きてます。このグイグイと引く感じ…」と釣り上げ、アタリがわかるようになった様子です。すると、御園さんは、立て続けに寒イサキを釣り上げます。ところが、順調と思われた矢先、思わぬ事態に。イサキがかかり、今井さんが巻き上げると、途中でカツオが食ってきました。カツオは巻いてくる途中で暴れてしまうため、一緒にかかっていたイサキが外れてしまうのです。御園さんもカツオがかかり、「仕掛けがぐちゃぐちゃ…」と残念そう。そこでポイントを移動し、再び寒イサキを狙います。今井さんは「これはイサキのヒキです」と釣り上げます。「よーし、ゲット!」と御園さんも寒イサキを釣り上げ、さらに、この日一番、形のいいイサキを釣り上げます。ここで、この日の釣りを終了しました。
釣りを楽しんだ後、2人は印南町の町を散策します。訪れたのは紀州鉄道の西御坊駅。「日本一路線距離の短いローカル線です」と今井さんが教えてくれます。全長2.7km、全5駅、走行時間およそ8分。ゆっくり走行するローカル線で、2人は車窓の風景を楽しみます。そして、「せいゆう丸」の船長さんおすすめの印南港近くの「喫茶みえ」で釣りたての寒イサキを調理してもらい、刺身や塩焼き、煮付けなどで味わいます。新鮮で脂ののった寒イサキの味に、2人は大満足。皆さんもぜひ、寒イサキの釣りを体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン> PE2号
<ハリス> 3.5号
<針> スキン針8号
<その他>
ステン缶100号
半月テンビン
ゴムクッション1mm
<ロッド>
今井さん・弥園さん:ライトゲーム CI4+ タイプ73 H200
<リール>
今井さん:ビーストマスター2000
弥園さん:フォースマスター2000
●紀州鉄道株式会社 御坊支店
住 和歌山県御坊市薗275
電 0738-23-0001
http://kitetsu.co.jp/

●喫茶みえ
住 和歌山県日高郡印南町印南3232-29

●せいゆう丸
住 和歌山県日高郡印南町西ノ地712
電 0738-43-1176
https://seiyuumaru.com/

番組動画を見る