「おとな釣り倶楽部」静岡県下田市の旅 後編


遠藤いずみの磯釣りテクニック!!

「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、静岡県下田市の旅と釣りをお届けします。下田沖にある神子元島で磯釣りを楽しみ、その後、歴史に触れるスポットを訪れ、下田ならではの豪華なラーメンを味わいます。登場するのは、シマノフィールドテスター遠藤いずみさん、ナビゲーターの神 実穂さんです。
遠藤さんと神さんは、下田沖にある神子元島で磯釣りを楽しみます。最初に、磯釣りのタックルについておさらいします。「使うのは、5メートル30センチもある長い竿。なぜ、そんなに長いのかというと、磯では、海面から離れた高い足場から釣りをすることが多いから。そして、竿の弾力を活かして魚を釣り上げます」と遠藤さん。そして、釣り方の基本もおさらいします。「オキアミの尾を取って、背中の筋に沿うように針を入れます。足元にコマセをまいて、潮の流れにのせて、コマセと仕掛けを同調させます」と遠藤さん。仕掛けを準備する神さんが、「なんでしっぽを取るのですか?」と尋ねると、遠藤さんは、尾を切ることで、オキアミが針から外れにくくなると教えてくれます。しばらくすると、神さんがイサキを釣り上げ、続けてもう1匹イサキを釣り上げます。一方、遠藤さんが誘導仕掛けで深い層をねらっていると、「よし、来た!」とダイナミックに竿をしならせながら、人気ターゲットのメジナを釣り上げます。続いても遠藤さんがメジナをヒット。神さんがイサキとメジナの違いを尋ねると、「メジナはちょっと深いところにいるんです」と遠藤さんが教えてくれます。そこで、神さんも仕掛けを変え、少し深い層をねらってみることに。糸ふけが出ないようにしながら、仕掛けを流します。「沈ませるのが難しいのですが、少しずつ出していきます。ウキが浮いてくると、メジナのいるところに仕掛けが行かないですよ」と遠藤さん。神さんはラインの変化に神経を集中させます。すると、神さんがアタリをとらえます。「竿を立てて、ゆっくり巻いて!」と遠藤さんがアドバイス。格闘の末に釣り上げたのは、サンノジとも呼ばれるニザダイです。その後、遠藤さんがブダイを釣り上げます。2人は、いろんな魚に出合うことができ、磯釣りを満喫しました。
磯釣りの後、2人は下田の町を散策します。1854年に開港した下田港の近くにあるペリーロードは、明治時代の建物が残る町並みです。2人は「下田開国博物館」を訪れ、館長の尾形征己さんに案内してもらいます。ペリーに関する展示コーナーには、当時の絵師が想像で描いたペリーの似顔絵があり、アメリカ初代総領事ハリスに関する展示コーナーでは、下田奉行所がハリスをもてなした料理が再現されています。2人は、そこにある「保命酒」という薬用酒に興味をもち、売店で試飲をします。その後、「焙煎らーめん玄」で伊勢海老が丸ごとのった「活伊勢海老らーめん」を味わい、その贅沢な味に大満足。旅を楽しみました。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>ナイロン2号
<ハリス>遠藤さん:2号、神さん:3号
<ウキ>B
<針>グレ針5~6号
<ロッド>遠藤さん:BB-X スペシャル MZII 1.5号 500/550
神さん:ラフィーネ 1.5-530
<リール>遠藤さん:BB-X テクニウム C3000DXG
神さん:ツインパワー C3000
●下田開国博物館
住 静岡県下田市四丁目8-13
電 0558-23-2500
営 8:30~17:30(入館17:00まで)
料 高校生以上1200円 、小・中学生600円
休 無休(臨時休館あり)
http://www.shimoda-museum.jp/

●焙煎ラーメン 玄
住 静岡県下田市一丁目2-3
電 0558-22-3388
営 11:00~16:00、18:00~22:00
休 不定休
http://www.roumen-gen.com/

●伊豆下田フィッシング
住 静岡県下田市三丁目6-6
問 0558-23-0289
https://www.izu-shimoda-fishing.co.jp/

番組動画を見る