「おとな釣り倶楽部」長崎県編 3週目


村田 基がタイラバで長崎釣り三昧!!

「おとな釣り倶楽部」は、4週にわたり長崎県の旅と釣りをお届けします。3週目の旅は、長崎市内にある軍艦島を体感できるミュージアムを訪れ、地元の味を楽しみます。そして、魚種豊富な長崎の海で、ジグヘッド、鯛ラバを使いロックフィッシュをねらいます。登場するのは、アンバサダーの村田 基さんとナビゲーターの神 実穂さん、弥園奈津美さんです。
神さんと弥園さんの2人は、長崎の旅を楽しみます。まずは「軍艦島デジタルミュージアム」を訪れ、こちらの木下稔さんに案内してもらいます。軍艦島は、長崎港から約18キロメートルの海上にあり、正式名称は端島。海底炭坑の島として日本の近代化を支えてきました。1974年に閉山後、無人島となり、2015年には明治日本の産業革命遺産として世界文化遺産に登録されています。2人は、館内の「3D散歩」で島の様子を体感します。「最盛期の昭和35年頃、島の人口は約5300人。当時は世界一の人口密度でした」と木下さんが教えてくれます。その後、「海鮮市場 長崎港」を訪れ、地元の魚介類がのった「地げ丼」を味わいます。
続いて、村田さんとともに、魚種が豊富な長崎の海で釣りを楽しみます。前回同様、港から約30分で到着できる大曳島のポイントです。ここで、ジグヘッドにワームを付けてロックフィッシュをねらいます。前回のおさらいで、村田さんからロックフィッシュの釣り方の基本を教えてもらいます。「仕掛けが底に着いたら、アクションをつけながら誘いをかけます。根魚は、岩場の間にいますから、その魚から見えるようにすること。遠くに投げて、巻いていくやり方が主流です。海底の根を避けながら探っていきますが、時々止めて、魚が食うのを待ちます」。2人も魚にアピールするように誘いをかけていると、弥園さんが小さなカサゴを釣り上げます。一方、神さんは、強いヒキに巻くことを断念。巻ける時に一気に巻かないと、魚は根に潜ってしまうと村田さんが教えてくれます。ここで、ポイントを移動して鯛ラバを使います。「使用する鯛ラバは80グラム。仕掛けを底まで落として着底したらゆっくり巻き上げます。その時、アタリがあっても、アワせるな、慌てるな、スプールをおさえるな、が基本です」と村田さん。すると、村田さんが早速、アカハタを釣り上げ、神さんもオニカサゴを釣り上げます。いろいろな魚に出合える長崎の海。その後、港近くの湾内で根魚をねらっていると、ついに弥園さんがヒット! なんと、見事なオオモンハタです。「やりました」と大物を釣り上げて喜ぶ弥園さん。3人合わせてロックフィッシュのグランドスラムとなりました。いろいろな魚と出会える長崎の海。次回は、ジギングを楽しみます。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル ロックフィッシュ】
<ライン>PE1.5号
<リーダー>ナイロン30~50lb
<ジグヘッド>25g
<ロッド>
村田さん:NEWワールドシャウラ2701FF-2
神さん・弥園さん:ゾディアス 264ML-2
<リール>
村田さん:ステラC3000 XG
神さん・弥園さん:アルテグラ4000
【タックル 鯛ラバ】
<ライン>
村田さん:PE 1.5号
神さん・弥園さん:PE1号
<リーダー>
村田さん:ナイロン30~50lb
神さん・弥園さん:ナイロン16lb
<鯛ラバ>炎月 タイガーバクバク80~120g
<ロッド>
村田さん:NEWワールドシャウラ1651FF-3
神さん・弥園さん:炎月SS B610M-S
<リール>
村田さん:アンタレスDC MD HG
神さん・弥園さん:炎月100PG
●軍艦島デジタルミュージアム
住 長崎県長崎市松が枝町5-6
電 095-895-5000
時 9:00~18:00(最終入館17:30)
休 不定休
料 一般1,800円、中・高校生1,300円
小学生800円、幼児500円、3歳未満無料
https://www.gunkanjima-museum.jp/

●海鮮市場 長崎港
住 長崎県長崎市出島町1-1出島ワーフ内1F
電 095-811-1677
時 11:00~14:00、17:00~22:00
休 無休
http://nagasakikou.com/

●元勇丸
住 長崎県長崎市京泊町第一防波堤新魚市前(新長崎漁港)
電 080-8552-7003(事務所)
http://www.genyumaru.jp/

番組動画を見る