「おとな釣り倶楽部」京都府舞鶴市 前編


佐々木洋三と舞鶴市の旅!若狭湾でジギング!

「おとな釣り倶楽部」は今回、京都府舞鶴市の旅、前編をお届けします。京都府舞鶴市の旅では、「舞鶴赤れんがパーク」や、鮮魚店直営のお店を訪れます。そして、若狭湾でジギングを楽しみます。登場するのはアンバサダーの佐々木洋三さんとナビゲーターの弥園奈津美さんです。
京都府北部にある舞鶴市は、若狭湾に面した町。佐々木さんと弥園さんは、舞鶴市を代表する観光スポット「舞鶴赤れんがパーク」を訪れます。レンガ造りの佇まいは、おもに明治時代に建てられたもので、このうち8棟は国の重要文化財に指定されています。佐々木さんは、ここを訪れたらぜひ見たいものがあるということで、向かったのは2号棟の舞鶴市政記念館です。案内の古橋ふみ子さんによれば、「こちらが、今から約5300年前の縄文時代に使われていたとされる浦入遺跡出土丸木舟」とのこと。全長8~9メートルと推定される丸木舟を見ながら、2人は海に繰り出した古代人へ思いを馳せます。続いて、地元の鮮魚店が営む「舞鶴魚料理 魚源」を訪れ、地魚のとろけるような味を定食や海鮮丼で堪能します。
翌朝、2人は西舞鶴の乗船場を訪れました。乗船前に佐々木さんからジギングの基本タックルについて教えてもらいます。「今日はライトなタックルです。ベイトロッドとスピニングロッドの2種類があり、リールの位置が異なります」。リーダーと平打ちリングの結び方を教えてもらうと、弥園さんも実際にやってみます。ここにスプリットリングとメタルジグをつけたら完成です。「老嶋丸」の船長、酒井 崇さんによれば、「今シーズンはヒラマサが好調」とのこと。午前7:00に出船し、およそ40分で冠島近くのポイントに到着しました。ここで、佐々木さんにジギングの基本操作を教えてもらいます。「ワンピッチジャークといって、ロッドを1回シャクる間に、リールを1回まきます」。弥園さんも、佐々木さんに習ってジグをシャクリます。スピニングリールを使う場合は、着底がわかりづらいので、スプールエッジに指を触れて、ラインの出を感じるようにします。「流されてしまった時は?」という弥園さんの質問に、「着底が分からなくなったら、落とし直します」と佐々木さん。一方、船長は魚の反応を見ながら船を移動します。キャストして広範囲を探れるスピニングリールに対して、着底が分かりやすいベイトリール。佐々木さんもベイトタックルに変えてシャクリ続けると、一瞬アタリを感じたようです。「時々、竿を上げてフォールのアクションを入れてみましょう」と佐々木さん。さらに、潮の流れに合わせてジグを135グラムから110グラムに変更します。すると、佐々木さんが「ヒット!」と、2匹のシオ(カンパチ)を釣り上げました。その後、弥園さんもベラを釣り上げます。次回もこの続きをお届けします。ジギングに加え、ティップエギングにも挑戦します。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

<ライン> PE 2号
<リーダー>ナイロン 35lb
<ルアー>オシア スティンガーバタフライ センターサーディン(135g/110g)
<ロッド>
佐々木さん:オシアジガー インフィニティ モーティブ B610-3・ゲーム タイプJ S652R
弥園さん :グラップラーBB S632・ゲーム タイプLJ S632R
<リール>
佐々木さん:オシアコンクエストCT 300HG・ツインパワーSW 5000HG
弥園さん :グラップラー 300HG・アルテグラ 4000
●舞鶴赤れんがパーク
住 京都府舞鶴市字北吸1039-2
電 0773-66-1096
開 9:00~17:00(夜間賃館利用の場合~22:00)
休 12月29日~翌年1月1日(臨時休館あり)
http://akarenga-park.com/

●舞鶴魚料理魚源(ととげん)
住 京都府舞鶴市引土263-18
電 0773-77-5534
営 11:00~14:00、17:00~23:00
  (飲食LO22:00、飲み物LO22:30)
https://www.totogen.net/

●老嶋丸
住 京都府舞鶴市下安久150-3
電 090-4031-9722
http://routoumaru.com/

番組動画を見る