「おとな釣り倶楽部」山梨県山中湖 前編


「おとな釣り倶楽部」は、今回から2回連続で山梨県山中湖の旅と釣りをお届けします。山中湖近くの神社に参拝し、郷土料理を味わい、その後、ドーム船でワカサギ釣りを楽しみます。登場するのは、アンバサダーの伊藤さとしさんとナビゲーターの弥園奈津美さんです。
伊藤さんと弥園さんは、山梨県山中湖村を訪れています。「山中湖は富士五湖のなかでも一番大きな湖なんです」と伊藤さん。2人はまず、「山中出口稲荷神社」へ。朱塗りの鳥居をいくつもくぐり、ひっそりと佇む神社にお参りします。続いて立ち寄ったのは「浅間茶屋 山中湖店」。こちらで、武田信玄も食べたと伝わる名物「ほうとう」を味わいます。伊藤さんはブランド豚の「山梨クリスタルポークの豚肉ほうとう」を、弥園さんは「名物かぼちゃほうとう」を。「もちもちのうどんですね」と弥園さんもその味に大満足の様子です。
翌日は、ドーム船でワカサギ釣りに挑戦します。ワカサギ釣りが初めての弥園さんは、釣りを始める前に、伊藤さんからタックルについて教えてもらいます。「電動リールとその先に付ける穂先(ロッド)、そして仕掛けの3つだけと、見てのとおりシンプル。電動リールは横のスイッチで操作できます。今日はシーズン初めなので、糸はPE0.2~0.3号くらいがおすすめです」。伊藤さんのアドバイスのもと、弥園さんも穂先のガイドに糸を通していきます。「穂先は、その曲がり具合がそれぞれ微妙に違うので、その日の状況に合わせて変えていきます」と伊藤さん。そして、いよいよドーム船へ。「結構、広いですね。スリッパをはいて、おうち感覚」と弥園さん。旭日丘観光の堀内泰輔船長が、ワカサギの群れを探してポイントに案内してくれます。「船長のOKが出たら、このフタを開けて、仕掛けを何本針にするとか作戦を練ります。針の大きさと本数を選んで、オモリは水深や魚の活性で変えます。今日は、水深11メートルくらいなので7グラムのオモリ。付けエサは紅サシで、針に1つずつ付けます」と伊藤さん。すべての針にエサを付けたら、電動リールをフリーにして、仕掛けを落とし、オモリを底から5センチくらいのところで止めます。「チョンチョンとね、電動リールを巻いて誘います」と伊藤さん。すると、「当たった!」と弥園さん。巻き上げてみると、「いました!すごい!」と1投目からワカサギに出会えてうれしそうです。「面白いですね」と弥園さん。「ピクピクという動きに合わせますが、慣れてきたら、合わせた後にまた置くと、他の針にもついて多点掛けを狙えます」と伊藤さんが教えてくれます。続いてもフォール中に食いついてきて、今度は2点掛けに成功しました。弥園さんが釣り方の基本をおぼえたところで、伊藤さんも釣りを始めます。なんと、第1投目から2点掛け、続いても3点掛け。開始早々、2人は多点掛けに成功です。気が付けば、弥園さんは11匹も釣っています。さらに、弥園さんは「うわー、やったー!」と4点掛けも。絶好調の伊藤さんと弥園さん。次回もワカサギ釣りを楽しみます。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

<ライン> PE0. 2号

<完全仕掛け>
伊藤さん:針2号 全長66cm 5本針
弥園さん:針2号 全長88cm 7本針

<オモリ> 7g

<ロッド>
伊藤さん:レイクマスター エクスペック M03K
弥園さん:レイクマスター エクスペック M03S

<リール>
伊藤さん・弥園さん:レイクマスター CT-T

●山中出口稲荷神社
住 山梨県南都留郡山中湖村山中

●山梨ほうとう 浅間茶屋 山中湖店
住 山梨県南都留郡山中湖村山中224
電 0555-73-8066
営 11:00~18:00
休 年中無休
http://www.sengenchaya.jp/yamanakako/

●旭日丘観光
住 山梨県南都留郡山中湖村旭日丘506-296
電 0555-62-3059(8:00~20:00)
料 大人(中学生以上)4,000円、
  釣り竿セット(エサ付き)1,500円
http://asakan.gr.jp/

番組動画を見る