「おとな釣り倶楽部」大阪府泉南市 後編


村田基が電動リールでも絶好調!ドラゴンも?

今回の「おとな釣り倶楽部」は大阪府泉南市の旅、後編をお届けします。前回に引き続き、大阪湾でテンヤを使ったタチウオ釣りを楽しみ、その後、泉南市の歴史を感じるスポットを訪れます。さらに、タチウオ料理も味わいます。登場するのはアンバサダーの村田 基さんとナビゲーターの神 実穂さん。そして、テンヤ釣りの名人、今井浩次さんです。
村田さんと神さんは大阪府泉南市にある岡田浦漁港を訪れています。まずは前回のおさらいで、今井さんからテンヤを使ったタチウオ釣りを教えてもらいます。リーダーとテンヤの結び方、テンヤにエサのイワシを付ける時のポイントを教わります。準備が完了したところで出船。港からおよそ40分の淡路島・洲本沖のポイントに到着し、3人はタチウオ釣りを開始します。仕掛けを底まで沈めて、時々誘いを入れながらゆっくり巻き上げます。この日はあいにくの雨ですが、しばらくすると今井さんがヒット。銀色に輝くタチウオを釣り上げます。神さんが「今井さん、タナは何メートルくらいでしたか?」と尋ねると、「57メートルくらい」と今井さん。タナを聞いた神さんは早速、「あっ、来ました」とヒットし、隣で村田さんも続きダブルヒットです。釣り上げたタチウオを比べてみると、「俺のほうが1.5センチくらい負けている…」と村田さん。神さんのほうが少し大きいタチウオでした。「今は、だいたい50メートルのところに魚が映っているから、40メートルくらいまで誘い上げたら、落とし直して、この範囲を集中的に攻めるとアタリが出ると思います」と今井さん。続いて、村田さん、そして神さんもタチウオを釣り上げます。釣れるタナをみつけた3人はヒットの連続です。今井さんが「ベルトサイズですね」とタチウオを釣り上げると、神さんが続いてまたもダブルヒット。この日、同船していた人にもアタリがあり、神さんが声をかけると、釣りを楽しむお寿司屋さんとのこと。素敵な出会いもありました。最後に、村田さんがこの日一番大きい指5本分のタチウオを釣り上げ、釣りを終えました。
釣りの後は泉南市の町を散策します。村田さんと神さんは江戸時代に大阪と和歌山をつないだ紀州街道の一つ、浜街道を歩き、風情ある町並みを楽しみます。続いて「泉南市埋蔵文化財センター」を訪れ、センターの河田泰之さんに館内を案内してもらいます。「目の前に海会寺跡があります。発掘調査によって、この寺は奈良の法隆寺と同じ時代に建立されたと推定されました」。河田さんによれば、海会寺にも五重塔があり、その高さは30メートルもあったとか。飛鳥・奈良時代に使われたタコ壺も見せてもらい、歴史ロマンに触れるひと時となりました。その後2人は、船で出会った嵯峨 博さんの「栄壽司」におじゃまします。神さんは嵯峨さんからタチウオの3枚下ろしを教えてもらい、嵯峨さんが調理したお造りや骨せんべい、塩焼きなどを味わいます。誘いからアワセまで魚とのやりとりを楽しめるテンヤを使ったタチウオ釣り、皆さんもぜひ体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

<ライン> PE 2号
<リーダー>ナイロン 30lb
<テンヤ>サーベルマスター船テンヤRG-T40Q
<ロッド>
今井さん:サーベルマスターXチューン テンヤ82MH180/RIGHT
村田さん:サーベルマスター テンヤ 82MH180
神さん :ベイゲームXタチウオ 73M210
<リール>フォースマスター400
●泉南市埋蔵文化財センター
住 大阪府泉南市信達大苗代374-4
電 072-483-2583 または 072-483-6789
時 9:30~16:30
休 日・祝、第1・3土曜(臨時休館あり)
料 無料
http://www.city.sennan.lg.jp/kanko/bunka/maizou/center/

●栄壽司
住 大阪府堺市西区浜寺石津町西3-4-13
電 072-241-1718
休 日・祝
営 11:00~13:00、16:00~22:00
http://www.sakae-zushi.com/

●湊丸
住 大阪府泉南市岡田5-14-6
問 072-483-5706
料 釣り船(乗合)1名7,000円、女性1名5,000円
時 午前便 6:00~12:30、午後便 13:30~20:00
http://www.minatomaru.com/

番組動画を見る