「おとな釣り倶楽部」神奈川県横須賀市の旅 後編


前回に引き続き、「おとな釣り倶楽部」は神奈川県横須賀市の旅と釣りをお届けします。第二海堡沖でタチウオ釣りからスタート。その後、古い佇まいが残る横須賀市浦賀の街を散策し、タチウオ料理を味わいます。登場するのは、達人の永井裕策さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
まずは、タチウオ釣りから。荒井さんと達人の永井裕策さんは、久里浜港を出船し、第二海堡沖のポイントへ来ています。永井さんは「タチウオは幽霊魚と言われ、回遊しているから難しい」と話します。幽霊魚とは、移動が激しく、ポイントが安定しない魚のことです。ここで荒井さんは「平作丸」の船長・北島秀司さんに状況を聞いてみます。「ちょっと遅れたんですけれど、今はいろんなポイントでタチウオのアタリが出るようになりました。水深20メートルくらいで釣れます。浅場で釣れるいわゆる夏タチのパターンになってきましたね」とのこと。釣りを始める前に、前回のおさらいをします。まずは、永井さんにタチウオの釣り餌の付け方を教えてもらいます。「サバの切り身の端っこに皮側から針を刺し、ケンにひっかけ、最後はエサが真っすぐになるように整えます」。続いてはシャクリ方。「船長が棚を教えてくれたら、そこで止めます。浅いところでは、フワフワと泳がせるように小さくシャクリ、逆に深いところでは、テンビンがガクンと動くくらい、大きくシャクリます」。そして、いよいよ釣りを開始。周囲には釣り船が集まっています。永井さんは1投目からヒット! すると、荒井さんも「来ました!」と続きます。さらに、荒井さんは「ヒット!」と言いますが、その後、軽くなりバラしたかと思いきや、「やっぱりいました!」とアタリをとらえます。これに永井さんも続いて、またもやダブルヒット。荒井さんは大喜びです。「また、来ました!」と荒井さんが言うと、永井さんも続いて、またもやダブルヒット。タチウオの活性が高まってきた様子です。2人はその後もタチウオを釣り上げ、見事な好釣果となり、タチウオ釣りを存分に楽しみました。
番組後半は、神奈川県横須賀市浦賀の街を散策します。荒井さんが甘い香りに誘われて訪ねたのは、趣のある佇まいの菓子店「精栄軒」。4代目店主の水谷哲也さんによれば、坂本龍馬と妻のおりょうはカステラを好んだとか。そのエピソードにちなんだ商品も販売されています。次に、「西 叶神社」を訪れて参拝します。こちらは、源氏再興を祈願してその願いが叶ったことから建立された神社です。次に「浦賀の渡し」で対岸へ渡り、「東 叶神社」に参拝。荒井さんは、西の社務所で勾玉を、東の社務所で袋を手に入れ、1つのお守りにして大切に持ち帰ります。そして、釣り人の特権「美味釣魚」を。「地魚料理かわかみ」で今回釣ったタチウオを特別に調理してもらい、ご主人の川上 守さんによる「タチウオの造り」「塩焼き」「天ぷら」などを味わいます。さて、次回はどんな旅となるのでしょうか。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

永井さんが使用したタックル
Rod:リアランサー タチウオ MH195
Reel:フォースマスター400

荒井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X タチウオ82 MH195
Reel:フォースマスター400

ライン:2号(PE)
ハリス:5号
ハリ:1号
テンビン:ライト用

●精栄軒
住 神奈川県横須賀市西浦賀1-6-16
電 046-841-0123
営 10:00~16:00
休 月曜

●西 叶神社
住 神奈川県横須賀市西浦賀1−1−13
電 046−841−0179
http://kanoujinja.p1.bindsite.jp/

●東 叶神社
住 神奈川県横須賀市東浦賀2-21-25
電 046-841-5300

●魚料理かわかみ
住 神奈川県横須賀市久里浜4-8-4
電 046-835-0062
営 17:00~24:00
休 無休

番組動画を見る