「おとな釣り倶楽部」石垣島の旅 第3弾


8月の「おとな釣り倶楽部」は、沖縄県石垣島の特集をお届けしております。第3弾は「玉取崎展望台」や土産店「ヤフィタ」などを訪れて、その後、竹富島や小浜島周辺でリーフフィッシングを満喫します。登場するのは、達人の村田 基さんとナビゲーターの荒井沙織さんです。
沖縄本島からおよそ430キロメートル南西にある、八重山諸島の玄関口、石垣島。達人の村田さんと荒井さんは、「玉取崎展望台」を訪れています。本来なら、白い砂浜と青い海の絶景を見渡せるはずですが、あいにくの強風と曇り空…。そこで、2人は村田さんおすすめの土産店「ヤフィタ」へ。店内には、夜光貝などを使って作ったランプやアクセサリーが並んでいます。続いて、石垣島でフィッシングガイドを営む「フィッシャーマン」の代表取締役・鈴木文雄さんに会いに行きます。実は鈴木さん、ソルトウォーターのアングラーでもあり、ジャイアント・トレバリー、通称GTのスペシャリストでもあるのです。鈴木さんに石垣島の状況について教えてもらいます。「ちょうど今は梅雨の末期。雨は激しいですが船は出せます」と鈴木さん。荒井さんの「私のようなビギナーでも楽しめる釣りはありますか?」という問いに、鈴木さんは「それなら、トロピカルフィッシュですね」と教えてくれます。
その後、2人はリーフフィッシングを楽しむため、浜崎マリーナへ。ここから、荒井さんは「フィッシャーマン」鈴木さんのボートで、村田さんは「リトルターン」長島さんのボートで、それぞれ出船します。竹富島と小浜島の間のポイントに着いた村田さんは、釣りを開始。早速、真っ赤なトロピカルフィッシュを釣り上げます。一方、荒井さんは、西表島の東側ポイントへ。水深およそ1メートル。「海がきれいで、これぞ石垣という景色ですね」と荒井さん。リトリーブしながら時折トゥイッチをはさんで魚を探っていると、フエダイを釣り上げます。「オレンジと金色の魚。いいヒキをありがとう」とリリースし、「水深1メートルのところで、こんないいヒキに出会えるとは…」と感心します。続いて、カラフルな尾をもつアカモンガラも釣り上げます。ここで村田さんのボートに戻り、タックルについて教えてもらいます。「今回のロッドは2652で、リールはステラ C3000 XG。この手の釣りにはハイギアか、エクストラハイギアのどちらかです。ラインは、PE 1.5から2号を使って、リーダーは25から30ポンドが標準で素材はナイロン。接続は、ダブルクリンチノットで、PEラインとナイロンラインの接続方法は基本的にキングノットです」。村田さんは話しながらも、アミメフエダイを釣り上げます。「針はすぐにのびてしまうから、ノーマルから太軸にチェンジ。最低で4番、できれば5番がいい。小さな魚がなぜ? と思うくらいヒキが強いですから」と話し、カラフルなイソフエフキやアミメフエダイを釣り上げます。「普通、海の魚はシルバー系ですが、ここでは圧倒的にゴールドが効く。赤金とかオレンジゴールドとかがナチュラルカラーです」。村田さんは1キャスト、1ヒットと言っていいくらいヒットが続き、2人ともトロピカルフィッシュのヒキを楽しみました。次回もこの続きをお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

村田さんが使用したタックル
Rod:NEWワールドシャウラ 2652R-3
Reel:ステラC3000 XG

荒井さんが使用したタックル
Rod:ディアルーナ BS S610M
Reel:アルテグラ 4000

ライン:2号(PE)
リーダー:30ポンド(ナイロン)

●玉取崎展望台
住 沖縄県石垣市伊原間キンブ

●ヤフィタ
住 沖縄県石垣市大川10-1
電 0980-83-8689
営 10:00~20:00(5~10月)
  10:00~19:00(11~4月)
http://www.yaphita.com/

●FISHERMAN(フィッシャーマン)
住 沖縄県石垣市新川279
問 0980-83-5318
期 ガイドサービスは4月1日~11月10日頃
http://www.gt-fisherman.co.jp/tuuhan.htm

●Little Tern(リトルターン)
問 090-2536-0968(フィッシングガイド長島裕二)
料 ライトゲーム1日40,000円(9:00~17:00)
  ショート便30,000円(約4時間)
http://littletern-style.com/

番組動画を見る