「おとな釣り倶楽部」香川県高松市の旅 後編


前回に引き続き、「おとな釣り倶楽部」は香川県高松市の釣りと旅をご紹介します。前半は瀬戸大橋周辺のポイントで鯛ラバを使ってマダイ釣りに挑戦。後半は手打ちうどんの店や酒蔵を訪ねます。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん。そして、釣りの達人、佐々木洋三さんです。
重塚さんと荒井さん、そして、達人の佐々木さんは、前回に引き続き、鯛ラバでマダイを釣りますが、今回は前回を超えるサイズアップを目指します。「今日は瀬戸大橋の東側にある漁場で、水深60メートルから40メートルへ向かって駆け上がっているポイントです。ちょうど潮の周りが動きだすタイミングですが、水温が12度とまだ上がりきっていないので、マダイの活性は低いのですが、やってみましょう」と佐々木さん。そして、この時期のネクタイは、細身のカーリータイプが良いのだそうです。そして、針は1本のほうがネクタイの動きを阻害せず、活発に動くと教えてくれます。この日のタックルについて「リールは炎月プレミアム150PG。フォールレバー搭載で、フォールスピードを調節でき、巻スピードも表示されるので、その日のパターンを数字で把握し、情報を仲間と共有できるのがいいです。ロッドは、炎月リミテッド。エクストリームガングリップという、持ちやすく疲れにくい形状のグリップになっています。ラインはPE1号、リーダーはフロロカーボンの2.5号。リーダーを強くし過ぎると根がかりした時にPEの結束が飛ぶので、リーダーの強度を落として結び目が切れないようにします」と教えてくれます。鯛ラバ釣りは、着底後に一定のスピードで巻き上げ、その時、竿尻を脇に挟んで固定し、竿先を安定させるのがポイント。マダイが針を咥えて下に向かって走ると唇に針がかかるので、それまではアワセないようにとも。すると、一定のスピードを意識しながら巻き上げていた重塚さんが、タイ特有の手応えを感じます。佐々木さんもヒットし、2人揃って良型のマダイを釣り上げます。どうやら、この日のヒットカラーはオレンジのようです。続いて、重塚さんと荒井さんがダブルヒット。荒井さんはなかなか近づいてこない魚と格闘しながらも、2人ともロクマル(60センチ超)のマダイを釣り上げて大喜び。そして、3人は再びいいサイズのマダイをしとめ、この日は見事な釣果を得ることができました。
釣りを終えた重塚さんと荒井さんは、香川県高松市を散策します。まずは、本格さぬきうどんを味わえる「手打ちうどん 源内」へ。店主の藤田健作さんも釣りを愛する一人で、お客さんと釣り談義に花が咲くこともあるそうです。2人は、うどんのコシとのど越しを味わいます。続いて訪れたのは「綾菊酒造」。創業1790年の歴史ある酒蔵を杜氏の宮家秀一さんに案内してもらいました。そこで、2016年G7会合の乾杯酒に選ばれた「国重 大吟醸」などを試飲し、その華やかな味を堪能します。今回は思う存分マダイのヒキを楽しんだ釣りと旅となりました。皆さんも鯛ラバを使った釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

佐々木さんが使用したタックル
Rod:炎月リミテッドB610ML-S RIGHT
Reel:炎月プレミアム150PG

重塚さん・荒井さんが使用したタックル
Rod:炎月SS B610ML-S
Reel:炎月100PG

ライン:1号(PE)
リーダー:2.5号(フロロ)
鯛ラバ:炎月タイガーバクバク60g
炎月月華TG 60g,70g

●手打ちうどん 源内
住 香川県さぬき市志度1597-10
電 087-894-0180
時 10:00~20:00(LO19:30)
休 月曜(祝日の場合は火曜休)
http://www.gennai.co.jp/

●綾菊酒造
住 香川県綾歌郡綾川町山田下3393-1
電 087-878-2222
時 10:00~16:00
休 年末年始・お盆(土日祝は要確認)
※酒蔵見学は完全予約制、所要約60分、入場無料
http://ayakiku.com/

●遊漁船SevenGods(セブンゴッド)
住 香川県高松市庵治町王ノ下(庵治漁港内)
電 090-8972-5123
http://www.sevengods.com/

番組動画を見る