「おとな釣り倶楽部」徳島県鳴門市の旅 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に続き、鳴門海峡のポイントでメバルを狙います。そして、鳴門市内を散策し、美術館や酒蔵を訪ねて旅を楽しみます。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん、そして、釣りの達人、今井浩次さんです。
前回は良型のメバルの好釣果となり、おおいに喜んだ重塚さんと荒井さん。今回も鳴門海峡のポイントを訪れます。達人の今井さんは「前回はサビキ仕掛けでやりましたけれど、今回はシラサエビを使ってメバルを狙います」と話します。その釣りについて「できるだけ小さいエビを選んで、ハサミで尾羽を切ります。針に刺すのはエビの関節の一節目まで。あまり深く入れるとエビの動きが悪くなります。エサを付け終わったら、海に入れて底をとり、決めた棚で待ちます。エビは水中で勝手に泳いでくれるので、誘ったりしないで魚が食うのをじっと待つ。追食いも狙います」と教えてくれます。早速、釣りを開始。重塚さんは「動かしたくなるけれど、じっと我慢…」と待ちます。最初にアタリをとらえたのは今井さんです。「いい型です!」と幸先よく良型のメバルを釣り上げます。続いて重塚さんも「当たった!」とこちらも良型のメバルを釣り上げると、荒井さんも「いいヒキです!」と続きます。荒井さんはなんと2匹。「ダブル! ヒキが強いわけですね」とうれしそう。またしても荒井さんがアタリをとらえますが、ダブルかと思いきや、釣り上げる直前で1匹逃してしまいます。続いて、重塚さんもダブルで釣り上げ、「来るときは一斉に釣れるんですね。これは面白い!」と楽しそう。残念ながら尺サイズには及びませんでしたが、メバルのヒキを存分に堪能しました。
後半は、重塚さんと荒井さんが鳴門市内を散策します。最初に訪れたのは「大塚国際美術館」。日本最大級の常設展示スペースを有する美術館で、学芸員の山側千紘さんが「当館は名画を陶板に再現し、約1000点を展示しています」と案内してくれます。なかでも、「システィーナ礼拝堂天井画および壁画」を原寸大で再現したホールは圧巻の空間。ほかにも「モナ・リザ」「最後の晩餐」「真珠の耳飾りの少女」などを間近に鑑賞することができます。続いて、創業200余年の「本家 松浦酒造場」へ。蔵人の若林文与さんが「ナルトタイ 純米 水ト米」や珍しい「鳴門鯛 純米大吟醸 生原酒 袋搾り」などを紹介してくれます。2人は試飲してほろ酔い気分に。そして、地元漁師たちも通うという「居酒屋てっぺん」へ。ご主人の井上雄二さんに今回釣ったメバルを調理してもらうと、「姿造り」「煮付け」「唐揚げ」となってテーブルに。それぞれの調理法の味を楽しみ、2人は頬を緩ませます。次回も楽しい旅と釣りをお届けします。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

今井さんが使用したタックル
Rod:リアランサー メバル M360
Reel:バルケッタ 300HGDH

重塚さん・荒井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X メバル S300
Reel:炎月CT 100PG

道糸:1号(PE) 幹糸:1.2号 ハリス:0.8号 針:5号 オモリ:30~35号

●大塚国際美術館
住 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
電 088-687-3737
開 9:30~17:00(入館16:00まで)
休 月曜(祝日の場合翌日休)
  ※1月連続休館あり、8月無休、その他特別休館あり
料 一般3240円、大学生2160円、小中高生540円
http://o-museum.or.jp/

●本家松浦酒造場
住 徳島県鳴門市大麻町池谷字柳の本19
電 088-689-4143
営 9:00~17:00 ※蔵見学は要予約
休 日曜、年末年始、お盆、GWなど
http://narutotai.jp/

●居酒屋てっぺん
住 徳島県鳴門市撫養町黒崎字松島6-15
電 088-686-5570
営 17:00~24:00(LO23:30)
休 水曜
http://tokushimateppen.web.fc2.com/

番組動画を見る