「おとな釣り倶楽部」神奈川県横浜市本牧の旅 後編


「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、東京湾でシーバスフィッシングを楽しみ、その後、アメリカンな雰囲気が漂う神奈川県横浜市本牧を散策します。旅と釣りを楽しむのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん、そして、釣りの楽しさを教えてくれる達人の村田 基さんです。
3人はシーバスフィッシングを楽しもうと、チャーターボートで夕まづめの東京湾にやって来ます。達人の村田さんは、「シーバスフィッシングで使うメタルジグは、40~80g。針は上に1本、下に2本付けます。そして、シーバスは夜がスゴイって憶えていますか? これからがチャンスタイム!」と話します。すると早速、荒井さんが「ヒット! 底のほうでアタリが来ました。ボートの下に入って、ヒキが強い」と格闘します。続いて村田さんもヒットし、2人そろって良型のシーバスを釣り上げます。そして、村田さんはまたしてもアタリをとらえ、それはまさに、ワンフォール、ワンフィッシュです。「シーバスはボートで釣るのが一番。何度もアタリがあるから何度も合わせ、何度も釣るからファイティングもキャッチングも上手くなる。釣れば釣るほど上手くなるというわけです」と村田さん。続いて、荒井さんがアタリをとらえ、重塚さんも「やりました!」とようやくシーバスをとらえ、2人そろって釣り上げます。ここで村田さんが、夕まづめの釣りについてアドバイス。「暗くなると竿先や糸の動きが見えなくなりますから、指でスプールを軽く触るんです。糸に触れていると糸が止まるのが分かり、魚が食ったことが分かります」。シーバスの活性は高まり、村田さんと荒井さんがアタリをとらえます。荒井さんが「今日の私のなかでは一番大きなシーバス。でも、村田さんのは大きさが違う!」と話す横で、村田さんが70cmオーバーのシーバスを笑顔で持ち上げます。その後、荒井さんがアタリをとらえ、重塚さんが続きます。「曲げない、曲げない…」と奮闘する重塚さんに、村田さんは「ファイトを覚えてきたんじゃないですか」と声をかけ、ついに、重塚さんも良型のシーバスを釣り上げます。「東京湾のシーバスは、こんなもんではありません。まだ序の口ですよ。シーバスはなぜ面白いのかというと、いっぱい釣れるから。そして…」と話す村田さんの後ろには、きらめく東京湾の夜景。期待以上の釣果に、荒井さんと重塚さんは、シーバスフィッシングの魅力にはまったようです。
釣りの翌日、3人は神奈川県横浜市本牧を散策します。1982年まで米軍の住宅があった本牧エリアは、古き良きアメリカを感じさせる店が点在しています。その一つが「MOONEYES Area-1」。店内に入ると、村田さんと重塚さんが目を輝かせながら車のカスタムパーツや雑貨などを見ています。店内にあるカフェで「アップルパイ ア・ラ・モード」を注文すると、パイとアイスクリームのその味わいに、荒井さんは大満足の様子です。次に訪れたのは「BOOGIE CAFE」。オールドアメリカンな店内で3人は「ハンバーガー」を味わい、その雰囲気を満喫します。次回もご期待ください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

村田さんが使用したタックル
ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
リール:アンタレスDC MD

重塚さん荒井さんが使用したタックル
ロッド:グラップラーB631
リール:グラップラーBB

ライン:PE1.5号
リーダー:16ポンド
メタルジグ:コルトスパイナー40g~80g

●MOONEYES Area-1(ムーンアイズ エリアワン)
住 神奈川県横浜市中区本牧宮原2-10
電 045-623-5959
営 11:00~20:00 ※日・祝10:00~20:00
  MOON Cafe 11:30~22:00(LO21:00)
  ※日・祝10:30~21:00(LO20:30)
休 無休
http://mooneyes-area1.com/

●BOOGIE CAFE(ブギーカフェ)
住 神奈川県横浜市中区本牧間門20-1
電 045-621-0990
営 12:00~翌5:00
休 木曜

●東京湾シーバスガイド&チャーターボート
住 神奈川県横浜市中区新山下3-6-19 YCC(マリーナ)
問 090-1120-1100(エンドウ)
http://www.boatseabass.jp/

番組動画を見る