「おとな釣り倶楽部」千葉県館山市編


前回に引き続き、「おとな釣り倶楽部」は千葉県館山市などのサーフからショアジギングに挑戦。その後、館山市にある「渚の駅たてやま」を訪れます。旅と釣りを楽しむのは、ヒラメハンターの堀田光哉さん、ナビゲーターの石原あつ美さんと荒井沙織さん。今回は、狙った魚と出会えるでしょうか。
午前6時30分、千葉県館山市の平砂浦海岸にやってきた3人。「昨夕に比べて、波がおさまっている。これから下げ潮になるので、どんどん前へ、沖の方へ出て行けるでしょう」と堀田さん。ジグは昨日同様のカラーを選び、釣りを開始します。石原さんが「何かひっかかった?」と巻き上げますが、残念ながら海草でした。朝一番の海に、まだ変化はない様子。ここで、堀田さんがヒラメの特性について教えてくれます。「ヒラメは、流れがまとまって沖へ出て行くところを伝って来ます。小魚を岸際に追い詰めるようなイメージでヒラメにルアーを発見してもらうことが大切なんです」。しかし、魚の気配は一向にありません。そこで、堀田さんは釣り場の移動を決断します。やってきたのは、南房総市のローズマリー公園下。心機一転、3人は潮が引いてきたサーフで期待しながら投げ続けます。すると、「来ましたー!」とヒットしたのは荒井さん。「巻いて! 竿を立てて!」と堀田さんもアドバイス。釣り上げたのは本命のヒラメです。「念願のヒラメ! 手前のほうまで丁寧に巻いていたら、ガツンと来ました」と興奮気味の荒井さん。堀田さんも「岸から投げて、ルアーを引っ張ってきて釣る。こういう特別な経験をすると、釣りが面白くなってきます」と話します。続いては、石原さんがアタリをとらえます。「すごいヒキ!」と釣り上げたのはマゴチです。ナビゲーターの成長ぶりに堀田さんも大喜び! ここでこの日の釣りを終えました。
釣りを満喫した3人は、館山市にある海辺の交流施設「渚の駅たてやま」を訪れます。その中の「海辺の広場」では、館山湾に生息する魚や生き物の様子を見ることができます。「こんな風に泳いでいるんですね」と荒井さん。ハコフグやムラサキウニ、そして、ヒラメも水槽にいます。続いて2階の「館山なぎさ食堂」のテラス席へ。ここで、朝どれの新鮮な魚がのった「海鮮丼」を味わいます。脂ののりもいいその味に3人は頬を緩めます。そして今回、特別にヒラメのカルパッチョも調理してもらいました。ヒラメの味を堪能しながら、「ショアジギングは、場所と時間、そして諦めない心が大事ですね」と3人は語り合います。次回の釣りと旅もお楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

堀田さんが使用したタックル
Rod:ネッサ CI4+ S1002M
Reel:ヴァンキッシュ 4000HG

ナビゲーターが使用したタックル
Rod:コルトスナイパーBB S906M
Reel:アルテグラ 4000HG

堀田さん・ナビゲーター共通
ライン:PE1.0号
リーダー:フロロカーボン 25lb
ルアー(堀田さん):熱砂 ドリフトスイマーⅡ 100HS(30g)
ルアー(ナビゲーター):熱砂 スピンビーム32g

●渚の駅たてやま
住 千葉県館山市館山1564-1
電 0470-22-3606(館山市経済観光部みなと課)
開 渚の博物館・海辺の広場 9:00~16:45
  海のマルシェたてやま!! 9:00~16:00
  館山なぎさ食堂 11:00~17:00 ※閉店時間の変更あり
休 渚の博物館:毎月最終月曜(祝日の場合翌日休)・年末年始
  海辺の広場:毎週月曜(祝日の場合翌日休)・年末年始
  海のマルシェたてやま‼・館山なぎさ食堂:無休
http://www.city.tateyama.chiba.jp/

番組動画を見る