「おとな釣り倶楽部」京都府宮津市 後編


前回に引き続き、「おとな釣り倶楽部」は京都府宮津市を訪れます。前回はうねりもあって苦戦しましたが、引き続き今回もエギを使ってイカ特有のヒキを楽しみます。そして、釣りの後は足をのばして伊根町へ。旅と釣りを楽しむのは、達人の佐々木洋三さん、ナビゲーターの佐久間むつみさんと吉川亜樹さんです。
宮津港を出船し、水深20m付近でアオリイカをねらいます。まずは、イカ釣りのポイントをおさらいします。「エギを海底に沈めて、竿先のやわらかい部分がキュッと海に入ったりすればアタリなんですね。竿先の変化でアタリを察知します。エギを激しく動かしてイカを誘い、その後ピタッと止めるのがコツ。イカがエギを抱く間を作ることが大切です」と佐々木さん。すると、佐久間さんが「今、アタリを感じました」と巻き上げますが、「あっ逃げちゃった。イカはついてきてくれたのに…」と残念そうです。その後、なかなか状況は好転しません。すると、佐々木さんがアオリイカの活性を高める工夫をします。「今日のように食い渋っている時によくやるのがダブルです」。2つのエギを付けた佐々木さんは、早速「のった!」と見事にアオリイカを釣り上げます。「イカはじっとしていても釣れないので、キュンキュンとエギを動かす。イカはイレギュラーな動きをするものに関心をもって抱きついてくるので、例えば、着底してすぐに逃げ惑うようなアクションとか、魚の動きを演出してみては?」と佐々木さん。ナビゲーターの2人も「魚になったつもりで…」「逃げる魚…」とつぶやきます。すると、佐久間さんがようやくアタリをとらえました。慎重に釣り上げた小さなアオリイカに「可愛い!」と大喜び。続いて、またもや佐久間さんがアオリイカをしとめます。そして、良型のアオリイカをねらっていた佐々木さんが、釣り上げたのはなんとガシラでした。その後、3人は残念ながらアオリイカに出会うことなく、釣りは終了となりました。
釣りを終えた3人は足をのばして与謝野郡伊根町へ。丹後半島の東側に位置する伊根町は舟屋で知られる地域で、現在も230軒あまりの舟屋が伊根湾を囲むように立ち並んでいます。3人は許可をもらった舟屋を見学しました。「舟屋には納屋があって漁具もしまえる。漁から帰ってきたらここに船を上げる。まさに、海と生活が一体となった日本でも珍しい光景」と佐々木さん。見学の後は、近くにある創業260年になる造り酒屋「向井酒造」へ。ここで、女性杜氏の向井久仁子さんが造った日本酒を試飲します。「京の春 無濾過生原酒」や古代米の赤米を使ったルビー色の「伊根満開」を試飲し、その味わいに感動します。そして、旅先の晩餐は「Fishing cafe 海人遊」で、今回釣った魚を特別に調理してもらいました。歯応えのいい「アオリイカの刺身」に「コウイカのカルパッチョ」、「アオリイカのバター焼き」、そして「ガシラの炙り刺身」など。日本酒「京の春」とともにいただく味わいは、まさに大人の楽しみです。さて、次回はどんな釣りと旅になるのでしょうか。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

佐々木さん・ナビゲーターが使用したタックル
Rod:セフィアSS ティップエギングS606M-S
Reel:ストラディックC2000HGS
ライン:PE 0.6号
リーダー:フロロカーボン3号
エギ:セフィア アントラージュ3.5号
●向井酒造
住 京都府与謝郡伊根町平田67
問 0772-32-0003
営 9:00~17:00
休 年末年始
http://kuramoto-mukai.jp/

●Fishing cafe 海人遊
住 京都府与謝郡与謝野町石川
問 090-1022-4449(黒田)
営 11:00~14:00、18:00~21:00
休 木曜

番組動画を見る