「おとな釣り倶楽部」神奈川県鎌倉市編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、久里浜でタチウオ釣りを楽しみ、その後、鎌倉市内を散策します。旅を楽しむのは、達人・遠藤いずみさん、ナビゲーターの石原あつ美さんと荒井沙織さん。エサでタチウオを釣るのは初めというナビゲーターの2人でしたが、前回、無事に釣り上げることができました。今回は、サイズアップを目指します。そこで、遠藤さんがポイントを教えてくれます。「タチウオ釣りで大事なのは、その日の釣れるパターンを早くつかんで憶えておくこと。これが釣果につながります」。釣りを開始後、早速、石原さんがヒット! 強いヒキを感じて釣り上げると、少しサイズアップしています。一方、荒井さんは「ぜんぜんアタリがなくて…」と嘆いています。遠藤さんがタチウオを釣り上げ、「荒井さん、タチウオはいますよ。少し上のほうまで探ってみてください」とアドバイス。さらに、遠藤さんと石原さんが続けてアタリをとらえ、ダブルヒット! 絶好調の2人です。アタリが来ない荒井さんに、遠藤さんが再びアドバイス。「細かい動きなのですが、シャクって巻く、これをもうちょっと速くやってみてください。リズムを変えてみることも大事です」。すると、荒井さんにもようやくアタリが到来。「遠藤さんのアドバイス通りにやったらできました。久しぶりのアタリです」と喜びます。その後、石原さんはさらに大きなタチウオを釣り上げ、「サイズアップ! 指5本の幅、あります」と笑顔を見せます。サイズアップも成功したところで、この日の釣りを終えました。
釣りの後は、遠藤さんの指導のもと、釣りたてのタチウオを自分たちで調理します。まずは「タチウオの刺身」から。皮は引かず、細かく切れ目を入れてから刺身にします。さっぱりとポン酢で味わうのが遠藤さん流。ナビゲーターの2人も「歯応えがいい」「脂ものってる」とその味を堪能。次は、大葉を一緒に巻いて油で揚げた「タチウオの大葉巻き」。梅肉ソースでいただくその味は、「同じタチウオとは思えないほどフワフワです」。そして最後は、甘辛い味付けでご飯も進む「タチウオの蒲焼き丼」。「タチウオは、釣って楽しい、食べてもおいしい魚です」と遠藤さん。食事の後、3人は足をのばして鎌倉の街を散策。ベルギーワッフルのお店「グッドビーハイブ」に立ち寄り、出来立ての「蜂蜜ワッフル」を味わいます。次に、734年建立、鎌倉最古の寺と伝わる「杉本寺」を訪れました。仁王門をくぐると、苔がびっしりと生えた苔の階段があります。大蔵弁財天や本堂にお参りし、歴史を感じるひと時を過ごしました。次回も楽しい旅をお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

遠藤さんとナビゲーターが使用したタックル
Rod/ ベイゲーム X タチウオ 82 MH195
Reel/フォースマスター400
●平作丸
住:神奈川県横須賀市久里浜8-4-6
電:090-4074-3228
http://shuutaroumaru.com/

●グッドビーハイブ
住:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-7-7
電:0467-60-4648
営:10:00~17:30
休:月曜(祝日の場合翌日休)
http://www.goodbeehive.jp/

●杉本寺
住:神奈川県鎌倉市二階堂903
電:0467-22-3463
開:8:00~16:30(入山受付16:15まで)
拝:大人(中学生以上)200円、小人100円
http://sugimotodera.com/

番組動画を見る