「おとな釣り倶楽部」兵庫県淡路島 後編


今回は、兵庫県淡路島の後編をお届けします。前編で、旅と波止釣りを満喫した、達人の遠藤いずみさん、ナビゲーターの佐久間むつみさんと吉川亜樹さん。後編では、南あわじ市の慶野松原海水浴場で、キスを狙ったサーフフィッシングを楽しみます。遠藤さんは、日本を代表する女性磯釣師であり、さまざまな釣りを楽しむマルチアングラーでもあります。まずは、遠藤さんに釣り方を教わります。「キャスティングは、竿の弾力を活かせばそれほど力はいりません。ここはきれいな砂地なので、釣り上げる時に仕掛けがひっかかることも少ないでしょう」。遠藤さんは、説明の途中でアタリをとらえ、キスを釣り上げます。続いても良型のキスを釣り上げ、「砂浜の女王と呼ばれるキスは、群れで行動するので、アタリが出た場所を集中的に攻めると数が釣れます」と話します。ナビゲーターの2人も釣りを開始。すると、吉川さんが1投目からダブルで釣り上げます。佐久間さんも「このプルプル感が堪らないですね」と釣り上げると、こちらもダブル。さらに、吉川さんがトリプルで釣り上げます。そこで、遠藤さんからアタリの分かりやすい体勢を教えてもらいます。「キャスティング後、しゃがんで片足を立て、その前に竿を立てて巻きます。竿の弾力で魚の食い込みが分かりやすく、竿を安定させて探ることができます」。すると、体勢を変えた吉川さんに早速アタリが! なんと再びトリプルで、3匹とも見事な良型です。その後、佐久間さんがアタリをとらえると、遠藤さんと吉川さんも同じタイミングで続きます。釣り上げたのは、佐久間さんがトリプル、遠藤さんがダブル、吉川さんが1匹。3人は、好釣果を満喫しました。
釣りの後は、淡路島を散策します。最初に訪れたのは、淡路市にある「伊弉諾(いざなぎ)神社」。宮司の本名孝至さんに話を聞きます。「伊弉諾神社は、古事記や日本書紀の冒頭に登場する、国生みの大業を果たした伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祀る神社。すべての神功を遂げた伊弉諾尊は、最初に生んだこの淡路島で余生を過ごされました。そこが、この境内だと伝えられています」。参拝した3人は、清らかな心地になります。続いて、南あわじ市にある「都美人酒造」を訪ねます。こちらでは、今も昔ながらの「天秤搾り」をしているとのことで、仕込み蔵を見学。石の重さと丸太を使い、袋詰めした醪をゆっくりと搾った「純米大吟醸 無限大」を試飲させてもらいます。そして、淡路市にある「お料理 離れ 三代目よし」へ。メニューは店主のおまかせ料理のみ、席はカウンターのみという洗練された割烹です。イシダイの薄造りなど「魚介の盛り合わせ」をはじめとする秀逸な料理が続き、お酒も進みそう。今回は特別に、3人が釣ったキスを調理してもらい、「鱚の天ぷら」や「鱚土鍋炊き込みご飯」を味わいました。釣って楽しい、味わっておいしいキス。今回も大満足の旅となりました。次回もお楽しみに!

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

今回3人が使用したタックル
Rod/サーフチェイサー 385EX-T
Reel/SUPER AERO SpinJoy 30
●伊弉諾神宮
住 兵庫県淡路市多賀740
電 0799-80-5001
http://izanagi-jingu.jp 

●都美人酒造
住 兵庫県南あわじ市榎列西川247
電 0799-42-0360
※酒蔵の見学は要予約
http://www.miyakobijin.co.jp

●お料理 離れ 三代目よし
住 兵庫県淡路市大谷915-4 アテーナ海月1F
電 090-3700-0512
営 昼11:00~15:00、夜16:00~21:00(昼夜ともに予約制)
休 不定休
http://hanare-sandaimeyoshi.com

番組動画を見る