「おとな釣り倶楽部」大阪府泉佐野市 後編


前回に引き続き、大阪府泉佐野市からお届けする「おとな釣り倶楽部」。旅を楽しむのは、達人・佐々木洋三さん、そして「さらなる大物を目指してがんばります」と張り切るナビゲーターの佐久間むつみさんと吉川亜樹さん。3人は泉佐野漁港を出船し、ジギング・ルアー船オーシャンスターで紀北ポイントへ。タイラバでマダイを狙います。
まずは、達人の佐々木さんから今回の釣りのポイントを教えてもらいます。「産卵が終わって底のほうにいるマダイを狙います。潮の流れに合わせて、ラインを縦でなく斜めに流し、より長い時間、タイラバを棚におくようにして魚と出合う可能性を高めます」。佐々木さんが話を終えてすぐに、ナビゲーターの吉川さんがアタリをとらえました。「来ました~」と喜んで釣り上げたのは本命のマダイ。「幸先良さそう!」なスタートです。隣では、なかなかアタリの来ない佐久間さんが「先ほどまでネクタイは黒を選んでいたのですが、赤に変えてみます」と色をチェンジ。けれども、その後は3人ともアタリのない膠着状態が続きます。佐々木さんは「活性が低いので広範囲にキャストして探ってみましょう」と言いながらタックルを変更。するとようやく、佐久間さんがアタリをとらえます。釣り上げてみると、可愛らしいサイズのマダイでした。その後、吉川さんが「来ましたー! さっきよりもヒキが強いです」と興奮しながら釣り上げると、良型のマダイ。吉川さんは大喜びです。続いて、佐久間さんにもアタリが来ました。佐々木さんが「魚が走っている時は無理に巻かずに…」とアドバイス。タイ独特の強いヒキに驚きながら釣り上げると、こちらも見事なマダイです。「サイズアップしました」と佐久間さんもうれしそう。そして、ようやく佐々木さんも乗りましたが、そのヒキは本命のタイとは違う様子。釣り上げたのは、なんとワニゴチでした。3人とも釣れたところで、タイラバ釣りは終了。
釣りの後、3人は泉佐野漁業協同組合にある青空市場を訪ねます。ここでは、一般の人も競り落とされた魚を購入できます。店頭には、クロダイ、シャコ、泉州名産のアナゴなどが並んでいます。佐々木さんの案内で市場の2階にある「お食事処イルカ」へ。ここで3人はアナゴを丸ごと1匹使った「穴子丼」を味わいます。衣はサクサク、中はフワフワの天ぷらをほおばるナビゲーターの2人。佐々木さんも「これはおいしい!」と笑顔を見せます。次に訪れたのは、創業100年近い「北庄司酒造店」。蔵に一歩入ると、日本酒のいい香りに包まれます。蔵主によれば、こちらの蔵では食事に合い、料理の味を高めるような日本酒を目指しているそうです。見学後は、純米酒や無濾過生原酒を飲み比べ、お酒好きの3人にとって至福のひと時となりました。次回の旅もご期待ください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

今回、佐々木さんが使用したタックル
ロッド/炎月B77M-S
リール/炎月100PG
今回、ナビゲーターが使用したタックル
ロッド/炎月SS B610ML-S
リール/炎月100PG
●泉佐野漁協青空市場
住:大阪府泉佐野市新町2-5187-101
電:072-469-2340
営:10:00~18:00
休:水曜日
http://www.aozora-ichiba.com

●お食事処イルカ
住:大阪府泉佐野市新町2-5187-101
泉佐野漁協青空市場2階
電:072-463-1818
営:10:00~15:00
休:水曜・木曜日

●北庄司酒造店
住:大阪府泉佐野市日根野3173
電:072-468-0850
※蔵見学:1名500円(試飲・おつまみ付き)
10名以上の団体のみ。1週間前までに要予約
http://www.kitashouji.jp

番組動画を見る