「おとな釣り倶楽部」茨城県神栖市編


前回に引き続き、今回も茨城県神栖市波崎の海でホウボウ釣りを楽しみます。前回は、遊びの達人・村田 基さんとナビゲーターの荒井沙織さんにチャンスが到来しました。一方、石原あつ美さんには、まだヒットがありません。石原さんはホウボウに出合えるのでしょうか。
3人は波崎港を出発して犬吠埼沖へ。前回同様、タイラバでホウボウを狙います。「着底したら一定のスピードでゆっくりと巻きます。あとはひたすらホウボウが来るのを待つだけ」と村田さんがアドバイスすると、その直後にヒット。横では「ようやく、ノリました~」と石原さんも待望の手応えを感じて、なんとダブルヒット。難なく村田さんがホウボウを釣り上げ、石原さんも「ようやく1匹目。やったー!」と大喜び。2人が釣り上げたのは、なかなかのサイズです。タイラバで釣れることが分かった村田さんは、ここでメタルジグを試してみることに。一方、ナビゲーターの2人は引き続きタイラバで攻めます。すると、荒井さんが、「来ましたー!」とアタリを感じてホウボウを釣り上げようした瞬間、石原さんの竿にも強いアタリが! なんとナビゲーターの2人がまたもダブルヒットです。釣り上げてみると「あれ? 違う魚?」。石原さんが釣り上げたのはマトウダイでした。その後も「このプルプルとしたヒキが堪りません」とホウボウを釣り上げた荒井さん。「村田さんから『釣れてはいるけれど、巻くのが速いから魚が小さいんだよ』と言われて…。ものすごくゆっくりと巻いたら、本当にサイズアップしました」とうれしそうです。波が高くなってきたので、ここで釣りは終了となりました。
その後3人は、茨城県神栖市を散策します。神栖市は1960年代以降、鹿島開発により工業の町として発展。現在は、矢田部十町歩の海岸に並ぶ風力発電の風車がシンボルとなっています。訪れたのは、平安時代に建立された「神善寺」。境内には樹齢1000年を超える「大タブの木」があり、近づいてみるとどこかパワーをもらえそうな雰囲気。こちらは、江戸時代の大火や大戦中の焼夷弾などの難を逃れたことから、地元の人たちが「火伏の木」として信仰しているそうです。そして、利根川にかかる銚子大橋を渡ると、そこは千葉県銚子市。釣りでお世話になった征海丸の船長さんが勧めてくれる創作料理の店「創彩美食 和」へ向かいます。ここで特別に3人が釣ったホウボウを調理してもらいました。テーブルに並ぶ料理から、ナビゲーターの2人はまず「ホウボウのお造り」を。初めて味わう高級魚の旨味と歯応えを堪能しました。続いて、味が染みた「ホウボウの煮付け」、「ホウボウの卵のうま煮」、石原さんが釣った「マトウダイの天ぷら」も味わいます。「こんなにおいしい食べ物、おいしい釣りがあると視聴者の皆さんにもお分かりいただければ…」と村田さん。次回も楽しい釣りと旅をお届けします。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

今回村田さんが使用したタックル
ロッド/ワールドシャウラ〈WORLD SHAULA〉1651F・1652R
リール/カルカッタ コンクエスト〈CALCUTTA CONQUEST〉300HG
今回ナビゲーターが使用したタックル
ロッド/炎月SS B610M-S
リール/炎月100PG
●神善寺
住:茨城県神栖市波崎3355
電:0479-44-4301

●創彩美食 和
住:千葉県銚子市若宮町8-13 電:0479-25-8606
営:17:00~22:00(LO)
休:不定休(おもに月曜日。電話で確認を)
http://www.kazu-choshi.com/

番組動画を見る