「おとな釣り倶楽部」和歌山県御坊市 前編


和歌山県御坊市から2週連続でお届けする「おとな釣り倶楽部」。前編は、楠井沖でイサギ釣りに挑戦します。
旅のスタートは、「西山ピクニック緑地」。あいにくの雨模様ですが、晴れた日には対岸の淡路島まで見渡せるほど眺望がいいそうです。旅をするのは、ナビゲーターの佐久間むつみさんと吉川亜紀さん、そして、沖釣りの名人として知られる達人・今井浩次さん。「御坊は僕の庭みたいなもんですから」と頼もしい今井さんです。次に3人は、和歌山県最古の寺「道成寺」を訪れます。宝仏殿では、国宝の千手観音菩薩などを拝観することができます。こちらで参拝者に人気があるのが「絵とき説法」。絵巻を見ながら、ご院主が語る「安珍と清姫の物語」に聞き入ります。人の悩みや複雑な心をとらえた説法は、今でも私たちの心に響くものがありました。続いて訪れたのは、御坊名物のせち焼きの店「やました」。「御坊弁で『せちがう』とは無茶苦茶という意味で…」と店主に教えてもらいながら、目の前の鉄板で焼きそばを卵で固めて焼き上げた「ミックスせち焼き」を味わい、御坊の旅を楽しみます。
翌朝、3人は日高美浜港から出船し、楠井沖を目指します。今回狙うのはイサギ。ナビゲーターの2人は、今井さんから半月天秤にセットした撒き餌と疑似餌を付けた4本針の仕掛けについて教えてもらいます。そのやり方は、仕掛けを海底まで落としてからイサギの遊泳層まで巻き上げ、竿をシャクってアミエビを撒きます。後はゆっくりと巻いてイサギのアタリを待つ。そう説明しながら投入した仕掛けで、今井さんはすぐにイサギを釣り上げます。ナビゲーターの2人も始めてみることに。早速、「1投目ですが、ブルブルきました」とヒキを感じた吉川さん。「イサギだけにいさぎよく釣れました~」とうれしそう。続いて、佐久間さんも1匹目を見事キャッチ! その後、吉川さんも佐久間さんも2匹目を釣り上げ、「アタリを探る感じが、だんだん分かってきました」と好調です。そんな中、佐久間さんが「これはイサギと違う?」と強いヒキをとらえます。どんな魚かとワクワクしながら釣り上げると、なんと40㎝もあるジャンボイサギでした。その横で吉川さんは「一荷! 釣り上げました! やったー」と大喜び。一荷とは、複数のハリを使った仕掛けで一度に2匹の魚が釣れる大アタリです。和歌山県楠井沖でのイサギ釣りは、ご覧の通りの大爆釣! 次回もこの続きをご紹介します。ご期待ください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

今回今井さんが使用したタックル
ロッド/ライトゲーム CI4+ TYPE73 H200
リール/フォースマスター 800
●西山ピクニック緑地
住:和歌山県日高郡日高町・美浜町
電:0738-63-3806(日高町役場産業建設課)
休:無休・散策自由

●道成寺
住:和歌山県日高郡日高川町鐘巻1738 電:0738-22-0543
拝:大人(中学生以上)600円(宝仏殿・縁起堂は有料。入山のみは無料)
時:9:00~17:00(「絵とき」9:00~16:30)
休:無休
http://www.dojoji.com/

●やました
住:和歌山県御坊市湯川町財部49-12 電:0738-22-3227
営:11:00~15:00(売り切れ次第閉店) 休:火曜・水曜日
http://www.setiyaki.com/

番組動画を見る