「おとな釣り倶楽部」神奈川県横須賀市久里浜編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、神奈川県横須賀市久里浜を訪れます。旅と釣りを楽しむのは、達人・遠藤いずみさん、ナビゲーターの石原あつ美さんと荒井沙織さん。都心から気軽に行き来できる地域ながら、沖ではさまざまな釣りを楽しむことができる久里浜で、今回はエサでタチウオ釣りに挑戦します。3人がまず訪れたのは、久里浜港近くにある「ペリー公園」。その名の通り、1853年にペリーが久里浜に上陸したことを記念して造られた公園です。園内には関連する資料が展示されている「ペリー記念館」があり、ペリーが最初に来航した時の状況を再現したジオラマもあります。館長の横山豊久さんに話を聞きました。「ペリーは、浦賀沖に帆船を停泊させ、蒸気船のみ久里浜港に着岸し、久里浜に上陸しました。ここで浦賀奉行所と対面し、アメリカ大統領の親書の受け渡しが行われたのです」。黒船来航の歴史に触れた後、3人は温浴施設「海辺の湯」を訪れます。ここでのお目当ては、1階にある「漁師料理よこすか」。テーブルに届いた人気料理「自分で中落ち丼」のマグロの大きさにナビゲーターの2人は目を丸くします。貝を使ってマグロの身をそぎ落としながら味わい、一方、遠藤さんは「金目鯛のなめろう」を贅沢に楽しみました。
翌朝7:30、3人は「平作丸」で久里浜港を出船し、走水沖へ。エサでタチウオを狙います。まずは、遠藤さんにエサ釣りの基本を教えてもらいます。「仕掛けのテンビンにオモリ50号を付け、今回はスピードを重視して針は1つにします。エサのサバの切り身は、皮のほうから針に刺して形を整え、皮の白い所がキラキラと目立つようにします」。そして、釣り方について、「船長さんから指示棚を聞いて、その範囲を探っていきます。エサとオモリを海に入れ、指示棚付近に到着したところで鋭く、速くシャクって巻き上げる。これを小刻みに繰り返します。アタリを感じても緩めたり合わせたりせず、しっかりと針に食い込むまで『シャクって巻く』を続けます」と説明する遠藤さんに、早速ヒット! 見事、タチウオを釣り上げました。ナビゲーターの2人も釣りを開始。すると、荒井さんが水深30m付近でアタリを感じ、不安になりながらも巻き上げてみると可愛いサイズのタチウオです。「エサ釣りで初タチウオ!」と喜ぶ荒井さん。さらに、遠藤さんがまたも釣り上げると、今度はさらに大きなタチウオ。ナビゲーターの2人も「大きいですね」と目を見張ります。開始から30分が経過し、まだタチウオに出合えていない石原さんに遠藤さんがアドバイス。「エサの付け方ですが、身と皮の間に針を通すとエサが取れにくいんです。この方法でやってみてください」。すると、「あっ、来ました!」と石原さんもようやくヒット。「下のほうで細かくシャクっていたら釣れました」とうれしそう。次回もこの続きをお届けします。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

遠藤さんとナビゲーターが使用したタックル
Rod/ ベイゲーム X タチウオ 82 MH195
Reel/フォースマスター400
●ペリー記念館
住:神奈川県横須賀市久里浜7-14 ペリー公園内
電:046-834-7531
開:9:00~16:30
休:月曜(祝日の場合翌日休)、年末年始
料:無料
http://www.kanagawaparks.com/kurihama-perry/perry/

●漁師料理よこすか
住:神奈川県横須賀市久里浜8-17-23 海辺の湯 久里浜店1階
電:046-834-3431
営:11:00~20:00
休:無休

●平作丸
住:神奈川県横須賀市久里浜8-4-6
電:090-4074-3228
http://shuutaroumaru.com/

番組動画を見る