「おとな釣り倶楽部」徳島県鳴門市の旅 前編


「おとな釣り倶楽部」は今回、渦潮で知られる徳島県鳴門市を訪れます。旅を楽しみ、その後、サビキ仕掛けでメバル釣りを楽しみます。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん、そして、釣りの達人、今井浩次さんです。
徳島県の北東に位置する鳴門市を訪れた重塚さんと荒井さん。目の前にそびえるのは兵庫県南あわじ市と徳島県鳴門市を結ぶ大鳴門橋です。最初に、橋のすぐ側にある「徳島県立大鳴門橋架橋記念館エディ」へ。徳島県の文化や自然を紹介する「4K 360°シアターawa」や、音に反応する光の渦など最新の技術を使った体験型デジタルアトラクションを楽しみます。続いて、自家製の天日干し海産物などを販売する「豊田商店」へ。お店の豊田ハナ子さんから「ここでは、焼いて食べることもできますよ」と案内してもらい、2人は人気の「鯛飯」や干物を味わうことに。炊き立ての土鍋の蓋を開けると、中にはタイが丸ごと1匹入った潮の香りいっぱいのご飯が。2人は唸りながら味わい、鳴門市の旅を満喫します。
翌日、2人は鳴門市の亀浦漁港で、達人の今井さんと合流します。「春と言えば、この辺りはメバルなんですよ」と今井さん。3人は釣り船「つるぎ」に乗り込み、午前6時30分に出船。風もなく、波も穏やかな船釣り日和です。約10分で鳴門海峡周辺のポイントに到着しました。まずは、今井さんに釣り方を教えてもらいます。「底まで仕掛けを入れます。根掛かりしやすいので、底に着いたらすぐに巻き上げ、それから、ゆっくりとリールを巻いて魚を誘います。アタリがなければ再び落とします。アタリがあってもゆっくりと巻き上げて、追い食いも狙いましょう」。重塚さんと荒井さんも釣りを開始。すると、1投目で重塚さんがアタリをとらえます。「メバル1匹。いきなりのヒキでした」と驚く重塚さん。続いて、荒井さんが「来ました!」と釣り上げたのは27~28センチもあるメバルです。その後、達人の今井さんも良型のメバルを釣り上げます。そして、今井さん、重塚さんが同時にアタリをとらえると、そこに荒井さんも続きます。まずは今井さんが「1匹? まだ、ついているはず…」と良型のメバルをダブルで釣り上げると、重塚さんも「ほら、ダブルですよ!」と追い食いで2匹釣り上げて満足気。そして、荒井さんが「1匹だけど、いいサイズ!」と続きます。「魚が釣れると楽しくてテンションが上がりますね!」と、重塚さんと荒井さんに笑みがこぼれます。その後も快進撃は続き、重塚さんは1匹を釣り上げ、荒井さんも念願のダブルで釣り上げます。メバルの大爆釣で3人は心地よいヒキを堪能しました。次回も鳴門海峡周辺にて、シラサエビで尺メバルを狙います。お楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

今井さんが使用したタックル
Rod:リアランサー メバル M360
Reel:バルケッタ 300HGDH

重塚さん・荒井さんが使用したタックル
Rod:ベイゲーム X メバル S300
Reel:炎月CT 100PG

道糸:1号(PE) 幹糸:1.5号 ハリス:0.8号 針:5号 オモリ:30~35号

●徳島県立大鳴門橋架橋記念館エディ
住 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池65(鳴門公園内)
電 088-687-1330
営 9:00~17:00(入館16:30まで)
  ※GW・お盆8:00~18:00、
  夏休み9:00~18:00(入館17:30まで)
休 無休
料 大人610円、中高生410円、小学生250円
https://www.uzunomichi.jp/usage-guide-eddy/

●豊田商店
住 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦高砂203-2
電 088-687-0856
営 7:00~19:00
休 無休
http://www.toyota-web.com/

●鳴門海峡釣り船つるぎ
電 090-8971-1338
http://www.nmt.ne.jp/~turugi/

番組動画を見る