「おとな釣り倶楽部」兵庫県たつの市編


「今回の「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、香川県小豆島で磯釣りに挑戦し、その後、兵庫県たつの市で手延べそうめんづくりの体験などを楽しみます。旅と釣りを楽しむのは、達人の遠藤いずみさん、ナビゲーターの佐久間むつみさんと吉川亜樹さんです。
兵庫県たつの市の岩見港を出船し、やってきたのは香川県小豆島金ケ崎平場。前回は、遠藤さんが磯上がりをしてすぐにグレを連発して仕留め、吉川さんは可愛いサイズのマダイ、佐久間さんは良型のカンダイを釣り上げました。今回は、遠藤さんが潮の流れを見ながら、竿3本分前方にマキエサを打ってポイントを作ります。仕掛けが馴染むと同時に遠藤さんはアタリをとらえ、グレを釣り上げました。遠藤さんが用意したサシエサは、オキアミと練りエサの2種類。そして、磯釣りにとって重要となるマキエサも。このマキエサをどうやって作るのか、前の日の晩に遠藤さんに教えてもらいました。「オキアミ1枚(3kg)に対して配合エサ約2袋を用意します。オキアミを細かく砕いて配合エサを加えます。粉がダマにならないようにしっかりと混ぜて水を徐々に加え、ギュッと握ってみて団子のようになればOK。いいコマセ(マキエサ)ができるとテンションも上がります」。磯釣りにおいて、マキエサの出来具合はとても大事です。そして、釣りを開始してしばらくすると、佐久間さんがアタリをとらえました。姿を現したのはなんと大本命のチヌ(クロダイ)。「グーッと引っ張られましたが、釣れてよかった」と喜ぶ佐久間さん。続いて吉川さんもマダイを釣り上げ、幸先のいいスタートです。午前の釣りを終え、3人は磯の上でランチタイム。絶景を前に贅沢なひと時を過ごします。「最初は磯で釣ることに不安がありましたが、やってみると楽しいですね」と話す吉川さんに、「最近は、女性に優しい船宿もあるので安心ですよ」と遠藤さんが答えます。午後の釣りでは、さらなる大物を仕留めようと遠藤さんが打ち返します。すると、遠藤さんの竿が大きく弧を描き、釣り上げたのはマダイです。「今日は、磯釣りを満喫できましたね」と遠藤さん。ここで釣りは終了となりました。
その後、3人は兵庫県たつの市を散策します。たつの市はそうめんの生産が盛んな地域で、3人は手延べそうめんの歴史と伝統の技を体験できるミュージアム「揖保乃糸 資料館 そうめんの里」を訪れます。2階の展示室では昔のそうめん作りの様子を再現。実演コーナーでは同館の長谷川陽三さんから手延べそうめんの作り方を教えてもらい、体験してみることに。「機織りみたい」「ツルツルしている」と驚きながら手延べそうめん作りを体験し、その後、「お食事処 庵」で「鯛にゅうめん」や「揚げ麺野菜あんかけ」を味わいました。そして、旅先の晩餐は新舞小浜から近い創作料理の店「大阪屋」で、ご主人の上田 享さんに釣った魚を調理してもらいます。「真鯛の刺身」「黒鯛のムニエル」「真鯛のカルパッチョ」「黒鯛のホイル焼き」などを味わい、旅を締めくくりました。次回の旅もお楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

遠藤さんが使用したタックル
Rod:鱗海アートレータ1.2号5.3m
Reel:BB-XハイパーフォースC3000DXXG

ナビゲーターが使用したタックル
Rod:ラフィーネ1.5号5m
Reel:ストラディックC3000

遠藤さん・ナビゲーター共通
※前回の修正に合わせて「ナイロン2号」にしました。映像は「PE2号」となっています。
ライン:ナイロン2号
ハリス:1.7号
ハリ:チヌ2号

●揖保乃糸 資料館 そうめんの里
住 兵庫県たつの市神岡町奥村56
電 0791-65-9000
開 展示室9:00~17:00(入館は16:30まで)
そうめんレストラン「庵」11:00~21:00(LO20:00)
料 大人300円、中・高校生200円、小人100円
休 月曜(祝日の場合翌日休)、年末年始
http://www.ibonoito.or.jp/soumennosato/

●大阪屋
住 兵庫県たつの市御津町黒崎1414
電 079-322-0124
休 不定休

番組動画を見る