「おとな釣り倶楽部」静岡県伊豆市修善寺の旅 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、静岡県伊豆市修善寺の釣りと旅をお届けします。山の上にある早霧湖でヘラブナ釣りを存分に楽しみ、その後、ワイナリーなどを訪れて旅も満喫します。登場するのは、旅人の重塚利弘さん、ナビゲーターの荒井沙織さん、そして、釣りの達人、伊藤さとしさんです。
まずは、前回からの続き、ヘラブナ釣りから始めます。重塚さんと荒井さん、達人の伊藤さんの3人は、静岡県伊豆市にある早霧湖を訪れています。荒井さんが「そもそも、早霧湖ってどういう釣り場なのですか?」と伊藤さんに尋ねます。「ここは温暖で、1年中釣りを楽しめます。魚影が濃く、魚の数も多い。とにかくウキが動くので、初心者からベテランまで、さまざまなシチュエーションで楽しむことができます」と伊藤さん。 3人が釣りを始めると、重塚さんがアタリをとらえ、早速ヘラブナを釣り上げます。「アワセが決まった瞬間、何とも言えない満足感です」とうれしそう。伊藤さんによれば、重塚さんが使っている竿は比較的柔らかく細いので、アワセの瞬間をより体感しやすいそうです。伊藤さんが、エサを打ちかえながらヘラブナ釣りの基本を教えてくれます。「とにかく、ウキの動きをよく見ること。こうやってウキが立ち、エサが沈むにつれてウキもゆっくりと沈みます。魚がエサをつつくとウキも微妙に動き、魚がエサを吸い込んだ瞬間にアワセ…」。すると、言葉どおりのタイミングで伊藤さんがヘラブナを釣り上げます。続いても伊藤さん、重塚さんがダブルヒットし、なんと、伊藤さんは両団子、2匹同時に釣り上げます。「ヘラブナはもともと、琵琶湖由来のゲンゴロウブナで、フィッシング用に改良された魚なのです」と話をしながら、伊藤さんがまたもアタリをとらえると、今度は重塚さん、荒井さんも続き、トリプルヒット! ここで伊藤さんが提案をします。「湖面に魚が見えますから、思い切って水深45センチくらいの浅い棚を狙ってみましょう」。まずは荒井さんがヒットし、伊藤さん、重塚さんも続き、棚を変えても快調に釣り上げます。伊藤さんは「ヘラブナ釣りは、1年中楽しめますが、まずはウキが動きやすいこの時期に楽しんでもらうといいですね」と話し、釣りを終えました。
その後、重塚さんと荒井さんは、修善寺を散策します。2人が訪れたのは、北条政子が「修禅寺」に寄進したという伊豆半島最古の木造建築「指月殿」。ここには「お伺い石」という石があり、荒井さんは願い事をしながらその石を持ち上げてみます。次に訪れたのは、ブドウ畑が広がる「中伊豆ワイナリーヒルズ」。丘の上にある「中伊豆ワイナリーシャトーT.S」には2500本ものワインを収蔵するコレクションセラーがあり、フロントマネージャーの斎藤勝正さんに案内してもらいます。試飲コーナーでオリジナルワインをテイスティング。併設のレストラン「ナパ・バレー」で駿河湾産鮮魚のカルパッチョなどを味わいます。緑あふれる修善寺の旅と、魚との駆け引きを楽しむヘラブナ釣り。皆さんもいかがですか?

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

伊藤さんが使用したタックル
飛天弓 閃光P 16.5
特作 天道11

重塚さんが使用したタックル
朱紋峰 煉 11

荒井さんが使用したタックル
飛天弓 閃光XX 9

道糸:ナイロン1号
ハリス:0.5号
針:へら6号、7号
ウキ:へらウキ、パイプトップ

●中伊豆ワイナリーシャトーT.S
住 静岡県伊豆市下白岩1433-27
電 0558-83-5111
営 平日9:30~17:00、土休日9:00~17:00
休 無休
https://www.shidax.co.jp/winery/

●指月殿
住 静岡県伊豆市修善寺
問 0558-72-2501(伊豆市観光協会)
http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/form1.html?c1=5&pid=2299

●早霧湖
住 静岡県伊豆市日向
問 0558-72-0912(早霧荘)
料 舟釣り3,000円、桟橋2,600円

番組動画を見る