「おとな釣り倶楽部」静岡県沼津市編


今回は、静岡県沼津市のサーフでショアジギングに挑戦します。釣りと旅を楽しむのは、遊びの達人・堀田光哉さん、そして、ナビゲーターの石原あつ美さんと荒井沙織さん。今回訪れた沼津市は、伊豆半島の付け根に位置し、古来、東海道の陸路、海路をつなぐ交通の拠点として栄えてきました。まずは、沼津港近くにある地元の生鮮品や物産を扱うマーケットモール「沼津みなと新鮮館」へ。ここで3人が目をとめたのは「寿太郎みかん100%生搾りジュース」や「沼津愛鷹茶」。愛鷹茶を試飲したナビゲーターの2人は、そのまろやかな味と香りにうっとりします。そして、3人は館内にある干物店「あじや」で食事をすることに。「沼津市といったらアジの干物。生産量は日本一です」と達人・堀田さんが教えてくれました。「ひもの定食(アジ)」を注文すると、焼き立ての干物が運ばれてきました。ホロリとほぐれる干物の身は柔らかく、旨味が口いっぱいに広がります。続いて訪れたのは「大型展望水門びゅうお」。国内最大級の高さ9.3mもある水門の展望回廊からは、駿河湾や狩野川などの見事なロケーションを眺めることができます。
ここからは夕マズメを狙ってショアジギングに挑戦します。メタルジグを使い、浜からキャスティング。ナビゲーターの2人はまず、堀田さんからラインとリーダーの結び方を教えてもらい、竿の持ち方やキャスティングのポイントを指導してもらいます。「投げる時は、周囲の安全を確保して、竿の軌道を見て投げ入れるのがポイント。回収する時は、ルアーが近くまで来たら、安全の為ゆっくりと巻き上げます。」。キャスティングが初めてというナビゲーターの2人は、コツがつかめるまで、まず投げる練習からスタート。うまく投げられるようになったところで釣りを開始します。「水面には何も見えませんが、広く見渡して魚が跳ねたとか、鳥が集まっているとかを見ます」と堀田さん。開始から1時間後、堀田さんが海にイワシの群れを発見。沖の潮目も近づいてきました。すると、狙いを定めて投げ入れた堀田さんにアタリがきました。「よし、来た! くわえた」と巻き上げますが、「あー、切れた!」と途中でラインが切れ、痛恨のバラシ。何とも悔しそうです。気を取り直して釣りを続けましたが、日没が近づいたのでこの日の釣りは終了となりました。釣りを終えたナビゲーターは「可能性は感じたのですが…」とまだアタリを感じていない様子です。次回も同じ駿河湾で、早朝のショアジギングに挑戦します。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

今回堀田さんが使用したタックル
ロッド/ネッサ CI4 S1002MH
リール/ツインパワー XD 4000XG

今回ナビゲーターが使用したタックル
ロッド/コルトスナイパー BB S906M
リール/NEW アルテグラ 4000

●沼津みなと新鮮館
住:静岡県沼津市千本港町128-1
電:055-941-7001
営:7:00~21:00(店舗により異なる。「あじや」は 9:00~16:00)
休:第2・第4火曜日(祝日除く)
http://nu-mshinsenkan.com/

●大型展望水門びゅうお
住:静岡県沼津市本字千本1905-27
電:055-964-1300(NPO法人沼津観光協会)
開:10:00~20:00(木曜日~14:00)
休:なし(臨時休館あり)
料:大人100円、小中学生50円
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kankou/sisetu/byuo/

番組動画を見る