「おとな釣り倶楽部」神奈川県三浦市 後編


「おとな釣り倶楽部」は前回に引き続き、神奈川県三浦市の旅と釣りをお届けします。
漁港近くのマルシェを訪れ、剣崎松輪の海でカワハギ釣りを楽しみます。登場するのはシマノインストラクターの伊藤さとしさんと飯田純男さん、ナビゲーターの杉浦里奈さんです。
三浦半島の最南端にある神奈川県三浦市は、三方を海に囲まれ、相模湾、東京湾、太平洋に面しています。
伊藤さんと杉浦さんは産直センター「うらりマルシェ」を訪れます。三崎漁港で水揚げされた魚が並ぶ1階の「さかな館」で、杉浦さんは「とろまん」を味わい、地元産の野菜が並ぶ2階の「やさい館」で、2人は「三浦みかん生ジュース」などを味わいます。
翌日、2人は飯田さんとともにカワハギ釣りを楽しみます。まずはタックルについておさらいします。「竿はカワハギ専用で先調子、リールも専用のものを使います。オモリは海底を狙うものと中層を狙うもの2タイプあります」と飯田さん。前回は、剣崎沖のポイントで釣りを始めましたが、3人ともなかなか本命のカワハギに出合えません。そんな中、飯田さんが見事、良形のカワハギを釣り上げ、杉浦さんも初のカワハギを釣り上げました。今回はどうなるのでしょうか。
「糸ふけが出るとアタリが鈍るので、海中の糸を張るために中オモリとして集魚板を付けてみましょう」と飯田さんが伊藤さんに提案します。伊藤さんが集魚板を使ってエサを海底に近づけると、1投目で初のカワハギ、その直後も再びカワハギを釣り上げ、効果は抜群。そこで、飯田さんと杉浦さんも集魚板を付けてみることに。すると飯田さんは説明の最中にカワハギを釣り上げ、連続ヒット! これまでで一番大きなカワハギを釣り上げます。そして、杉浦さんもカワハギを釣り上げ、サイズアップに成功します。ここで「探見丸」を使い、海底の形状を確認。上のほうに反応が出たので、飯田さんがタナを切って少し上を狙ってみると、見事カワハギを釣り上げ、なんと3連続でカワハギを釣り上げます。杉浦さんもこの日一番のサイズのカワハギを釣り上げ、釣りを終了します。
釣りの後、飯田さんにカワハギの血抜きと神経締めを教えてもらいます。肝を傷つけないようにエラを切って血抜きをし、目の周りの小さな穴からワイヤーを入れて神経締めをします。そして港に戻り、飯田さんが調理してくれた新鮮なカワハギの刺身と肝和えを堪能しました。これぞ釣り人の特権。皆さんもぜひ、カワハギ釣りを体験してみてください。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 0.8~1号
<リーダー> 
 フロロカーボン16lb
<仕掛け>
 カワハギ仕掛け 楽々セット 吸わせ
<オモリ>
 ステファーノ ドロップシンカー底棚 25~30号
 ステファーノ ドロップシンカー投棚 25~30号
<集魚板>
 ステファーノ カワハギ集寄 イチコロイタ
<ロッド>
 飯田さん:ステファーノ 攻 S180
 伊藤さん:ステファーノ Cl4+ MH175-2
 杉浦さん:ステファーノ Cl4+ M180-2
<リール>
 飯田さん:ステファーノ 101XG
 伊藤さん:スティーレ SS 150PG
 杉浦さん:ステファーノ SS 100HG

●うらりマルシェ
住 神奈川県三浦市三崎5 -3-1
電 046-881-6721
営 さかな館 9:00~17:00(日曜7:00~)
  やさい館 10:00~17:00(土日休9:00~)
休 年中無休
http://www.umigyo.co.jp/marche/

●成銀丸
住 神奈川県三浦市南下浦町松輪289-1
電 046-886-1719
http://www.naruginmaru.com/

「おとな釣り倶楽部」神奈川県三浦市 後編

番組動画を見る