「おとな釣り倶楽部」東京都深川 後編


今回の「おとな釣り倶楽部」は、前回に引き続き、東京都深川の旅をお届けします。まずは、東京湾でライトアジの釣りを楽しみ、その後、「江東区深川江戸資料館」で江戸時代末期の深川の町並みに触れ、新感覚のスイーツも味わいます。登場するのは、シマノインストラクターの伊藤 智さんとナビゲーターの杉浦里奈さんです。
伊藤さんと杉浦さんは前回、東京湾のリレー船で江戸前のキス釣りを楽しみ、たくさんのシロギスと出合うことができました。今回狙うのはライトアジです。まずはタックルについて、シマノモニターの椙尾和義さんに教えてもらいます。「ロッドはシーマイティ30-210。リールはバルケッタBB 300HGで、カウンターが付いています。そして、仕掛けは2メートルと長くて絡まりやすいので、テンビンに付けてから引き出します」と椙尾さん。木更津沖から船で約40分、本牧沖に到着しました。そこで、「深川 吉野屋」の船長の高橋 郷さんにアジの釣り方を教えてもらいます。「付けエサは赤タンで、針先を出します。コマセはイワシミンチで、7~8分目くらいを入れておきます。水深約20メートルまで、まずは仕掛けを落とします」。着底したら糸ふけを取って、糸をピンと張ります。「海底から1メートルほど巻き上げてコマセを撒き、一呼吸置いてから、さらに1メートル巻き上げます。コマセの煙幕の中に仕掛けを同調させるイメージです」と高橋さん。釣り方を教わったところで、いよいよ、2人もアジ釣りに挑戦します。まずは、杉浦さんがヒットしますが、釣り上げたのはイシモチ。「うれしいけれど、アジを釣りたい」と杉浦さん。今度は伊藤さんが「おっアタリ!」と釣り上げますが、こちらはシロギスです。再び杉浦さんがヒットし、ようやく本命のマアジを釣り上げます。「このサイズなのに、いいヒキです」とうれしそう。ところが、その後はアタリがなく、船長の判断でポイントを移動します。そして、船長の指示で、先ほどよりも少し上の層を狙ってみると、伊藤さんが本命のマアジを釣り上げます。続いて杉浦さんが2匹のマアジで、見事ダブルヒット! けれども、再びアタリがなくなり、船長に細かくポイントを変えてもらいます。すると、伊藤さんが久々にヒットし、マアジを釣り上げると、杉浦さんも「アタリが繊細!」とマアジを釣り上げ、伊藤さんも「なんだデカイぞ…」と25センチはある大きなマアジを釣り上げます。そろそろ終了という時、杉浦さん、そして、伊藤さんが揃ってマアジを釣り上げ、この日の釣りを終了しました。
釣りを楽しんだ後、伊藤さんと杉浦さんは、深川の町を散策します。「江東区深川江戸資料館」を訪れると、館内は江戸時代末期の深川の町並みを実物大で復元しています。米屋、船宿、水茶屋、そして、往時の生活道具などがあり、まるでタイムスリップしたような雰囲気です。続いて2人は「ブリジェラ 清澄白河店」を訪れ、温かいブリオッシュに冷たいジェラートを挟んだ新感覚のスイーツを味わいます。初めてでも手軽にそのヒキ味を楽しめるライトアジの釣り。みなさんも体験してみてはいかがでしょう。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00(視聴エリア:兵庫県、大阪府)、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00(視聴エリア:神奈川全県、東京23区・多摩・八王子)

【タックル】
<ライン>
 PE 1.0号
<仕掛け> 
 ハリス1.5号
 幹糸1.5号
 ムツ金針10号
 全長2m
<その他>
 オモリ40号
 LTビシ
 片テンビン
<ロッド>
 伊藤さん・杉浦さん:シーマイティ30-210
<リール>
 伊藤さん・杉浦さん:バルケッタ BB 300HG

●江東区深川江戸資料館
住 東京都江東区白河1-3-28
電 03-3642-1315
開 展示室9:30~17:00(入館16:30まで)
休 第2・4月曜(祝日の場合開館)、年末年始
料 大人(高校生含)400円、小・中学生 50円
https://www.kcf.or.jp/fukagawa/

●ブリジェラ 清澄白河店
住 東京都江東区三好2-1-6 ゴッドヴィレ1階
電 03-5809-8436
営 10:30~19:30
休 不定休
http://brigela.com/

●深川吉野屋
住 東京都江東区木場6-12-7
電 03-3644-3562
http://www.team-yoshinoya.com/diarypro/

番組動画を見る