「おとな釣り倶楽部」京都府京丹後市久美浜町 後編


前回に引き続き、今回も京都府京丹後市久美浜町の海岸でメタルジグを使ってサーフフィッシングを楽しみます。旅と釣りを楽しむのは、達人の堀田光哉さん、ナビゲーターの佐久間むつみさん、吉川亜樹さん。前回は、残念ながら3人とも魚信をとらえることができませんでしたが、果たして、今回はどんな釣果となるのでしょう。
朝日がきらめく葛野浜海水浴場で、3人は釣りを開始します。すると、堀田さんの竿が魚信をとらえます。釣り上げてみると可愛らしいサバフグ。魚がいることが分かった3人は、地形の変化を見ながら海底が深いと思われるポイントへ移動します。ここで、堀田さんがキャスティングすると一投目でヒット! 手応えのあるヒキでしたが今度はボラ。こちらは海にリリースします。その直後、吉川さんが「きました!」と声をあげます。釣り上げた魚を見て堀田さんは「これはカンパチの子、関西でいうシオですね」と教えてくれます。吉川さんは初ヒットに喜びますが、小さなサイズなので海にリリース。その後、ばったりと魚信が途絶えますが、しばらくして、堀田さんが手のひらサイズのソゲ(ヒラメ)を釣り上げます。「まだ生まれて1年目くらい。この海なら、水温が下がれば50~60㎝のヒラメが釣れるはず」と納得しながら海にリリースします。ここで堀田さんがタックルの説明をしてくれます。「今回使っているのはサーフ専用の竿。長さは3m位で3本継ぎ、リールは4000番、PEライン1号。その先にショックリーダーとしてフロロカーボン5号。ルアーはサーフ専用のメタルジグ。これらをFGノットで結束しています」。その後、さらにポイントを探っていると、堀田さんが25cm超の大きなキスを釣り上げ、続いて45cmほどの大きなマゴチを見事に釣り上げます。本命のマゴチを仕留めたところで、この日の釣りは終了となりました。
その後、3人は久美浜の町を散策します。175年にわたり酒造りを継承している「木下酒造」を訪ね、地酒を試飲します。「玉川純米吟醸 無濾過生原酒 中汲み」は、渋みや苦みが豊富で個性豊かな味わい。一方、「タイムマシン1712」は、1712年に書かれた日本酒の文献をもとに、当時のレシピで造られた琥珀色の独特の風味。蔵元の木下善人さんは「当蔵には家つき酵母があり、それを強みに醸造している」と話します。そして、旅先の晩餐は「民宿わだ」で。ここで今回、釣った魚を特別に調理してもらいます。「キスの刺身」を口にした佐久間さんは「あっさりとしつつ、後味に旨みがありますね」とコメント。冬のトラフグに匹敵する夏の味として知られるマゴチは刺身や煮付けにして余すことなく味わいます。久美浜の旅について、堀田さんは「釣りはもちろん、酒蔵、そしてシーカヤックなど町歩きやアクティビティも充実。いい思い出になります」と話してくれました。さて、次はどんな旅になるのでしょう。次回もお楽しみに。

放送:サンテレビ 毎週火曜 22:30~23:00、テレビ神奈川 毎週土曜 7:30~8:00

堀田さんが使用したタックル
Rod:ネッサ CI4+ S1002MH
Reel:ツインパワー XD 4000XG

ナビゲーターが使用したタックル
Rod:コルトスナイパーBB S906M
Reel:NEW アルテグラ 4000

ライン
PEライン 1号

ショックリーダー
フロロカーボン 5号

メタルジグ
熱砂 スピンビーム 32g
熱砂 スピンビームTG 42g

●木下酒造有限会社
住 京都府京丹後市久美浜町甲山1512
電 0772-82-0071
営 9:00~17:00
http://www.sake-tamagawa.com/

●民宿わだ
住 京都府京丹後市久美浜町湊宮1843
電 0772-83-0018
http://wada.la.coocan.jp/

番組動画を見る